hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

友人の死について

回答数回答 6
有り難し有り難し 303

約20年前に通っていた学校で出会った友人が18歳と言う若さで亡くなりました。死因は不明のままなんです。
友人とは3つ歳が離れているんですが、当時はいつも一緒にいました。
波長というのでしょうか?話を交わさなくても友人がそばにいるだけでも幸せに感じていました。いつも友人から幸せを分けてくれました。なのに私は、何もしてあげられませんでした。恩を仇でかえしてしまいました。
友人の死を知った時は、もう頭の中が真っ白になり、何も手につかなくて軽いノイローゼになってしまいました。何かつらい事や嫌なことがあると、彼女のところへ行きたいと思っていました。
今は、あまり笑わなくなったり、私だけ幸せになってもいいのかな?と思っています。本当に、私だけ幸せになっていいのでしょうか?
夏になると友人との思い出がよみがえり、毎日ないています。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

月ではなく、お月様になってください。

これは自然の摂理の話というわけではありませんが、

太陽は常に恵みの光を注いでくれています。
その恩恵を本当に知っている人は、太陽のことを「お日様」「お天道様」と敬い、親しみ、尊ぶものです。なぜなら、お日様によって、いかに自分が支えられているかということを深く知っていて、「有り難い」という感謝の心を持っているからであります。

月は、昼間はあまり見向きもされませんが、闇夜に光を注ぐ星となった時、闇を恐れる人たちにとっては、ありがたい「お月様」となります。

亡くなったそのご友人が仮に太陽であるとします。
あなたが、その友人の太陽の光によって照らされた月であるといたします。

その友人はあなたに恵みの光を注いでくれたし、照らしてくれたから、あなたにとっては、ただの太陽ではなく有り難い“お日さま”です。

お日さまに照らされた月のあなたは、今も尚、朋友から授かった(照らされた)光を帯びています。

ですが、あなたはまだ残念ながら、お月「様」になってはいないのです。
何故なら、あなたはまだ誰かに恵みの光を十分に注いでいないからです。

その人といると心地よかったはずでしょう。
その人といると心を開けたはずでしょう。
あなたは、友人の恩恵によって十分に光り輝いていることを自覚するべきです。
あなたが救われた光を、一人で享受するばかりでは無く、出逢う人たちに、めぐらし向けるのです。
その光とは、
・笑顔であってもいい
・優しい言葉であってもいい
・手助け
・怒らないでいること
・話を聞いてあげること
…など、あなたが友人といた時に心地よかった事なら何でもいいのです。

“自分も相手も、共に心が利益(りやく)される行為、これを利他行ともうします。

あなたがこうした誰かを利益し、照らす行為を、恩返し、報恩の行として続けていくことで、初めてあなたは、月から“お月様”へとなるのです。。

それが、あなたの大好きだった友達と本当に肩を並べることであり、報恩の供養であり、あなたと親友が永遠にこの世で歩んでいくための法です。

今日から、ぜひ毎日の中で実践してください。
友人があなたにしてくれたような心地よさを、だれかにしてあげることです。
必ず、あなたの心の中の友人が微笑みかけてくれるはずです。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話  自己を明らかにするために絶対に必要なこと 「非思量」 ...
このお坊さんを応援する

仏さまは人の幸福を願う

かおりさん

20年ほど前に亡くなった親友を、今でも強く思っていらっしゃるのですね。

不謹慎だと思われるかもしれませんが、それだけ思われる友人を、私はうらやましいとさえ思いました。
もし私がこの世を去って20年後、これほど思ってくれる友人はいるでしょうか。正直に言って自信はありません。

友人から得た幸福感、それに対しかおりさんは何も返してあげられなかったと受けとめていらっしゃるのですね。
助けてあげられなかった無念さを「恩を仇で返す」と表現されているのだと思いますが、でもかおりさんが友人のいのちを奪ったわけではないのだと思います。

悲しんでくれることはともかく、引け目にまで感じていらっしゃるのなら、友人は悲しい思いをされているのではないでしょうか。
かおりさんが友人から幸福感を受けたのと同じように、友人も幸福感を抱いていたのでは、と思います。

私の宗派では、亡くなった方は1人も例外なく仏さまとなり、悩み苦しみの無い世界(浄土)に往き、私たちを見守る存在となっている、と考えます。
仏さまは、私たちの幸せを念じています。ましてやそれほど強い友情で結ばれた仏さまです、かおりさんの幸福を願っていないことなどあるでしょうか。
自分が得られなかった幸せも手にして欲しい、そう願っていらっしゃると、私は信じています。

もうすぐ夏。この季節に何か思い出があるのですね。
でも今年の夏は友人に見守られていると信じて、明るく晴れやかな夏を過ごしてみませんか。

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

友人の願いを受け止める

ご友人が若くしてなくなった。その友人に何もしてあげられなかった。
そういう思いに苦しんでおられるようですね。
何もしてあげられなかったという悔いは、非常に重いものだと思います。

あなたは「恩を仇で返した」とその思いを表現されていますね。
あなたの受けたショックは大きく、つらい思いを引きずっておられるのだろうと想像いたします。

大切な友人を亡くしたという喪失感は、なかなか乗り越えようと思っても乗り越えられないものです。
しかし、その友人の方は、あなたが幸せになることを望んでいないのでしょうか?

浄土真宗の教えには「還相の回向(げんそうのえこう)」というものがあります。

亡くなった方は、阿弥陀様のお浄土に生まれ、諸仏となって、私たちを教え導くために力を尽くされます。
そういう諸仏(仏)となられた友人の方の願いは、あなたが救われることなのではないでしょうか。

友人の方は、あなたに願いをかけられておられます。
その願いは何なのか?
仏様に手を合わせ、そのことを考えてみてください。

そこからあなたの道が開けてくるのではないでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち


「愛別離苦」へのアプローチ

かおり様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

互いに深い精神的な繋がりを感じる大切な人のことを「ソウルメイト」と申しますが、まさにご友人はかおりさんにとって、かけがえのない「ソウルメイト」と言える存在であったのではないだろうかと存じます。

親愛なる人、大切な人、かけがえのない人との別れの苦しみ・・これは八苦の一つ「愛別離苦」と申します。

「愛別離苦」への対処については、釈尊の善巧方便行の一つとして「キサー・ゴータミーへの説話」がございます。愛児を失った母親の苦しみへの諭しとなっておりますが、この説話において釈尊は、生ある者は必ず死すること、どんなに愛すべきかけがえのない者であっても死などでの別れは避けられないことをゴータミーに悟らせて、諸行は無常であること、諸法は無我であることへの気づきのきっかけをお与えになられたものであると考えられます。

かおりさんも、まずはご友人との別れの現実をしっかりと受け入れること、そして、後悔や悲しみの苦しみの現実もしっかりと受け入れることが大切であると存じております。この「Hasunoha」にて打ち明けられたこの機会において、どうか一つの区切りとして今一度、その後悔や悲しみを苦しみきって下さい。みっともなく泣いて、叫んで、その想い、感情を出しきってみて下さい。今のかおりさんの支えになって頂ける方がそばにいらっしゃっても構わないでしょうし、全く一人になれるところでも良いでしょう。

そして、更に、そのご友人の冥福を祈って、慰霊供養の旅に出てみるのも良いかと存じます。例えば、目標を定めた上にて、四国・お遍路行脚や朱印お参り廻りなどはいかがでしょうか。この機会において、各ご本尊御仏様にご友人のご冥福を祈り願いきってみて下さい。

そして、この拙提案を受け入れて頂いて、この区切りをなし終えてみた時、かおりさんはどのような心境、想いとなられていらっしゃるのか、またこの「Hasunoha」にて教えて頂ければと存じております。

もう一つ、ご友人の分も精一杯に生き抜くのだとの気概をお持ち賜りまして、お幸せに過ごして頂くことも、ご友人への大きなご供養になるのではないだろうかと拙生なりには思うところでございます。どうか、かおりさんは、かおりさんの人生をもっともっと大切にして下さいませ。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


一緒に幸せになってください

かおり様へ

ご友人との思い出は一生の宝物です。
亡くなってからもこうして思ってくれるあなたの存在。
きっとご友人は喜んでいることでしょう。
ぜひその宝物を大切にしてください。
なにかのときにふとご友人も思い出したときには
手を合わせてください。
それが一番の供養です。

私だけ幸せにではもうありません。
そのご友人と共に一緒に、ぜひ幸せになってください。
どんどん幸せになり、いっぱい楽しんで笑ってください。
きっとご友人もそれを望んでおります。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...
このお坊さんを応援する

かおり様。今貴女が幸せにならないでどうしますか。

今貴女が幸せになる事が、亡くなったご友人の魂に報いる事にも成るのですよ。
貴女がこの世で、亡くなったご友人の事を心がけておられる時、
其れが亡くなったご友人の供養に成るのですから、良きプラスの気持ちで思いを寄せる事をお奨めするのです。
ですから、貴女は幸せになって、プラスの気持ちでご友人の供養の為、思いをしてあげる事を為さって頂きたいのです。

{{count}}
有り難し
おきもち


色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

今は、ある本を読んでいます。勿論、数人のお坊さんが書かれた本です。
なので、もう、立ち直ってます。本当にありがとうございます。

鈴木光浄さん、返信遅れましてすみません。ありがとうございます。

友人の分まで幸せを見つけます。頑張ります。

「親・家族・恋人・大切な人の死・亡くした後悔」問答一覧

彼が突然、自殺しました。

私は我ながらに恋愛不適合者ですぐに 他人に飽きてしまい長く交際もできず いつからかちゃんとしたお付き合いもしなくなり 結婚願望もゼロ。でも1人でいるのは嫌いなので 好きになってくれた人とふらふら遊んで生きてました そんな中で彼とは出会ってすぐにこの人が 運命の人だなんて生まれて初めて結婚したい、 この人の子供なら欲しいとまで思っていました すぐに毎日会うようになりいつの間にか 彼は私の家に住み始めましたが 付き合うとかって話は避けてました 別れがあるのが、失うのが怖かったんです でも彼が一途に想ってくれてたのは分かってました 真面目な人だったので体の関係も私から無理やりってくらいでした ※私のイカれ具合は一旦置いておいてください こんなに人を好きになるのも外見も中身も 完璧な人と過ごすのも初めてで、怖かったんです 身体だけの関係の人が他に3人居たままでした 私にマイナスな言葉や断りを一切口にしない 何でも我儘を聞いてくれる彼に甘えていました 他の男性の家に酔って帰った時も男モノの服を 借りて匂いをつけたままで彼に迎えに 来てもらったり、きっと気づいていたのに 彼は何も言いませんでした 怖いくらいに楽しい時間だけを過ごして いつも笑っていたんです。彼との時間はただ コインランドリーに手を繋いで行くだけでも 幸せで毎日私の手料理をしつこいくらい 美味しいといって食べてくれて、 趣味も感覚も怖いくらい合うので とても楽で、本当にこんなに充実してていいのかな?って言い合ってたんです。 私との時間は人生の夏休みみたいだっていつか言ってくれたのをよく覚えてます。嬉しかった なのに仕事で酔って迎えに来てもらった私は彼を 1時間外で待たせた上に距離を置こうなんて 思ってもないくだらない駆け引きを仕掛けました その話はうやむやなまま、私は彼を家に おいて友達との付き合いで男女で旅行に。 最後の電話は電波が悪くて切れて、私は旅行で酔って彼の仕事が終わったよって連絡にも 遅れて返事をしました。一緒に寝たいねって、白々しく送ったんです。 そこではじめて彼から既読無視をされ、 帰ったら怒ってやろうなんて思っていたのに 帰宅後、警察からの電話で彼の自死について聞かされました 自分への嫌悪感と後悔で毎日涙が止まりません こんな私は一生この想いを抱えたまま苦しんで生きるべきですか?

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

母を自宅に安置しなかった後悔

安倍元総理が亡くなり、荼毘に付される前?後?に、ご自宅や国会議事堂等、ゆかりの場所を周っていたニュースを見て、ふと思いました、、 施設入所を嫌がり、あんなに自宅に帰りたがってた母を自宅に安置しなかった事を!! 夕方亡くなり、看護師さんに葬儀屋さんを探してと言われ、悲しむ暇もなく、葬儀屋さんを探し、手配し、お寺に安置し、枕経をあげていただき、次の日の通夜等の打ち合わせをしたら深夜1時になり、私もクタクタで、母を自宅に連れ帰る事は不可能ではありましたが、、 次の日の納棺と通夜までなら、半日あったのに気力が沸かず、しなかった、、 結局、母は家に帰らないまま通夜の翌日葬儀、そのまま荼毘に付され、その日のうちに埋葬されました、、 葬儀屋さんがテキパキしてくれて(^^ゞあれよ、あれよと終わってしまいました、、 私は喪主として、やるべき事を淡々とやらねば!!と気が張ってて、母の気持ちに寄り添わず、ノルマをこなすようにやってた感じでした。 今思うと母が可哀想だし、私はどこまでも親不孝だったとまた悲しみと自己嫌悪が襲ってきています、、 母が自宅に帰りたかった未練で自宅付近で浮遊霊になってないか心配です、、 自宅は空き家なので誰も居ない!!とパニクって探したり、寂しい思いをしてたらどうしようと思い、こんな時間まで眠れませんでした。 この気持ちをどう収めたら良いのでしょうか??(涙)

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

亡父の死期を早めたかもしれません。

お釈迦様に料理を供して、結果的に死に至らしめてしまったチュンダの話。 チュンダはその後、どうなってしまったのでしょうか? 自分と重ね合わせて考えてしまいます。 神経難病で長い闘病の末、89歳で亡くなった父親。 ほぼ末期に近いと医師からは言われ、せめて自分に何が出来るか考えて、 父の大好きなコーヒーを許可を得て持っていくことにしました。 10日程経って、ある日突然父が腹痛と嘔吐を訴え、吐血をし、 それを誤嚥したことがきっかけでみるみる容態が悪化、 1か月余で亡くなりました。 仕事をしながらの介護・入院・看取り・葬送、 その後の諸々と振り返る余裕もなく時は過ぎましたが、 少し振り返れるようになった今になって気づいたことがあります。 吐血をした前の日、 いつもの通り仕事帰りに病院に行き、 夕食介助の後、私は父に持ち込んだインスタントコーヒーをトロミをつけて飲ませました。 父はあまり声が出なくなったのに、 「あぁ、コーヒーはやっぱり美味しいなぁ」とその時はハッキリ言いました。 それが本当に美味しそうだったので、今もありありと思い出します。 そして、翌日の昼頃に腹痛と嘔吐を訴え吐血したのですが、 あのコーヒーがその原因ではなかったかと。 会社で私も飲んでいたインスタントコーヒーを夕方ポットに作って持って行ったのですが、 そのインスタントコーヒーは何か月も前に開封したものでした。 健康体の私には特に差支えはなくても、父の弱った体には酸化したコーヒーが害があったのではないかと。 内視鏡検査も出来ない全身状態で、原因を特定できなかったのですが、 一日でも長く生きて欲しいと心から願っていたのに、 私が父の命を縮めてしまったのではないかと。 取り返しがつかないだけに苦しいです。 こんな罪を背負って、生きていっていいのかと思います。 私が死んで詫びたところで、どうにもならなのは承知です。 救いが欲しくて、読んだ仏教の本の中に、 チュンダのことが書かれていました。 チュンダは自分のせいでお釈迦様が亡くなったと、苦しみ続けて それでも尚生きたのでしょうか? 私はどう償えばいいのでしょうか?

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

亡くなった父親に謝りたい

昨年、父が脳出血で急死しました。69歳で、まだ長生きすると思っていたので突然のことでした。もうすぐ一周忌ですが、気持ちの整理が付いていません。 私は親によく育ててもらって、大学にも行き就職もできましたが、とてもわがままに育ちました。実家にいるとどうしても親に甘えてしまい、特に酔っぱらいがちだった父親とはすぐ口げんかになってしまうので、そんな自分がいやで、5年前に実家を出て一人暮らしを始めました。 私は中学高校の時に、本気で父親を嫌っていたことがあります。それは父と母の仲が悪く、母をかばいたかったからでした。親に言ってはいけないようなひどいことを言い、傷付けました。父は亭主関白タイプでしたが、だんだんと母を見下すようなことは言わなくなり、変わっていっていましたが、私の方が意地を張ってしまって、大学生になっても父には反発した接し方しかできませんでした。 社会人になり、距離をとることで少しずつ素直に話せるようになってきていましたが、一昨年コロナの中、深く考えずに関西を出て東京に転職しました。 同じ時期に姉も短期の研修で1年東京に住むことになり、兄はもともと東京で奥さんと暮らしていました。 父親はそれが結構寂しかったようです。 それがどのくらいメンタルにきていたのかわかりませんが、家でお酒を飲む量がすごく増え、不健康な状態で、ある時急に脳出血を起こし、そのまま話すことはかないませんでした。 長々とすみません。 いつか仲直りしなければ、と思いつつ、なんの親孝行もできずに、全く謝ることができなかったことがとても辛いです。 私はわがままな性格のせいで、最近職場でも人間関係がうまくいかず、コミュニケーションの練習をする本を読んでいました。 すると「相手を思いやって、自分の非を認めて接する方法」が書いてあり、すべて父親にできていなかったことで、なぜ今になって気づいたのかととても辛くなっています。 お聞きしたいのは、漠然としたことですが、 いつか自分が生を全うしたとき、死後の世界で父に謝ることができるのか。ということです。 自分が死んで魂になったとき、父はそこにいるのでしょうか。 また、この苦しい後悔の気持ちをどうすれば良いのでしょうか。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

夫を亡くしました。

先月、夫が心臓発作で亡くなりました。 私は前日から出かけていて帰宅後すぐに気付かず(夫も出かけていると思ってました)夜になって自室のベッドで冷たくなった夫を発見しました。 検死の結果、その日の明け方に亡くなったようです。 その時の衝撃と別人のような夫の顔は、一生消えないと思います。 「亡くなったことも帰宅後すぐ見つけなかったことも、あなたが悪いんじゃない」と周囲の方は言ってくださいます。 夫とはいろいろありましたが、二人の生活になってから本当に優しくなりました。 なのに私は亡くなって半日以上も放置したのです。 両親のお墓参りもしない人でしたので、戒名は付けませんでした。 私の心の区切りとして、葬送はお坊さんに読経してもらいました。 今も毎日供養の気持ちでお線香は焚いています。 感謝の気持ちと、気付くのが遅れたことを謝り泣いています。 私は夫に施しを受けてばかり、夫は自分のことは後回しにする人で、多くを望みませんでした。 幸せな人生だったのかと思うことがあります。 酒と煙草をやめられず、最後の夜もきっと嗜んでいたと思います。 入院などして好きなこともできず亡くなるのも気の毒だけど、最後まで好きに過ごして突然亡くなる… 本人も未だに自分が死んだことに気付いてないのでは?と思います。 また最近は、私たちが嘆き悲しみ送り、お骨上げをしたのは本当に夫だったのか、それさえ信じられなくなりました。 まだ悲しみに浸っていていいと思いますが、自分のおかしな考えに自分自身呆れることもあります。 私の気持ちと関係なく、周囲は日常を過ごしています。 親しい友人にも、心の内を話すことができなくなりました。 子供たちのことを考え、新しくお寺付き合いをしない私がこちらに相談するのも烏滸がましいことですが、誰かに聞いてほしくて…すみません。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

父のお迎え時、何も出来なかった事を後悔

3年前、父が他界しました。 末期がんと宣告され、余命幾ばくもない事を知った時から、後悔を残さず出来るだけの事をしようと思い会いに行きました。(離れた所に住んでいたので頻度は多くなかったですが) 看病は、母がほぼ付きっきりでした。 今日明日で息を引き取るという時 病院側から、「誰か泊まりで居てほしい」という事で 前日が母、翌日が私が病院に泊まる予定でした。 最後にずっと夜通し母と居られた父は幸せだったと思います。 母と私、交代する時になって昼食を取る為、皆部屋を出ていきました。 父と私2人きりになった時、急に父が苦しみ出し、そのまま息を引き取りました。 父が亡くなる事は覚悟しており、心の準備も出来ていました。 ですが私は、父が最後苦しみ出した時、何も出来なかったんです。 せめて「お父さん」と、声を掛けてあげたり、抱きしめてあげたり、安らかに逝かせてあげる為に何かしら出来たと思います。ただ呆然として何も出来ませんでした。 苦しみの中、孤独に逝ってしまったのだと思うと、ずっと自分が許せないでいます。思い出すだけで、今も涙が止まりません。 父のお迎えが、どうして私1人の時だったのか。意味があるのか。と考えたら、どんどん落ち込みます。何か、仏様に罰を受けたような気になって仕方ありません。 ずっと側にいた母の時ではなく、どうして私1人の時にあんな事になってしまったのか。母でしたらもっと、最後の瞬間優しく父を見送ってあげられたんだと思います。 父はとても優しい人でしたので、私がこうして苦しむことは望んでいないと思います。それは分かってますが、自分を許せそうもありません。 仏様はどうして、よりにもよってあんな時にお迎えに来たのでしょうか。こんな何も出来ない人間一人の時に、お迎えが来るなんてあんまりです。 長々とすいません。 納骨の際お骨を頂いて、自宅に小さな祭壇を作りお供えしてあります。 この気持ちが少しでも楽になればと思っての事ですが、父に申し訳なかった気持ちを伝える方法、出来ることがあったら教えて頂きたいです。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺