hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

最期に苦しむということ

回答数回答 4
有り難し有り難し 231

昨年、実父が癌で亡くなりました。
父の死に際は、末期癌患者の臨終によくある(?)「身の置き所がない」状態で亡くなりました。葬儀の際に父の友人に「顔が変わってしまって」と絶句されました。
生きている間も苦労の人生だっただけに、安らかに逝くことが出来なかったのが悔やまれてなりません。
なぜ父は最期まで苦しまなければならなかったのでしょうか?
また、父の肉体的な痛みを思えば、1日でも2日でも早く逝かせてあげられなかったのかと自分を責めてしまいます。
父の苦しみはどう解釈すれば良いのでしょうか?
病気の進行、術後の容態悪化で仕方ないと考えるしかないのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

本当に知るべきことはそうではない

東日本大震災で、愛するご家族を亡くされて茫然自失の日々を送っておられたある女性が、医師から次のように言われたそうです。
「誤解のないようにお聞き下さい。残酷なことを申し上げるようですが、亡くなられたご家族は、もう楽しむことも、喜ぶこともできません。」

「…!?」

「…ですが、よくお聞きください。
…もうこれ以上、苦しまれたり、痛い思いをされることもないのです。
もう痛みや苦しみから永遠に解き放たれたのです。
どうか、一日も早くあなたが元気を取り戻してください…。」
その医師の言葉に「ハッ」と目覚める思いをされたそうです。

その女性は、亡くなった家族が「今もずっと苦しんでいるのではないか。」と数ヶ月間、思い続けてこられて、自分を苦しみの縄で縛りつけて来られたのです。

さらに言えば、震災以降ずっと自分を苦しませ続けていたのは、震災そのもの、家族の死そのものではなく、家族の死を悼み、案じ、自責する自分の思い〈自念〉であったことに気づかれたのでありましょう。

人は愛する人への、気持ちが強ければ強いほど、愛する方の苦しみに同調する力も強いものです。
その思いは、時に苦しんでおられる本人とは別のところで、代わってあげたいという思いを起こされている、あなた自身の胸の中まで浸透するのです。

厳密には、
①亡くなられたお父様の身体の痛み・心の苦しみと、
②あなた自身の苦しみとは異なります。

②あなた自身がお父様の苦境を思われ続けて生ずる思いと、
①お父様が生前、闘病生活の中で耐え抜いた痛みとは、厳密には異なっているという事をもう一度、よく思い返して下さい。
そうすれば、
“あなたが今何をすべきであるか” という、
お父さんからの別のメッセージが新たに聞こえてくるようになると思います。

どうか、あなたも一日も早く、元気を取り戻してください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

「死」のありかたを教えてくださっています。

亡くなったったお父様の苦しいお顔のことが、いつまでも忘れられないのですね。
「顔が変わった」といわれるところからも、お父様の肉体の苦しみが大変なものだったと想像いたします。
お父様の肉体的苦しみを長引かせたことへの後悔が残るのは、親子の情として、至極もっともなことと推察いたします。

ある方が「死は最後の人間教育である」とおっしゃいました。
死ぬ姿を残されるものに見せる。

そこには苦悶の表情を浮かべる死に方も、安らかにほほえみを浮かべる死に方も、等しく後に残された方に「死」という現実を見せ、そこから何かを学ぶのだ、といった意味が込められているのだと思います。

あなたが気にされているように、お父様は肉体的な苦しみ耐え難く、お亡くなりになりました。
しかし、そのことは、「死」の現実をあなたにお見せになったということだと思います。

ある方が、葬儀の前に、死者の顔に死に化粧をし、筋肉をほぐし、安らかな顔に仕立てることに対して、
「死の現実をきちんと見せなければならない」と異議申し立てをなさいました。

確かに安らかな顔で逝かれた、ということになれば、周りの人は安心を感じられ、ほっとなさることでしょう。

しかし、それは作られたものにしか過ぎず、「死」というものを通してあなたに何かを伝えようとされたお父様の意志を曲げることになってはいないでしょうか?

お父様が苦しんだことは事実として受け止めてみてはいかがでしょう。

その上で、お父様が「死」によってあなたに伝えたことについて考えてみてください。
あなたの後悔は、きっと「死」から学べという、お父様のメッセージの表れだと私は思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


真宗山元派上西山正善寺住職

CML様へ

お父様の最後は、今の医療の現状を表し
同じような思いをされている方が多いとお聞きします。

「人生は苦である」と、お釈迦様はお話されています。
まさにそれを生きながら示し、最後まで見せていただいたそんなお父様。

まずは自分を責めることはやめてください。
お父様はきっと望んでいません。
その苦のある人生の中で、
なにか楽しく、あなたらしい人生を送られることをきっとお父様は望まれているはずです。

もう十分お父様の死と向き合い、
さまざまな経験をされたことでしょう。

ここからはまず最初に自分のことを考えてください。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

「四聖諦」へのいざない

CML 様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

お父様のご逝去、誠にお悔やみを申し上げます。

誰もが避けられぬ人生の終わり方・・終末医療・ターミナルケアのあり方について考えさせられる内容でございます。

現代日本仏教において終末看護・終末看死について取り組んでいる活動に「ビハーラ」というものがございます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ビハーラ

このような活動が広がることで、生老病死の四苦を超えて、安らかな最期が迎えられれば誠に幸せなこととなりますが、いざ自分自身のこと、自分の肉親のこととなりましたら、現実はなかなか難しいのも確かでございます。

そして、現実に愛すべき者の死に接する時、誰もがまだ生きていてほしいと望み、何とかしたいと当然にもがくものであります。諸行は無常とはいえども、実に詮無きことでございます。

「早く逝かせてあげれなかったのか・・」とご自身をお責めになられるお苦しみ、きっと同じような状況にて愛する方を看取られた方々も大なり小なりおありであるのではないかと存じます。

医学の発展は、病の治癒に対して恩恵をもたらす一方で、そう簡単に自然死を迎えさせてあげれないという弊害も生じており、進歩と発展の功罪を思うところでございます・・

最近の流通ジャーナリストの故・金子哲雄氏のように、できるだけ早めに各々が自らの「死に方」への事前の理解・準備・覚悟を調えておければ、少しくは自分の「苦」、遺族の「苦」も和らぎ、癒せるようにできるのではないだろうかとも存じてはおります。

「終活」
http://ja.wikipedia.org/wiki/終活

一切衆生の「苦」を癒し、滅するために仏教は一体何を成すべきであるのか?まさに仏教に携わる者における最大の取り組み続けるべき課題としてございます。

CML様には、是非、この度のお父様における生老病死の「苦」の現実(苦諦)を直視なさられることから、次に、それらの「苦」の原因(集諦)となっているものが一体何であるのか、その「苦」は滅せれること(滅諦)ができるのか、その「苦」を滅するための方法(道諦)とは何かをお考え頂く機会と致しまして、お釈迦様の「四聖諦」の教えを学ばれるきっかけとして頂けましたら誠に良いのではないだろうかと存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

お三方とも、丁寧なご回答いただきありがとうございました。回答のひとつひとつ、じっくり読んでみました。何を答えて頂きたかったのかというより、回答を頂けたということで心が少し落ち着きました。父の最期について正しい選択をしてあげられたのか、病床の苦しい顔はまだまだ忘れられないなど、自分に問いかけることは止みません。でもお三方に回答して頂いたということで、一歩前へ進めそうなそんな気がします。これからも時間をかけて理解していきたいと思ってます。この度は本当にありがとうございました。感謝しております。

皆様、丁寧なご回答いただきありがとうございました。回答のひとつひとつ、じっくり読んでみました。何を答えて頂きたかったのかというより、回答を頂けたということで心が少し落ち着きました。父の最期について正しい選択をしてあげられたのか、病床の苦しい顔はまだまだ忘れられないなど、自分に問いかけることは止みません。でも皆様に回答して頂いたということで、一歩前へ進めそうなそんな気がします。これからも時間をかけて理解していきたいと思ってます。この度は本当にありがとうございました。感謝しております。

「身近・大切な人の死・亡くした後悔」問答一覧

母が亡くなって。

一度、個別相談の形でさせて頂いた事がありますが、今回はこちらに書かせて頂きます。 9月4日に母が亡くなりました。享年75才でした。 僕が生まれる前に離婚し、祖母(母の実母)と3人で暮らして来ましたが、 25年前に祖母が亡くなり、それからは母と二人で生きてきました。 母は、約20年前に身体障害者手帳の交付を受け、ここ数年は体調もすぐれず、 毎月、整形外科・内科・耳鼻咽喉科と通院をし薬も多く服用していました。 毎月病院に連れて行って母が体調不良を訴えても、「もうお年ですから」とあしらわれ、薬を服用しても良くならず母も随分つらい思いをしてきました。 亡くなった当日も、家にいたのですが、いつも通りの流れで朝食を済まし、 僕が会社へ行くときに「行ってくるわ」と言い、「気を付けてね」と返事を してくれました。それが最後でした。 それから数時間後、定期的に訪問してくれていた介護施設のケアマネージャーさんが、家のトイレで倒れているのを発見してくれましたが、その時にはもうすでに死後硬直が始まっていたそうで、連絡をもらって会社から駆け付けましたが、もう冷たくなっていました。死因は、虚血性心疾患の疑いとの事でした。 普段は仕事の悩みや疲れもあって、家では母との会話もあまりできず、また「ありがとう」とか「ごめんね」とか言うのもほぼ言えていませんでした。 こんな突然いなくなるなんて夢にも思っていなかったので、母が居なくなった今、激しい後悔と虚しさと情けなさで、49日が過ぎ亡くなって2ヶ月が経った今も、毎日涙が溢れ、家にいる時はほぼ仏間に居て、位牌や遺骨に話しかけます。 母にはたくさんの苦労をかけ、43年も一緒に居たのに、最期は会えずに声も掛けれず・・・。悲しいです、辛いです、母に会いたいです。 母は病院が嫌いで、また自分が寝たきりになれば僕が仕事に行けなくなるからと、しんどい体を頑張って動かしていました。 亡くなってから2回夢に出てきましたが、どちらもけがをしていたり苦しんでいる母でした。 今すぐ母と祖母のもとに行きたい気持ちと、母と祖母が育ててくれた自分を大切にしなければ、また母の供養をし、この家を守っていかなければと言う気持ちと、 二人の自分がいるような感覚の中にいます。 自分が亡くなったら母に会えるのでしょうか?会えるのであればその日まで頑張って生きたいです。

有り難し有り難し 40
回答数回答 1

父の死をきっかけに後悔

先日父が亡くなりました。 幼い頃から大きな病を繰り返し、長い闘病生活でした。 病気をきっかけになのか、父がだらしなく、反抗期の頃は、酷い言葉を沢山浴びせてきました。 しかし、寡黙な父は文句も言わず黙って耐えてました。 そんなこともあり、なかなか素直になれず辛くあたったり、そっけない態度をとることも多かったと思います。 そして20代になり、結婚を機に遠方に引っ越しました。 しこりが残ったままですので、連絡もなかなかせず…時々孫の写真を母に送ったり、声を聞かせてあげるようなことしかできませんでした。 実家に帰るのは年に1回程度。 そのときも、ほとんどしゃべりません。 しかし、ここ数年で脳梗塞を発症し、麻痺も残り、ろれつも回らず会話も困難な状態でした。 そんな中でも、あまり連絡をしなかった私。 ほんとに親不孝だと思います。 そして、急に父が亡くなったとの連絡。 棺に入った父を見て、涙がとまりませんでした。 こんなにも悲しくて、寂しくて、後悔が沢山押し寄せました。 もっとコミュニケーションとっていれば、そっけない態度をやめていれば、頻繁に連絡をとっていれば… そんなことばかり考えてしまいます。 感謝の気持ちも何一つ伝えられませんでした。 ほんとに何にも。 素直に笑うこともできず。 今頃遅いですが… 私は、あなたの娘で幸せです。 お父さん大好きだよ。 今までありがとう。 こんな気持ちです。 この気持ちにもっと早く気づきたかった、伝えたかった… こんな娘でごめんね。という気持ちが消えません。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

母が亡くなって本当に辛い 生きていけない

今年母が亡くなりました。 自死でした。ひょうきんで面白くて、美人で、頭が良くて、家族を一番に考えてくれていた母がこんな形で亡くなってしまうとは思ってもいませんでした 亡くなる当日の朝も、いつものように「いってらっしゃい」と笑顔で見送ってくれて、その日一緒に食べる予定だった晩ご飯の話もしていました。携帯に残してくれた「ありがとう。ごめん。」が最後の言葉でした。今年に入ってから母はずっと落ち込んでいることが増え、今思えば鬱だったのかもしれないです。父親も私も仕事で忙しく、母を家で日中1人にさせてしまっていたのが原因だったのかもしれません。私が体調悪い時には母親に心配ばかりかけていたのに私は母の体調の異変に気づいてあげられなかった。私は自分のことしか考えられず、仕事から帰宅しても疲れていたため母親に冷たい態度で接してしまっていました。時には母親に酷いことも沢山言ってしまいました。何も親孝行できなかった。甘えてばかりで、最後まで最悪な娘だったなと思います。私みたいな人間なんて生きている価値あるんだろうかと思います。母親がいなくなって自分の一部が壊死したような喪失感に毎日襲われています。母が私のつまらない話を笑って聞いてくれたり、真剣に悩みを聴いてくれたりしてくれたことを思い出すだけで涙が止まらなくなります。こんな年齢になっても、母に褒められることが嬉しくて頑張っていた時もあるので、これから何を目標に人生を頑張っていけばいいのか分からず落ち込んでいます。早く会いたい。母が今も苦しんでいないか、私が亡くなっても母がもう別のものに生まれ変わっていて会えないのじゃないかと想像してしまい辛いです。 何を生きがいに、何を支えに生きていけばいいのか全く分からないです。毎日毎日なんとか気持ちを奮い立たせようと必死です。職場や家で一人になると強烈に辛くなり涙を流す日々です 生きていてほしかった 「泣いてばかりいたらお母さんも心配するよ」とよく言いますが、母が今も見ているかどうかも分からないので人生を頑張る気にもなりません。情けないのは十分分かっています 母親が生きれなかった人生を私が生きることに罪悪感を感じます  まとまりのない文章ですみません。 頑張って生きていればいつか人生を終えた時に母親に会えるのでしょうか 母に会いたいです ひたすら謝りたいです

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

母に感謝を伝えられなかった

今月の12日に母を末期癌で亡くしました。ステージⅣで抗がん剤も効かず6月の段階で余命1ヶ月の宣告を受けていました。母には癌の事は知らせましたが、余命の事は知らせませんでした。 母は自宅で死にたいと希望しており、7月に退院してからは在宅医療を受けていました。私は母に心配ばかりさせていた親不幸娘だったので、母のサポートを通して、親孝行しよう!と思っていました。 母は亡くなる直前までトイレは自分でやりたいと強く思っていました。胸膜へ転移していた事もあり、動くと辛そうでしたが、私は母の思いを尊重しトイレ介助をしました。容態が急変する前日もトイレ介助したのですが、母はもう呼吸が荒々しく本当に辛そうでした。 その翌日容態が急変し、夜中に母は眠る様に息を引き取りました。最期を私が看取りました。耳は最期まで聞こえていると教えてもらったので、私は母に「ありがとう」と伝えるつもりでした。しかし、「お母さん…」としか話しかけられませんでした。 息を引き取る時に何故、感謝を伝える事が出来なかったのか強く後悔しています。 これからもっともっと親孝行したかったのに何も出来なかった後悔もあります。私が母に出来た事はシャワー浴をして全身を洗ってあげた事くらいです。本当はもっと親孝行したかったのに…。 私は最期に親孝行出来たのでしょうか?母は喜んでくれたのでしょうか?毎日そればかり考えています。

有り難し有り難し 39
回答数回答 2

母の死に対し、自分が憎い

母を亡くしました。 癌でした。 既に全身に転移をしており、長くはないとは言われていました。 最期は転移した場所が悪く、発見が遅れたこともあり真面に話すこともできぬままの別れとなりました。 感染症予防のため最期の入院の、約2ヶ月間は面会が制限され、非常に寂しい終末期を過ごさせてしまったと思っています。 病院側ならびに看護師のお計らいにより、泊まり込みにて死目には立ち会うことができましたが、やはり、寂しい終末期には後悔の念しかありません。 母にはもっと笑っていて欲しかった。 非常に辛い結婚生活を送り続けた結果がこれでは浮かばれない。そう思ってしまいます。 父と母とは所謂できちゃった結婚です。 父は結婚後すぐに心を病みました。 母に癌が見つかった後は病気を自己責任と突っ撥ね、治療費は出さぬの一点張り。買い物依存症になり、湯水の如く金を使い不要なものを買い続けました。 治療費は母の貯金と私の貯金とを切り崩すことでどうにか繋いでおりましたが、十分なことは出来ずじまいでした。 生前母が「もっと笑って生きていたかった」と言っているのを聞いたことがあります。 少なくとも私が生まれなければ、父と一緒になることも強いられず、母はもっと笑顔でいられたでしょう。 母の力にもなれず、癌を早くに見つけてあげられなかった私が伸う伸うと生きていることが憎い。恨めしい。 もう母は美味しいものに感動もできません。 綺麗な景色を目に焼き付けることもできません。 もう笑顔にもなれません。 自分の生きていく意味や、生きてきた意味のないことに震える私が、ただ憎く、ただ恨めしいだけです。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

後悔しかない父の死

突然、眠ったまま父が亡くなりました。 お酒を飲みにでかけ、帰宅してソファーで寝てそのまま明け方に亡くなったそうです。 私は父とはあまり会話をせず、母とばかり話していました。父は頑固で変わり者でした。 実家から徒歩1分のところに私は子ども2人と住んでおり、子供を連れてよく母に会いに実家に行きます。 亡くなった前夜も子供たちだけ母の実家に行って遊んでいて、あたしは迎えにだけ行きました。 奥の部屋で寝てる父とは会話もしませんでした。そのまま眠って亡くなるとも知らずにです。 次の日に父が亡くなったと出勤中に電話があり頭が真っ白になり整理できませんでした。 いざ硬直している父を見ると心がポッカリ穴が開いた状態になりました。 警察に連れて行かれ、自宅に帰ってきて父の遺体を横にして後悔の念が溢れてきました。 もっと喋れば良かった。もっといっぱい一緒にいたかった。 私は父ときちんと会話することさえしていませんでした。 私の子供にチョコレートをあげようとしたりすると、まだ1歳だからあげないで!と怒ったりすることもよくありました。でも父は父なりに私の子供をとても可愛がってくれていました。 私は父に[お母さんはどこ?あ、いないのか。それなら帰るわ。』という会話しかできていなかったと思います。 今考えれば、母がいなくても父とももっと子供たちと遊ばせて私も会話したかった。 突然逝ってしまった父の存在はじわじわと私の中で大きくなり、こんなに父の存在が私にとって大切なのかと今更気付かされたのです。 私は父が嫌いだと思っていましたが、本当は大好きでした。 好きで好きでたまらなく、いまも喋りたくてしょうがないです。 明日お通夜です。 父はもう起き上がりません。話すこともできません。 私は後悔しかないです。 もっと父と話したかった。 ごめんね、ありがとうと言いたい。 なんとかして想いだけでも面と向かって話したい。 この一生分の後悔と父への思いはどうしたら良いのでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

母を1人で死なせてしまった

母を急に亡くしました。急病死でした。まだ60歳手前でした。亡くなる2日前に電話で元気な声をきき、それが最期になってしまいました。 母の優しさなのか亡くなっていたのは自宅のベッドの上でした。 家族は私、妹の2人娘で父は離別していておらず、 私は結婚して、妹は仕事の関係でだいぶ遠方なので母は1人で暮しておりました。 そのため、亡くなったことに気づいてあげるのに1日程かかってしまい、そして何より1人で逝かせてしまった。怖い思い、寂しい思いをさせてしまった、助けてあげられなかった。死に目にもあえず1人で死なせてしまったことをすごく悔やんでいます。 母は悲しんでいるでしょうか? 毎日ごめんねと母を思っています。死を受け入れているつもりでもまだ母から電話やメールがくるのではないかと毎日思ってしまいます。来ることはないと分かってはいるのに。 また、母は離婚しているため無宗派、無縁仏です。 葬儀もお経などあげてもらわずに見送りという形だけで終えました。 そのことも胸につかえ気になっています。 お経をあげてもらわず母の供養になっているのでしょうか。無宗派なのでどうしようもないですが、母はちゃんと成仏できるのでしょうか。 まとまりない文章で申し訳ございません。

有り難し有り難し 40
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る