hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

最期に苦しむということ

回答数回答 4
有り難し有り難し 232

昨年、実父が癌で亡くなりました。
父の死に際は、末期癌患者の臨終によくある(?)「身の置き所がない」状態で亡くなりました。葬儀の際に父の友人に「顔が変わってしまって」と絶句されました。
生きている間も苦労の人生だっただけに、安らかに逝くことが出来なかったのが悔やまれてなりません。
なぜ父は最期まで苦しまなければならなかったのでしょうか?
また、父の肉体的な痛みを思えば、1日でも2日でも早く逝かせてあげられなかったのかと自分を責めてしまいます。
父の苦しみはどう解釈すれば良いのでしょうか?
病気の進行、術後の容態悪化で仕方ないと考えるしかないのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

本当に知るべきことはそうではない

東日本大震災で、愛するご家族を亡くされて茫然自失の日々を送っておられたある女性が、医師から次のように言われたそうです。
「誤解のないようにお聞き下さい。残酷なことを申し上げるようですが、亡くなられたご家族は、もう楽しむことも、喜ぶこともできません。」

「…!?」

「…ですが、よくお聞きください。
…もうこれ以上、苦しまれたり、痛い思いをされることもないのです。
もう痛みや苦しみから永遠に解き放たれたのです。
どうか、一日も早くあなたが元気を取り戻してください…。」
その医師の言葉に「ハッ」と目覚める思いをされたそうです。

その女性は、亡くなった家族が「今もずっと苦しんでいるのではないか。」と数ヶ月間、思い続けてこられて、自分を苦しみの縄で縛りつけて来られたのです。

さらに言えば、震災以降ずっと自分を苦しませ続けていたのは、震災そのもの、家族の死そのものではなく、家族の死を悼み、案じ、自責する自分の思い〈自念〉であったことに気づかれたのでありましょう。

人は愛する人への、気持ちが強ければ強いほど、愛する方の苦しみに同調する力も強いものです。
その思いは、時に苦しんでおられる本人とは別のところで、代わってあげたいという思いを起こされている、あなた自身の胸の中まで浸透するのです。

厳密には、
①亡くなられたお父様の身体の痛み・心の苦しみと、
②あなた自身の苦しみとは異なります。

②あなた自身がお父様の苦境を思われ続けて生ずる思いと、
①お父様が生前、闘病生活の中で耐え抜いた痛みとは、厳密には異なっているという事をもう一度、よく思い返して下さい。
そうすれば、
“あなたが今何をすべきであるか” という、
お父さんからの別のメッセージが新たに聞こえてくるようになると思います。

どうか、あなたも一日も早く、元気を取り戻してください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
かくげん和尚の電話おなやみ相談  📞08020659278 そのモ...

「死」のありかたを教えてくださっています。

亡くなったったお父様の苦しいお顔のことが、いつまでも忘れられないのですね。
「顔が変わった」といわれるところからも、お父様の肉体の苦しみが大変なものだったと想像いたします。
お父様の肉体的苦しみを長引かせたことへの後悔が残るのは、親子の情として、至極もっともなことと推察いたします。

ある方が「死は最後の人間教育である」とおっしゃいました。
死ぬ姿を残されるものに見せる。

そこには苦悶の表情を浮かべる死に方も、安らかにほほえみを浮かべる死に方も、等しく後に残された方に「死」という現実を見せ、そこから何かを学ぶのだ、といった意味が込められているのだと思います。

あなたが気にされているように、お父様は肉体的な苦しみ耐え難く、お亡くなりになりました。
しかし、そのことは、「死」の現実をあなたにお見せになったということだと思います。

ある方が、葬儀の前に、死者の顔に死に化粧をし、筋肉をほぐし、安らかな顔に仕立てることに対して、
「死の現実をきちんと見せなければならない」と異議申し立てをなさいました。

確かに安らかな顔で逝かれた、ということになれば、周りの人は安心を感じられ、ほっとなさることでしょう。

しかし、それは作られたものにしか過ぎず、「死」というものを通してあなたに何かを伝えようとされたお父様の意志を曲げることになってはいないでしょうか?

お父様が苦しんだことは事実として受け止めてみてはいかがでしょう。

その上で、お父様が「死」によってあなたに伝えたことについて考えてみてください。
あなたの後悔は、きっと「死」から学べという、お父様のメッセージの表れだと私は思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


真宗山元派上西山正善寺住職

CML様へ

お父様の最後は、今の医療の現状を表し
同じような思いをされている方が多いとお聞きします。

「人生は苦である」と、お釈迦様はお話されています。
まさにそれを生きながら示し、最後まで見せていただいたそんなお父様。

まずは自分を責めることはやめてください。
お父様はきっと望んでいません。
その苦のある人生の中で、
なにか楽しく、あなたらしい人生を送られることをきっとお父様は望まれているはずです。

もう十分お父様の死と向き合い、
さまざまな経験をされたことでしょう。

ここからはまず最初に自分のことを考えてください。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

「四聖諦」へのいざない

CML 様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

お父様のご逝去、誠にお悔やみを申し上げます。

誰もが避けられぬ人生の終わり方・・終末医療・ターミナルケアのあり方について考えさせられる内容でございます。

現代日本仏教において終末看護・終末看死について取り組んでいる活動に「ビハーラ」というものがございます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ビハーラ

このような活動が広がることで、生老病死の四苦を超えて、安らかな最期が迎えられれば誠に幸せなこととなりますが、いざ自分自身のこと、自分の肉親のこととなりましたら、現実はなかなか難しいのも確かでございます。

そして、現実に愛すべき者の死に接する時、誰もがまだ生きていてほしいと望み、何とかしたいと当然にもがくものであります。諸行は無常とはいえども、実に詮無きことでございます。

「早く逝かせてあげれなかったのか・・」とご自身をお責めになられるお苦しみ、きっと同じような状況にて愛する方を看取られた方々も大なり小なりおありであるのではないかと存じます。

医学の発展は、病の治癒に対して恩恵をもたらす一方で、そう簡単に自然死を迎えさせてあげれないという弊害も生じており、進歩と発展の功罪を思うところでございます・・

最近の流通ジャーナリストの故・金子哲雄氏のように、できるだけ早めに各々が自らの「死に方」への事前の理解・準備・覚悟を調えておければ、少しくは自分の「苦」、遺族の「苦」も和らぎ、癒せるようにできるのではないだろうかとも存じてはおります。

「終活」
http://ja.wikipedia.org/wiki/終活

一切衆生の「苦」を癒し、滅するために仏教は一体何を成すべきであるのか?まさに仏教に携わる者における最大の取り組み続けるべき課題としてございます。

CML様には、是非、この度のお父様における生老病死の「苦」の現実(苦諦)を直視なさられることから、次に、それらの「苦」の原因(集諦)となっているものが一体何であるのか、その「苦」は滅せれること(滅諦)ができるのか、その「苦」を滅するための方法(道諦)とは何かをお考え頂く機会と致しまして、お釈迦様の「四聖諦」の教えを学ばれるきっかけとして頂けましたら誠に良いのではないだろうかと存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

お三方とも、丁寧なご回答いただきありがとうございました。回答のひとつひとつ、じっくり読んでみました。何を答えて頂きたかったのかというより、回答を頂けたということで心が少し落ち着きました。父の最期について正しい選択をしてあげられたのか、病床の苦しい顔はまだまだ忘れられないなど、自分に問いかけることは止みません。でもお三方に回答して頂いたということで、一歩前へ進めそうなそんな気がします。これからも時間をかけて理解していきたいと思ってます。この度は本当にありがとうございました。感謝しております。

皆様、丁寧なご回答いただきありがとうございました。回答のひとつひとつ、じっくり読んでみました。何を答えて頂きたかったのかというより、回答を頂けたということで心が少し落ち着きました。父の最期について正しい選択をしてあげられたのか、病床の苦しい顔はまだまだ忘れられないなど、自分に問いかけることは止みません。でも皆様に回答して頂いたということで、一歩前へ進めそうなそんな気がします。これからも時間をかけて理解していきたいと思ってます。この度は本当にありがとうございました。感謝しております。

「身近・大切な人の死・亡くした後悔」問答一覧

亡き夫への想い

1年半前に26年共に過ごした主人を亡くしました。それが原因で実の親と兄弟と絶縁。心療内科に通いなんとか普通に生活しています。夫は今どきめずらしいほどの亭主関白で厳しい人でした。弱音は吐かず寡黙な人でおしゃべりが好きで甘えたい私には厳しすぎて、いつの日か笑って話す事もなくなり、頼る事をしなくなり日時会話も減っていきました。家政婦のような毎日に嫌気がさし、いつもの喧嘩から意地で家を出ました。亡くなる3ヶ月前です。職人だった主人は健康診断をせず、病気に気づかず、ただ、険悪になった3ヶ月は主人の身体は立っているのも辛い状態だったはずだと後から医者に聞きました。痛い、辛いを言わなかった人だけに私はその辛さに気づかず、孤独は自分なんだと可哀想な自分は自由になるべきだと家を出ました。主人が溺愛していた末娘を連れてです。いつも絶対に折れない主人が頭を下げて戻ってきて欲しいと言うまでは帰るまいと決めてました。その間に歩けなくなった主人は入院してから4日で亡くなりました。相当苦しかったはずだ、と医者に聞かされ愕然としました。入院して2日目にベッドの上から私の手を引っ張って握り「戻ってくれ」と言いました。ずっと聞きたかった言葉に泣けて泣けて泣けて…… ずっとその大きな手が欲しかっただけ。 優しい言葉が欲しかっただけ。 私はどこを何を見ていたんだろう。この人の何を見ていたんだろう。ずっと愛してくれていたはずなのに、欲張りな私は気づかなかった。週末は外に干し毎日整えてた布団も一番辛かった3ヶ月はずっと敷いたままだった。毎日作っていた手料理も一番辛かった時に作ってあげられなかった。毎日掃除していた部屋も毎日洗濯していた作業着もきれいにしてあげられなかった。長い間 一緒にいて、一番不幸な時に死なせてしまった。私が殺してしまった。あの時傍に居たら、ずっと一緒に暮らしてたら、もしかしたら命はあったかもしれない。寂しかったはず、辛かったはず… 1年と半年、毎日謝り続け、でも、普通にご飯を食べのうのうと生きている自分に嫌気がさし、消えてしまいたい思いと戦いながら、残った4人の子供たちを幸せにしなければ、とただ、それだけで頑張っていますがスーパーで買い物をしていても、車を運転していても主人の影を探してしまう毎日にもう無理だよ……って、どうにもならなくなったとき、このサイトを見つけました、辛いです。助けて

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

母が他界しました。

母が他界しました。63歳でした。 3年半闘病しました。2年間は食べる事も飲む事もできませんでした。 旅行が好きな母でした。私が社会人になってからはいろんな所へいきました。 最後の旅行の時「あなたと後何回いろんなところへ行けるかな。」とポロっと言われました。その時は「何言ってるのー?」と笑って返しましたが、その旅行が最後の旅行になりました。何故こんな事を言ったのかずっと心に突き刺さっています。 亡くなる3日前に急に体調が悪くなり、肺炎でした。施設に預けていましたが、亡くなる前日少し状態が良くなり、付き添いを止め、私も自宅に帰りましたが、夜中に1人で逝ってしまいました。 「付き添いをしてあげればよかった」「仕事で忙しいと言わずに時間を作ってもっと会いに行ってあげれば良かった」いろんな感情がぐるぐる回っています。3年半も頑張ってくれて、もう辛くないんだから前を向かなきゃと思いますが、どれだけ泣いてもふっと気を抜くと涙が止まりません。 そばにいて貰いたくて、分骨したいと思い骨壷ペンダントを買いましたが、家族に言えずにしまっています。 分骨も悪い事ではないとインターネットで見ましたが、やはり身内にお願いできません。また遺骨を砕く勇気も私がありません。身体が鉛のようで何もできないです。 このままじゃ母が心配しそうです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

誤りたいです

私は朝7時に出て夜7時に家に着く生活をしていました。 父が病状が悪化した時、さすがに7時は遅いと思いました。 でも、毎日早退なるし…そう思い毎日15分早退する事にしたんです。 1時間早く家に着く事が出来る、その時はそう思いました。 でも今考えると、親が病気なのに、苦しんでるのに、たった15分だけの早退にしてしまった後悔におそわれています。 父より、周りの目を気にしてしまった…その自覚もその時はなかったです。 私は父にあたってばかりいた… 父は鬱病の私を心配して少ない年金から少しでも私が元気になるように調理器具とか弁当のおかずとか色々買ってきてくれました。 でも、私父に何もしなかった… 今考えると、何一つ父にしてあげてなかったんだから、周りの目なんか気にせずに最期ぐらい少しでも早く帰って父のために過ごせばよかった… 最後まで自分を優先してしまった… 寂しい思いもさせたと思います 申し訳なくて誤りたくて 父の日も父の誕生日も何もしなかった ケチってばかりいた… どうして最期の時まで判断を間違えるのか 家族が病気なのに、たかだか15分ぐらいで周りの目を気にして、あんな時にフルで仕事して自分でバカなんじゃないかと思う 避けてばかりいたけど、今更ですがもっと話をすれば良かったと思ってます 家族を守ってあげれなかった… 何でこんなに弱いんだろ…

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

毎日がつらくて

今年、最愛の母が亡くなりました。 生前は一緒に病院に行ったり、介護の際も2人で頑張ろうね、一緒に楽しいことしたいね。といつも出かける予定と楽しみを2人で考ていました。いつもポジティブで何事も楽しく明るく取り組む母が大好きで、その優しい笑顔が見たくて毎週いつも出かけたり家では冗談ばかり言ってました。終末期になって、母は苦しい、助けてよ、助けてよ。と何度も私に言っていました。ですが、私に病気を治すことは出来ないので抱きしめて、大丈夫だよ。良くなるよ。怖くないよ。ずっと私が隣にいるからねと励ましました。亡くなってしまってから、その母の『助けてよ』『しんどいよ』と苦しそうな母の声と表情を思い出したり、母の行きたかった所、したかった事が出来なかった事を想うと、可哀想で苦しくて胸が張り裂けそうです。もっと、長生きしたかった気持が凄く伝わってきてましたし、私もそう願っていました。 余命宣告をされてから 私の弟が心臓の弱い母の耳元で『わっ!」と驚かせたり、私のことを母の目の前で殴ったり... 亡くなる前の日、考えなしの父が骨が弱くなっていた母の喉を押しました。その後から息が苦しそうになり翌日亡くなりました.. 私はこの気持ちを どうしたらいいか分かりません。 病気で苦しんでいる母に対する家族の対応が私には理解できません。その件を家族に言うと、逆に私が悪いと言われたり.. もう心が壊れそうです

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

亡くなった父に対する後悔が消えません。

昨年父が亡くなりました。倒れてから寝たきりになり、数ヶ月に息を引き取りました。 短い時間でしたが自宅で介護ができましたし、家族全員できることは全てやり切ったと思っています。 父も幸せだったのではないかと信じたいのですが、後悔していることがありその気持ちがなかなか拭えません。 まず、花嫁姿も孫の姿も見せられなかったこと。最後に元気な父な会った時、そっけない態度をとったこと。最期を看取れなかったこと。よく眠るようになった父を、病気かもと疑わなかったこと。 幸せな思い出がたくさんですが、そんななかで後悔も消えません。 父が夢に出てくると、決まって笑顔です。現実と同じく入院していても、夢の中では歩いていて、笑っていて、家族を愛しんでいる雰囲気を感じます。 そんな夢を見た朝ほど、もっとしてあげたかったことが浮かんできて、仕事中にも辛くなりそうになるので、無理やり忘れます。 そうすると、無理やり忘れるなんて父も悲しむのでは、なんてことも考えてしまいます。 誰との別れでも後悔はあると思いますが、どうやって乗り越えていけばいいのでしょうか。前に進んでいくための言葉をいただけるとありがたいです。

有り難し有り難し 24
回答数回答 2

祖父の死、後悔が尽きません

癌の余命宣告を受けていた祖父が旅立ちました。宣告されていた余命よりも長く頑張りました。 幸いにも、亡くなる1週間ほど前までは元気で、薬は飲んでいたものの、入院することもなく、亡くなる前日まで散歩をしたりしていました。 私は祖父と同居していたこともあり、おじいちゃんっ子でした。 海外に住んでいるため、コロナ禍ということもあり、祖父が亡くなるまで一度も日本に帰り会うことはできませんでした。 そのため、毎日祖父にビデオ電話をかけて、お喋りすることにして、連絡を取り合っていました。でも、毎日と決めていたのにも関わらず、3日間連絡が空いてしまうことや、祖父の話をちゃんと聞いていなかったときもあったなあ…もっといろいろ聞いて、もっと闘病中の祖父を労ってあげればよかった、という後悔で押しつぶされそうです。闘病中でしたが、ご飯もよく食べ、散歩もし、元気だったため、その姿に甘えて、寄り添ってあげれてなかったのではないか…実は苦しかったのにそれを見せなかっただけだったのか…考え出すと苦しくて涙が止まりません。人間未熟な自分が嫌になります。 まとまりのない文章で申し訳ございません、いまの素直な感情を書かせていただきました。私もいつか祖父のいる場所に行く時が来たら、また会えると信じています。また会いたいです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

母の死に罪悪感と後悔で一杯です。

数日前に実家の母が亡くなりました。末期癌で、病気の発覚から僅か4ヶ月でした。 1ヶ月前に電話で話した時も体調はあまり良くなさそうな様子ながらも「死なない」とはっきり言っていました。 ところが2週間程前から体調が急激に悪化して電話もメールも出来なくなってしまいました。 母が亡くなった今、罪悪感に押し潰されそうです。というのも、喧嘩別れのような状況で死ぬまで優しい言葉をかけられませんでした。 私は幼少期から母との溝を感じて生きてきて、自分の気持ちを理解してもらえない。苦しい時に寄り添ってもらえないと感じていました。 成長するにつれて価値観や考え方すれ違いは増していき、次第に私は母に対して反抗するようになりました。 自立してからも反抗的な気持ちがおさまらず、溝がありました。 私が結婚し、孫をとても可愛がってくれましたが相変わらず溝は深いままでした。 一年程前子供を連れて実家に行った時に、自分の中でどうしても許せないことを言われ大喧嘩をして連絡を断ちました。死に目にも会わない覚悟でした。 ところがいざ母の病気が発覚した時に気持ちが揺らぎ、連絡を再開しました。 しかし、今までのことがあり母にどういう言葉をかけていいかわからずぎこちないやりとりでした。 コロナ禍で直接会うことは叶わず、病気に対して実感がわかなかったのもあります。そして、精神的に強い人なので母は死なないのではないかと根拠なく心のどこかで思っていました。自分より強い母が死ぬことを認めたくなかったのかもしれません。 喧嘩別れして以来、母に会えたのは葬儀の場でした。棺桶に横たわる母は別人のように痩せこけていました。 その時、言い様のない感情が襲ってきてその場では唖然とするばかりでしたが、自宅に帰ってから涙が止まりません。 もっとかけるべき言葉があったのではないか。優しくできたのではないか。そして、今までの人生で母にしてきた己の身勝手で酷い仕打ちを思いだし後悔しかありません。謝りたい。 闘病中に元気付けられればと子供の写真や動画を送った時の嬉しそうなお礼のメールが、辛くて読み返せません。心の中で和解しきれていないと感じていた私は、そっけない返事をしました。それが最後のやりとりでした。 子供のためにも切り替えなければならないと頭では理解しています。自分が悪いことは承知ですが、どうしたら前を向けるでしょうか?

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

父はどう思っているのでしょうか?

父が亡くなる直前まで心労をかけてしまいました。 婚約後、価値観の違いから衝突して、入籍の無期限延期を言われたのですが、 話合いをしても平行線で、自らピリオドを打ちました。 当時入院中だった父は病室から何度か電話をくれて 「心配しているけど、自分の将来なんだからおまえに任せる」と言ってくれていました。 遠距離恋愛の為、名古屋まで話合いに向かいました。 彼の要望を聞いていると、私が望むごく一般的なつつましい結婚生活は期待できそうもなく、好きな気持ちはあるけど、先々の事を考えて交際自体も終わらせる事を選んで自分の住む町へ戻りました。 翌朝、父の容体が急変し、16日間の危篤状態を経て他界しました。 この期間私の為に頑張ってくれたような気がしてなりません。 父も理解してくれていたこととはいえ、死の直前まで心労かけました。 その所為で死期が早まったのではないか? 糠喜びさせて、悲しい気持ちのまま旅立ったのではないか? 悔やんでも悔やみきれません… 父の訃報はSNSなどで知ることが可能ですが、彼からは音沙汰なしでした。 最後はお互い納得して別れたのに、別れてしまったとはいえ、ひと月まえに家族になっていたはずの人なのに…。 親族への挨拶まで済んで入籍直前なのに自分の都合で延期を言い出したのに、両親への説明や謝罪もしてくれませんでした。 別れることまでは考えていなかった彼ですが、その言い分が自分にだけ都合の良すぎるものだったので、私から去ることを決断しました。 それでもお互い人としての義理人情はあると信じていました。 私は愛されていなかったんだ… 今は内省していないと気持ちの置き場所が見つかりません。 職場の人もみんな知っていて、誰に対しても申し訳ない気持ちです。 私の状況を知る親族も二重の悲しみを抱いています。 葬儀の間、隣に座る姉の横には姉の旦那さんが居て、 本当だったらあの人がここに座っていてそれだけで救われたはずなのに… 父の死をこんな絶望感で受入なければいけないのは何でなのだろう? 私は何をそんなに間違えたのだろう? 彼氏に自分の気持ちを言ってはいけなかったのだろうか? たまに彼に対して恨みのような感情が沸き上がるのが辛いです。 父の死、ただそれだけを悲しむことができればどんなにいいか…。 「お父さん、ごめんね。」 父に会いたいです。

有り難し有り難し 31
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る