hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

仏教では自殺は悪いことではないというのは本当でしょうか。

回答数回答 4
有り難し有り難し 382

つい最近 「hasunoha」 をみつけて登録したものです。

早速ですが、
仏教では自殺を悪いことだとは言わないのでしょうか。

自分の肉体の生命を自分の意志で終わらせることを自殺であると定義したとき、仏教では、自殺はとがめられる行為ではないのでしょうか。

私は、キリスト教徒ではありませんが、自殺はしてはいけないとする意見に賛成するものですので、たとえば意識を失うほどの肉体の苦痛が私のところにやってきたとしても、その苦痛に忍耐するつもりで生きています。

そもそも、釈迦がいうところの「空」を素直に学べば、自殺は起こらないのではないでしょうか。

ご教示お願いいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「死に際」「死に方」を問いません。

キリスト教では自殺は煉獄に落ちる大きな罪とされています。
自分で自分を殺すことは、宗教上「殺人」になるようです。
宗教的にいう「悪」だと位置づけされているのです。

あくまで、道徳的な観点でいう善悪ではなく、宗教的な観点で言う善悪だということを念頭に置いておかねばいけません。
自殺を悪い事だと言わないというのは、「悪行」「善行」という区分けの中に、死に方は含まれていないということです。

例えば、笑みをこぼしながら安らかに命終えたことを良い事と言って、苦しみながらもがきながら命終えることを悪い事だと言う人がいます。
それは私たちの勝手な見方、いわゆる道徳的観点によるものです。
どのような死に方をしようとも、仏様は善悪を問わないということです。

以前お寺のご門徒の娘様が自殺でいのち終えられました。
そのご両親は「自死はいけないことだ」という言葉を聞くたびに苦しくなるとおっしゃられていました。
「私の娘はいけないことをして死んでいったのでしょうか?ずっと悪者にされているようで悲しくてならない」とおっしゃるのです。

私たちは私たちの勝手な価値観で良し悪しを決めていきますが、それは大きな間違いです。
私たちは常に仏様の智慧から学ぶ必要があります。
仏様は死に方の善悪を問わないと聞かせて頂きましょう。

「悪いこと」と「悲しいこと」は分けて考えなくてはいけません。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

本当、と言えなくもないですが…

一般人さま。
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。
「自死・自殺に向き合う僧侶の会」という会に所属しており、お返事させて頂きたいと思いました。

結論から申し上げますと、「どんな場合・状況であっても、絶対的に悪いとは説いてない」です。
なぜそう言えるかというと、お釈迦さまの弟子でも何人か自ら命を絶っていて、お釈迦さまはそれに絶対否定の立場をとっていません。

時々「自死をすると地獄に落ちると言われました」といった相談がありますが、どの宗派の経典を調べても、自死=地獄とは説かれていませんでした。

ただ、自死について条件があります。
・悟りを開いた者が、その智慧をもって自死以外の選択がないと判断した時。
・「自死以外の選択がない」とは、病気やケガで耐えがたい苦痛があり、回復の可能性がない時。
だったと思います。

これはオランダなどで認められている、安楽死制度の条件と似ています。
http://753an.blog.so-net.ne.jp/2014-01-16-2

とは言っても、もちろん「否定していない」ことと「勧める」ことは全く意味が違います。仏教で自死を勧めることはありません。あらゆる手だてをもって、自死に至らないように努め、周囲もサポートしなければいけません。

よろしければ、「自死・自殺に向き合う僧侶の会」のHPもご覧下さい。
http://www.bouzsanga.org

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

善悪で判断することが疑問。

私は一般人さまに似た立場です。

自殺を正当化する教えが、仏教だと勘違いされては困ります。
自分の感情を自分の細胞すべての意思と思うのも気が引けます。

何かの抗議のための自殺なら善なのか。
江戸時代のお侍さんの自害は善なのか。
仏性が育つ種を断ち切るから悪なのか。

今の状態で娑婆にいるくらいなら死んだらしまいだから死を選ぶのは悪なのか。
残された人に恨みや悲しみを残すから悪なのか。

いろいろな立場があるかと思いますが、「善か悪か」を仏教だけで論じるのは矛盾が生じるような気がします。
自殺に至る原因は本人と周囲の関係性の中でそれぞれです。

人が死ぬ確立は100%
閻魔大王なら、娑婆の行いの善悪を審判するお役目かもしれませんが、
自分は、判断をする本尊に帰依しているわけでなく、あらゆる衆生を救うと誓った仏に帰依している立場です。

自殺に至った苦しみがどんな形で報われるのか。
残された人々の悲しみや責めがあるならどうフォローするか。

自殺そのものの善悪論よりもその後のフォローの方を大切にしたいです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


浄土真宗僧侶 社会福祉士 法務のほかに学校相談や社会的養護が必...

「空と縁起」

一般人様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

浦上様も既にご回答のように、仏教において自殺・自死を勧めるということはありません。

確かに釈尊の在世時において弟子たちが自殺されたということはございました。このことにつきましては、下記のページの内容をご参照下さい。

「仏教は自殺を本当に禁じているのか?」
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/suicide_buddhism.html

その上で、下記の問いにて拙見解を述べさせて頂いております。

問い「自殺してはいけない理由」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002970251.html

次に、『釈迦がいうところの「空」を素直に学べば、自殺は起こらないのではないでしょうか。』・・でございますが、「空」(無自性・無実体・無自相)という真理を理解することは、つまり、「縁起」を理解するということも大切となります。

問い「生きること、死ぬこと、どっちが辛いのか」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002992500.html

上記の拙回答にて述べさせて頂いておりますように、「空と縁起」の理解を進めることが迷い苦しみを超えていく上で非常に重要な鍵となります。

このことをここで詳しく扱いますと膨大な説明が必要となりますが、誤解を恐れずに簡単に述べさせて頂きますと、「空と縁起」を理解することは、因果の理をしっかりと理解することでもあり、悪因悪果、善因善果という中で、悪い結果となることが明らかであることを自らで行うことは無くなる、しないということにて、無明・煩悩による自殺・自死(悪業となる自殺・自死)などとてもできないということになります。

とにかく、私たちは、空の理解だけではなくて、縁起の理解も誤りなくに進めることも必要となります。

是非、これからも「空と縁起」の理解を深めて頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

(長くなりすぎたので書き直しましたが内容にちょっと不満を残したまま投稿させていただきます。)

和尚様 方方(尊敬語として)

早速のご回答ありがとうございます。

━アメリカで女性の尊厳死が話題になったばかりでした。私は、尊厳死もダメだと思う者です。━
紹介のサイトを拝見いたしました。生き生きと暮らすためには、自殺をくい止める必要を意識しての活動であると読みました。生と死のきわを彷徨っている人にとってはまず生きることが先決との解釈にいたりました。オランダのことは別の機会にと思います。

身内の人間の自殺による苦悩という課題があるのですが、その苦悩も乗り越えなければならない人生の課題なのだと思います。それが、身内、ということだと思います。さらに、身内の自殺を苦悩して、身内ではない人間の自殺を苦悩しないということがあるとしたら、それはどういうことなのでしょうか。きついけれど、こういう課題は常に突きつけられているのが現代社会だと思います。
とにかく、国家も地域社会も家族だって冷ややかな時代かもなという思いを抱く瞬間が私にはあります。

─ 修行と死 ─
人生は修行だ、と思っています。修行が楽しい、と言えるくらいになりたいと思っています。
単純にこう思います。
自分で死ぬのはダメと思います。肉体は自分の乗り物ではあっても所有物ではないとも感じています。「耐えられない程の苦痛は自殺で逃げてしまえ」と後の人たちに言い残すことにもなりえます。苦楽ですから、苦にも楽と同じ程度の積極的な意味があるのではないでしょうか。

自殺しないで苦に耐えることでその報いはどれほどのものになるだろうと発想するくらいのことを欲が深いとはいわないでね、とも思っています。

~書ききれないことを自覚しましたので切り上げます。~
ありがとうございました。
合掌

川口和尚 様

ありがとうございます。

目を通しました。私は書かれている内容に関しては抵抗なく理解できています。その上で、思いましたが、
仏教的な物の見方、という言い方がありますが、私は、そういう分け方に抵抗感があることに気がつきました。そして、たぶん、それだけのことかもしれません。生命が誕生、する。生命が死、する。すべてがこの中に収まるはずもなく、さりとて、多くの人間は外の記憶がなくなったまま生活していて、その為に迷っているということも、わかっているつもりです。 ━要はそういうことかもしれません。━ その上で、やはり、死はどのような形であれ自然にやってくるものだから、やってきたらその時は死、するのであって、自分の自由意志で選択できるような何ものかではない、という、原理原則が、魂の底からささやいているかいないかの違いは、大きすぎるのだなと思いました。ちなみに、現代社会ではほぼ空想になりますが、私が腹を切れば、百人の人間の命が助かる、そして私は死ぬ、というときは私はおきてを破って腹を切ります。が、助かった人たちもいつかは死にます。命という時間は空という縁によって起こり空という縁によって終わり、終わりという縁は即、起こるという縁を結ぶ。縁起は時間を食べて輪廻し、輪廻は輪廻をつかさどるものを見たことが無い。

ご教示、ありがとうございました。感謝いたします。
合唱

「自殺・自死」問答一覧

今年5月に自殺します

初めまして。28歳の狐狼と申します。 予め言っておくと、質問や相談というより、1人の人間のお話しという事で、自分の人生が誰かの役に立てたらと思い、軌跡として残したいと思い投稿させて頂きました。 1度で書き切れるかは分かりませんので、何回かに分けて書く事を想定しています。感想のような物が頂けたら幸いですが、回答や感想がなくても構わないと思っております。 まず初めにプロフィールにも記載ある通り、自分は双極性障害、二重人格に近いと診断を受けた精神が2つあるという特徴があります。 現在は無職ですが、去年の12月までコールセンターにいました。 趣味はゲームやカラオケ、読書や執筆活動、音楽鑑賞や作詞、コザクラインコと遊ぶ事や勉強する事、風景撮影や性格診断・占いなどです。 今までの略歴は次の通りです。 小学3年でいじめに遭い、4年生から不登校。以来中高大と通わず、高卒認定(旧大検)を取得。 ↓ 19歳から働き初めるも職を転々として、傷病により6年のブランクを経て再度働き始める。 ↓ 12月に仕事を辞めてから人生について色々と考えるようになり、今年の5月に自殺する事を決める。 ↓ 現在終活に向けて色々と片付けたり、相談サイトや投稿サイトで自分の軌跡を残しております。 略歴としては以上となります。 性格は2人分の精神毎に違うため、個別に書きます。 男性長所:真面目、大人しい、感受性豊か、活字好きなど 男性短所:消極的、精神不安定、優柔不断、希死念慮持ちなど 女性長所:好奇心旺盛、頭の回転が速い、策士など 女性短所:移り気、計算高い、理屈っぽいなど 性格は以上です。 夢や目標の変遷:エンジニア・プログラマー→小説家→普通の暮らし→家族への恩返し→小説家→普通の暮らし→死ぬ事 自殺までに思い残した事:家族への恩返し、コザクラインコのお世話、遺される家族の事。 人生の宝物:ゲームをした時間、勉強して知見を広げられた時間、動物達との時間、少しでも社会を見られた事。 1番の宝物:家族(自身は独身)との時間。 簡単な自己紹介的な物は以上となります。 ※文字数に限界が来たので、詳細はやはり小分けにしたいと思います。 次回も投稿します。宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 62
回答数回答 3

自殺 極楽浄土

私は、常々感じております。人の持つ歪んだ正義と言うものを。 今も執拗に不特定多数の人から、死ねば?とか、大したことねぇからあいつ。とか馬鹿なのに勉強するなよ、やっても無駄だよと言われたり、外に用事があって出掛けたら通りすがりにチッと舌打ちをされたり、流石に私もここまでされる覚えはありませんし、これじゃあ殺人を犯した犯罪者と扱いが変わらないのでは?と感じた事もあります。 何か気を悪くする事をしたかも知れないが何もそこまで、執拗に私の事を謗る必要は有るのだろうかと感じた事もあります。 家でゆっくり、読書をしている時も勉強している時も「もし、コロナが完全収束して外に出歩かなければならない状況が増えていったら自分の身が持たないな」と思い毎日が怖いです。 そんな時、たんにしょうと言う一冊の本が人生を変えると言う広告を見て、図書館で借りてみて読んでみたところ、どうやら死ぬ間際に南無阿弥陀仏と唱えるだけで自分が犯した罪が消えて仏様が極楽浄土に招待してくれるみたいな事が書かれていたんです。 今は、自殺したいと言う気持ちは全くございませんがもし、自殺する前に仏様どうか自分の命を無駄にしてしまう私の罪をお救い下さいと願いながら南無阿弥陀仏と唱えたら罪は許され苦しむことも無く極楽浄土に連れて行って貰えるのでしょうか? 御回答お待ちしてます。

有り難し有り難し 47
回答数回答 4

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る