お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

般若心経を写経すると・・・

以前、友人とお参りしたお寺で「般若心経を写経すると病気が治る」等のお話を聞かせてもらいました。
大学時代から仏教が好きで個人的に学んでいたのですが、「般若心経を写経するとご利益がある」等の考えにどうも違和感を覚えます。

般若心経を写経すると願いが叶うのでしょうか?

有り難し 47
回答 5

質問投稿日: 2015年6月12日 15:53

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

筆を手にとるひと時

シャ家族さま
こんにちは、なごみ庵の浦上哲也です。

今回のご質問、宗派によって回答は異なるかも知れませんが、浄土真宗では「写経をしても、読経をしても、それが直接原因となって病気が治る」とは考えません。

病気になる因・縁(直接原因や間接原因)が揃えば病気になることもあるでしょうし、また逆に治る因・縁が揃えば病気が治ることもあるでしょう。病気であっても願いであっても、それは同じことです。

ただ、こんな新聞記事があります。
「認知症予防の効果立証、写経で脳イキイキ」
http://blog.goo.ne.jp/fukujukai/e/9366cdcfe1b8df5113cafbb178789f39

ご質問にあるような、因・縁を無視したような病気回復、諸願成就という「ゴリヤク」は無いと、私は思います。

けれど、私のお寺でも写経会をしていますが、その時間はすごく集中力が発揮されますので、リンク先のような「効能」はあるのかもしれませんね。

ひと文字ひと文字、ていねいにお経を写すことは、ひとつのことに打ち込む集中した時間を作ってくれます。病気とか願い事とか考えず、筆を手にするひと時があってもいいのではないでしょうか。

3年2ヶ月前

願いは「叶う」ものではなく「叶える」ものです。

写経をすれば願いが叶うか?という問いには、正直申しまして「否」というしかありません。
ですが、「叶わないのか?」と言われれば、叶わないとも言い切れません。

一般的に願いというのは、人に対して聞き入れてもらえるか、物事に対して実現できるかどうか、ということだろうと思います。

写経をして得られる功徳は、何もお経に説かれている功徳だけではありません。
威儀を正し、静かに墨をすり、真っ白な用紙と向き合い、経文の文字を「一字一仏」と感じながら一文字一文字丁寧に書き写す。
その姿勢は、とりもなおさず「自からと向き合う」ことにほかなりません。
自からと向き合うということは、自分の生活観や人生観を見直すことにつながります。

自分の人生観が変われば、自ずと行動や言動に変化が現れます。
もちろん、物事に取り組む姿勢も変わってきますし、人の見る目も変わるでしょう。

願いというものは、何かに頼って叶うものではありません。
自からの思いや努力、その姿勢によって初めて叶うもの、すなわち自からが「叶える」ものです。

写経をする中で自分自身と向き合い、自からを見つめ直して、そこから何らかのきっかけを得たならば、それも写経から得られる功徳です。
そしてそれは、願いを叶える大きな力になるかもしれません。

「病は気から」とも申します。写経をしたから病気が治るとは思いませんが、写経をすることで少しでも心が安らかになり気力が充実したならば、ひょっとしたら病も快方に向かうことがあるかもしれません。

「般若心経を写経すると病気が治る」とおっしゃったお寺さんも、もしかしたらそんな意味でおっしゃったのかもしれませんね。

3年2ヶ月前
回答僧

崇興寺

釈心誓

願い事は叶いません。

そのお寺さんが何故そのようなことをおっしゃったのか真意はわかりませんが、私の宗派ではそのような考えはしません。
おそらくシャ家族さんは般若心経を読まれたことがあると思いますが、般若心経のどこにもそんなことは説かれていません。
般若経はたくさんありますが、その中の般若心経は大乗仏教の縁起である「空」が説かれています。
その教えは決して願い事を叶える教えではありません。

しかし、写経はとてもいいことだと思います。
写経はかつては許された人しかできない高貴はことでしたが、もちろん現代では誰でも簡単にできます。
写経をすると文字一文字一文字と向き合い、お釈迦様のお説法をじっくりと味わうことができます。

「写経をする」という行為自体が尊いのであって、写経をすると願い事が叶うということはありません。
そもそも願うことすら必要なくなるのが仏教の教えです。

3年2ヶ月前

間接的に病気が治る力になるのです

こんにちは。(-ω-)
以前、曹洞宗の大本山総持寺で写経会講師をしながら、筆先三寸、舌先三寸で多くの人をたぶらかしつつ現在は、指先三寸、口先三寸で多くの人をたぶらかしている丹下覚元と申します。

まず、一度食わず嫌いを無くす前に、やってみることです。
今あなたは、写経をする以前から自分の考えで一面的に写経をとらえていると思います。  
理屈をごねているうちは一行も一字、一仏心も現れません。
まず、写経でなくとも、そこに自分の考えやら、流儀を持ち込まずに一字が書けるようになることです。これを「❝わたくしをはなれる❞といいます。」
本当に【理想的】な写経をしている時には、そこに字の上手下手はありません。
❝理想的❞とはどういうことか?
人間的価値観、我見を離れるということです。
人間的価値観、我見を離れると、仏になる、仏の行、仏のさま、仏のあらわし、仏あらわれになるのです。(無為の行為)
写経、写仏という は、おのれの中の我欲まみれの人間性ならぬ、仏性、仏陀性を引きずり出すことです。
自分の中の人間(自我)が書いているうちでは駄目です。自分を放ち忘れて、
自分の中の人間(我見)を離れて、無為の行為の中で仏(本来の自己)に書かせて、仏の字にならんうちは写経、写仏ができたとは言えんのです、
仏の一文字、一書には、人間の願望、目的がありません。
そこに勝ち負けもありません。
そこに優劣も生まれません。
そこに疑問も無く、一字一字の真実があるだけです。
その時、病気を厭う心も忘れます。
病気でありながら、病気であったことも忘れ、何の問題も無くなります。
人間の心でいれば、社会にいても価値観や理屈、都合に蝕まれましょう。
仏の心(和・安心・笑顔・柔軟・無・無為・無作)でいれば、当然、病気も回復する、治癒する、治癒力を高める効果もきちんと期待できるのですよ。
勿論それが為にやろうというのは、我欲です。
おのれの心が仏心に転ぜられた結果、自ずから病気や病苦から離れているのです。
まずは、一文字でも書いてみてください。
そこにあなたの迷いの理屈が無くなるかどうか。
真実の一文字、無為の一字が書けるかどうか。
写経をやらぬにせよ、写経に疑いがあるにせよ、あなた自身に迷い、疑問があるのだから、それを滅却することが一番の功徳です。

3年2ヶ月前

「写経」について

シャ家族様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「写経」に関することでは、以前に下記の問いにお答えさせて頂いております。

問い「写経は高僧のもの」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002966096.html

『・・写経による功徳に関しての典拠としては、法華経・法師品第十の中に、「・・妙法華経の、乃至一偈を受持、読、誦、解、説、書写し・・」とありますところにおいて、書写することでの功徳が説かれているところから、やがて更に利益(りやく)や供養、または祈願の意も含まれるようにもなっていったのではないかと存じております。ただ、しかし、機械的に、作業的に「写経」をするだけではなくて、それを本当の功徳や利益、供養と致すには、やはりその内容もしっかりと理解して、その教えを実践することが最も大切になるのではないかと存じております。・・』

特に般若心経は、仏教における智慧の獲得のために最重要となる「空」の真理について扱われております。この「空」を理解することが、利益という結果へと向けて確実に繋げられる理、法則を知るということにもなり、ひいては、その理、法則に則って実践していくことで、やがては、ある意味で「願いが叶う」と言っても実は過言ではありません。

ただ、その願い、幸せ、利益というものは、私たちが普段世間一般において考えているようなものと違うものになるのですが・・まあ、それは後からの楽しみにしておいて下さいませ。

とにかく、これを機会に般若心経の言わんとするところの理解をしっかりと一つ一つ進めて頂ければと存じております。「無」・「不」という否定辞が多用されていますが、決して「何もない」ということではありません。まずは何が否定されているのかということをしっかりと押さえていくのが大切となります。

また、「般若心経」のことにつきましては、これまでにも下記の各問いにて扱わせて頂いておりますので、是非ご参照下さいませ。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/般若心経

これからも仏教の学びを進めていかれます中で、般若心経の内容の理解にも取り組んで頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

3年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

写経に特別な法力(?)のようなものはないと聞いてストンと落ちました。
「病は気から」や「精神統一」というようなことならばよくわかります。
また自分でも写経をしてみたいと思います。
一文字一文字大切に書いてみます。

関連する問答
このページの先頭へ