hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

人が怖いです

回答数回答 5
有り難し有り難し 34

初めまして
元々、顔も頭も性格も悪いのであまり人に近づかないで学生時代を過ごしておりました。
就活やバイトで、まともに他人と話さざるを得なくなりましたが、他人が怖くて話せません。
今のバイトは接客ですが、笑顔が固い、雑談にも加わわらないから仲良くしたくても取りつく島が無いとバイト先で言われました。
正直、仕事以外で他人と話すのも親しくするのも大嫌いです。
しかしそれは治した方がいいと言われ、相談に上がりました。
何卒宜しくお願い致します。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

怖いのは人ではない

相手を本当によく見てみてください。
本当に恐怖心がその相手そのものについているかどうか。
自分が相手に、思いを重ねてみている、という習慣がついているだけであろうと思います。
自分の恐れ、自分の思いに負けているだけであろうと思います。
ですから、自分の思いを重ねずに接する。
これだけで解決です。
その為には自分を見つめてみましょう。
自分がどれほど思いを運んでいるか。
どれほど思いを盛んに働かせているか。
どれほど、事実に対して、思いを混同させているか。
これは万人の古来からの習慣であったのです。
だからこそ、坐禅をするというのは、そういう自己の思いから、離れる周波数を探る心の探求と言ってもいいでしょう。
坐・禅は、座ることではありません。
人と会う時でも、坐・禅の状態が大切です。
坐…外部の環境によって、心が乱されない事。
禅…内部の思いによって、本心が揺るがない事。
このような心のありようの事を坐禅と言います。
多くの人は、坐禅を座ることであると思っておられます。
人と接しながら、自分の思いにだけ向き合ってみてください。
怖いのは、相手ではないということが分かれば、おさめるべきポイントはすぐにわかります。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

「人は怖い」は客観的事実です

対人恐怖を何とかしないと、とお思いなのですね。私もそうです。お坊さんなのに、と意外にお思われるでしょうが、事実です。何故かというと、人というのは怖いものだからです。

今朝、たまたまラジオで小学校の先生が、スマホで女子学童の裸を盗撮して検挙されたことを報道していました。聖職者の学校の先生が事件を起こすことはあまりに多く、少し前同じく聖職者とされるお坊さんの浄土真宗寺院住職が殺人事件を起こしました。

そして、こうしたことが報道されたときの世間はどんなとらえ方をするでしょう。また、もう少し広い視野で、「陰口」を例にとると陰で他者をほめることが多いか、けなすことが多いかを考えれば、「人は怖い」という客観的事実に行き当たります。

したがって、まずは人は怖いものだとお考えになり、そのうえで人は単独で生きられないのですから、対人関係を一つの「技術」と捉えてみては如何でしょう。自動車を運転するためには教習所で運転を学び技術を習得する必要がありますね。そんなふうに割り切って考えると楽になりませんか。まず手始めに上記のように考え、対人関係が上手な人はどうしているか観察し真似てみては如何でしょう。大阪ですと、「スクール」などもあるはずです。

人間はみな自己本位に自分の利益のために生きています。それはみな同じであなたも例外ではないはずです。だから他者が怖いのは当たり前なのです。そのうえで相手と上手に接して関係がよくなるとお互いが大事なものとなり、相互に大切にしあえる関係が生じてくるはずです。人との繋がりには悪い面ばかりでなく、たくさんよい面があるはずです。

私もうまくできないことを書いています。対人関係で苦労しない人はいないでしょう。私も偉そうなことはいえません。思い通りに生きられない「娑婆」をともに生きていきましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

あなた自身が怖いのでは?

文月さん、はじめまして。

失礼でごめんなさい。
先に謝っておきます。

もしかして文月さんは、人が怖いんじゃなくて、人と接した時の相手の反応や、それを見た時の自分の感情が怖いんじゃないですか?

普通なら「面倒くさい」「ウザい」そんな言葉で逃げるのでしょうが、文月さんはそうではなさそうです。

人が苦手と仰っていますが、本当は、自分に対する他人の反応を見るのも、自分から他人に対して起こる感情を目の当たりにするのも、あなたにとっては、とても醜くて見たくないものなのではないですか?

あなたは優しすぎるのかもしれません。

人にどう見られるだろう?何を言われるだろう…
そうなったらどうしよう、こうなったら困るな…
迷惑かな?どうせなら関わりたくないな…
一人でいた方がずっと楽だ。

文章を読んでいると、どうもそんな事があなたの邪魔をしているように思えて仕方ありません。

あなたが今、接客業をしているならば、昔からよく知っている方々と毎日接しているわけではないようですね。

だとしたら、初めてあなたと会う人は昔のあなたを知りません。
今が、新しい自分を作るいいチャンスだと思います。

今までのあなたを知らない人の前ならば、思い切って「なりたかったはずの自分」を演じられるはずです。

私は中学校までいじめられっ子で、みんなの顔を見るのが嫌でずっと人を避けていました。
でも、高校になって環境が変わった時から「こんな自分でありたかった自分」を演じました。

そのうち周りでなく自分の方が、演じていた自分になれてきました。
元々「こうありたかった自分」を演じているのですから、自分の中に嘘はありません。
自分でも驚くほど、自分のやりたかったこと自分の思っていることを素直に外に出せるようになりました。

周りの環境が変わったからこそ出来たことです。
あなたの周りの環境が昔と違う今だからこそ、そのチャンスを逃してはいけません。

こちらから親しくするのは苦手でも、周りから親しくしてこられることは「嫌なことばかり」ではないはずです。

「治した方がいい」と言われて治そうとしているなら、何を言っても無駄だと思います。

ただ、自分で「治したい」と思っておられるなら、このチャンスを逃さないで下さい。

あなたは自分で思っているほど、人が嫌いではないはずですよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


自分のルールを真実と思ってはいけない

文月様
初めまして

「元々、顔も頭も性格も悪いのであまり人に近づかないで学生時代を過ごしておりました。」とのことですが、あなたは、顔も頭も性格も悪いとご自分で思ってらっしゃるのでしょうか。そしてご自分でかってに、
顔と頭と性格が悪い=人に近づいてはいけない
と決めつけて苦しい道を選んでしまっているのではないですか。

今の日本は、かわいいだの不細工だの、好き嫌いだの、かっこいいかっこ悪いだの、損だだ徳だのの人間がしかも他人が言い出したことに振り回されそれがあたかもマコトかのようにして振り回されながら生活している人が多すぎます。

ご自分を周りからこのように思われているだろうと決めつけその枠におさまるように生活しては駄目です。

話したいと感じたら話せばいい、人からどう思われても何にも真実は変わりません。堂々と生きればいいのです。

あなたは趣味はありますか。同じ趣味を持つ人となら比較的話も弾むでしょうし、そんな仲間を作ることから慣れていってはどうですか。
顔なんてみんな目は横に鼻は縦についています。そして、頭の良し悪しは学校の成績ではわからない。物覚えが悪い=頭が悪いなんてことは絶対にありません。根拠がないと思います。性格はあなたの理想があるのでしょう。しかし、それと比べていたら誰だって良い性格に人なんて自分のことを言いませんよ。自分でいいと思うことをただ実践していけばいいじゃないですか。
もっと自由に生きてみてはどうですか。

{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...

怖いですよね

私も、同じ事を感じ生きていました。医師からある障害を告げられ治療もしました。

あくまで私の場合ですが、その時に出会ったのが、落語でした。

いろいろな人物になる。。。。
あたまを、切り替える。

私は、少し克服する事が出来ました。

あえてスイッチを、入れてみる。事をしました。

職業人の自分、好きなことをする自分、素の自分、だいぶ楽になりました。

それによって自分自身を、客観的に、見ることができました。

あとは、他人の顔を見て、目は額とか、あたまを見るとか、これも少し楽になります。

{{count}}
有り難し
おきもち


長谷雄蓮華 (ラジ和尚)
ラジオ パーソナリティ 『 命の 相談会 』開催 愛知県愛西市...

「人が嫌い・怖い・苦手」問答一覧

殺したいと言われ続けた人生

幼い頃から「おまえを産まなければよかった」「死んでくれ」と言われながら何とか生き延びました。食事を与えてくれる環境が他にあり、生命は繋ぐことができました。10代半ばで、餌を出すように食事だけ与えてくれる場所を出てから、生きる為に身体を差し出しながら暮らしました。それで得たお金で海外に行き、学びたいことを学び、数多くの友人も恋人もできました。好きなことを仕事にしました。 数年前にとあることがあってから、再び人から直接的に先に述べたようなことを言われるようになりました。 揉めたわけでも、なにかあったわけでもありません。親しくなったかな?ぐらいの関係で、突然に死にたいと打ち明けられ、その話を聞いていたら、殺したいとまで言われてしまいました。 散々聞いたあげく、殺したいか。笑えるねと微笑むことしかできませんでした。 それからというもの、私は人を人として見ることができなくなりました。仕事で何か利益をもたらしてくれたらありがとう、友人と会って話して楽しかったらありがとう、その程度の感謝はあるのですが、もう人を人として見ることができません。 私が人を人間扱いしていないのだから、非人道的な扱いをされるのも当然かもしれません。 しかしながら、人間とはなんですか。それを知るために今日まで生きて(または生かされて)きたのですが、そろそろ限界です。 この話を打ち明けたところ、わりと多くの知人が去りました。生い立ちが重すぎるとのことです。やっぱり話さなければよかったな、の繰り返しです。 私を殺したいと言った人には、生い立ちの話は一切していません。 人を人として見れないというのは、人の喜怒哀楽に共感できないと言ったほうが近いかもしれません。だからこそ話を聞くことができました。 何が間違いなのかも分かりませんし、そろそろ生き延びようという気力も尽きそうです。生き延びようと無理をし続けた人生でした。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

人を殺したいとき

初めて相談させていただきます。 大学生の女です。 わたしは最近、人を殺したいという衝動が強くあります。 殺したい相手は嫌いな教授だったり、昔のバイト先の人たちだったり、コンビニの店員だったり色々なので、特に決まった人がいるわけではないです。 コンビニの店員がこっちをジロジロ見てくるとか、同僚とひそひそ話しているとか、なにかあるたびにカーッとなって頭が真っ白になります。 夜になるとどうしようもなく不条理な世の中と、その世の中で平然と生きている人間への憎しみが沸き上がってきて苦しいです。 人を殺したいと思っていないときはたいてい自殺することを考えているので、年中憂鬱です。 刃物を買い集めたり、縄を買ってきて軽く首を吊ったりして毎日をやり過ごしてきました。 心療内科にも行ってみたのですが、病気というほどでもないので薬で治療しようがないと言われました。 カウンセリングにも通っているのですが、先ほど書いたような話をしていくうちに「困ったな」と呆れられてしまい、わたしの心は治らないのではないかと不安になりました。 わたしは小さい頃から神経質で、中学校で不登校をしたり、アルバイトを始めたらストレスで不眠になったり、社会に適合できずに生きてきました。 社会はわたしのような人間を受け入れるようにはできていないのだと最近になって気づき、絶望を感じました。 今の社会には80万人ものニートがいて、その数字を見れば社会で生きていけない人間が一定数いることはわかります。 しかし、それが自分だと気づくと抵抗もしたくなります。 わたしは自分の人生に手を抜かずに、真っ当に生きてきたつもりです。 しかし、どこに行っても同じような人間、同じような環境、同じような世の中がわたしの行く先々に回り込んできて、なにも変わらないような閉塞感があります。 わたしはこれからどうしたらいいんでしょうか。 下手な文で長々と失礼いたしました。

有り難し有り難し 50
回答数回答 3

在米中ですが、人が怖いです。

こんにちは。いつもお世話になっております。 現在アメリカで4年近く暮らしている者です。留学する為に渡米しました。 希望した大学がアメリカ南部にあり、留学先としてはあまりメジャーではない(といっても日本人の方々が多々暮らしていますが)州です。留学中に現在の夫(ヒスパニック系です)と出会い、3年ほど前に結婚しました。 留学当初は大学内の環境しか知らず人種差別のことは全く気にしていませんでした。でも長く暮らしていき大学以外の環境に行った時、例えば現地の店員さんの私に対する態度が他の人種と比べて雑だったりなど、小さな違和感を感じたりしました。 またコロナ禍の中一回だけですが差別的なジェスチャー(手で目を細めるチーノポーズ)をホームレスらしき黒人男性にされたこともあります。 昔から言われていることですがアジア人はカーストの中で最下位なのかな、と思ったりしました。そんな中でも教養のある人々はちゃんと対等に接してくれていました。 しかし、ご存知かと思いますがコロナが流行ってからはアジア人に対する差別がエスカレートしました。BLM運動もあり人種差別問題が最近爆発した印象を受けました。 コロナの影響もあり、「黒人は差別出来ないけどアジア人なら何してもやり返してこない」という方向になってしまっているのではないかと思ってしまいます。 アジア人への暴行事件が起きるたびに恐ろしくなり、現在疑心暗鬼になってしまいがちです。 他の人と関わる時に(外食したり、出かけたりした時など)「心の奥底ではアジア人を見下しているのだろうか」「この人も内心私のことが嫌いなのかな」と思ってしまったりします。引きこもってはいませんが、出来るだけ外出したくないしあまり人と関わりたくないです。 現在私が住んでいるすぐ側のダウンタウンは治安が確実に悪化しています。この土日で銃撃事件が数件起きました(人種差別関係ではないそうですが)。 そういう事情もありますが恐怖を抱いたまま毎日過ごすことは本当の意味で「生きて」いないですよね。コロナの影響もありますがもちろん夫を置いて帰国したくないですし、出来れば差別的な人たちと接さないのが一番なのでしょうがそれが店員さんだったりすると避けられなかったりします。 これから長い先アメリカで腹を立てずに心穏やかに生きる為のアドバイスを頂けたらありがたいです。ありがとうございます。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

働くのが怖い。人への恐怖心

こんにちは。現在無職です。自分なりに無理ないところから社会復帰をしてみたのですが、また挫折してしまいどうしたらいいのか分かりません。 新卒事務職として入社した会社では、直属の上司とうまく折り合いが付けられずストレスで鬱になり、半年で退職してしまいました。 業務で分からないところをたずねても、「そこまで気にしなくていい」、「あなたほど仕事を理解しようと私は思わなかった。」と言われたり、先輩方が新卒や同チームの悪口を常に言っており、段々職場に居るだけで辛くなってしまいました。 その後、派遣社員として半年ほど期間限定の事務をし、そこでは満了まで務めることが出来ました。 少し自信もつき、次は長期でお仕事を始めたのですが、数日で辛くなり辞めてしまいました。 基本的にデスクワークで動きもない為、他の人の視線が気になり萎縮、頭が恐怖心でいっぱいになってしまいます。人が怖いです。職場に自分が存在していることが辛いという、仕事以前の問題で自分が情けないです。 人への恐怖心、迷惑をかけたらいけないという気持ち、自分のことでいっぱいいっぱいになっているこの状況を変えないとまた同じことを繰り返す気がします。 もう自分が働けるところなんてないのではないか…と悲観しどうすればいいか分かりません。 長文でまとまりのない文章になってしまいましたが、アドバイス頂けたら嬉しいです。

有り難し有り難し 28
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る