お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

たった今わき上がっている怒りを抑えたいです。

既にわき上がってしまっている感情の鎮静方法について、質問をさせて下さい。

実際に今私は、怒りと嫉妬とネガティブ思考でトゲトゲピリピリしております。

キッカケは些細な事で、その事についての対処は済み、解決しております。(円満解決です)
しかし心だけが解決まで一緒について来ず、残り火をプスプス言わせています。

気分転換にインターネットや雑誌を見ようとしましたが、こんな感情なので腹が立つような内容や言葉にばかり反応してしまい、火に油なのでやめました。

怒りや負の気持ちがおさまらない時、皆様はどう対処されますでしょうか。

日頃鍛錬されている皆様はあまり起きなそうな事態ですが、よろしかったらアドバイスをお願いいたします。

(既に存在している質問でしたらすみません。)
(そしてトゲトゲしながら書いたので質問文の中に失礼があったらごめんなさい。)

怒りを抑える
有り難し 106
回答 5

質問投稿日: 2015年7月22日 2:15

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

怒りの原因を除く

怒りの成分をよく見てみましょう。
「腹が立つ!ムカつく!イラつくっ!」
これじゃよくわかりませんね。
もう少し具体化してみましょう。
「オレの思い通りにならん、気に入らん、面白くないわッ、オレの思い通りにならんことがっ、イラつく、ムカつくぅっ!」
だんだん明確になってきましたね。
もう少し具体化してみましょう。
「私は困っている!困らされている!とても私がこここ、困っているのにっ!」「私は危機に瀕しているっ!」「アレは、アイツは!自分の理想世界に反している!私のルールに反している!」「思い通りにならないことが苦しい!」「自分のキャパを超えて理解不能だっ!」っとかって、言っているように聞こえませんか?

自分の命や五感、感覚器官は怒っていますでしょうか?
耳や鼻が相手にかみついたりしそうでしょうか?
髪の毛が相手を刺そうとしてますでしょうか?
おそらく怒っているのは、あなたの身体の中の部署のおよそ一か所だけではないかと思います。その他の部署は、通常運営、通常営業していると思います。
あなたの中のある部署が怒っているので、みんな連動してしまっていますが。

怒りは、起こしてから治すものではありません。
事前に、怒りの原因を無くす事が大切なのです。
今から、それを除去しておきましょう。
怒りの原因は、自分の要求・願望の押しつけであり、ルールの押しつけであり、期待、求めが過剰すぎることです。
一言でいえば、自分の自我エネルギーが高まっているのです。
謙虚、謙遜、寛容になるためにも、求め、期待、マイルールを自分と相手に押し付けないことです。

2年10ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

静かにだまる

私の場合、イライラした時は、口を開かないようにします。

なるべく一人で、そのことを考えず受け流すようにしていきます。

そして、「今」に自分が生かされているこの瞬間に気付くように気持ちを向けます。すでに今は過ぎてしまったことで悩んでいる自分はいないことに気付くためです。

私は、禅宗の僧侶なので、坐禅(座って)をすることもよくあります。
イライラを拒絶したり、さけたりするのではなく、今の自分のありように気付くのです。もうすべて過ぎてしまった過去であることに気付くのです。

五感 目、耳、鼻、舌、体の感覚は過去を引きずりません。そして生かされていることに気付いてください。

2年10ヶ月前

夕日に向かってバカヤロー

本当は瞑想をお勧めしたいところなのですが、慣れた人ならばともかく、今感情が高ぶっている状態では、目を瞑ってそのことを思い出してしまうと、それを突き詰めようとしてしまいます。

突き詰めない〜あっただけ。
解決した〜もうない。

これだけで良いのですが、エネルギーがキャパを越えているなら、どこかでまずそのエネルギーを少し発散して減らしましょう。

昔の青春ドラマなどで、海に沈む夕日に向かって「バカヤロー」と大声で叫んでいるシーンがよく出てきました。

なんかそのまま「青春ドラマか!」と言って馬鹿にされそうですが、実はとても有効な方法なのです。

キャパを越えてしまったエネルギーは、何をしていてもふとした瞬間に出てきます。

人や物に当たるのではなく、何もない空間に,何も考えないで大声で叫ぶ、ただ当り散らす。
好きなパーカッションを思い切り叩く。ただタタキ散らす。
あくまでも、相手は空間。
大きな声や自分で出す音は、大きければ大きいほど、うちに溜まったエネルギーを発散してくれます。

それから瞑想をすると、エネルギーが高ぶって静かにならないということが少なくなります。

昔の人は大人だったんですねぇ。

しかし、くれぐれも、近所迷惑にならないところでね。

2年10ヶ月前

瞑想がよいのでは

「怒り」「瞑想」で検索すれば、たくさんのサイトで怒りを抑える瞑想の仕方が紹介されていることが分かります。

仏教が仏になる教えです。怒りや欲望などの感情をコントロールし、それらに振り回されないばかりでなく、それらから解放される方法について詳しく示してくれています。

安心してお勧めできるサイトの一つとして日本テーラヴァーダ協会のものをご紹介します。
http://www.j-theravada.net/qa/index.html

2年10ヶ月前

とりあえず

私はとりあえず無かったことにします。
しかし、そのままでは心によくないので、落ち着いてからもう一度怒りに向き合っています。
腹が立つ時はどうしようもないですから。

2年10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

皆様、ご回答ありがとうございます。

事前に怒りの原因をなくすことが大事なのですね。
ずっと怒りが沸いてから「どうしよう」と考えていたので、そこがズレていたのかと気付けました。ありがとうございます。

これからは事前に出来る事を探して心がけてみようと思います。

幸い寝て起きて今日の快晴を見上げたら穏やかな気分に戻っていましたので、早速ご紹介頂いた文献を読ませて頂いたり、昨夜の怒りを詳しく覗いてみようと思います。

ありがとうございます!

----------
続々頂いておりますご回答、ありがとうございます。

邦元様 もう過ぎ去った事、今は存在しない事についてプリプリしていのかと思うと、なかなか自分が滑稽に見えてきました。
「生かされている」というのは少し難しいなと感じましたが、でもその意識が自分に根付いたら、今より生きやすくなるなと思いました。
心穏やかに生きていきたいです。。。

小原観慈様 仰る通りでした。怒りっぱなしだと皆様の有難いご回答も、瞑想についての文献も、全然頭に入って来ずでした。反省しました。
溢れたエネルギーは上手に発散するという事と、楽器を叩きまくるという発想、どちらも「その手があったか!」と思いました。
基礎練習とかやったら凄く捗りそうです。出来れば怒りたくないですが、どうしても感情が溢れたら、そのエネルギーを有効活用したいと思います。

関連する問答
このページの先頭へ