お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

施餓鬼供養について

色々と仏事についてお教え頂き、ありがとうございます。

先日、以前からご相談させていただいていますお寺様より、施餓鬼供養のお知らせが届きました。

護摩供養と塔婆供養があり、護摩供養の方が一層ねんごろな供養となるため、新仏を出す家は護摩供養をおすすめしますとのことでした。
ちなみに、護摩供養は一霊5千円、塔婆供養は一霊3000円とのことでした。

ところで、我が家は真言宗ですが、どこのお寺様でも施餓鬼供養されているのですか?

我が家は、ご先祖様、祖父母、と父、そして母が新仏となります。ねんごろな供養と言われると護摩供養をしてあげたいともおもいますが、1度に2万5千円となります。
お盆のお参りにも来て頂くことにしたので、当然お布施もします。
気持ちと言えば気持ちですし、今まできちんとお坊様のお経を頂くことのなかったご先祖様や祖父母の供養もきちんとしてあげたいし、父も長らくお経を頂戴していないので、ねんごろな供養をとおもいます。当然、新仏の母も。

しかし、金額的にどうかと思います。
例えば、ご先祖と祖父は塔婆で、両親は護摩供養と差を付けても良いものなのでしょうか?

お寺様に伺おうかと思いましたが、当然大切に思うのですがあれば、護摩供養で。お気持ちです。と言われるであろうと思います。

ですので、こちらでお教え頂きたいと思います。
よろしくお願い致します。

行事・座禅・お経
有り難し 305
回答 6

質問投稿日: 2013年7月26日 0:18

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

無理のない「お布施」を考えて

うちの寺でも施餓鬼供養を行います。
ご先祖様、祖父母、と父、そして母が新仏と
全てご供養してあげたい気持ちは分かりますが、
全ての霊ではなく、ご両親のご供養だけでもよろしいかと思います。
また、ご先祖と祖父は塔婆で、両親は護摩供養でも良いと思います。
ご先祖様も供養してあげたいと思うあんくまさんの気持ちは
十分伝わると思います。
たとえ野の花一輪を捧げるだけでも、
ご先祖様は良い供養と思ってくれます。
形ではなく心です。

5年2ヶ月前

施餓鬼、施食会の真意

施餓鬼とは、このように考えてください。
「餓鬼という鬼が死後やあの世にいるということではない。
いるとすればそれは人間の心に潜む、自分可愛がり、我がちな心のこと。
いるとすればそれは人間の我欲、欲の底を知らない我愛、我執の心の象徴。
本当は亡くなった人たちが餓鬼道に落ちているんじゃない。
その説話を通して、私たちが我欲の心に取り憑かれないように、ものやお金への執着を捨てて、お釈迦様のような生き方をする為に施しをする。
そういう心を養うためにも自ら主体性を持って浄財喜捨の布施主となって参列するのだ」と。

餓鬼とは古くからイラストで描かれるような人間が理性を失い、愛、お金、名誉、欲に餓えた鬼のようになった心、餓鬼心。私だってそうなったことはあります。
誰もが生まれながらに持ち合わせている我欲、欲愛、欲得の心の燃え上がった苦しい姿です。
だから内なる餓鬼心に象徴行為として食べ物を施す。
施食の食とは法食といってお釈迦様の教えのことです。
法食であるお釈迦様の教えを施し合い、頂戴し、よく噛み砕き、飲み込み、我がこととしなければなりません。
自らも含め、あらゆる人、存在に御釈迦様の慈悲、智慧を法食、資糧として施すのです。
だから体も満腹になるばかりか、こころも満たされる。
心の満たされ無き人はベンツ、フェラーリに乗ろうが城に住もうが心は飢えています。
満たされるためには足りていることを自覚し、なるべく多くの方に供養を巡らし向ける。
新盆の供養が高いと感じるかもしれませんが、故人様の遺された財産の一部を最期の供養金として納めて頂いているのです。
回向文にも次のようにあります。
「法味(お釈迦様のソウルフード=智慧&慈悲)に膨満してことごとく正しい智慧を発し、無量の煩悩は皆、解脱を得ん。亡者生者(隠顕)共に救いの利益を施し、以て同じく種々の智慧を円かにせんことを。」
(意訳)
法食、お釈迦様の教え、智慧&慈悲をシェア、共に養い合う、人と共に養い合うから(供養)読んで字のごとく供養となるのです。
追伸
精神的に一番負担のない選択をする。それで良いと思います。
成仏した、していないという論は本当はあんくまさんご自身が亡き人に対して感じることであり、お母様は永遠にやすらいの世界に安住されております。

5年2ヶ月前

門外漢ですが…

浄土真宗では、亡くなった方は餓鬼道に堕ちて苦しんでいるのではなく、みな仏さまとなっている、と説いていますので施餓鬼供養はありません。
というか、そもそも「先祖供養」「追善供養」という概念がありません。
ご先祖にも仏さまにも、感謝の気持ちで手を合わせるのみです。

あんくまさまの求めるお答えにはならないですが「ところで、我が家は真言宗ですが、どこのお寺様でも施餓鬼供養されているのですか?」というお尋ねがありましたので、一応ご参考までに。

5年2ヶ月前

あんくま様。

先ずは、護摩供養と有りますは、本来は護摩祈祷と申します。
護摩には供養される対象が仏.菩薩であり、衆生は祈るものであります。
お間違い無き様に、以下にリンクを貼っておきますのでご覧下さい。
また、先祖霊に対しての護摩供との事ですが、供養される対象の仏.菩薩の冥加に預かり、
先祖の祖霊の安寧を祈るという事とご承知願います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/護摩

さて、うちの寺でも施餓鬼供養を、8月お盆に行います。
当方では、あくまでお志でこれをお受けして居りますが、
御自分の出来る範囲での其れで結構なのです。
其のお心が、先祖樣方に通じるのですから…ご無理は無用です。ご安心為さいませ。

5年2ヶ月前

施餓鬼供養は布施行「喜捨の心にて布施を行うこと」が大切

あんくま様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

施餓鬼・ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/施餓鬼

この由来の説明における「仏説盂蘭盆経」は中国成立の偽経説が有力であり、また、主に施餓鬼供養における儀軌の典拠となっている「仏説救面然餓鬼陀羅尼神呪経」・「仏説救抜焔口餓鬼陀羅尼神呪経」・「瑜伽集要救阿難陀羅尼焔口軌儀経」・「仏説施餓鬼甘露味大陀羅尼経」に関しましてもそれぞれ「陀羅尼」という文言から推測できますように密教の影響が濃く、インド初期密教形成期において成立した可能性が高くあります。

「仏説盂蘭盆経」は、祖先信仰・祖先崇拝を扱う儒教の影響、施餓鬼関連の陀羅尼経類は、バラモン教・ヒンドゥー教における現世利益的信仰、マントラ・真言儀軌の影響があるのではないかと考えることができます。

問題は、施餓鬼供養の由来は、釈尊の教えに由来していないとして、安易に否定して良いものかどうかとなりますが、安易に否定してしまうならば、釈尊後世後に編纂されていった経典類を典拠とした教えの全てさえもを否定しなければならないことにもなりかねず、非常に難しいところとなります。

僭越ながらにも、施餓鬼供養の意図する内容・趣旨を鑑みるに、その根本には「布施」行をいかに実践して、煩悩を対治していくかについて考えていく必要があるのではないかと存じております。

施餓鬼供養においては、餓鬼だけではなくて、迷い、苦しんでいる全ての衆生たち、己自身も含めて、救われたい、救いたいという、出離・菩提心・慈悲の心を養っての施しの供養を行い、その功徳が皆に及ぶことで、ご先祖様だけではなく、全ての衆生たちの仏道成就を願い、涅槃・彼岸へと到れるようにとして回向することが大切となるのではないかと考えております。

施し供養を行うのは、その象徴としての餓鬼のみならず、己も含めて、貪りなどの煩悩を抱えている全ての者たちに対して行われるべき供養であると存じております。

施餓鬼供養と共に人間界・畜生界においても食べ物や飲み物に困って苦しんでいる者たちへの施しももちろんとなります。喜捨の心にて布施を行うことが施餓鬼供養に適うものであると存じておりますので、形式として供養致すこととも併せて、少しこのこともお考え頂けましたら幸いに存じております。

川口英俊 合掌

5年2ヶ月前

違和感が生じている時点で・・・

あんくま様へ

同じ真言宗としてご迷惑をおかけしております。
お詫び申し上げます。

すでに金額に関して、考えの相違、違和感が生じている時点で
悪い方向へ残念ながら進んでいると思います。
差をつけるという考えまで生じてしまうことも仕方のないことであると思います。
しかしながら、本来ならば可能であれば平等にしていただくことが妥当であると考えます。

今一度自分の気持ちで、考えていいのではないでしょうか。
それでも困ってしまうときは正直にお寺に説明をうけることが大切であると思います。合掌

5年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

浦上哲也様
いつもご回答、ありがとうございます。

浄土真宗では、施餓鬼供養はないのですね。
宗派によってかなり考え方や供養の方法が違うのですね。
参考になりました、ありがとうございます。

みなみに、施餓鬼供養のご案内には、自分のご先祖様等だけでなく、水子や一度も供養されていない他人の霊にも、施し供養して、みんな一緒にあの世に帰って頂くという盂蘭盆の供養らしいです。

水上昇真様
いつもご回答、ありがとうございます。
新仏の母だけでなく、今まできちんと供養出来ていないご先祖様、祖父母、父も出来る限りの供養をと考えているのですが、恥ずかしい話、私自身が休職中でして何しろ収入が…

阪神大震災の時、私たち家族も大変でしたが、避難所から訪ねてきた知り合いに有りったけの米を炊き、おにぎりを作り持たせてあげるような両親でした。ですから、あの世でもきっと他仏様にもわずかでも施ししてないるのではないかと思います。
ご先祖様と祖父母は塔婆、両親は護摩供養としても良いですね。 自分の出来る範囲で、施餓鬼供養もお願いしようと思います。
気持ちが楽になりました、ありがとうございました。

川口英俊様
いつもご丁寧なご回答、ありがとうございます。
施餓鬼供養についての趣旨、考え方が良く分かりました。
私の書き方が悪かったですね、この書き方だと「多額のお布施を取られる」ことに困っているという相談になりますね。水上様へのお礼のコメントで書かせて頂いた通り、出来ることならば、護摩供養をお願いしたいところですが、経済的に…そこで、両親や先祖と違う供養でも、供養の決まりに反していたり、お寺様に失礼になったりしないかどうかと思い、ご相談させていただいた次第です。
自分の出来る範囲で供養をお願いしたいと思います。ありがとうございました。

沙門密富様
いつもご丁寧なご回答、ありがとうございます。
お寺様からのお知らせの申し込み用紙に護摩供養、塔婆供養と書かれておりましたので、そう書かせて頂きました。本当は護摩祈祷なんですね。
其のお心が、ご先祖様に通じるのですから…とのお言葉、ありがとうございます。
今回は出来る範囲内でお願いしようと思います。
少しでも良い供養が続け行ければと思っています。

丹下覚元様
新仏の供養が高いと感じているのでは無いのです。
ご先祖様、祖父母、両親とも護摩供養したいのは山々なのです。
財産、持ち金をなげうって供養し、それでご先祖以下両親が成仏すると分かっているのなら、
私は全てを供養に使い、それで私の人生も終われるものであるならば、今の自分には一番良いのです。けれどもまだ、生きなければなりません。休職中の私には大した収入もなく、供養しながら、生命を維持していかないといけないのです。せめて両親の永代供養の契約、納骨が終わるまは。 本来はお寺に出向き、手も合わせたいところですが、お寺も遠く、今は体調が悪いため、お寺には伺わず、振り込みでお寺にお願いしようと思います。お寺のお知らせの返送用紙にも、供養の申し込みと出欠の確認欄もありますので、お寺での供養をお願いしようと思っています。
ご回答、ありがとうございました。

皆様のご回答を拝読し、考えました上で、ご先祖と祖父母は塔婆、両親は護摩供養とし、先日申し込み致しました。
当日の出欠は、遠いこと、体調のこともあり欠席とさせて頂き、お寺様にお願いし、こちらは仏壇に向かい供養させていただこうと思います。
ご回答頂きありがとうございました。

鈴木浄光様
ご回答ありがとうございます。お詫びなどとんでもございません。
施餓鬼供養は18日でした。
ご先祖様、祖父母は塔婆、両親は護摩供養でお願いしました。
お盆のお経も頂き、金銭的には少し負担がかかりましたが、
ですが、精一杯の供養ができたのかなと思っています。ただの自己満即でしかないかもしれませんが。逆に終わってみると、両親のためにしてあげられることはもう何もないのだなと、ただ手を合わせることしか出来ないのだなと思うと寂しさと、後悔ばかりです。
これからは自分なりの供養を続けていきたいと思います。ありがとうございました。

皆様ご回答ありがとうございました。
お寺より封書が届き、開けてみると「施餓鬼法要のご報告とお礼」という文章と写真が入っていました。無事に執り行われた旨の報告とお礼でした。
写真には護摩供養の様子と他の方と並んで両親の戒名が書かれた護摩?木の板が映っていました。
当日はお寺に伺わなかったので、供養して頂いたのだなぁと想像だけでしたが、写真を見て、供養して頂いたことを確認でき、安心と共に嬉しく、ありがたいと感じました。
皆様のご回答により、無事供養できました、ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ