お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

職場の人間関係について

初めて相談させていただきます。よろしくお願いいたします。
仕事の悩みです。
一つの仕事が長く続かず、何度か転職して仕事をしております。
私の方の原因としては、
・コミュニケーションが上手ではないこと'(必要最低限はできると思ってます)。
・雑談の輪の中に溶け込むのに時間がかかること。
等があると思っております。

最近は、年齢のせい(社会をある程度経験している年代)もあるのか、
テキパキ仕事ができないと、イライラされることもありました。
いじめ、パワハラまがいのこともありました。

職場のベテランの人の苦労も多少はわかるつもりです。
・別に、新人に教えても給料は上がらない。
・失敗されて、仕事が増えたら面倒だ。
・気が合わない、話が合わないと、面白くない。などあると思います。

それで、仲裁してくれる上司がいれば、助かるのですが、
(ある会社では)どうしても公平には見てくれませんでした。
ベテランがいれば、新人は替えがきくと思っていたのかもしれません。

なにか、職場での人間関係を良く保つ方法などはないでしょうか?
(不条理な怒りを避ける方法など。)

ご返答いただけると幸いです。

学校・職場関係
有り難し 68
回答 2

質問投稿日: 2015年9月24日 20:57

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

人の弱さを知る

ある大手葬儀会社に勤めたAさんはとてもお素敵な笑顔の持ち主でしたが、大変暗い顔になられていました。職場で汚い言葉でどなられたり、しているのだそうです。
私は、彼女に次のようなアドバイスをしました。
その結果、とても楽になったと言います。
そもそも、そういう言動は何によって生まれるのでしょう。
実は、それは、その人の心の弱さから生まれるのです。
暴言を吐く人こそが、実は弱い人なのです。
人間みな弱い生き物。弱い面があると言った方が良いでしょう。
自分に余裕がなくなると不機嫌になる、イライラする、怒りが生まれる、
あなただってそうでしょう。
それが職場のパワハラや怒り、暴言、八つ当たりの真の原因です。
そして、これらは彼らが「他のもっとラクな理想的状況を心の中で想定、模索している」からなのです。
実際には誰だって、もっと幸せでありたい。
ところが現実の実際の職場は仕事が山積み、チームワークも弱い。問題解決能力が低い。
つまり、そこを女性なら母性で、男性ならば父性で埋めてあげればいいのです。
彼らが困っていることを助けてあげる。
ホスピタリティ的な働きとして、まず、あなたが人の心の弱さを理解してあげるのです。
人の心の弱さを知るのです。
そうすると、暴言も人のフラストレーションも何だか可愛らしく感じられるようになります。
表面的には、パワハラ、怒り、暴言に見えてしまうものです。
ところが、単に彼らは困っている、助けてくれ、SOSと言っているだけなのです。
そこを変換して聞いてみてください。
やるべき対応が変わってきます。

3年1ヶ月前
回答僧

願誉浄史

まずは和顔愛語

難しい問題ですね。
20代前半の新人であればかわいがりやすいですが、30代となると、先輩や上司も可愛がりにくいでしょう。
なので、「僕は何もわからない新人です、よろしくお願いします」という態度であればイラつかれるかも。
同じ30代でも、女性の場合はそのあたり、うまくやれる人が多い気はしますね。
やっぱり、雑談は大事かもしれませんね。
そういうのを気にしない人もいますが、雑談の積み重ねが愛着につながります。
仕事に関することでもよいのです。
笑いながら和やかに話をすればそれでよいのです。
話すときは、声の大きさや高さ、テンションを相手と合わせてみてください。
たとえば、皆がリラックスして話しているときに、1人だけ興奮ぎみに話していたら、話している内容は同じでも、なんか浮いてしまいます。
また、ポジティブな話をするのがよいです。
食べ物の話だとしたら、「僕もそれ好きです」とかがよい。「あー、あれ、あんまりおいしくないですよね」では雰囲気が悪くなります。
とりあえず、笑いながら和やかに話すのが大事ではないでしょうか。

3年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

丹下さまへ

人の心の弱さ、余裕のなさ、確かにそれはあると思います。
自分は、そういうところを見逃して、知らずとイライラさせていたのかもしれません。
すぐに人間関係が改善することはむつかしいかもしれませんが、相談させていただき、
すこしネガティブなものがとれたように思います。
ありがとうございました。

願誉さまへ

和顔愛語、これができれば私も少しは成長できそうです。簡単に身につけば良いですが、
心がけて実践してみるところから始めたいと思います。
細かい会話のアドバイスは参考にさせて頂きます。 ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ