hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

心の拠り所

回答数回答 4
有り難し有り難し 55

十年ほど前に、作家の玄侑宗久さんの般若心経の解説本で、初めて仏教的な物の見方を知りました。
息苦しい日々に、涼しい風が吹き込んだ様な気がしました。以来、少しでも仏教的な悟りや心の安心に近付きたく、仏教書(仏教関係のエッセイなど)を読んだり、座禅に通ったり、欲を捨てる事を心掛け、諸行無常、諸法無我を心に留めてきましたが、相変わらず心弱く、煩悩に振り回され続けてます。
心の安心を仏教から得るには、どのようにしたら良いのでしょうか?座禅会では、座っていれば自然に気付くと聞きましたが、何も分かる気がしないのです。信仰ではなく考え方としてしか仏教を見ていないからでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

解釈が違うから救われないのです

諸行無常、諸法無我。
本当に悟ればこれで救われるのです。
ところが世に流布している仏教書の多くは【解釈が違う】から、根柢から救われないのです。
たとえば諸行無常にしても、およそ世間の仏教書の多くは、ざっくりこんなことが書かれています。
(ノД`)「一切は、オイオイオイ(泣)桜が切っていくように、紅葉が散っていくように、常に変化して変わらぬものなど何一つない。おれもオメ~もいつかこーなる、あー変化変化、流転流転、オイオイオイ(無常感)」
さらに日本仏教の多くは教科書に書かれている「もののあはれ」のようなネガティブ仏教思想ですから、あんなの誰が救われるっちゅうんですかいな。
そういうものは仏教でも何でもありません。悲惨な仏教❝思想家❞のたわごとです。
人を悲観的な気持ちにさせるだけ。いつ、だれがそんなネガティブな仏教にしたんでしょうかね。それは、人がそこに『解釈』を入れてしまったからなのです。
仏教も解釈する人次第で、滅茶苦茶にされてしまう。
私も大学時代「諸行無常、諸法無我、涅槃寂静」の解釈をいろんな文献で調べて「だからどうした!」と怒りすら覚えました。
どれも、そこに何の救いもないからです。
ほとんどが、単なる現象論的な解釈だからです。
ですが、それは解釈した仏教学者さんや私がパーデンネンなだけだったのです。
悟りを得ていない人によって解釈された仏教は、悟り・救いがないので単なる思想なのです。文字通り❝救いようもない❞仏教なのです。そういう仏教はワンサカありますからご用心。
大学という処は、悟った人がいる所ではなく、仏教を材料に、自論を展開させる机上の空論仏教思想センターであって、そこに活きた救いがあるかといえば、私にとってはZEROでした。
では、悟った人が諸行無常を解釈するとどうなるか。
一切は、常に新しくあり続けているから、あなたは既にそのことから解き放たれて、自由になっている。さっきまで考えていたことも、あれこれ考えていたことも、そこで尽きているから、今はたった今の目の前の事しかない。
私たちの心も、さっきまでの事を離れて、いつでも前の事から離れて救われている。
毎秒、細胞レベルで生まれ変わっている。この身心がいつでも❝救われている❞ことを説かれるのです。救いのある活きた諸行無常、諸法無我、涅槃寂静を知りたければ、ヒマな時に当山の坐禅会にお越しください。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

お茶を一杯飲んでみましょう

色はいかがでしたか?透き通った黄金色でしたでしょうか?それともホッとする茶色でしたか?
香りはいかがでしょう?爽やか?芳ばしい?
では味は?甘い?旨い?それとも渋い?
色んな言葉が頭を駆け巡りますね。それを捨てるのです。

お茶から発せられる色ビームとミケさまの目がピコーンと合体しているまさにその時が色です。お茶からホワ~とただよってきた香りとミケさまの鼻がスッと合体しているその時が香りです。お茶とミケさまの口がチャポンと合体したその時が味です。

お茶を口に含んだその瞬間、「あ、美味しい!」これであなたは救われているのです。逆に「渋!」でも救われているのです。そこに「もっと飲みたい!」とか「私だったらもっと上手に淹れるけどね!」というように心を一歩進めるから、心に引っかかりが生まれます。

坐禅会で何に気付くかといえば、そういう「あ、美味しい!」とか「渋!」というありのままを気付くのですよ。相対性理論みたいな究極の考え方がポーンと頭に浮かぶわけではありません。あるがままの姿がもともと真理を体現しているのです。そういうのが悟りです。諸行無常も諸法無我もお茶の中にぜ~んぶ入ってますから、それをそのまま頂くのです。

ちょっとキレイな事を書きましたが、渋すぎるとどうしても嫌ですから最初から上手に淹れましょうねという話になります。そこで環境を大切にすることもある程度必要になります。

{{count}}
有り難し
おきもち


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

安心にも心配にも原因と結果がある

安心したいということは、安心していない時間があるということでしょう。
心は無常であり、感情は時間とともに変化します。
感情が生じるのにも原因があり、滅するのにも原因があります。
安心とか心配とかは結果です。結果を変えたければ原因を変えればよいのです。
また、原因を変えるのが難しい場合も、とりあえず、原因を知ると、結果の見え方が、正体不明の怪物から自然現象に変わります。
例えば、どんなに心配ごとがある人でも、別のことを考えている時は心配が消えており、
心配なことを思い出している時だけ嫌な気分になるのです。
思考という原因が、「安心じゃない」感情という結果を生んでいる。
例えは悪いですが、常にテロリストと戦っている米軍でも、休暇中の兵士はバカンスできる。
台風が来たときだけ雨戸を閉めれば窓ガラスは守れる。
座禅は兵士の休暇、念仏は雨戸。
心は場所を選ばず、あなたは、わずか数秒でも、好きなときに心に休憩をとらせてあげられます。
また、心に台風が接近してると知るだけでも、知らないで襲われるよりマシです。
なお、仏教には信心で救われる道もありますが、頭で理解して納得する道もあります。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

何か新しいことをしようとするのではない。

「坐禅会でただ座っていれば・・・」というのは、よくある間違った教えであると思います。ただ座っていても、ボーっとしているだけ。坐禅になっていません。

足を組んで坐禅堂で座っていれば悟れるというものではありません。坐禅とは、座ることだけではありません。自分をとことん学び知ることです。そしてそのありように従い生きること。座っている時だけでなく24時間坐禅です。食事、お風呂、トイレ、テレビを見ている時間も坐禅です。

目を向ければ向けた方向のモノがそのまま見えます。そこには、過去も未来もなく「今」の様子がそのままにあるだけです。損も得もありません。善も悪もありません。苦しみもありません。「今」と認識した瞬間に過去になります。

目の働きと同じように、心の動きもそのようになっています。日ごろ悩みだとか苦しみだとか思っているものも、事実に参じてよくよく見てみれば、すぐにぱっと消えていることに気がつきます。思いを取り扱うと苦しみとなるわけですが、そのままにしておけば消えていくのです。

そうしたことが「自分の中で事実としてある。」ということに気付き、そこをとことん生きることが救われる道です。考え方でどうにかするのではありません。自分自身の事実に気付くことがまずは大切なことになります。

{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...

質問者からのお礼

とりとめのない質問に回答して頂き、感謝してます。

願誉浄史様
幸せな時間もたくさんあるのに、不安ばかりに気を取られてるのは、自然な感情の表れではないと我ながら思います。
考えても仕方ないと分かっていても、とらわれていたり、心は自分にとってさえ正体不明の怪物のようです。
念仏は、雨戸に例えられるのですね。念仏の雨戸に 守られたいですが、接する機会があまりありませんでした。念仏
について知る機会が欲しいです。

大慈様
判断をせずに感じるままでよいのですね。我を無くして、感じるままに対象と一体化してくようなのびやかなイメージが
本当によいです。確かに座っていると自分が消えるような気がする事もありますが、その場限りの気分で、心の安心とは
違う気もします。きちんとした修行もしてないのに高望みしてるのかもしれませんが、望んでるものが見えているのに
手に入れられないような歯がゆさが仏教にはあり、ついこのような質問をしてしまいました。お茶でも飲みながら、この
ような話を聞きたいです。

邦元様
以前、歩く坐禅というのを聞いた事があります。日常生活すべてが修行という事かもしれません。
思いを取り扱わず、そのままにしておけば消えていくという言葉、かみしめたいです。
ごちゃごちゃ思い煩うのは、事実から目を背けたくてもがいてるのかもしれません。回答を読み、今という現実を逃げずに
とことん生きる事が、救いに通じてくという事なのかナと思いました。単純な事のようでいて、難しいです、、。

丹下覚元様
悟りとか救いとか、何なのだろうと私も時々考えます。そのようなものが本当にあるのかしらと思ったりもします。
諸行無常は、変わらぬものなど何も無いのだとセンチメンタルに流されてしまうより、だから常に新しくあり続けること
自由に開かれていく事だと思うと、確かに勇気が湧いてくるし、元気になれますね。悟りなど開けなくとも、生きてく
事に役立つ仏教、活きた仏教がよいです。

「仏教全般」問答一覧

仏教とは?

こんにちは。私はとある信仰宗教の元信者です。その宗教ではその宗教のお経を毎日よんで、法名といわれるものをおさめ、つどいと称される会合に参加し、弥勒山という山に登ります。勧誘してきた人は私の20年来の付き合いのある方で、その信仰宗教をとても心から信じていました。しかし、私はこの信仰宗教に違和感を感じていました。職場の方に話してもら辞めた方が良いという回答でした。また、旦那が私には居ましたがその宗教を毛嫌いされ、彼の親族にも激怒され縁をきられてしまいました。私は今実家で幸せに暮らしています。仕事も頑張って居ます。勧誘された方は癌で若くして亡くなりました。彼女は最後までその宗教を信じていましたが、私も彼女もそのお経を毎日読みましたが、私は離婚し、彼女は命を失いました。これのなにが幸せなんでしょうか。私には弟が居ます。まだ若くこれからどうなるか分からないですがきっと結婚するだろうと思います。義理の妹は果たして私の事を理解してくれるかと不安になり、檀家になってるお寺のお坊さんに相談しました。その方は瞑想会をしていて、瞑想すると涅槃の境地に近づけるとの事で、私は毎日するようになり、瞑想会にも参加するようになり、元の信仰宗教は辞めたい。と彼女の旦那さんや支部長に言って辞めさせていただきました。しかし、彼女には本当にお世話になったし、お経を読まないと瞑想出来ない脳になってしまったので、辞めてもお経は読んでいるし、彼女のお墓にお墓参りに行こうと思っています。信仰宗教で出会った方々とはまだLINEで繋がっています。このままいくとまた、戻ってしまうかどうか心配です。私は幸せになりたいからやってるんではありません。ただ、お墓参りして、お経読んで、瞑想して、線香あげて。私は仏教なんて全然知りません。お経の意味も分かりません。でも、これから勉強したいと思います。信仰宗教であげてるのは簡易なもので独自の解釈がされていて本質ではないと思います。瞑想の檀家のお寺のお坊さんも良い方ですが、わたしが涅槃までいけるかどうかは分かりません。こんな私は社会から見ておかしな人間なのでしょうか?仏教ってなんなんでしょうか?お経読む事でしょうか?墓参りする事でしょうか?瞑想する事でしょうか?私は宗教を理由に仕事休んだ事はありません。信仰宗教勧誘は一度しかやった事がなく、家族からも止められてるので今はやってないです。

有り難し有り難し 37
回答数回答 4

最後の言葉「ありがとう、また会おう」

長文で失礼致します。 急ぎの相談ではありませんので、お時間のある際にお話いただければ幸いです。 もう1点、伺いたいことがあるのですが、お坊さま方もお忙しいと思い、別の機会にさせていただきます。 父親のいなかった私たちを、親代わりになって育ててくれた祖父が先日他界しました。 母や叔父と叔母にとっては、優しくも厳しい一面もある父親だったそうですが、孫全員には優しく頼もしく接してくれて、「いい思い出」しか残っていません。 ここ数年は持病が悪化し、コロナ禍ということもあり、楽しみにしていた大勢で食事を楽しむ機会を設けれなかったことだけは心残りです。 入院先の配慮で、最後にお話をする機会があり、駆けつけた祖母・母と叔父・叔母、孫全員と話をすることができたのが幸いです。 「遅くまでいると迷惑がかかる」と祖父に促され、亡くなる前日の別れの際にかけられた言葉が印象的でした。 「じーちゃんが死んだ後、コロナが収まったらな、ばーちゃんに会いに行ってやってくれ」 最後まで祖母を思う優しさ、そして。 「ありがとう……また、会おう」 この言葉は、もしかすると生きて会えるのは最後とわかっていて、「来世」でまた会おうという意味だと私は受け取りました。 葬儀をお願いした元々ご縁のあるお寺のご住職も、「今の別れは、ゆくゆくは浄土で再会するまでの一時的なもの」とお説法をされていたので、受け取り方は違ってなかったのかなと思うのですが、いかがでしょうか?

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

初めて知った事に対して、怖いです

三尸(さんし)とは、道教に由来するとされる人間の体内にいると考えられていた虫。三虫(さんちゅう)三彭(さんほう)伏尸(ふくし)尸虫(しちゅう)尸鬼(しき)尸彭(しほう)ともいう。 60日に一度めぐってくる庚申(こうしん)の日に眠ると、この三尸が人間の体から抜け出し天帝にその宿主の罪悪を告げ、その人間の寿命を縮めると言い伝えられ、そこから、庚申の夜は眠らずに過ごすという風習が行われた。一人では夜あかしをして過ごすことは難しいことから、庚申待(こうしんまち)の行事がおこなわれる。 日本では平安時代に貴族の間で始まり[1]、民間では江戸時代に入ってから地域で庚申講(こうしんこう)とよばれる集まりをつくり、会場を決めて集団で庚申待をする風習がひろまった。 道教では人間に欲望を起こさせたり寿命を縮めさせるところから、仙人となる上で体内から排除すべき存在としてこれを挙げている ウィキペディアからコピーさせていただきました。 こちらの文章を読んだ上でご質問させていただきます。 質問ですが・・、本当に3匹の虫が体の中に入っているのでしょうか? とある小説でこのような事を知りました。 正直、今までこんな事知らなかったので、怖いです。 60日に一度めぐってくる庚申(こうしん)の日に眠ると、この三尸が人間の体から抜け出し天帝にその宿主の罪悪を告げ、その人間の寿命を縮めると言い伝えられと wikiに書かれていますが・・・、 寝ないで1日越した方がよいでしょうか?あまりいい気分がしないので教えていただけると嬉しいです・・。 お坊さんの方々もこの日は何か特別な事はやってらっしゃるのでしょうか?

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る