hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

死について

回答数回答 3
有り難し有り難し 57

仏教では親よりも先に死ぬと地獄へ行き、賽の河原で永遠に石をつまされると聞きました。
もし自衛官や消防士などの危険な職の人が任務中、多くの人を救うために親よりも先に死んでしまった場合もそうなってしまうのでしょうか?

2017年9月26日 11:25

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

そのお話はお経に書いて無く元々は仏教ではないようです。どのような状況で命が終わったとしても極楽浄土に生まれると私は信じています。ですからそれまで安心して生きてくださいね。
南無阿弥陀仏

2017年9月26日 11:51
{{count}}
有り難し
おきもち

私は浄土宗の坊さんをしています。 なかなか良い回答はできませんが、少しで...

変な話をつかまされています

この話は仏教というより、仏教をモチーフにした民間信仰ですね。
私はお寺で生まれ育ち、曹洞宗系の大学を出て、曹洞宗の道場で修行し、今でも毎年研修会に出ていますが、この賽の河原の話は観光地とネットでしか聞いたことはありません。そんな次元のお話です。

それでも押して補足するなら、「親より先に死んだ人が賽の河原で石を積む」のではなく、「10歳にも満たない子供が賽の河原で石を積む」という設定です。自衛官さんや消防士さんは大人なので関係ありません。

そして「永遠に石を積まされる」のではなく、「お地蔵さまが救ってくれるから大丈夫ですよ」というハッピーエンドの話です。「永遠に石を積まされる」と話した人は「桃太郎が鬼が島に鬼退治に行きました。桃太郎たちはきっとフルボッコにされたことでしょう。」というような酷い話し方をしています。信用しない方が良いでしょう。

2017年9月26日 16:18
{{count}}
有り難し
おきもち

曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

仏教では無く、民間信仰の考えですが

 死後の世界すなわち他界観念について、それぞれの宗教、それぞれの民族が独自に観念体系を構築すると同時に、宗派宗教民俗を越えて共通する部分も多く認められます。例えば、善行を積んだ者は死後に天上界に昇り、悪行を重ねた者は地獄に堕ちる。これらの観念は多くの宗教文化、民俗文化の中に認められます。但し、具体的な様相となると、同じ宗教であっても其々の地域の文化や民族性が反映されてかなり多様なものとなってきます。

 インドでは、最初に死んだ人間が死者の世界の神となり、Yamaと呼ばれております。これが中国に伝播して閻魔大王となってます。我々がイメージする閻魔様は、中国撰述の経典、更には儒教道教と習合した他界観の中で描かれていることが多いのです。そして、そうした他界観や来世観が日本に伝わって、日本独自の展開を展開を示しているのです。その一例として「賽の河原」があります。

「世界大百科事典 第2版の解説
「冥途にあるという河原。小児が死後に赴き,鬼から苦しみを受けると信じられている。《法華経》方便品にある〈童子戯れに砂を聚めて塔を造り,仏道を成ず〉から構想された鎌倉時代の偽経《地蔵十王経》や解脱上人(貞慶)作という《地蔵和讃》,また江戸時代の《賽の河原地蔵和讃》などにより,地蔵信仰のたかまりとともに,中世以降とくに江戸時代に普遍化した俗信である。《賽の河原地蔵和讃》は〈死出の山路の裾野なる賽の河原の物がたり〉で,十にも足らない幼き亡者が賽の河原で小石を積んで塔を造ろうとするが,地獄の鬼が現れて,いくら積んでも鉄棒で崩してしまうため,小児はなおもこの世の親を慕って恋い焦がれると,地蔵菩薩が現れて,今日より後はわれを冥途の親と思え,と抱きあげて救うようすがうたわれている。 」

仏教の教えから来る考えでは有りません。「三途の川の渡し船」「奪衣婆」なども、日本独自の民間信仰です。俗信です。

 私の推測ですが、「親よりも先に死ぬと地獄へ行き、賽の河原で永遠に石をつまされる」という考えは「親より先に死ぬのは、親不孝」という考えを死後の世界に持ち込んだのだと思います。病気や事故や災害や戦災で早逝することは決して珍しいことではありません。。

仏教的に言って、「親よりも先に死ぬと地獄へ行き、賽の河原で永遠に石をつまされる」ということは、有り得ません。

2017年9月26日 21:43
{{count}}
有り難し
おきもち

「死について」問答一覧

日本、自然死を知らない医師

いろいろ、いろいろ、思うことがあって、思うことがあり過ぎて溢れて、うまく文章に出来ないです。 死とは何か…医者は自然死を知らない 「延命治療」蔓延する日本と「自然死」選ぶ欧米 夕刊◯ジの記事は、良くも悪くも、日本人の「自然死」に対する考え、気持ち、心について、考えるきっかけを与えてくれているように感じました。 良いとか悪いとかじゃなくてです。 いろんな意見があります。 どの方の意見も分かります。 そうだね、そうだよね、と思います。 ただ記事にすると、意見の押し付けや行き過ぎた言葉が並んでしまいがちで… でも、それも仕方がないことで… 何せ人間が書いた記事ですからね… 意見の押し売りさえなければ、それも良しとするしかありませんよね。 私も自然死賛成、いや、自然死なんて嫌だ、延命治療はしたくない、いや、延命治療だって必要だ… どれも、そうだよね、と思います。 医療者の側からすると、治療拒否→治療しない、とは出来ない事情もあります。 それも仕方がないこと。 最近、腎臓の病気を患う患者さんに対して、人工透析をせず死なせた!という事件(?)が世間を騒がせたけれど… じゃあ…ただ人工透析を続けるのみ、人工透析の拒否を受け入れない医師が、良い医師、正しい医師、と言えるのか… 私がよく経験した話になります。 タクシーに乗った時に「◯◯大学病院までお願いします」と言うと、私がまさか職員とは知らず、見舞い客か何かと思って、こんな話をされたりするのです… 「僕の兄貴も腎臓悪して、ずっと◯◯大学病院で透析うけとったんや。でもな、しんどうてしんどうて、もうええ、透析はやめる言うてな、ホンマにやめて、死んでんけどな、やめて良かったわ、医者は反対してたけどな、やめて良かった…」 だから、透析どうこうは、そんな単純な話ではないと私は思うのです。 じゃあ、ケースバイケースだ!という人が正しいかと言えば、そんなこともないし、それだって言ってしまえば綺麗事であり他人事のように聞こえます。 正しい答えなんて、ない。 じゃあ、どうしら…? お坊さまたちは、人が人としとある最後の姿、亡くなった姿をたくさん見ている貴重な方々です。 自然死、延命治療、その他いろいろ… お坊さまの意見…?というか…お坊さまの心の中にある想いをお聞かせ願えませんか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

どうして死にたいという人を見過ごせないんだろう

数年前の一時期、全く通りすがりのブログに「死にたい」というSOSを続けざまに見つけたことがありました。一晩に5、6件とか。 「死にたい」は「助けて」だと思います。 希死念慮はどれくらいの緊急性があるかによって違ってきますが、プロフィールや住所などがある程度特定可能な場合ですと、公的機関…と言っても警察は事件が起きないと動いてくれないので、主にその人の地元の役所や福祉の関係の機関にお願いするしかなかったりします。ある程度深刻かも、という場合ですが。 とおりすがりの人間がコメントを入れても効果があるかどうかわかりませんし、むしろ逆効果になったりすると最悪なので、そのあたりに匿名性の限界があります。 何かやった、というにはあまりにもささやかなことですし、効果があったかどうかなんて全然わかりませんでしたが、でも何かしないといられない気持ちがさせたことでした。 過去の自分がそうやって必死になったことがあるので、自分が死にたくなった時には、もしかすると友人知人家族のみならず、見知らぬ人がどこかで祈っていてくださるかもしれない、と思って、ちょっと考える余裕を持つことが出来ています。 手を伸ばそうとしたその時の誰にも伝わっていないかもしれませんが。でもやらずにはいられなかった。大きな事故や災害の時にも無事を祈りますよね。そういう気持ちと同じです。直接に助けにいけないもどかしさはありますが。 私も双極性障害の持病があるので、よく希死念慮には襲われます。自分がすごく死にたい気分の時なのに、いまにも死にそうな人に遭遇すると、思わず助けないといられない、っていうのはなんなんでしょうね??かなり本能に近い?崖っぷちの人を助けようとしたら自分も落ちる危険があるけど、それでも手を伸ばす。人って不思議だな、と思います。(サイコパスな人の心境は不明ですが) 自分のいままでの行動でずっと不思議だと思っていたことでした。「それじゃあ、一緒に死のう」とは思わないんですよね。本能とか良心とかが関係しているのかな?とも思えますが。 もしかしたら「いまにも死にそうな人」に自分自身を投影していて、その人が救われると安堵するというか、そのへんはもう彼我の境界が薄くなっているのかもしれませんが。でもこれは私だけではない心理だと思えます。悩みつつ、行動しています。ささやかですが。 でも謎心理です。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る