座間の事件、お坊さん何やってるんですか

タイトルの通りです。
お坊さん、あなた達の仕事は何ですか。
法事のお勉強は沢山して、沢山葬式では命について教える機会はあるかも知れませんね。
一部の方は自分の経験を元に説法するために全国を飛び回り、忙しくされているかもしれません。
その法話に集うのは若い子ですか?
見てください。今の若い子達の顔を。
幸せ、生きること、命について教えるのがお坊さんの仕事ではないのですか?
彼らは氷山の一角に過ぎませんが、もしあの9人がツイッターではなくここでのお坊さんに出会っていたら、教えを受けていたら。
危機感をもっともって欲しいです。
警察は法のもとに起きた事件に対してしか動けません。それが仕事。
学校の先生は命の授業はしません。みんな学業の点数をつけるのに忙しくされています。
お坊さん、お坊さん。何やってるんですか。
犯人は言っていました。
会ってみたら本当に死にたいと、殺して欲しいと言う人は1人もいませんでしたと。
やっぱりな。と思いました。
彼らは行動力のある若者です。その足で寺に向かっていれば。
こう思いました。
でも彼らは命の地図を誰が持っているのか知りません。自分の悩みが死でしか解決できないと、本当は生きていたいと思いながら、行動に出たんです。
お坊さん、立派な良い地図持ってるんでしょう?
そこで迷ったのは被害者だけではなく、加害者もであると私は考えます。
私は今まで自分が幸せな立場にいると思うが故に、被害者の気持ちに寄り添って生きてきました。
それは今でも変わりません。この事件に家族も自分も絶対に巻き込まれたくはありませんし、加害者の気持ちに寄り添う事はまだ出来ません。
しかし、こういった事件の根本を解決、未然に防ぐ為には、加害者の気持ちにこそ寄り添うべきなのでは?とも思うのです。
気持ちが分からずに罪を憎んでも犯罪は無くなりません。
済んだ事件、亡くなった命は戻ってきません。
だから問います。
お坊さん、今の子達に、今後どうやって命について教えていかれるおつもりですか。
自殺を考えている子の話だけではありません。
加害者になり得る子に対しての話もお聞かせ下さい。

お坊さん
有り難し 78
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大慈

そんなこと回答させる暇があったら1人でも連れてきてください。

加害者になり得る人からのご質問も生命についての回答も、若い方々に仏教に関心を持ってもらうための回答も過去に山ほどあります。それだけの義憤があるならhasunohaの拡散にご協力下さい。

また、マニュアルじみたことを書くことで人によっては「自分は加害者になり得る人なんだ。やっぱり自分なんか生きる価値が無いんだな」というような悪い形のショックを受け、その人の心を追い詰めることになる場合があります。書かせないで下さい。そして手の内を晒させるとお坊さんを不利にすることになるとご了承ください。この回答自体が「加害者になり得る人」=「生きる価値がないと言われた」と受け取られるリスクを大きく持っています。そのくらい現場は繊細なんです。書かせないで下さい。

7日前

座間市での事件のこと

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

今回の座間市での事件のことにつきましては、下記の問いにも回答させて頂いておりますので、まず、そちらもお読み下さいましたらと存じます。

問い「座間市の事件をニュースで知って」
https://hasunoha.jp/questions/22272

問い「座間市の事件」
https://hasunoha.jp/questions/22199

最近、と申しますか、ここ数年、フェイスブックよりもツイッターの方が、どうして圧倒的に若者に人気があるのか、少し分からないところがありましたが、ここ数日、あえてツイッターを積極的に使ってみまして思うに、匿名性の高さが、やはりその要因の一つとしてあるからなのかも、と思う一方、匿名性の高さがゆえに、今回のような犯罪を誘発してしまいやすさがあるのではないかとも感じました。

更に、今回の事件では、ハッシュタグを用いた偽計誘導が一因にもなってしまっておりました・・

事件後となりますが、「ツイッターにて、下のタグ付けにて投稿の希死念慮のありそうな方を、もし見かけられましたら、お坊さんQ&Aサイトhasunoha http://hasunoha.jp への相談のお声がけを頂けましたらと存じます。#自殺志願 #自殺募集 #自殺仲間 #自殺オフ #自殺相手 #集団自殺 #自殺希望 #自殺 #死にたい」と一日一回、拙アカウントからツイートを致しており、しばらく続けようと考えております。実際に、返信やダイレクトメールの方にもメッセージや相談がございましたし、hasunohaにもご質問頂いた方もいるようでございます。

遅きに失したかもしれませんが、SOSを出せる場所、仏教にて悩み苦しみが少しなりにも和らぎ癒せる場所として、更に世間においても認知して頂けるように努めて参りたいと存じます。

川口英俊 合掌

6日前

拝読させて頂きました。
この恐ろしい事件については私も本当にショックを受けました。
まさかあのように多くの若い方々があっという間に次々と殺されてしまうことを呆然としてしまいました。
あなたがおっしゃるように容疑者自体にも生きる事への絶望があるとは想像できます。
そのような方の心理状況を作り出してしまう社会や環境や周りの方々との関連性も大きな影響があったことでしょう。
これから事件が少しずつ解明されていく事にはなるでしょうが、それぞれの心の闇はなかなか解明することは難しいとも思います。

ただそのような状況から少しでも人の生命を大切にして生きて貰いたいと多くの方々にお伝えして、私も微力ながら努力精進して参りたいと切に思っております。

その様な惨事が繰り返されることの無いようにと切に願い、皆様にお伝えしていきたいと思いますし、仏様の正しい教えを皆さんに少しでもお伝えしていきたいと切に願い行動していきたいと思っています。

どうぞあなたも可能な範囲にてお力添え賜りたく心より御願い申し上げます。

そして亡くなれられた方々は必ず必ず仏様のお救いを受け、仏様に導かれて仏様の元でこれから一切の苦しみから解放されて安心なさって下さいます様にと仏様にお願いし、お念仏おとなえさせて頂きます。

南無阿弥陀仏なむあみだぶつ

6日前

質問者からの有り難し - お礼

大慈様
回答ありがとうございます。
もう閉じてしまいましたが、とある若者が集う質問アプリなどに私はハスノハを紹介して参りました。
他の方にも迷われるのならと進めた事もありますし、加害者被害者、それはなってからの話であり、無差別に悩める若者の質問に、私なりに回答も沢山してきました。
私がここにその子達をどれくらい連れて来られたかは分かりませんが、自分なりには全く活動していない訳ではありません。
二重の質問に対してお答え頂けるかは分かりませんが、手の内を明かせば不利になるとはどういう事でしょうか。
そして連れてきて下さい、とおっしゃるのは、自主的にはお坊さんは悩む若者に寄り添う気持ちは無いと誤解を生んでしまわないでしょうか。
マニュアルが欲しくて質問はしておりません。
人としてお坊さんという職業に就くのなら、そういった不特定多数の方が見られるであろう言葉の選び方をしていただければと思います。
そんなこと、と言われた事は正直悲しく思います。
この質問は私の悩みからの質問であり、それに対しての回答を求めたものです。
若者に対して命についてどのような活動をしていかれるのか、されているのかを問うたのです。
私は個人的には若者の集うツイッターや若者向けのメッセージアプリが良いかと思っていますし、今後今まで利用していたアプリが終わったのでそちらに移行し、また若者の声を聞こうとも思っています。
私も過去には自殺を決意した若者の1人でした。
私自身が迷いの中にいるからこそ、気持ちに寄り添いたいと思います。
若者の気持ちに寄り添って、とても繊細な事は分かりますし、だからこその心の在り方を「お坊さん」に問いたいのです。
しがない主婦の私よりかは勉強も死ぬほどして職業としてつかれているお坊さんの話に耳を傾けるのではないですか。
だから問うたのです。
私は加害者になり得る人はどんな人ですか?とは問うていません。
そんなマニュアルも存在しないはずです。
極端な話、お坊さんだって私だってなり得ますよね。
少々過激な書き方をしたのは意地が悪いやり方でしたが、そのままに怒りのオーラを感じる返答、有難うございました。
お坊さんの現場の一角がよく分かりました。
回答とお気持ち、有難く受け取らせていただきます。

Kousyo Kuuyo Azuma様
有難うございます。
その仏教の伝え方が知りたいところでした。
念仏を寺で唱えているだけでは生きている生身の人間の心は救われないと感じます。
心の勉強をし、心のスペシャリストであるお坊さん方には、その世の中の流れを見極めてツールを利用していただきたいと思います。
回答いただけたご縁に心から感謝いたします。

川口様
有難うございます。
はい、事件に関する問いは、質問を書く前に目を通させていただきました。
私も微力ながら、こういった書き込みが今後あればこちらのサイトに来ていただけるように協力させていただきます。
現代を生きる者のツールを使った活動、ここも含めとても大切な心の居場所であると感じています。
川口様の活動にとても安心を覚え、心が動きました。
ここでのご縁ではありますが、とても感謝いたします。
有難うございました。

本心を言えばお坊さん方を責める書き方をしてしまった事、申し訳なく思っております。
怒らせてしまったでしょうか。
悲しませてしまったでしょうか。
ごめんなさい。

本来ならば先に生きる私たち全てが、若者の命の先生であるべきだと思っています。
警察も先生も関係ありません。
だからこそ、心のスペシャリストのお坊さんに投げかけました。
ここは不特定多数の方が見られる場だと思っています。
テレビでも有名になりましたし、書籍化もされています。
だからこそ。
死にたいと思っている沢山の方。本当は命を投げ出すほどに悩む根本が解決するなら生きていたいという心の声が聞こえてきます。
もし思い止まってもらえたなら、その人は今を生き悩む人の光になれると思っています。
ここでの回答を下さったお坊さん、閲覧していて下さる不特定多数の方、運営の方全てのご縁に感謝します。
有難うございました。

関連する問答
このページの先頭へ