hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

曹洞宗の故人の位牌を浄土宗の仏壇へ

回答数回答 3
有り難し有り難し 21

現在、高齢の叔母がいます。
叔母は嫁いだ先が曹洞宗で、その旦那さんはすでに亡く、子どももいないので独り身です。

旦那さんの墓は老人ホームに入居する際、墓をなくしました。

終活ということで、将来どうしたいか訪ねたところ、「迷惑になるから、散骨でもして」と言います。
出来ることなら、実家である本家の墓と仏壇にと思っているのですが、他の叔母に聞いたところ「そんな話は聞いたことがない。家を出たのに仏壇に入れるのは反対だ」と言います。

墓については悩んでいたみたいですが、こちらもカッとなってしまい、「仏壇には入れず、墓に入れても、浄土宗の坊さんが念仏唱えるやろ!」と言ってしまい、墓の話もなくなってしまいました。

私の考えとしては、もし高齢の叔母が望むなら、仏壇墓に入れてあげたいと思っていますし、宗派関係なしに、故人を想うことが本来の仏教であるとも思っています。

どうしてあげるのが一番良いと思いますか?
よろしくお願いいたします。

2017年11月21日 0:20

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

正解というより調整を

私もまずは嫁ぎ先の元々の曹洞宗のお寺さんがどこか聞き、そちらでご相談なさるのが良いと思います。

この場合、嫁ぎ先の家が絶家という形になります。最近は少子化のために絶家が急速に増えています。ですのでこの手の話は元々のお寺さんも慣れているはずです。そして光禪師のおっしゃる永代供養塔などは、そのセーフティネットとして広まっているものです。

もう一点、嫁ぎ先のご親戚が気になります。近い親戚や本家筋が全く無いなら問題ありません。しかし、いらっしゃるならそちらを立てねば難しいことになります。

他の叔母さまがおっしゃるように、今の日本では嫁ぎ先の親類で引き受けるのが慣例です。
(曹洞宗としても他宗派の方のお骨が同じ場所に埋葬されることは問題ありません。ウチのお檀家さんのお墓でも例があります。仏教的な事情ではなく民俗的な慣例の話です。)

本来、こういったことに正解はありません。結局のところ皆が納得し、心穏やかにいられる形が理想です。
しかし困ったことに人の好みや価値観はバラバラです。資本主義じゃないとイライラする人もいれば、共産主義じゃないとイライラする人もいるわけです。だからみんなそれぞれ思うところはあるでしょうが、この地域ではこれで納得することにしましょう…という積み重ねが慣習です。

無闇にオリジナル路線でやると例え今のメンバーを説得できたとしても、孫の代、ひ孫の代、玄孫の代あたりで必ず再燃します。そしてその頃には事情が分からなくなっているため手のつけようがなくなり、ズルズルと不満を垂れ流すことになります。そういうウンザリする事例をたくさん見聞きしてきたから、ご年輩の方々は慣例にこだわるわけです。

慣習を外れては絶対いけないわけではありませんし、逆にこだわり過ぎてもいけません。しかし、やるならよほど慎重に進めねばなりません。正直やらない方が明らかに簡単なことの方が多いです。

そして本来、嫁ぎ先の親類筋に責任が発生する以上、先方を無視して勝手に話を進めるとマズイわけです。

そこまで含め、まずは元々の曹洞宗のお寺さんとご相談なさるのが良いと思います。そして親戚全体、本家のお寺さん等、広くご相談なさって下さい。
その過程できっと叔母さまの本音とも向き合うことになります。
上手く軌道に乗れば自然とトントン拍子に進みます。お疲れの出ませんように。

2017年11月22日 1:26
{{count}}
有り難し
おきもち

曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

 うーん、宗派の違いは問題ない(入る先のお寺で何らかの儀式をする事になると思います)ですが、けんかになってしまうような所に入っては、入る方も肩身が狭いでしょう。
 ご主人のお墓を片付けた時、お骨はどうしましたか?その曹洞宗のお寺さんの永代供養塔や無縁仏に入っているのなら、一緒にできないかそこのお寺さんに相談するのも良いですね。

 どちらにしても、現実的な話、お葬式やお年忌のお布施など、お金のからむ問題もありますので、あなたの考えだけでなく、親戚全体でよくよく相談し、叔母さまのご主人のお寺、本家のお寺さんからも意見をもらいながら、答えをだすようにすると良いと思います。

2017年11月21日 23:00
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

浄土宗としては、同じ仏壇に入れてもいいですし、同じお墓に入れてもいいです。
阿弥陀様は極楽浄土に行くことを願う人達を救うだけでなく、他の仏様を信仰する人達に対しても、その人達の仏道修行が完成することを応援していますからね。
菩提寺の住職にも相談してくださいね。
できれば他の叔母様を説得して欲しいですが、難しいようでしたら、法事などで親戚が集まる時に菩提寺の住職に質問して、それに答えるという形で説得してもらってもいいかもしれないですね。

追記
無縁仏のお墓、と書かれていたので少し私見も有りますが追記を書かせてください。
浄土宗として、そして何より私としては、この世に無縁仏などは居ないと思っています。
全ての人には父がいて母もいる。たくさんの人との交流もある。そして仏様との繋がりもある。決して無縁の人などいないのです。
ですから、ご主人のお墓があるなら、たとえ無縁仏のお墓と一般に呼ばれていても、そこに納骨して、心の中で無縁仏などとは思わずに、仏様となって私たちを見守ってください、と手を合わせる、ということでも良いことだと私は思います。参考まで。
南無阿弥陀仏

2017年11月21日 22:48
{{count}}
有り難し
おきもち

私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

質問者からのお礼

皆様ありがとうございました。
叔母の夫側の親類については、夫の骨を無縁仏に入れたことで、頼れません。夫の一部の骨を昔永平寺に入れたと聞いておりますので、それについても、少し話をしたいと思います。他宗派なので、仏壇に入れないという言い分が納得できず、ご相談させていただきました。
他の親類とも話をより深くして、どうしたいか、話し合いたいと思います。

「曹洞宗」問答一覧

浄土真宗、曹洞宗、真言宗

すみません、タイトルはあるお坊さんから見られないようにするためのものです。 相談です。 私は在家出身ですが、運よく師僧に恵まれました。 その師僧と友人が、私が精神病で実家で自宅療養していることについて、私の病状もよく知らないで、障害者なのを言い訳して実家で自宅療養するな、独り暮らししろ、親が自立を許してくれないなら失踪しろ、成人したら失踪して親を困らせても構わない、と言ってきました。 実家を出て就職して独り暮らしするには、作業所の管理人や主治医の判断が必要になるのに、それを言い訳にするな、だの言ってきて。 自立しろというのはわかるんですが、そのために失踪して家族に心配かけても構わない、成人なんだから、とかおかしくないですか? 師僧も友人も上記のような意見で追い詰めてくるんです。友人のほうは子供扱いして罵詈雑言並べ立て、私は謝ったのに一切謝罪なし。 師僧いわく、本当の親孝行とは社会に貢献することであって親に心配をかけないことではないから失踪して家族を心配させてもいいんだそうです。実家で療養して働いておらず、社会に貢献していない障害者はみんな親不孝ということです。 障害者がみんな実家を出られるわけじゃありません、ひとによって病状が違うからです。 裏切られた気持ちで落ち込んでいると、裏切られたくらいで怒る私の器が小さいんだ、とも言われました。 ひとりで大泣きしました。この出来事のせいで最近まで治っていた幻聴が再発し、心もずたずたです。いまも泣きながらこれを書いています。 私が可笑しいんでしょうか? 皆さんどう思われますか?

有り難し有り難し 20
回答数回答 3

浄土真宗と曹洞宗の二股はだめですか

こんにちは、宜しくおねがいします。  生き方について悩みが多く、暴れる心をなんとか鎮めたいと最近、 浄土真宗の聞法に通っています。  随分昔に死んだ明治生まれの祖母を思い出したからです。彼女は封建的な夫に黙々と仕え、息子に戦死されても、一人娘に急死されても、毎日の日課を黙って静かにこなし、仏壇になんまんだを唱え、老いては子に従い、右を向いていろといわれれば右を向き、左を向いていろといわれれば左を向いているような、大切にはされていたのでしょうが全く存在感のない祖母でした。無口で静かでしたから声も覚えていないのです。すっかり忘れていたのです。  ところが、自分も老境に入り、しかしいまだ心穏やかならず、怒りや貪りに振り回され苦しむ有様で、あの諦観したのか、または阿弥陀様にお任せしきったのかのような祖母の姿が私を聞法に向かわせました。  しかしこの身はしぶとく、聞法をいただいている間は少しは素直な気持ちになるのですが、それもなが続きしません。  第一、近代教育を受けた私には、「はからいを捨て、お任せする」のは難しいです。はからうことばかりを目指し、学び、訓練してきたのですから。もしかすると、もっと死が近づいたら少しはそんな気持ちが持てるのかもしれませんが・・・  ただ、三木清が言うように「自分は最後は親上人の言葉どうり、あの世で懐かしい人たちに会えることを信じている」のは私も同じです。  問題はあの世のことでなく、日々の生活で心配や怒りや嘆きに振り回されることです。  そんな私が禅宗の教えで行住坐臥を整えることや、禅の言葉に従うことで、少しは苦しみから離れられるように思うことがあります。 子供のころ永平寺を訪れて、「こんな風に生きている人もいるのだ」とショックを受けたことから大人になって、禅林句集や道元禅師を読むようになりました。指針になります。  阿弥陀様にお任せできない私が曹洞宗に頼るのはいけませんか? 浄土真宗では一筋でないといけないと聞きます。お任せしきらないといけないと聞きます。浄土真宗と曹洞宗の二股みたいで罪悪感があります。  迷える私にお言葉をいただきたいです。  宜しくおねがいします。  とんぼ

有り難し有り難し 95
回答数回答 4

曹洞宗・49日に納骨したくないと言う母

大動脈破裂にて、70歳で父が急死しました ほんの10分程、母が父の側を離れた時に倒れ、帰らぬ人に… でも、顔は穏やかで、納棺師の方からは「体が硬化せずに滑らかです!苦しまなかったと言う証拠ですよ〜」といって頂いたのが何よりの救いです ですが、母には後悔がひどく自分ばかり責めて、どうにかなりそうです。 周りから呆れられるほど、一日中どこに行くのも一緒だったので、ショックも計り知れません。 しかもお店の1つもない田舎で、父にあちこち連れて行ってもらえていて暮らしていたため一人では厳しい…のに、私(娘)や孫と小さい家でも借りて、一緒に住もう!と提案しても、田舎にいるの一点張り!お骨もずっと手元に置きたいというし 現実、墓を買わないと行けませんが、すぐに買える余裕がなく49日には間に合いませんが、どのくらいまで手元に置いても良いものなのでしょうか? そもそも父は、死んだ事に気付いているのでしょうか?(私は若い頃、心肺停止で臨死体験をした際に、暗闇の中から祖父が現れ、付いて行こうとしたら子供が居るんだから!と言われ、ハッ、として戻されました、あの世には、その続きの世界があるのかな?) 日々の生活の中で仏様とは、どう接したら良いのでしょうか? とにかく、私が父と母に出来る事、言ってあげられる事がありましたら、ご指導よろしくお願い致しますm(__)m 初めての仏壇で、日々のルールさえ、あまりわかっていません。父に何をしてあげたら? 仏様が、喜ぶ事、悲しむ事などなんでも教えて頂ければさいわいです お忙しい中恐れいりますが、よろしくお願い致しますm(__)m

有り難し有り難し 26
回答数回答 2

最大の気掛かり。曹洞宗、中卒の場合の安居年数

私はおよそ1年前、曹洞宗にて在家より得度しました。  子供の頃より佛の道を志しており、僧侶としての道程に足を踏み入れ、僧籍となった得度式はいつまでも私の良き思い出です。 さて、とはいえ私の僧侶生命も始まったばかり。坐禅も正法眼蔵も法式もサッパリ、曹洞宗の組織や寺格も分からないことばかりです。  そんな宗門に無知の私には今最も気掛かりなこと、不安があるのです。それこそが本質問の表題、安居の年数です。  私は色々な事情、因縁から高校を中退、最終学歴は事実上の中卒。安居となればその期間は学歴に応じるものと云うことは流石に承知しています。私は財も時間も与えられなければこの中卒のまま、安居に入ることとなります。  私は長い期間の安居でも構わないと思いたいのですが、何処か思いきれない、雲水の雲水たるに成りきれない愚か者です。度々制中の期間が変わっていると聞いては、今日の中卒の身の安居は、一制中何ヵ月で何制中なのか、と日々気に掛けています。 達磨大師に問えばあしらわれる様な愚問ですが、どうか師の皆様に、私の、中卒の安居の現在の状況について教えて頂きたく思っております。説教、警索でも喜んでお受けします。 合掌低頭。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る