hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

是非ともお伺いしたいことがございます

回答数回答 6
有り難し有り難し 98

この時間帯悩みますが、おはようございます。

皆さんは、お坊さんになられる前となられた後では、性格に変化はございましたか?

よろしくお願いいたします。

2017年12月6日 3:12

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

拠り所

おはようございます。

お坊さんになる前となった後の性格に変化…

う~ん、わかりません笑

性格を自覚するって難しいですから自分でははんだんつかないですねえ。周りからも「変わったなあ」とは言われたことはありません。「成長したなあ」とか「落ち着いたなあ」という類のことを言われたことはあったかもしれませんが、おそらくそれは「お坊さんになった事」によるものでなく加齢・人生経験的なものによるところだと思います。

ではお坊さんになって何が変わったかと言うと、私の中身が変わろうが変わるまいが頼ることが出来る拠り所を得られたということでしょうか。

私自身はお坊さんになろうがなるまいが、縁(条件)によってブレブレな存在ですから、ブレる私がブレなくなって救われるのでなく、ブレてもいいんだという安心を得られるブレない拠り所を得られることが何より大きいと私は感じています。

2017年12月6日 9:01
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

おはようございます。

 昔からの友人に「おまえお坊さんになって性格変わったな」などと言われた事がないので、性格は変わっていないと思います(笑)

 小さい頃からの様々なご縁で作られた性格ですので、仏教によって劇的に変わるという事は私の場合はなかったみたいです。でも仏教と出会う事で、「自分のこういう性格はよくないな。改善しよう」という部分はあります。例えば、やってしまったことをいつまでもクヨクヨ悩むのはやめようとかね。なかなかなおらないけどね。

2017年12月6日 7:02
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

自分では分からないです。

でも、行動は変わりました。

自分で自分のことを受け入れられるようになり、
他者の目が気にならなくなったので、
引っ込み思案じゃなくなったように思います。

考え方が変わり、
行動が変わったので、
傍からは性格が変わったように見えるかも知れませんね。

2017年12月6日 15:56
{{count}}
有り難し
おきもち

和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

変わりましたよ

仏縁を感じております。
僧侶になる前は、朝のお勤め(朝、本堂でお経を読む事)は僧侶としての業務的なものと捉えてましたが、今現在そうではないと感じています。
自分から拝みに本堂へ行くのではなく、仏に招待していただけてるんだなと。
その心が生きる軸となりました。

浮世離れしたような感覚になるときもあります。
空をずっと見ていると、その向こうには宇宙があり、その果ては・・・と考える。
花を見ていると、同じコスモスでも毎年違います。
そこには意味があり、花も各々個性を発していると感じる。

人生は修業であり、肉体も精神も鍛える。
生産性のない事に、意味があると感じる。

仏像は、普通の木工芸品やブロンズ像だと捉えていましたが、いや違う。
仏と心で向き合えば、己の心の奥を見せていただける。

つらつらと書かせていただきましたが、浮世離れしたものを書く事は、自分に言い聞かせてるだけで回答になるのかなとも思います。

今感じているのは、俗世間にいる時(会社員だった頃)と心が変わった時、僧侶になれるのだなと。
少なくとも私はそう考えています。

まだ発展途上ですが。

2017年12月6日 16:16
{{count}}
有り難し
おきもち

時宗の寺院で住職をしています。 今の時代、お寺の在り方とは、僧侶とはいっ...

アイデンティティー

私は変わりましたよ〜

だって、アイデンティティーが変わるんですよ?
単なる俗人から【仏弟子】になるんですから。

でも、もちろん変わらなかった部分もたくさんありますが…

2017年12月6日 11:01
{{count}}
有り難し
おきもち

となりのトトロの世界のような山奥の田舎の小さな小さなお寺の住職をしています...

変化しました。。

ちえみ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

やはり、仏教の修習を進めれば進めるほどに、以前よりかは、変に尖ったところが少しは丸くなってきたようには思います。怒りを出すような心も少なくなったきたようにも。

あとは、心の余裕がやっとできてきたかな・・という感じも。

昔は、もっと生き焦っていたようにも思います。

それが、仏縁による修習によって、死後、後生の安心が養われてきていることもあるかもしれません。

川口英俊 合掌

2017年12月6日 14:03
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

お礼の前に。。
何故このような質問をしたかと申しますと、人間は幼少期に性格を矯正しないと、変わらないと聞いたことがあるからです。

文法様

お久しぶりです。
ありがとうございます。

自分ではなかなかわかりませんよね。
周りの方々がよく見て下さって、指摘されないことには。

加齢、人生経験は大きそうですね。
私は文法様より若干年上ですが、加齢に人生経験が追い付いていない感じです。

ブレ、ブレ、、拝読させて頂いているうちにゲシュタルト崩壊。。
失礼致しました。

拠り所というのはもちろん仏教ですよね。

ありがとうございました。

光禪様

いつもありがとうございます。

そんなに簡単には変わりませんよね。

クヨクヨ悩む、わかります。
私もいつまでも直りません。

しかし、ハスノハに出会い、多少は改善されたような気がします。

これからもよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

転落院様

初めまして。
ありがとうございます。

アイデンティティー滅茶苦茶変化しますよね。
一般人からお坊さんになられた訳ですから。

変わらない部分が存在するというのも、お坊さんになられても人間であることに違いないという何よりの証拠だと思います。

ありがとうございました。

学善様

前名からはお久しぶりですね。
ありがとうございます。

毎朝、お勤めお疲れ様です。
仏様に招待して頂いているなんて素敵なお考えですね。

浮世離れは私も度々経験しています。
何故ここに存在しているのか?私は何なのか?
といった感じです。
学善様の感じていらっしゃる浮世離れとはちょっと違いますかね?

私の方は生産性のない毎日ですが、それでも呼吸をしていることが奇跡なのだと、思うことに致します。

ありがとうございました。

英俊様

お久しぶりです。
ありがとうございます。

私は元々尖ってはおりませんでしたが、今現在ストレスにさらされており、なかなか寝付けずにおります。

心に余裕、欲しいですね。
生き急いで、死に急いで?おります。

あるお方が仰っていました。
今の状況は前世での生業が作り出しているのだと。
何か仕出かしたのかもしれませんね。

ありがとうございました。

隆恩様

初めまして。
ありがとうございます。

私も徐々にですが、自分を受け入れられるようになってきたところです。
他人の目が気になりはしますね。
同じく引っ込み思案です。
隆恩様は変わられたのですよね。

考えが変わると行動が変わる、哲学であったような気がします。

ありがとうございました。

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

禅の心

以前、代々ご家族の血縁でお寺をされている長男のお坊さんとお付き合いさせて頂いておりました。 私は、小さい頃からずっと日本の文化が 好きです。行動や意味、全てに想いが詰まっていると思うからです。禅もそうだと思います。宗派や教えは違いますが、修行する意味、教えの意味、そこにある想いは一緒だと思うのです。 彼は継ぐ決心が出来ず、実家のお寺を離れて大学生をしている時に出会いました。彼のお父様にお会いした時、すごく違和感を覚えました。言葉では表しにくいのですが、冷たい…ドライな感覚です。彼もお坊さんになる決心をして、修行に行くまでの期間、その違和感に似たものが私の中でどんどん大きくなっていきました。偏見の言葉や、権力には敵わないなどの発言も多くなっていきました。お父様そっくりでした。 お別れした後、周りの方からは「私達には分からない世界だからそれは仕方ない」「私達には分からない重圧があるのだろう」と。 それが私には納得がいきません。生きていくだけで辛い事、苦しい事が沢山あります。それはお坊さん一般人関係なく平等にあるものだと思います。 お寺の世界とは、一般の世界とは違うものなのですか?今まで自分が信じてきたものが分からなくなる時があります。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

坊主と乞食はどう違いますか?

挑発的なタイトルで申し訳ありません。もっとマイルドにしたかったのですが、字数の関係でできませんでした。決してお坊さんを馬鹿にしてやろうとか、悪口を言ってやろうとかいう気持ちはありません。むしろ日々尊敬しております。なのでそこの所をご理解いただけたら幸いです。 本題に入ります。 まことに、大変失礼な質問だとは思いましたが、心の中にふと思い浮かんでしまいました。 仏教書を読んでいたら、「仏教の出家者は一切の生産活動を放棄して修行に専念しなければならないので、一般の人たちからお布施をもらわないと食べていけません。」とありました。 その部分を読んだ時に浮かんだことは、「お布施をすることによって、お布施をした人にはなんのリターンがない。これでは乞食に施しをするのと同じでないか?」ということです。 もちろん、お布施をすることによって功徳が積める、物惜しみに打ち勝つことができるというのは分かっているのですが、現代人にそんなことを言ってもそれが何だよ?と鼻で笑われるでしょう。もし私が誰かに「坊主と乞食って何が違うの?笑」と聞かれたら私はなんと答えればいいのでしょうか? ちなみに身近なお坊様(そこそこ名のある立派な人です)にこの質問をしたら「違わないんじゃね?」とのことでした。ハスノハのお坊様方はどうお答えになりますか? 大変罰当たりな質問だと思います。このことで私の身に不幸が起こったら甘んじて受けるつもりです。しかし、後学のためになんとかお答えしていただければ幸いです。

有り難し有り難し 59
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る