hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

死んだ後は何処に行くんですか?

回答数回答 4
有り難し有り難し 40

人は死んだ後に何処に辿り着く
のですか?
やっぱり天国や地獄ですか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

骨になり、土になるだけ。

死んだあとは、どこにも行かないでしょう。生命の活動は止まる。その後体はだんだんと土にかえっていくだけでしょう。
思いや記憶、考えこそ自分だと思っていると、色々と考えてしまうのかもしれません。
死後の世界とか。しかし、死んだ人は今生きていないわけで、正確なことは分からないでしょう。そこを大切に生きるより、今生きている人生をどう生きるかではないでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


死んだ後にどこかに行くのですか

「死んだ後にどこかに行くのではないか」という思いをあなたが生み出してあなたを悩ませているのです。
それをあの世という。
あの世とはあなたが頭の中で生み出した現実ならざるもの。
そこ以外にあの世はない。
それを知らない人間はあの世があるかのように思う。
それが実物ではない所を妄想して、この現実をくらましている自己の思いに騙された生き方です。
そういう思いに騙されない生き方になりたければ、禅・仏教を学んでください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


あの世があると言う事も無いと言う事も出来ない

あの世が確実にあるとは言い難いです。
でもあの世が確実に無いとも言い難いです。
なので釈尊は「無記」として明確に示す事を拒否しました。

つまり無いとも決して仰っていないのです。

なぜならな、この世とて確実なモノではないからです。

一人ひとりの思い込みや偏見で、この現実ですら全く違う世界に見えているかもしれません。
この世で確実にこうだ!などと断言出来る事とてないと思うのです。

六道輪廻という考え方が仏教にはあります。
六つの迷いの世界を生まれ変わり死に変わりしてぐるぐると巡るのだと言います。

しかし、六道は「迷い」の世界であるが故に確実な世界ではありません。
ですから「ある」と断言してしまう事は出来ないのです。

六道とは地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人間界、天界 です。
つまり我々がいる人間界も迷いの世界に他なりません。

迷いの世界であるこの世界での事を、確実な事実だとする人が亡くなったら、
その人に取って、恐らくあの世も現実味を帯びてあるのではないかと思います。

だからこそ、葬儀や法事があり、迷いの道から逃れるように促すのだと思います。

あくまで私の突飛な私見になりますが、
死んだら全てが終ると言うのではなく
我々は実は「生まれた」という偏見の中で、物理的な物事を楽しんでいるのだと思うのです。
その流れの中で「死」という偏見も起こり、あの世と言う偏見も起こるのだと思うのです。
逆に言えば、迷いの世界の中では、あの世も物理的にあったりすると思う方が自然であると思います。

しかし、あなたが生まれる前からずっとあり続ける
命の根源は変わらないと言う事だと思うのです。

もしもあなたが、現実的な「今」では無く、
あなたの心の本当に刹那の今を突詰めて行って、自分と思っているものが溶けて
大いなる根元に至れたとしたら、
この世もあの世も仮の世界であると解り
全てが大いなる根元…
仏そのものの現れであると知るのかもしれません。
たとえ物であっても、耳かきや、鉛筆だって、仏そのものと…その立場に立った時に初めて言える事であろうかと思っています。

その事を知るためには、逆説的に見えるかもしれませんが、命を大事にして日々の生活の中でしっかりと自分を見つめて生きる事が一番大事だと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

全員地獄です。

今の時代を末法(まっぽう)といい、今後二度と仏様が現れない時代をいいます。また、末法には終わりがありません。
----------
2500年前、お釈迦様は現在のネパールにお生まれになり人々はお釈迦様に出会い救われました。しかし今の僕たちはお釈迦様、あるいはそのような聖人に出会うことができません。それは過去世に大罪を犯した結果です。結果には原因があります。今を見れば過去を知ることができます。
----------
罪を犯した人は必ず償っていかなければなりません。この世は娑婆世界(しゃばせかい)といいます。堪え忍ぶ世界という意味です。
----------
過去世の大罪の償いをするために僕たちはこの末法の世の中に生まれています。これが不都合な真実です。
----------
償うというのはひどく辛いものです。しかし生まれてきた目的がわかっている人は苦難を堪え忍ぶことが出来るので地獄に行くことはありません。
一方、生まれてきた理由を、幸せになるためだ、とか苦しみから逃れるためと自分の都合の良い解釈をして
辛い罪の償いから逃げている人は必ず地獄に落ちます。
----------
あなたの家族が殺されました。犯人は殺人の罪を償うことを嫌がり遠くに逃れて普通に楽しく暮らしています。
あなたはこんなことが許されますか?
犯人には罪を償ってもらいたい。人を殺したならば罪を償うのは当たり前だ、そう思いませんか。
----------
僕たちが娑婆世界に生まれたということは
大罪を犯した結果なんだということなのです。
生まれてきた目的を誤魔化す生き方をしていれば僕たちは全員地獄に行くのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


「平等」という嘘を信じるな。 仏はこの世が不平等であり辛苦から絶対に逃れ...

「死後の世界・死んだらどうなる」問答一覧

あの世にしか私の味方がいない

以前旦那さんが亡くなってすぐに質問させていただきました。 あれから3ヵ月半経ちました。 たった3ヵ月半ですが、私はもう何十年生きたくらい、生きるのに疲れました。 旦那さんとお別れした当初は、これからは色んな人に助けてもらえると思っていました。 けれども今、誰にも自分の気持ちを話さず、1分1秒ごとにくる苦しみを1人で耐えている地獄のような毎日です。 歯を食いしばりすぎて、そろそろ顎が割れそうです。 両親には毎日夫婦のやり取りを見せられています。 ご飯の味が濃いか薄いか、私の息子が今日こんなことをした等、毎日小さなことをなんでもお互いに報告する姿を見せられています。 もう彼らにとっては日常で、芸能人の訃報がテレビで出れば、へー!死んじゃったんだ!と言われます。 お父さんとお母さんでベビーカー押してる人がいたよ!と言われます。 義理の家族には、百箇日の法要を勝手に私の誕生日に開催されました。 その時に、あなたの誕生日だから、よかったら来ない?家族のみでやろうと思ってるの!と言われました。 彼の家族は私と息子なはずなのにおまけです。 私の誕生日に彼は喪服を着て祈ってほしいと思っているようです。 また納得できないから、彼の健康診断の結果を見せてほしいと言われました。 妻の私の至らなさをあーだこーだ言われそうです。 それらを聞いても、私の両親は義理の家族に何も言いません。 むしろ返事をしない私が失礼をしたと、謝っています。 友達も最初は連絡してくるくせに、今はほとんど連絡してきません。 私に死なないでほしいと言います。 でも何も助けられなくてごめんと言われます。 彼を失っただけでも辛く悲しいのに、世界はさらに私を傷つけてきます。 味方は旦那さんだけだったと、つくづく思い知らされます。 もう生きるのが辛い。 息子を養護施設に置いてくる勇気さえあれば、すぐに死ねます。 息子の前では必死に笑っていますが、毎日何度も何度も死にたいと口にしてしまいそうです。 自殺する方の気持ちがよくわかります。 生きるのが辛いんです。 死んで、周りの人たちにどれだけ苦しいか思い知らせてやりたいんです。 この世界に味方はいない、誰も助けてくれない。 なぜ、私は生きなければならないのでしょうか。 彼を救えなかったのは私です。 謝っても許されない、その罰を受けるので、誰か私を殺してください。

有り難し有り難し 46
回答数回答 2

人間の死後について(複数回答希望!)

お坊さんや、宗派によって答えが分かれると思うので、複数の回答をお願いします。 ①人間の死んだ後の魂の居場所はどこですか? まず、人は死後の魂は入魂儀式で位牌のに入るのでしょうか? 例えば49日に白木位牌から本位牌に「入魂」します。だとすると「遺骨」には魂は宿ってないんでしょうか?遺骨に魂が宿ってないのなら、お墓は単なる納骨施設で、お墓参りする意味も薄れてしまいます。仏壇の位牌に毎日手を合わせる方が遺族にとっても、亡き人にとってもいいと思います… 遺骨に魂が宿っているから、お墓の下で眠っていると信じてお墓参りにも行くし、また自分が死んだ時に一緒にいたいと思うからこそ家族は同じお墓に納骨するのだと僕は思いたいです。もし「位牌」に魂が宿っているなら、位牌もお墓に入れるべきですが、お墓→遺骨 仏壇→位牌というしきたりになってますよね… 死者の魂の本当の居場所はいったいどこなんでしょうか? ②極楽往生と輪廻転生 輪廻転生説:人間は死んだら、その人生の記憶は全部消されて白紙の状態に戻されて生まれ変わるんでしょうか?プラスチックやペットボトルのように、何度も0に戻ってリサイクルされるように、人間も全く別物に生まれ変わるのでしょうか?  極楽往生説:それとも浄土宗の教えのように、極楽浄土で過去の人生の記憶を持ったまま、自分の家族や大切な人と永遠に過ごせるのでしょうか? 僕は生まれ変わらなくていいから、極楽往生説を信じたいです。 大切な家族との思い出も、大切な人さへも、自分が誰だったのかさへも忘れてしまうなんて、余りにも虚し過ぎます(涙) 質問は人間の死後の「魂」についての上記2つです。 宗派や考え方でお坊さんによって違うでしょうが、複数のお知恵を拝借願います。

有り難し有り難し 38
回答数回答 3

亡くなった人はどこにいますか

よろしくお願いします。 母は生前いろいろな苦労をして、私も母に楽な暮らしをさせてあげられず、せめて来世は幸せになってほしいとの願いで日々仏壇に手を合わせています。 ただ、一方で疑問を抱いています。 四十九日で亡くなった方の魂の行先が決まると解釈しています。となると、既に母が誰かに生まれ変わっているのであればもう私の母としての魂はいないのでは? だとすると、拝んだり母に話し掛けても受取る人はおらず、初盆だとかお盆にご先祖が帰ってくるとかいっても(もうみんな生まれ変わっているなら)帰ってくる人などいないのでは?と思うのです。 そう思うと母が亡くなった時に親戚や知人が私に掛けてくれた、先立った母の兄弟や両親が母を迎えに来てくれてるから大丈夫だよとか、姿は見えなくてもいつでもあなたのそばで守ってくれているよとか、また会えるよとかいう言葉が虚しくなりました。 母が別の誰かとして幸せな新たな人生を踏み出しているなら勿論嬉しいです。ただ、私は誰に、何に、祈ったり笑い掛けたりしているのかと寂しくなる時があります。 勝手な想像で、母の両親兄弟、夫(私の父)らと所謂「あの世」で穏やかに暮らしているイメージを抱いたりしますが、それは四十九日の意味合いと矛盾します。 仏教では、現在母はどのような状態にあるのでしょうか。私の気持ちはもう母には届いていないのでしょうか。 或いは、私が心配を掛けてしまって母が気にして幸せに生まれ変われないなどということはないでしょうか(だとしたら話し掛けたりしない方がいいでしょうか)。 浄土真宗の住職をしている友人がいるので、できれば浄土真宗以外のお教えをお聞きしたいです。 取り留めのない長文で申し訳ありません。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

死後の世界についてお聞きしたいです。

質問、ご覧いただきありがとうございます。 地獄に落ちるのが怖い。 最近そう考えるようになったので色々検索してみると、色々な種類の地獄があり、どれもとても苦しいものだ。回避するためには生前の行いが大切であると、書かれているのをたくさん目にしました。 とりあえず、自分の歩んできた人生を改めて振り返ってみると、嘘をついたり、逃げたり、虫や植物の命を奪ってしまったり、色々な人、物に好き嫌いをしたり良くないことを考えてしまったり、文句言ったり悪態をついたり……とても、多くの良いとは言えない行動をしておりました。そして、このままでは地獄に落ちてしまうと思いました。 なので今から少しずつ行動を改善しようと思い、正しい道や考え、行動について調べてみて、懺悔をし行動を改めること、物事に執着しないこと、煩悩をなくす…などを知りました。こういったことは自分で考えて変えていくものだともおもいますが、行動、執着や煩悩についてどう改善していけば良いのかはっきりと掴めません。自分が良いと思ってしたことでも、もしかしたら良くないことをしていることもあるでしょうし、あの人のようになりたいと憧れその人を目指すことや、この有名人の方がとっても好きだと好意を抱くこと、これ欲しいな、あれ欲しいなという欲を抱いてしまうこと、どこまで制御すればいいのかも分かりません。 また、この行動改善についての話とは少し異なってしまうのですが、地獄に落ちてしまった場合、そこから出ることは一生出来ないのでしょうか。 もしかしたらこうやって誰かに答えを求めること自体も甘えなのかもしれない、ともおもいますが、まずは皆様のご意見をお聞きしたいと思い、こちらで質問をさせていただくという選択をさせて頂きました。 読みにくい文章で申し訳ございません。10代の未熟者ですが、なにかお返事頂けたら幸いです。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る