hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

なんとなく思ったこと

回答数回答 3
有り難し有り難し 984

いろいろと考えて思ったのですが、世の中はバランスによって成り立っているような気がします。善があり悪があり、陰があり陽がある。
そして、存在していると信じているものは実は不確実で、存在とは思考により生まれた産物なのだと思います。
例えば、絶対的に「良い」とされる行いを、「良いことをした」と考え、過去の記憶(記録)として覚えておく、誇らしく思うこと、つまり自分の現在や過去の「善」に執着することで「善」を生み出し、同時に「悪」を生み出すことに繋がるのではないか、と思うのです。
ですから、世の中を良くしたいと思うなら「善」の行いを「良いことをしている」という意識を取り払って行い、そして行った事実をできるだけ早く忘れる(執着しない)、ということで世の中が平安になれるのでしょうか?
世の中の悲しみは、「罪悪」ではなくて「罪悪感」、「喪失」ではなくて「喪失感」のように、感覚から来るものが多いような気がします。

ならば、感覚を生み出す「意識」ををコントロールすることで平和にもなれるのかなと思いました。

「以心伝心」のように、人と人の心が繋がっているなら、自分の思考を「無」にすることが、隣の人の心の平安になるかもしれない、そして、それが世界中の平安に繋がるといいなと思いました。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

無とは

まさに菩薩から仏になる経緯をお話くださいました。有り難いお話です。
----------
ところで「無」とは何か、を考える必要があるでしょう。
「無」とは充満です。
----------
満ち溢れた状態を「無」と申します。
何も考えないのではなく、あらゆることに心を配る、それが「無」なのです。
----------
お互いに気遣いができる世界が目指すところです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


「平等」という嘘を信じるな。 仏はこの世が不平等であり辛苦から絶対に逃れ...

忘れようとする事すらしない

そうですね。世の中の出来事に意味を付け加えることで、あたかも善悪が存在するかのように捉えてしまっているところに落とし穴があります。

様々な現象はただ起きては過ぎ去っていきます。思いを事実だと思い込みとらわれることで、苦しみます。

過去の記憶は、過去の記憶、そこにもとらわれてはいけません。基本的に様々な思いがでてきても、問題なく消えていきます。忘れよう、早く消そうとすることはそこに執着することです。より忘れられなくなります。そっとしておきながら、次のことをしてるうちに忘れるものです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


善悪にわたらざる 真実

物事の本質には善悪がありません。
よいわるいが付着していないのです。
それが物事の本質的なありようです。
ですが、だからと言って虚無的になってもいけません。
それを知った上で、世の中に求められる善をなすことが大切です。
悪を野放図にしておけばISISのように暴圧が横行します。
元々人間がそういう悪を望まない存在なのです。
安定、安穏、安心、安全、安泰、安寧、安楽…
そういうありようを望むのが人間なのですから、人間の本質に随ったありようで処することが大切です。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

質問者からのお礼

邦元様
そうですね、過去の記憶は時間によって薄れていく、私にも経験があります。
数十年前に小説か何かで、「空虚と傷心なら、私は傷心を欲しいと思う。」というような内容の一文を読んだことがありますが、当時は理解できませんでした。実は、悲しみや悲しい感情を恐れているのではなくて、悲しみが薄れていくことを恐れているのかもしれません。
「記憶」を持ち、確認することで自分の存在を確かめているのかもしれません。でも、その「確かである」はずの実感も実は曖昧で、無常である、「無」の奥深さを感じます。
ありがとうございました。

四次元様
こちらこそ、有難いお返事をいただきて、感謝の気持ちでいっぱいです。無とは充満、なるほど、そうか、と思いました。
そして思い出したのですが、数日前、子供が「僕は親友をずっと欲しいと思っているけれどできない。それで、どうして親友が欲しいのかを考えてみた。親友ができれば自分の中の孤独感がなくなると思っていて、孤独を嫌っていたんだ。でも、いろいろ考えてみて気がついたのだけれど、誰と一緒にいても僕は孤独なんだ。でもそれでいいと気がついた。誰でもみんな孤独に生まれて孤独に生き、孤独に死ぬ。でも、孤独で完成されているんだ。僕に必要なものは揃っているんだ。」と言っていました。
私は、世の中は、例えば大きな天秤にたくさんの善が乗っていて、それに釣り合うように悪があるようなイメージを持っています。別の例えなら、女王蟻を失った働きアリの集団が、また別の新しい女王蟻を生み出す、というような、何か自然の法則のような割合が存在していて、それに従っているようなイメージです。
そういえば、確かに幸せを感じた時に充実感のようなものがあります。この満ち足りた感触が「無」なのでしょうか。
有難いお言葉をありがとうございました。
もっともっと、「無」と向き合って考えを深めてみたいと思います。

丹下様
お返事ありがとうございます。こうしてご住職の方に自分の考えを読んでいただいて、説教をいただけるのはとても有難いことだとつくづく感じます。外国にいると特に、貴重な経験になります。
私も、同じように物事の善悪とは、自分の意識の働きかけによって見え方が違うように感じます。ただ、やはり絶対的な善悪も存在するとも思います。例えば、生物を殺める、というのは、背景に関係なく、心の有り様にも左右されず、やはり悪なのだろうと思うのです。
それが刑罰の執行であり、被害者の心を慰める目的や、法治国家としての機能の一部だとしても、やはり命は尊いように思います。
丹下様の戒めのお言葉、身に覚えがあるので、本当にその通りだと思いました。
善悪のみならず、生と死にすら大きな境がない、という実感を得たときに、ならば、どちらでもいいではないか、という様な虚無感を知りました。
この世に生まれてきて、ここは学びの場、魂を成長させたい、その様な考えが先行していましたが、今いる場所での暮らしにもっと根を下ろして、魂だけではない、肉体を持った魂としての生き方というものを探してみたいと思います。

追伸させてください。
物事の本質に善悪はない、ということで今思い出したことなのですが、つい先日、自己催眠というものを自分でしていました。
私の親は、最近で言うところの「毒親」で絶縁中です。ずっと嫌いだと思っていました。
催眠に入る前に、母親に対する自分の思いを書き連ねました。ドロドロとした感情が並びました。催眠に入り、もう一度母親に対する思いを考えると、「かわいい」とか「楽天的」とか、良いイメージばかり浮かんできました。催眠中と前で違うことはおそらく脳波の状態です。でも、それによってこんなに変わるなんて、自分の感情なんて当てにならないな、と思いました。

「世の中・社会のできごと・風潮」問答一覧

生まれた時点での貧富の差、教育について

こんにちは 保育士をしている物です 私には自身に父親、塾教師からの被虐経験があり、 誰にも話せないまま今まで生きてきました。 これからを生きる子どもを多角的に見守りたい思い、子どもを養護しまたは教育をつける事のできる保育士になる事を大学卒業後決意し、国家資格を働きながらとりました。 自身の愛着面には未だ問題があり、愛されてきた子ども達を見る事は苦しい事もありますが、自分がやりたかった保育を見つけ、真摯に職務についてきました 最近、私と一部似たような境遇を持ち、 家庭の事情により学歴が中卒、少し前に成人した友人が出来ました 友人の環境は、 親の再婚、可愛がられる腹違いの兄弟、金使いの荒い母により貯金を全て使われてしまうなど、気持ちが休まる事の無いひどい状態で生活をしています 先日、友人がぽつりと 「友達は色々話してくれるけど、話すだけで手助けはしてくれない、きっと皆居なくなってしまう。こんな事は話しては駄目だけれど、どうしようもなくつらい。もう頑張れない。」 と話をする場面がありました 私は友人にアドバイスをしてきたつもりでしたが、初めて自分は本当の意味での彼女と自分の環境の違い、また、選択肢が沢山ある自分、限られた選択肢の内でしか選べない友人、本当の意味で気持ちに寄り添っていないアドバイスしか出来ていなかった事に気がつきました 福祉なら学歴を気にせず努力で正社員になれる、と。 一番友人が困っている事は、アルバイトをしていても、 親にお金を持っていかれる、 返して貰えるとはいえ少量ではあるが親による借金がある事の余裕の無さだろう、と私は考えています 実家を出て住み込みで働くにも、その後誰にも相談できる相手がいません 私は万が一本当に友人が困った際は、 返済はない事を前提に金策をいくらか渡そうと考えています これは、私なりに考えた結論です 私自身の生活もある為、きっと世間ではでは端金にしかならない額です 借金を減らしても、また母親に友人はお金を毟られてしまうのでしょうか これは友人の為になる事でしょうか? 「私が気がついて守れるのは園に通う子ども達だけだ。では保育園に来ていない子ども達は?私が知らない子どもは?すでに大人になった子どもは?」 見えない場所での教育の取りこぼしに、保育士としての自己肯定感や生きる意欲もまた低下しつつあります どうかお力をください

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

我慢しない人が羨ましい

「コロナの感染拡大防止の観点」から他県に行くこと、出かけること、大好きな遠方への旅行にいくことを我慢しています。 先日、高齢の家族と飲食店を経営している知人が数回東京へ遊びに行っているのを知りました。家族や従業員には言わずにコンサートに行っているようです。 その人とは仲が良かったのですが、家族やお店より自分の快楽を優先している人なんだなと思ってしまい、人の家庭のことは関係がないはずなのに軽蔑してしまいます。 その気持ちに気づいてから、私は、何で自粛してるのにまわりは遊んでいるのだろうと思い、いろんな人の意見を見てたら、自粛警察、価値観を押し付ける人間と思う方も一定数いると分かりました。 確かに私は自分の価値観を勝手に守るために勝手に我慢し、勝手に嫉妬して、勝手に軽蔑しています。 押し付けがましい人間なのかもしれません。だけどどうしても私は自分の人生の娯楽の全てと思っていた旅行に行けません。家族や職場に迷惑をかけたくない。でもこれは私の価値観でしかありません。 自分は我慢してるのに何で他の人はなんて思いたくありませんがどうしても思ってしまいます。 思い返せばコロナのことがある前から自分はできない・していないのに、あの人はできる・しているということを考えてしまうタイプで、常に自分が損している感覚があるし、こんなことばかり考えている自分は価値がないとも思ってしまいます。 仲の良いと思っている人にもこんなことばかり思ってしまってくるしいです。 どうしたら人を羨んだり、自分が勝手に我慢してるのに、我慢してない人を妬ましいと思わないで済むのでしょうか。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る