hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

逆観の縁起について

回答数回答 2
有り難し有り難し 15

順観と逆観について調べていると、逆観について二種類の解釈の仕方が有って非常に混乱します。

一つは、「無明が滅すれば、行が滅する...生が滅すれば、老死が滅する」という上から下へ降る否定の形式です。

もう一つが「老死が滅すれば、生が滅する...行が滅すれば、無明が滅する」といった逆に下から上に昇る否定の形式です。

これらの解釈は宗派によって分かれているものなのでしょうか?
また、二つの言い回しの違いは、それぞれどのような意味が有るのでしょうか?
何卒お坊さま方の智慧をお借りしたく存じ上げます。

2018年6月8日 20:52

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

to do

例えば

『無明を滅するために(目的)、行を滅する(方法)』

『行を滅すれば(方法)、無明が滅する(目的)』

論法の順序が違うだけで、どちらも同じことを言っています。
基本的には無明の滅が後に来るはずです。
たぶんこれを混同されているのではないかと思うのですが。。

逆観に二種類の解釈があるというのは私は聞いたことがないですね。
強いていえば
『A無明→B老死』の順観を前提に
『B老死の滅→A無明の滅』という逆観が成り立ちますが(これはお釈迦様が説いた明確な教えです。)

「『A無明→B老死』の滅」を言う場合があります。
これのことを『無明滅すれば老死滅す』と言っているのだとしたら。
これ自体は逆観ではないですよね?いうならば「『順観』の滅」でしょうか。
でもそれだと
「『順観』も無く、よって『逆観』も成り立たなくなる」、ということになります。
とすればおそらくそれは
般若経の思想だと思われます。

追記
拙い回答ですみませんでした。
それでも因果や縁起についてずいぶんと熱心に質問され、また回答されている方々の問題意識に、私自身励まされているように感じました。御礼申し上げます。
有難うございました。                    合掌

2018年6月8日 23:28
{{count}}
有り難し
おきもち

書き直しました

失礼しました、確かに二種あるようですね。

吉井師のご回答は『行を滅すれば(方法)、無明が滅する(目的)』(無明の滅が後)とおっしゃっています。
一方で(水野弘元『仏教要語の基礎知識』春秋社、p,183)では…

>パーリ文によって十二縁起を紹介すれば次のごとくである。
>「(中略)しかし無明の残りなき離滅の故に行の滅があり、行の滅の故に識の滅があり、(中略)生の滅の故に老死、愁悲苦憂悩が滅す。このように一切の苦蘊の滅がある。」

…となっています。これは『無明を滅すれば(方法)、行が滅する(目的)』(無明の滅が先)と読めます。

ここで↓の私と吉井師の回答を比較します。
https://hasunoha.jp/questions/26295

私は輪廻転生を考慮しない全て現世での解釈です。
吉井師は輪廻転生を前提とした解釈です。輪廻を考慮すると、「無明・行が過去世から現在への因果」「識から受までが現世の果」「愛から有が現世から来世への原因」「生・老死が来世の果」に当たります。
ここで輪廻転生を前提とすると、「現世から来世への執着を断つ(愛→取を滅する)ことで来世(有→生)が滅し、対応して前世(行→識)も滅し、それによって解脱(無明・過去世の業の滅)」になります。
最初私は悟っていない(無明が滅していない)のになぜ老死が先に消えるの?と不思議でしたが、この時系列ならスッキリ納得しました。

これを「三世両重の因果」と言うそうですが、どうも上座部最大手の説一切有部が言い出したようです(田上太秀監修『図解ブッダの教え 普及版』西東社、p.130)。前掲の水野本でも部派仏教になってから、原始経典では述べられていない(p.183)としています。

あくまで手近な所で調べた範囲なので違うかもしれませんが、「三世両重の因果」以前以後の違いのような感があります。田上本でも右ページと左ページで矛盾したことを書いてしれっと両方紹介しています。

でも考えてみれば無明の滅が先なら「悟れば(方法)諸々の苦がドミノ倒しに滅する(目的)」という方向性であり、無明の滅が後なら「1つ1つ正しく調えれば(方法)悟れる(目的)」の方向とすると、どちらも成り立ちます。お釈迦さまが両方おっしゃっていても不思議ではないのではないでしょうか。

勉強になりました。ありがとうございます。

2018年6月8日 23:14
{{count}}
有り難し
おきもち

曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

質問者からのお礼

吉井様、大慈様のお二人からご教示下さり感謝致します。
まだまだ楊枝の先の埃程度の収めしかない小生ですが、これからも精進させて頂こうと思います。

「仏教における縁起」問答一覧

十二因縁(縁起)を例えると…

日頃、宗教や哲学について、ネットあさりしています。 最近は仏教、特に原始仏教と呼ばれるものに興味を持っていますが、十二因縁(縁起)について、府に落ちたイメージを持つことができません。 そこで、難しい言葉や理論を使わず、現代でもわかりやすい具体的な例えを挙げていただきたいと思い、こちらに質問してみました。 なお、こういった知識(智恵でしょうか?)は、一言では語り難いものでしょうし、また言葉だけでわかったつもりになってはいけないとも思っています。でも、こうもイメージが湧かないと、日頃に意識することも難しい。 ぜひ、「なるほど💡 そんな感じなのね!」と感触を得られ、日常の中でさらに感触を深めていけるような例えを、いただきたいと思っています。 ちなみに、これまで私が掴んだ感触・知識は次の通りです。間違いや不足もあると思いますが、その部分こそ、例えで払拭したり補足したりしていただきたいです。 十二因縁(縁起)とは、 無明、行、識、名色、六処、触、受、愛、取、有、生、老死の12個 「無明によって行が生じる」のように、前の物が次の因になる。 最後の「生、老死」については、「生まれることで、老いがあり死がある」ということ? では、「無明→行」「行→識」「識→名色」「名色→六処」「六処→触」「触→受」「受→愛」「愛→取」「取→有」「有→生」「老死→無明」はそれぞれ、どのような因果なのか。 現代でもわかりやすい例をあげるとすれば、どういう例が考えられるか。 仏教に疎い者でもわかりやすい例を、ぜひよろしくお願いしますm(_ _)m

有り難し有り難し 83
回答数回答 5

ダンマパダより!「愚か」「縁起や道理を理解」とは?

 いつもお世話になっております。  ビルクリーニング技能士と並行し、気分転換がてらダンマパダ を勉強しています。その中に、 「もし旅に出て、自分より尊い、または等しき人に出会うことが できなければ、むしろきっぱりと一人で行け。愚かな人を道連れ にしてはならぬ。」という文言がありました。  この他にも、「愚か」という言葉がたくさん出て来て、 お釈迦さまでもこんなこと言うんだ…wという感じです。  死んだジジィも、「バカはほっとけ!」(狙ってないわよ?) と言ってました。  調べてみましたが、このような解釈で間違いないでしょうか。  愚か=愚痴=無明。  愚痴、無明とは「縁起や道理をわきまえずに自己中心的な 理論や考え方で、同じくそのように振舞う様」とのこと。  例として、いきなり道端の人を挑発したりdisる奴と、 それにガチでキレる私。    反対に、縁起や道理をわきまえるというのは、 「原因と過程を察して冷静に対処する」ということでしょうか。  例えばあのお嬢様が睨んで来たら、「あぁこの人もなにか事情が あるんだな」と思ってほっといてあげる。  既に存在するルールに照らし合わせて合理的に判断し、 適宜そこから離れるか、管理者や知識ある方の指示を仰ぐ。  例としてお説教会のセクハラwww  お釈迦様が悟ったのは人間界を効率よく生き抜くための法則 だと聞きました。これらの見解で問題ないでしょうか。  ご意見お待ちしております。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

縁起論争

上山春平・梶山雄一編  「仏教の思想 その原型をさぐる」 より  縁起ということは相依性(idappaccayata)ということで、相依性とは「これがあるとき、かれがある。これが生ずるとき、かれが生ずる。これがないとき、かれがなく、これが滅びるから、かれが滅びる」ということであると説かれている。後の中観学派では、この相依性は交互因果・交互媒介の意味でAとBとが、AがあるときBがあり。BがあるときAがあるという、A⇔Bの関係を成立させることであるという。『中論』の立場は空すなわち無自性(自己原因としての実体概念の否定)ということを、一切の存在(法)の交互媒介性によって考えようとするのである。  原始仏教の縁起説で縁起支の相互の関係が一方的な基礎づけの系列であるか、あるいは交互媒介的であるかは、わが国の学者の間でも議論のあったところで、一方的基礎づけと考えるのは和辻哲郎説であり、交互媒介説は宇井伯寿説が代表的である。和辻説によると、縁起支の関係がもし全く相互的であるとすれば、根拠付けの系列に縁起支の全体を秩序付けることも、本来不可能なことになる。これに対して宇井説は、原始仏教の縁起では、それぞれの縁起死が自己の中に全系列を映じ、いわば世界とモナドのような互いに映じ合う関係にあるとする。その結果縁起支AとBとの間に予定調和に基づく相互融入の関係が成立する。要するに相即相入という華厳哲学の交互媒介を───一即一切の世界観を前提としながら───原始仏教の縁起説の相依性を及ぼそうとするのが宇井説の特色である。 宇井伯寿や和辻哲郎は共に十二支縁起を「相依性」と解釈していた筈ですが、これによると両者の縁起観に若干の違いが有ると見受けられます。 和辻の主張する「一方的基礎づけ」と宇井伯寿の主張する「交互媒介」にはどのような違いが有るのでしょうか? 両博士は縁起の「相依性」を主張していた筈ですが、私にはこれらの差異が何を意味しているのかさっぱりです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る