hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

仏教におけるあの世

回答数回答 2
有り難し有り難し 38

聞きかじりの知識なので正確さを大きく欠いている可能性が御座いますがご了承下さい。

仏教においては輪廻転生が唱えられてはおり、目指すべきは解脱であるため、本来仏教に天国や地獄といったあの世観は存在せず、日本内での布教の際に付随したという話を以前聞きました。

しかしいざ調べてみると、仏教にもあの世観(前世、来世での意味でなく、天国や地獄の意味で)は存在しているという記述を見つけました。

実際に仏教ではどのように考えられているのでしょうか?

また、仏教の成り立ちや変遷について学べる読み物が御座いましたらお教えください。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

字数的に書ける範囲で…

まず前提として、『仏教では』という理解には無理があります。仏教は「八万四千の法門という言葉があるほど多種多様ですのでひとくくりでは語れません。

さて、輪廻思想は『仏教以前からインドで定着』しており、ヴァルナ(カースト制度)の論拠でした。「お前ら下々の連中は前世の行いが悪かったから身分が低く、我々は前世の行いが良かったから身分が高い。これは今世の努力ではどうにもできないから逆らうな。せいぜい来世以降で頑張れ」という論法です。これを業報(ごっぽう)輪廻思想と言います。

この論に「それは違う!大切なのは今をどう生きるかどうかだ!」と反論したのがお釈迦さまです。

しかし、お釈迦さまは来世自体には2通りの説き方をしています。出家した僧侶には「来世のことなど議論しても結論はでないのだから、くだらないことを考えていないで修行しろ!」と説き、一般の信者には「誠実に生きなさい。誠実に生きれば今世でも来世でも楽になりますよ」と説いています。

この使い分けは頭ごなしに教えを押し付けるのではなく、まずは自分から相手の目線に合わせ、相手に合わせて教えを説いた「対機説法」と呼ばれる手法です。

ここで、お釈迦さが本当に伝えたかったのは「来世」という部分なのか「誠実に生きなさい」という部分なのか、どちらで取るかで方向性が180度変わってしまいます。

さて、ここから複雑になりますが、とりあえず日本内で付随したというのは大嘘です。むしろインドから東南アジアの南伝仏教のほうがずっと輪廻思想の色が濃いです。かなり早い段階から付随しています。日本では現在、業報輪廻は重大な差別思想と捉え各宗派で僧侶への教育を進めています。

天や地獄の世界観については他宗教との習合していますので、日本の場合は中国文化の影響が強いです。ただしインドではヒンドゥー教、タイでは精霊信仰など、どこの国でも当たり前に習合しています。それが対機説法の一形態ですから自然なことです。そのため習俗として有ると言えばある、本来は無いと言えばないというグレーゾーンと言えるでしょう。

また、対機説法の延長線上に宗派がありますので、結局は「仏教では」ではなく、宗派ごとに場合分けして理解しないと話が泥沼化します。

オススメ入門書
http://hg26.blogspot.jp/2011/01/blog-post_16.html

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

知識・知恵よりも智慧。

人間は腹を立てたり笑ったり暗くなったり悩んだり浮かれたりの無限ループ。
これを六道輪廻という。
この負のサイクルから抜け出す為には、自分のふらついた心をしっかり定めなければいけない。
思いから影響を受けなくなる心を得る事。これが解脱。思いにふらつかなければ自分に振り回されないからです。その為には坐禅して、自分の思いの正体が第一発生時点に於いては自然発生的なものであることを見極める。そうすると二次的な思いはからい、判断分別好き嫌い追加しないで居られるようになるから心がタフになる。
あの世とはアタマの世界のコト。
来世とは1秒後のコト。
過去世とは1秒前のコト。
描かれたあの世やら過去世・来世は後世の人間の誤った想像解釈だからウソッパチ。
極楽・涅槃とは浮かれ状態ではなく、前述の思いに不動なる心。
自分の思いに飼われてこき使われているのが人間。
自分の思いを飼い慣らせばホトケ。
仏教の成り立ち、変遷より自分が仏教のエッセンスを悟れば歴史に用がない事が分かるから言わない。思う所があれば坐禅会にお越しください。
知識を学ぶことは仏教ではありません。
おのれがおのれの思いに乱れぬことが智慧です。
知識や知恵の引き出しを開けてあれこれ詰め込むよりも、智慧・悟りの扉を開いて、何でも入るようになってみませんか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


質問者からのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。今まで仏教という一括りでしか認知していなかったので、宗派ごとで考えなくてはならないというのは真新しく思えました。
調べているだけでは恐らくそういった考えには辿り着けなかったと思うので、回答していただき大変感謝しております。
自分で知っていると思っていたことがあまりに偏ったものであると痛感致しました。
教えていただいた『ブッダの教え』も読ませていただきます。

「仏教全般」問答一覧

成仏とは

母が突然死しました。 数日前までとても元気に食事をし、健康診断も主治医から太鼓判を頂いたと喜んで報告してくれたので、しばらく信じられない気持ちでした。 きっと母自身も突然この世を去り驚いているだろうし、無念だったのではないかと気がかりでした。 母の死後、四十九日を待たずに地元で有名な霊能者の方にいろいろ視て頂きました。 信じる信じないは別として、ポッカリ空いた心を穴を埋めて欲しくて伺いました。 先生からの第一声が、母の生き方が素晴らしいとの事でした。 確かに母は誰にでも平等で優しく、穏やかな人でした。 しかし苦労が絶えず、娘の私から見ても果たして幸せな人生だったのか、そして誰にも看取られる事なく逝ってしまった最後が悲しすぎて後悔ばかりしておりました。 しかし、母は四十九日を待たずに天界へ登っているとの事でした。 すでに成仏しているとの事です。 例えて言うなら普通の方が徒歩で一歩ずつ天界へ登る所を、母はエレベーターで上がっていったようだとの事です。 今は6年前に亡くなった父よりも少し高い場所にいるとの事でした。 仏教は詳しくありませんが、人は亡くなってから四十九日間をかけて世話になった方等に挨拶周りをしてあの世への旅立つと祖母から教えてもらいました。 霊能者を疑ってるわけではありません。 それがでたらめでも心が救われたのは事実です。 そのまま胸に止めて生きていこうと思いましたが、ふとお坊様ならどうおっしゃるのだろうと気になりましたので質問させて頂きたいのです。 生前の生き方と言うのは成仏の仕方にも影響があるのでしょうか? 悪事を行えば地獄、良い行いをすれば天国。 それは子供の頃から頭の片隅に何となくありましたが、天国への上がり方にも生き方は反映するのでしょうか? 心が清らかな母だからそうなれたのでしょうか? そんな事って本当にあり得る事なのでしょうか? 母は悲しい最後で旅立ちましたが、人間、死に方ではなく生き方が全てと言う霊能者の言葉を信じても良いのでしょうか? 否定されても信じて行くつもりですが、仏様にお仕えするお立場からのご意見をお願い致します。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

こんなことをしていても大丈夫でしょうか?

もともとお線香の香りを楽しみたくて仏壇用のお線香をよくたいていました。 最近、1週間に1回お花が届く「お花の定期便」というものを始めたのですが、 そのお花と、お線香と、元々家にあるLEDろうそくを並べてみたら…三具足!?と思いました。3つ並べた状態でLEDろうそくをつけてお線香をたいてみたらなんだか仏壇に向かっているような気持ちになりました。 お線香に火をつけた後は何故か自然に手を合わせたい気持ちになるので手を合わせますが、この時の私の気持ちは何か1つを思うわけではなく、祖母や無くなった友人のことを思い出したり、大好きな仏様のことを考えたり色々です。 私の格好もお風呂上りだったりけっこうラフな格好で夜にこうしている事が多いです。 そして「この三具足のようなもの」はパソコン机の上なので、定位置に置いているわけでもありません。何か作業を始めたら隅っこに追いやってしまいますし、お線香が燃え尽きたらお花を移動させてしまうこともあります。 でも、もうすぐお盆ですし今度はお供え用のお菓子も置いてみようかな?と思い、お菓子を買ってきてしまったりもしています。 いつまでこれをやってみたいと思うのか自分でもわかりませんが、 今みたいな事をしていても大丈夫なのでしょうか?疑問に思い質問させて頂きました、よろしくお願いします。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る