hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

劣等感を持ったまま、幸せになれる?

回答数回答 4
有り難し有り難し 73

幼い頃から、何かあるたびに「そんなんじゃ、変われないよ」と言われて育ちました。
内向的で、誰から見ても大人しく、あまり喋らない子でした。
元気に明るく振る舞うよう努めてきましたが…本当に明るくて穏やかな人を前にすると、萎縮してしまいます。
私は偽物だから、本物には敵わない。
ぼんやりした劣等感を持ったまま大人になり、その劣等感が、いつからか自分の一部になってしまったようです。

そもそも、どこをどう変えるべきだったのか、今になっても分からずにいます。
ただ、今の自分では駄目なのだと思わされる出来事があまりにも多かったからか、自然とその言葉を受け入れていました。

以前にも相談させていただいた、男性からの心ない態度について…最近思うのは、あの人たちは本当は見る目のある人なのではないかということです。
私が中身のない人間であると見抜き、関わりを拒んだのであれば、凄いことです。
改めるべきは、彼らではなく私なのかもしれません。

hasunohaに出会う随分前、堪らなく苦しくなったときの相談相手が占い師でした。
占いを完全に信じきっていたわけではありませんでした(当たればいいのに…と思った部分はいくつかありましたが)。
「出掛けなければ、出会いはないよ」と言われ、その言葉が今でも頭に残っています。

外に出ることで、なにかが変わるかもしれない。そう思って、外出の機会を増やしました。
しかし、外には楽しそうなグループや幸せそうなカップル。同年代の子供連れの夫婦。
また、劣等感です。
肩身の狭い、ただのお出掛けで終わってしまう事が殆どです。
家に籠っていれば良かった!と後悔したことはもう、数えきれません。

劣等感は、いつか消えて無くなるものなのですか?

2018年9月17日 9:12

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

累 かさね

土屋太鳳さん主演で、ただいま映画上映中の映画「累 かさね」も劣等感がテーマですね。劣等感は容姿も性格も脱却することができます。
ちちんぶいぶい♪とおまじないを唱えて、ってそれ秩父のCM。

( ゚Д゚)あーははは!変な顔!
顔をバカにされて育った主人公の丹下タン子。
鏡を見る度に負の思考が。
「(メ ゚Д゚)こんな…、こんな顔じゃなかったら…!」
鏡を見る度に嫌な気持ちがわく。
割ってしまえ!ガチャン!!
「そうよ、見なければいいのよ!」
鏡を割るタン子。
そこにあらわれる第二の自分。
オーホホホ!
( ゚Д゚)鏡割ったってあんたのその顔は変わらないのよ!👠
アンタは私からは逃げられない。この醜い顔からはね…!
( ゚Д。)せいぜいプリクラで凸ることね!HA‐HA‐HA!!
くっ…誰があんな勝手に目がデカくなる元顔全否定マシンなんかに!
どうすればいいの?そうだ!
相談しよう、あの無料サイト、無課金で坊主が答えてくれるあのサイトよ♡
するとある坊主がこう助言。
「あなたは今、足の裏を意識してましたか?」
「え?」
「足の裏、見てください。あなたを誰かが見ています。」
すると、そこには…!あなたを見つめる第三の目!
魚の目が!キャー!
「あなた今、足の裏をみていた時に、顔がブサイクだとかデブだとか寺の借金があるとか性格がどうだとか、高1の時にフラれたとか、意識していましたか?」
( ゚Д゚)「…?」
( ˘ω˘)「取り上げていなかったでしょう。みんな一念なのです。」
「一念?」
「その事を問題にした時の思いだけが問題なのです。あなたを苦しめる劣等感とは、こころ。思い方。負の一念をそこで毎回新たに起こしているのです。全部、自分が自分をいじめているのですよ。」
「そんなことはないわ!今だって苦しんでるのよ!」
「じゃ❝そんなことはないわ!今だって苦しんでるのよ❞って言ったのは誰ですか?いつですか?
「…あたし…だ。」
「そうです。あなた。で、も少し。いつそれを思いましたか。」
「今?」
「いいえ。さっきです。今はもう気にしてないはず。」
「あ」
「一念の意味が分かりましたか。」
「毎回私がやってるってこと?自分で」
「そうです。」
タン子は自分の劣等感の正体が見えはじめました。
「ああ、私は…それを気にする自分の思いで病んでいた?」
(*´Д`)気づいたようね…✨ 完!

2018年9月17日 12:05
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

劣等感はこの瞬間に終わります。

劣等感・・・そもそも劣等感は誰が決めたのか。ということです。
私も、中学生の頃は、背が低く、あまり頭も良くなく、運動神経も決して良いわけではなく、でも好きな子がいても、こんな自分なんて・・と思い、まさしく劣等感の塊でしたね。
そんな中、高校はいきなり総本山の山奥へ行かされ?でも、劣等感はあれでも、そんなことは考えておれないようないわゆる修行の日々でした。
やがて、高校、大学と進み、卒業して戻ってきて現実と向き合うと再び劣等感が湧き出てきました。しかし、ある時、劣等感って何と思ったら、結局は自分で勝手に他人と比較しているだけで何の価値も効果もないということでした。
劣等感を持っていた時は、ぜんぜんモテません。だって自信がないから、どうせダメだろうと思うから進まないのです。でも、それをやめたらそれなりに・・・

劣等感は、自分で作って、自分で悩んでいる、他人には、まったく関係ないことです。
香世さんのご質問で、いつ劣等感がなくなるのですか?それは、そうかと思ったこの瞬間に、劣等感から解放されます。だから大丈夫です。

2018年9月17日 10:26
{{count}}
有り難し
おきもち

日蓮宗のお寺で、名古屋市南区にあります。 ”お寺は生きている人のためにも...

自然に任せて生きる

拝読いたしました。

親御様から「そんなんじゃ変われない」そうずっと言い聞かされていれば、今の自分は間違った自分なのかなと感じます。
あなたの捉え方は正常でしょう。

でも、変わるって何なのでしょうか。
私にも分かりません。
あなたはあなたのままで、いいのではないですか?

それを間違った自分と言われ、育ったからこそ、明るく振舞っている人を正常だとみなしてしまう。
それが、変わらなければいけない自分だと。

でも、あなたは他人にはなれません。
逆に言えば、なれない自分を演じている状態が、偽物の自分です。

中身のない人間と見抜き、と思っておられるように、あなたはどこか無理をしているのではないか。
知らず知らずのうちに、自分でない自分が出ているのではないか。
そう思うのです。

外へ出たくないのに外へ出るのもそう。
傷ついて家に帰ってくるだけです。

心無い男性の言葉は、あまりにも冷酷極まりない言葉でしたが、無理をしていれば、何となく伝わってしまう場合があります。

じゃあ、自分とは何かという事になりますが、実体はありません。
ですので、実体がないのに自分を作っていれば、それは不自然になってくるのです。

お経の中に「青色青光 黄色黄光」という言葉が出てきます。
青い花は青く光っている、黄色い花は黄色く光っている、という意味です。

そんなの当たり前ですね・・・
笑ってしまいますよね。

でもあなたは、あなたの光を放っていますか?
今までの育ちで、青い花を黄色くする癖がついていませんか。

あなたが外に出るという事は、黄色い絵の具を顔に塗りたくって歩いているのと同じことですよ。

私にも劣等感はあります。
でも心の持ちようによっては、それが力にもなってくれます。
大体は辛いですが・・

しかし、辛くなっているのも、自然に生きているからこそ。
惨めだとは考えていません。

自分の事を笑ったり、否定するような事を言われた時、傷つきますが・・・
私はそうなれば、そのこと自体を否定します。

自分らしく生きているんだから、それでいい。
人の価値観を迎合ばかりしていては息が詰まる。
不退転の心でとことん生きてやろうと。

自然な自分でのんびり生きる心構えを持ってください。
恥ずかしいことでもないし、間違いでもありません。
むしろそれこそが正解です。

2018年9月17日 11:33
{{count}}
有り難し
おきもち

時宗の寺院で住職をしています。 今の時代、お寺の在り方とは、僧侶とはいっ...

独りを楽しむ!

香世さん、こんにちは。

内向性の性格で、お付き合いが苦手なのですね。
人間、いろんな人がいて人間です。全員、明るい人ばかりでは疲れます(笑)。
あなたの性格が好きな人も必ずいるのですよ。

私も劣等感の裏返しで元気にしている人間だから、よくわかります。友達たくさんいそうでいません(笑)。もともと独り好きなのです。独りも面白い。まずは、独りで生きることを楽しむことが大切ですね。趣味を持って独りを楽しんでいきましょう。すると趣味つながりで自然と友達もできます。ネットで同じ趣味仲間と話すことから始めましょう!

劣等感も性格だからなかなかなくすことはできません。だから私も劣等感に悩まされますが、自分が劣等感に悩んでいるなーと思うと、少しがんばりを止めて、楽しい趣味に没頭します。そうやって、乗り越えていますね。

友達がいなくて話あいてがいないのであれば、私と友達になりましょう。日頃はネットで、そしてたま電話で楽しいトークもしましょう。せっかくハスノハに来たのですから。占い師よりも良いと思いますよ(笑)。

自分はネガティブ人間なんだと、自分を肯定してから、自分の楽しさを見つけること。人生はたくさん楽しいことがあるのです。自分で好きなものを見つけて楽しめていきましょう。

応援します。がんばって!ご連絡待ってますよ(笑)。

合掌

2018年9月17日 9:39
{{count}}
有り難し
おきもち

★僧伽(お友達)になりましょう。一緒に仏教を楽しみましょう★ Email...

質問者からのお礼

染川智勇様

お言葉をありがとうございます。
早くにお返事をいただいたにも関わらず、お礼が遅くなってしまい申し訳ございません。
私の性格が好きな人なんているでしょうか…。ネガティブな時は本当に鬱々としてしまって、しかも几帳面過ぎるのか、本当に細かくて面倒くさいのですよ。自覚があります。
染川様も、一人で過ごすのがお好きなのですね。確かに趣味があれば、一人でいても寂しくないのかもしれません…。
また、機会があればぜひ、お話しさせてください。

海老原学善様

お言葉をいただき、ありがとうございます。
お礼が遅くなってしまい、申し訳ございません。
親から言われた言葉というのは、いつまでも頭に残り続けるものですね。
周りが黄色なら、無理してでも、黄色になりたいし…黄色になれない私は、きっとどこかがおかしい。確かにそんな考えを今でも持ち続けて、失敗して、辛くなって…今、何とも言えない緑色状態です。もう、青色にも戻れないかもしれません。
自然のままにのんびり生きることは、中々難しいです。本当にこのままで大丈夫なの?と、どうしても不安に思っていまいます。

鈴木海祥様

お言葉をいただき、ありがとうございます。
お礼が遅くなってしまい、申し訳ございません。
人と比べる気持ちなんて、どう考えても邪魔なだけですよね。
その人本人になにか言われたわけでもないのに、自分で勝手に劣っていると感じてしまうなんて、よく考えればおかしいです。
自分の心ひとつなのは薄々感じていても、気が付いたら常に誰かと比べているなんて、もう生活の一部のようです。
劣等感がすっと消えてなくなる瞬間は、どんなものでしょうか…。
大丈夫、と言う言葉を何度も読み返してしまいました。

丹下覚元様

お言葉をいただき、ありがとうございます。
お礼が遅くなってしまい、申し訳ございません。
hasunohaのお坊様は、文章を打つのがとても早いのですね!
累は、原作を少しだけ読んだことがあり…映画の方は見に行こうと思いながら、中々行けずにおります。
醜いと言われ悩む人がいれば、綺麗な自分を嫌う人もいる。結局はないものねだりなのですかね…。思い悩む自分の心に病んでしまっている、なんてその通りですね。
私も、もしかしたら、そうなのかもしれません。

「コンプレックス・劣等感との向き合い方」問答一覧

容姿のコンプレックスと治療の悩み

私は元々の歯並びが良くなく、見た目も機能的に良くないということで幼少期に歯科の矯正治療を受けて歯並びを直したのですが、最近また、噛み合わせが悪くなってしまいました。 しかも矯正治療を行っていた歯科医が廃院してしまい、相談できる方が身近にいない状態です。 命に関わるような病状ではないのですが、口がうまく閉められないことで乾燥したり顎や肩が痛んだり等の身体的な症状と口が閉められず見た目が悪い等という悩みから精神状態も崩れてきてしまい、とてもつらいです。 歯科の矯正はとてもお金と時間のかかる治療で一度目で治せなかったことで落胆しています。 インターネットで調べても個々の歯科によって治療方針が異なりどこを選んだら良いのかわかりません…。 普段健診でお世話になっている歯科医に相談しましたが、その歯科医では矯正治療を行っておらず、一から矯正歯科を探さなければならない状態です。(交流はないけどその歯科医と同期という歯科医の名前は教えていただけましたが…。) 今の状態が辛すぎて本当にもう死んでしまいたい気持ちになる位落ち込んでいます…。鏡を見るのが辛いです…。 以上も踏まえて質問事項を纏めますと ・以前歯並びを治療し、一度は良くなったが、再び歯並びが悪化してしまい、健康面と精神面両方に痛みと落ち込み等の症状が出て歯科医に罹って改善したい。 ・だが、治療期間が長く、歯を動かすことになるので身体的な負担が大きい。また、料金も高い。治療に入る前に歯科医自体の腕を見極められるかで迷いがあり、毎日悶々と悩んでしまう。 ・歯科医にきちんと治して貰えないのではないか。また高いお金を払っても治療が失敗するのではないかと考えてしまい、自分で歯科医を探していかなければならないのに精神状態が不安定で自分の判断に自信がもてない。 ・泣き言を言わず、冷静な状態で自分に取って適切な医療を選択し、今後の治療に繋げられるようにしたい。しかし、過去の失敗経験と現在の状態からどうしても不安になり、落ち込んでしまう。そのような状態にある自分の心をどのように落ち着かせたら良いのか。 です。 長文を読んでいただきありがとうございました。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

劣等感の問題

はじめて相談させていただきます。 20代後半の頃から、私はどうしても結婚したくて仕方ありませんでした。 最近、何故そこまでこだわるのか、自分でもよく分からなくなり、色々調べ考えてみたところ、どうやら根本に劣等感をもっていることが原因ではなかろうか、というところにたどり着きました。 私は仕事では「使えるやつ」と認定されたくて、頼まれたことはなんでもひきうけてしまいます。小さな雑用なら気づけば頼まれる前にやってしまいます。 どんな人にもそういう対応をしているので、いつの間にか「都合のいい人」となってしまい、顔見知りはいるけれども友達はいない状況になりました。 そして先日、彼氏に「君って可哀想」とLINEで言われました。 理由は、特に打ち込む趣味もなく、彼氏以外に話し(LINE)相手がおらず、いつまでも下っ端で、いつも孤独と戦っているから、だそうです。 今は好きだけど、もし、いつか好きじゃなくなっても、可哀想すぎて別れられないと思う、とも言われました。 しかも、その唯一話し相手の彼氏とは相性が悪く、しょっちゅう意思疎通でトラブルになります。 でも、他に頼れる人がいないし、相性が悪いだけで悪い人ではないので、なんとか付き合っている状況です。 劣等感が強いあまりに、1人では不安で、誰かに依存しやすいのも問題です(過去を振り返るとダメンズウォーカー、ダメンズメーカー)。 結婚への執着心は、劣等感が原因だと気づいてからは少し薄れてきましたが、それでも独身?と聞かれると傷ついてしまいます(未婚を選んでいる訳では無いので)。 調べたところ、劣等感をやっつけるには、努力して克服するしかないらしいのですが、劣等感が全体的(未婚、非正規雇用、友達いない、無趣味、ルックス等…)すぎてなにからどう手をつけて良いのか? 相談が漠然としすぎていてすみません。どうかよろしくお願いします。

有り難し有り難し 35
回答数回答 2

劣等感をなくしたい

私、母、祖父の三人家族です。 家族に嫌われてると思ってます。邪魔だと思われてるとも。 第一の理由として、祖父によく怒られるからです。「だから、お前はダメなんだ」とよく言われます。 ですが、いとこのことはよく褒めます。「凄い」「流石だ」と何度も言います。でも、私の話が出るとすぐにネガティブな発言をしてきます。「言うことをきかない」やら「ダメなんだ」と言います。 第二の理由として、母に話を聞いてもらえないからです。 一応、聞いてはくれるのですが「ふーん」や「そうなんだ」が多くて話が続きません。 母は統合失調症のため、よく寝ています。でも、それでは老後に足腰が弱ったりして大変だろうと思い、「一緒に買い物行かない?」と誘ったり、私が写真を撮るのが好きなため「被写体してくれないかな?」と言ったりするのですが「外に出たくない」と断られたり、「次の土曜にね」と約束をしたりするのですが、結局そのときにはなしになってしまいます。 ついさっき、母と揉めてしまい「邪魔だと思ってるんでしょ」「二人して私のこと嫌ってるんだ」と泣きわめいてしまいました。 母は「そんなこと思ってない」と言いましたが、私がずっと泣いていると自分の部屋に帰っていきました。やっぱり嫌われてるんだと思いました。再確認しました。本当にいらないんだとようやく分かりました。 質問なのですが、どうしたら残り一年ほどこの劣等感を意識せずにこの家にいることが出来るでしょうか。 私は今、専門学生で来年には卒業します。 卒業すると共にこの家から出ていこうと思っています。 でも、いつまでも劣等感がつきまとうと思うのです。今だって、こうして「私は愛されない人間なんだ」「必要のないものなんだ」「邪魔なんだ」と思ってます。 友人から家族との楽しそうな話を聞くたびに「どうして私は普通になれなかったのだろう」「羨ましい」と感じてしまうと思うのです。今だってそうなのだから。 どうしたら私はこの劣等感から解放されるのでしょうか。そもそもで私の思い込みなのでしょうか。私がおかしいのでしょうか。でも、絶対に嫌われてると思うんです。疎まれてると思うんです。邪魔だと思われてると思うんです。 前置きがとても長くなってしまいました。そして、支離滅裂な文章ですみません。よかったら答えてもらえると嬉しいです。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

劣等感が苦しくて死にたい

僕は劣等感の塊です。 僕は、ちょっといい高校からちょっと良い大学(だいたいマーチと同じくらいだと思ってください)に入る予定です。あと、彼女います。 確かに僕のことを恵まれていると言う人もいるでしょう。ですが、僕は本当はもっと良い大学に行きたかったのです。旧帝大と言われる大学と僕が行く予定の大学との間に厚い壁を感じて、自分のダメさに失望します。勉強を怠けてきた自分が悪いのですが。 浪人はしたくないですが、その大学に行くのもあまり乗り気ではありません。わがままですみません。 自分より勉強できない人は心の中で見下しています。こうでもしないとやってられません。 自分の夢は、親のコネがあれば学歴なくてもオッケー、他の人はみんなエリートばかりな、ある業界に入ることです。僕はわがままなので、この夢が実現しなかったら自殺しようかと思っています。あるいは彼女と別れたら多分自殺したくなると思います。 自殺したら全て無になれる気がして、楽になれる気がして、痛みさえなければ自殺っていいかもとすら思います。うーん、どちらかといえば死にたいというより生きたくないんですかね。 こんな人間に向いていないクズがどうすれば劣等感を克服し、前向きに幸せを感じて生きることができるのでしょうか?それとももう無理でしょうか?小さなことに幸せを感じることができる人が羨ましいです。 散文的で申し訳ありませんでした。最後までお読みいただきありがとうございました。よろしければアドバイスをいただきたいです。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

コンプレックスとは…

容姿へのコンプレックスと、女らしさ、について。 私には、女らしさがないのかもしれません。容姿に対するコンプレックスがひどく、20代は特に気にしすぎていて人前に出ることが怖かった時代でした…。 それもあって克服しようとわざわざ苦手な接客を担当していましたが、やはり顔のことについて何か言われるのではないかという恐怖や、不快に思われないか、そればかりでした…。 容姿が悪く自信がなさすぎるので、それ以外で何かせめてと思い、肌ケアや体型には随分前から気を遣い、お陰で肌が綺麗とお世辞でも褒められるようになりました。 でも、何か違うような気がするのです…。もともとの容姿は悪いのですから、いくら努力したって、私は普通にすらなれないのです…。 それでもいいと、最近では半ば諦めながらヨガや運動を心がけているんですが、なんだか悔しいなと思ってしまいます。 容姿の悪さは小さい頃からよく言われていました。それがトラウマで、恋愛もうまく出来ず、気づけばこの歳になってしまいました…。恋愛は、とてもじゃないけど、私みたいな容姿の人間が恋愛というのはおこがましいとすら思ってしまいます…。 そこに逃げているというのも自覚しています。でも、怖いのです…。女らしさもないだろうし、だから魅力もない。どんなに体型維持や肌ケアしたって魅力がなけりゃ意味がないんです。 きっと私を女として見てくれる人なんていないだろうとも思っています。私はそれほど醜い容姿なんだとも思っています。 だから最近また接客の仕事が怖くなっています…。私は、自分の容姿を捉える目の前の人の「目」が怖いのです。 気持ち悪いと思われていたら、と考えてしまいます…。 今は、その仕事を通してお客様から少しでも声かけて頂けるのが嬉しい…それだけです。日本とは違うのでリアクションもオーバーですし、よりポジティブなテンションです。たまに日本語をわざわざ使う方もいて、その時はかなり嬉しいです。 でも男性のお客様が来られると、怖いです…。コンプレックスの発動です(^^;)きっとこれは一生治らないんじゃないかと思えてきます。 頑張っても消えないコンプレックス…。これからどうやって向き合うべきなのか…恋愛を克服できるのか不安です…。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

世間体を異常に気にし、『普通』ではない自分がコンプレックス

初めまして、拙く読みにくい文章でしょうが、ご回答頂けるとありがたいです。 私は昔から、人からどう思われているかばかり気にしてしまい、常に挙動不審で卑屈です。 何故なら人と比べて自分がかなり劣っていること、世間一般の普通からズレた人間であることが強いコンプレックスとなっており、普通はこうでなければいけないという強迫観念に常に捕らわれているからです。 私は、恋人ができたら、結婚したら、子供ができたら、しあわせになれるものだと漠然と思い込んでしまっており、現在アラサーで恋人の一人もいたことがない自分がとてもコンプレックスに感じています。 恋人が居る方や既婚の方が、酷く羨ましく思います。少なくとも異性と恋愛出来る程度には人間能力が出来ている、普通の人間だからです。でもそれに比べて私は… 私は異性に好意を向けられると途端にウッと嫌悪感が走り、胸の奥にグッと鉛が詰まったような重く憂鬱な気分となってしまいます。 男性に慣れていないからだ、いつか自分がずっと一緒に居たいと思える方に会えるだろう、と思い、婚カツパーティー等も数回してみましたが、結果は全て同じでした。 どんなに素敵な方でも、一緒に居るのは酷く憂鬱で、辛く、大変失礼ですが気持ち悪いとさえ思ってしまいます。 今時小中学生でもしている恋愛すら私は出来ない欠陥人間のか、普通の人が普通に出来ることがどうして出来ないのか、私は将来恋人もつくれないまま一生独り身なのか、だとしたらそんな女を周りからはどう見られるだろうかと悪い方にばかり思い込んでしまいます。 わかってるんです、結婚が幸せとは限らないというのも、結婚しない生き方をしている魅力的な女性がいるというのも、世間一般の『普通』なんてないのも。ひとそれぞれ個性がありますから。 それは百も承知ですが、こうであるべきだ!こうでなくてはいけない!これが世間一般の普通だ!そんな普通のことも出来ない私は欠陥人間なんだ!と思い込む癖があり、この呪縛から逃れられません。 そんな事を考えてしまう私はとても醜く、嫌な人間です。 どうすればこの思考回路から解かれるでしょうか。毎日、苦しく、悲しいです

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

劣等感の塊自分がもう嫌なんですが

私は写真部に所属している高校生です。もともとは高校入学を機に写真を始め、同学年の1年生も皆高校から始めた仲間です。私は他の仲間より先生に褒められることも多く、自信過剰な私は同学年の中でも私が1番上手いのかなと思っていました。 しかし、ある大会では私以外の1年生が入賞して全国行きを決め、先日あったある大会でも結果私は入賞せず他の1年生が入賞しました。 1年だけではなく先輩も入賞しますが先輩が入賞しても流石だなと思うのですが、同学年が入賞すると、とてつもない劣等感を感じてしまいます。 例えば水泳だったらいかに早く泳げるかが上手い下手の基準になると思いますが、写真の上手い下手って曖昧な部分で普段全くやる気がない人でも偶然良いものを撮れば入賞してしまうこともあるくらいです。 なので私の方が頑張ってるのになとか、なんで私の写真じゃないんだろうとか考えてしまいます。自信がある写真を大会に出し、私のは落選し他の1年生の人の写真が入賞したら落ち込みますし「めちゃくちゃ凄いじゃん!」って口では言いながらも心の中では劣等感しか感じてません。頑張っているものだからこそ、負けた時凄くやる気がなくなっちゃいます。 最近、自分には才能ないのかなと思ってきてて部活を辞めようかなと思っています。自分が出来ないことから逃げ出すのってダメなことだと思いますか? 3年生の先輩方が引退される時に顧問は「辞めたくなることもあっただろうけど、辞めずに今までやり通してきたその力は社会に出ても大きな強みになる」と言っていたので、ここで辞めたらどうなんだろうかとも思います。 入賞することが全てではないですが、顧問はよく私に「全国大会行こうな」と言ってくれます。そういうのものしかかってプレッシャーになりますし、顧問の期待に応えられないのも嫌になります。 もうどうしたらいいのか分かりません。コミュニティ狭すぎて相談できる相手も居ないので、どなたか答えていただけたら嬉しいです。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

脳にできもの、死、青春コンプレックス

脳にできものが見つかってしばらく経ちますが、陰性で動きはないそうなのです。 しかしいつ動くのかわからないし、場所が場所なので動いたら最悪障害が出るんじゃないかと思っています。 とても怖いです。 長生きしたくないので死ぬのはいいんですけども、今年で23にもなって女性との付き合いが一度もありません。 そもそも見向きもされないと思います。職歴学歴なにもかもないからです。 生まれて病気で死ぬだけなら何のために生まれたんですかね?俺の前世はごく悪人ですか。 歳をとるたびに求められる事が多くなっていく。なら、純粋に付き合える中学、高校の時に必死で作っておけばよかったと 4年ずっと言っています。疲れました。どうせ不可能だからです。 16と19はokで 17と20はng ですからね、あハハハハ 体と心は一緒に成長しないといけないのに、俺は未だに心は中学生です、彼女欲しいなーと思いつづけて 体だけが大人、心は変わってません。 ハハハハ病気になって生きたい気持ちが出た後に 「でもお前恋愛してる中高生以下だろ」 という言葉が頭の中に浮かぶので結局死にたくなります。 もしかして一生青春コンプレックスで苦しむので俺をころしてくれる病気を何かからプレゼントされたんですかね?

有り難し有り難し 26
回答数回答 1

青春コンプレックス

青春コンプレックスというものを抱えています、お陰で毎日が憂鬱です。 私の中学高校時代に原因があると思います。 中学時代  私は出来の悪い生徒でした、数学の時間はいつも怒鳴られ立たされていました、そんなこともあり 体育の時間のペア決め、修学旅行に行く前のグループ決めに私は誰からも必要とされていませんでした。 自分から声をかけても、大体もう組む相手が見つかっている場合が多かった。 「こいつと組むと自分まで馬鹿に見えるから離れよう」 という思いが周りにあったのです。  高校 中学のころ気がつかなかったのですが、自分は努力出来ない人間なのだと気づいた時期、相変わらず馬鹿で成績は最低でした、 クラスメイトから避けられる出来事があり、しばらく経つと陰口が聞こえてきて 怖くなり、勢いで学校を辞めてしまいました。 定時制に編入するも、クラスに男子は少なく、少ない男子同士嫌々付き合っている所もあって あまり深い付き合いはしませんでした。 修学旅行も行っていません、馬鹿にされながらも卒業。 そして現在に繋がる訳ですが20越えた時に十代の価値に気づいたのです、十代のころは十代にしか出来ない経験があり、 努力するべき時期であり、人生の絶頂期なのだと!!しかしもう遅いんです。 自分は大切な時期を無駄にしたという現実を知ったとき何とも言えない喪失感のような気持ちになり、町行く高校生を 見る度に涙があふれて来るようになりました、思えば異性の友達や彼女すら作らなかった、若いうちにしか、十代の内にしか十代と付き合えないのに!!!!!!! 勉強も逃げて学力、学歴はありませんしただ性格の悪い大人になってしまった! 青春への憧れが強すぎてとしを取るほど辛くなる、しかも青春コンプレックスは一生治らないんです、自殺も考えているほど 歪んでしまった。 十代同士で付き合うのは合法ですが、二十代と十代では世間の目は一気に変わりますし、そこに十代という時期の神秘性を感じてしまう。 仕事もわけ合って退職、もう社会のレールから外れて青春もないし学歴ないしなにもかもない、今後生きるか値を見いだせていません。 楽しいことがあってもすべてにおいて十代の経験が至高と考えていますから 十代>二十代以降の経験 となってしまうのです。人間若いうちがすべて、これは真理なので否定できません。 自分が嫌いで仕方がありません。

有り難し有り難し 24
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る