お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

生きる術または自死を肯定するお言葉を頂きたい

40代男性、身内とは疎遠で友人知人は皆無の一人暮らしです。
多々の病歴及び現在も複数の病気や後遺症があり、体調は芳しくない日々。
持病が発端で不安障害を煩い、安定剤と睡眠剤も服用しています。

30代までは身体も無理が利き、仕事を掛け持ちして仕事もこなせました。
40代に入り、一気にガタが来て心身共に持たず、その後は在宅でPC等を使い、なんとか生活費を稼いで生きています。

若い頃は身内の借金を返す為に働き、その後は癌を患った母の面倒を見て、数年前までは多忙な兄夫婦の子供達の面倒を見たり、忙しく苦しくも充実した日々でした。
今となっては唯一の味方だった母は5年以上頑張り、安らかに逝きました。

精神が不調になると空気が悪くなるのか、それなりに上手くいっていた兄夫婦からも退去をお願いされ、一人暮らしとなりました。
幸か不幸か、学がない馬鹿だった為、今まで何も考えず、考える暇も無かった為、日々苦しくも、今考えれば楽しく生きてこられました。

いきなり誰の心配も何の役割も無い状況、独り気ままに過ごせと言われても、持病ゆえ出来る事は限られ、心身共に凹む日々。

ここ一年程、強い希死念慮と戦っています。
身内に迷惑をかけない様、葬儀関係をすべて先方で済ませてくれる業者と契約したし、自死の為の道具も揃えました。

色々ありましたが、身体が動き充実した時期もあり、目一杯仕事をしたり、苦楽満載も、現在の状況に至るまでに、自分なりに満足いく人生でした。

気分が凹んでる時はただ死にたい、と思うし、たまに安定している時は、十分頑張ったし、やりたい事もやるべき事も概ね済ませてもう満足、笑って逝ける、と、結局、行き着く先は自死という結論になります。

自死に関する和尚様のお答えを沢山読ませて頂きました。 私をを苦しめる私を労わり、阿弥陀様に南無阿弥陀仏を唱え、禅の真似事で、心を無にして精神を落ち着けたり...

やる事もやれる事もやり、先が見えた状況で、今なら笑って満足して逝けます。 こんな状況でも生き続けなければいけないのでしょうか? もう休んでいいのでは?

今は、励ましてくれる者も、叱咤、激励してくれる者も居ません。 会いたい人々の多くはあちらに逝ってしまいました。 彼等に会いたいです。

何かほんの欠片でも道筋を示してくれるお言葉、自死を肯定して下さるお言葉、頂けたら幸いです。

死について
有り難し 34
回答 3

質問投稿日: 2018年10月1日 10:50

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

私にはとても想像出来ない程、これまでの人生がとても辛く、しかしその中にも満足のある、充実した人生だったのですね。
そして、やる事もやり、思い残す事もない心境なのですね。
しかし、私は僧侶ですから、やっぱり死ぬことはおススメするわけにはいかないのです。
死んでもいい、それは同様に、生きてもいい、という事ではないでしょうか。
浄土宗の宗祖法然上人は、「念仏を唱えられるように生きなさい」と言われました。
毎日念仏を唱える為に生きる、という理由で生きてもいいのです。
また、こんな話もあります。
ある高齢の老僧は最後まで英単語を覚える勉強を毎晩されておられました。お弟子さんがなぜ老い先も短いのに勉強されるのか聞いたら、老僧はこう言われました。「生まれ変わった時に早く英語が身につくじゃろ。」
こちらから浄土に行かなくても、いずれは向こうからお迎えが来ます。
その時まで誰に遠慮する事なく堂々と生きていいのですよ。
南無阿弥陀仏

22日前

与えられた天寿

拝読させて頂きました。
今あなたは自分のやるべきことややろうとしたことは終わったようにお感じなさっていらっしゃるのかもしれません。
とはいえ私達がその人生の終着点を決められるものではありません。
私達それぞれの生命は様々なご縁の中で恵まれ与えられたものですし、自分が望む望まないの次元とは別に与えられた天寿があるのです。
いつの日かあなたにも私にもその天寿を全うする時は必ず訪れます。
それまでは自分自身の目の前のことに素直にお向き合いなさりいっとき一時を大切に生きてくださいね。
このようにあなたとご意見を交わすことができたのも不思議なご縁ですからね。
宜しければあなたのこれからの人生において仏教を学んでみてはいかがでしょうか?せっかくこの世に生まれ落ちて仏教に巡り会えたのですから、ゆっくりと余生を過ごすおつもりでもいいかと思いますが仏教を学んでみてはいかがでしょう。
この世にあなた自身が生きた証として、また次の次元に進む間に仏様の教えや真理を学んでみてはいかがでしょう。

もしかしたらそれがあなたがこの世に生を受けた本当の意味や目的かもしれませんからね。

あなたがこれから様々なご縁の中で正しい道を学び歩んでいかれて充実した毎日を過ごしていかれ天寿を全うなさいますようにと心から仏様にお祈りさせて頂きます。

22日前

共に仏教真理の追究を

Nanashi様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

自死を肯定することはできませんが、それよりも、共に仏教の真理を追究することをお勧め申し上げたいと存じます。

丁度、明日からの4日間、ダライ・ラマ法王様が、インド・ダラムサラにて、チャンドラキールティ大師『入中論』のご法話をなさられます。その様子がネットでライブ中継され、即時通訳にて日本語で拝聴することもできます。

http://www.dalailamajapanese.com/live

テクストである「入中論」の全訳も公開されています。

法王様は、まず、初学者でも理解ができるように必ず仏教概論についてもご法話をなさられます。是非、お時間がございましたら、拝聴を頂けましたらと存じます。

また、後には、YouTubeでも全て公開されますので、見逃してしまったとしても、どうかご安心下さいませ。過去のご法話も拝聴できるものがたくさんございますのでお勧めでございます。

http://www.dalailamajapanese.com/videos

川口英俊 合掌

21日前

質問者からの有り難し - お礼

初めての投稿でしたので、こんなに早く掲載、ご回答を頂けると思わず、御礼と返答が遅れた事、お詫び致します。
しがない長文駄文を読んで下さり、真摯なご回答を頂けた事に心から感謝致します。

三宅 聖章和尚様
優しさに満ちた御気遣いと労いの言葉に恥ずかしくも涙してしまいました。
本当に有難うございます。
以前ハスノハでのある和尚様のご回答の中で、阿弥陀仏様はいつ何時でもただただ見守り、寄り添って下さっている、という言葉に感銘を受け、小さな阿弥陀仏像を購入し、毎日見守って下さる感謝を込めて南無阿弥陀仏を唱えさせて頂いています。
体調が芳しくなく、何も出来なかった一日でも、阿弥陀様に念仏を唱えた、という事だけでもその日が無駄でない、というお言葉、大変嬉しく思います。

Kousyo Kuuyo Azuma和尚様
無知無学で未熟な自分には、まだ自分の最後は自分如きで決められるものではない、と考えられる境地に至れません。 が、仰る通り、とにかく今生きている一時一時を大切に、大事に思える様、そして少しでも体調が良い時にはより深く仏教について学んでいければ、と頑張ってみます。

川口英俊和尚様
非常に有用な情報、有難うございます。 ライブ中継が見られれば、そして可能な限り過去のユーチューブも拝聴させて頂き、僅かでもより深く仏教に触れ、学び、自分の今後の生きる気持ちが良い方向へ向かってくれれば何よりの頂き物になると思います。

皆様のご回答、本当に有難うございました。
今後、持病が悪化していく中、自身の心身、考え方、どういった結論、結果に至るのかは分かりませんし、やはりまだ後ろ向きな気持ちが簡単に方向転換してくれるとは言えませんが、もしかしたら何かの道筋が見えるかもしれない、と僅かながら希望を持ち、南無阿弥陀仏を唱え続け、自分に出来る範囲で仏教について少しでも勉強、理解していきます。
重ねて御礼申し上げます。 有難うございました。

また、今後、仏教に触れていく中で不明に思った時、やはりどうしても気持ちがどうしようもない時、投稿させて頂くかもしれませんが、どうかその時も叱咤激励、ご教示等頂けましたら大変ありがたく思います。 宜しくお願い致します。

関連する問答
このページの先頭へ