お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

お坊さん

お坊さん方は、見たり会ったりしただけで、この人は苦しんでいるかいないか分かりますか。

お坊さん
有り難し 67
回答 4

質問投稿日: 2018年10月23日 20:21

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

分かりません。

自分ですらもあやしいですが、他人の心は分からないのです。

なので、たとえ表情がさえないとか、あるいは底抜けに明るいとか、見た目の情報から得られる要素があったとしても、それをもって「わかったつもり」になってしまうことが一番危ういと思います。

分からないからこそ、まずは敬意をもって出会っていきたいものです。

2ヶ月前

なんとなくわかります

なんとなくにじみ出てるもんです。
本当に大丈夫な人は大丈夫な感じがでています。
作って明るくしている人は作っている感じが出ています。
みんな同じ四苦八苦を抱えているのですから、毎日気分だって変わるものでしょう。
だからこそ、根底から四苦八苦を解決しませんと心底決着がつきませんよ。

人間は頭で眺める生き物です。
頭の中で思考、想念、情報の嵐が吹いています。
そういう事から自由になれるのが仏教の救いです。
ぜひ、救いを求めてください。
ちゃんとした教えがあります。

あらゆる思いはみな一念にすぎない。
煩悩も苦しみもみな一念である。
覚者はその一念の本質を見抜く。
そしてその本質を明らめせしむる。
一念いずこより来たりいずこにか去らん。
一念の起こるところを覚せよ。
事実と一念はこれ別ものなり。
事実に一念は伴わず、一念はみな想念なり。
想念に姿かたち無し。
姿カタチ無きものを真実とするべからず。
真実は想念、一念を離れし処にあり。
あると言えど、とどめることあたわず。
念をもって識することあたわず。
身心に今まさにあらわれ覚知されるものに念の伴いのなきことを子細に見るべし。看るべし。

2ヶ月前

表に出さないように隠していれば、分からないと思います。

でも、
「苦」を一つも持っていない人は
いないんじゃないでしょうか。

2ヶ月前
回答僧

大慈

分かります

…とあえて言ってみます。
お金が無ければ無いなりに苦しみ、有れば有ったなりに苦しむ。それが人情というものです。みんな何かしら苦しんでいるんです。たとえ本人に自覚症状が無かったとしても。

でも、世間では「私はああいう人よりはずっと軽いのだから、苦しいなんて思ってはいけない。」そうやって自分の苦しみも他人の苦しみも圧し殺してしまいがちです。

お寺やお坊さんという存在は、どんな苦しみでもそのように圧し殺さないでいい空間であるべきだと私は考えています。
他人と比較しなくていい。他人に遠慮しなくていい。ありままの自分と向き合える場でありたいですし、皆さんにも遠慮せずどんな悩みでも投稿していただきたいと思います。

ただ、何にどう苦しんでいるかを見たり会ったりしただけで分かるわけではありませんよ。

2ヶ月前

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ