hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

現在の一瞬だけを強く生きるコツ

回答数回答 4
有り難し有り難し 70

先日はお世話になりました。すごく参考になりました。
新たな質問をさせていただきます。

仏教には、現在の一瞬を大切に生きることが大切であるというような
釈尊の教えがあります。私はとても大切なことであると思います。

でも私はどうしても、過去の失敗や過ちと未来への
不安にとらわれてしまいます。心身ともに疲れてしまいます。

今、現在をしっかりと生きようと決心しても、過去や未来へのとらわれから
自由になれず、今をおろそかにしてしまいます。

そこで、過去にも未来にも余分に精神を浪費することなく、現在の一瞬だけを強く生きるコツがございましたら、ぜひアドバイスをお願いいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

心は思考では変えられない

hibikukagayaku様

 先の回答には、ご丁寧なお返事ありがとうございました。
 今回のご質問も、たいへんよくわかります。

 私の回答は、前回の内容とまったく同じであると、先にお伝えしておきましょう。
 と申しますのも、現在の自分から自由になるには、まずその構造を知らねばなりません。
 「私」の心の中には、いつも様々な思いや感情、常識や観念が湧いては「私」を支配します。そしてそのたびに、その感情などを「自分」だと思ってしまいます。
 サンスクリット原典をつぶさに読みますと、釈尊の内的描写についてこのような表現があります。

  「私の心にこのような思いが湧いた」

 ここで気づくことは、「私≠心≠思い」であるという点です。
 すなわち、「私」の「心」を見つめ、その中に湧いてくる「思い」を、距離をとって眺める「私」がいるというのが大きなポイントです。

 その状態を識るには、「静寂」を体験しなければなりません。
 それは思考や論理で解決できるものではないからです。
 お線香の煙が、縦に真っ直ぐ立ち昇っていくように心を鎮め、ざわめきから離れる時間をお過ごしください。

 前にお伝えした、自分のセンターへと戻る「数息観」で、呼吸の中心へと帰ることを何度も繰り返すことをお勧めいたします。

 そしてできれば、その時の発見を文字にして、客観的に固定するようになさってください。自分の内に湧く思いも常に流れていくものです。そのことを言語化するには、客観的な自分をもたないとできません。言語化してそれを読み直してみるうちに、より客観的な自分が徐々に形成されて参ります。

秀海拝

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


・浄土宗僧侶(元浄土宗寺院副住職:実家大阪市浄土宗天龍院千代田別院普請中)...

今と言っても「ま」という時に「い」はない。

本当の現在=「いま」は、「い」と言っている時に「ま」はなく「ま」と言っている時に「い」は過ぎ去っています。
◎「過去は記憶にすぎない。
  未来は推測にすぎない。
  現在も言葉にすぎない。」
これは仏教的な意味でリア充するため=本物のリアルを生きる為の禅の教えです。
現在には二種あり。
一つは、現在という言葉の表現で表している頭の上で思い描いた現在。
一つは、言葉を離れた、リアルタイムで進んでいる現実のLIVE、生々しい実物の世界。
太陽という言葉にはまぶしさはなく、風という言葉に涼しさはないように言葉は現実の中身を指し示すものでしかありません。
 本当の現在は、今現在という言葉に用はなく、
 今現在という言葉を思い起こす以前から、すで目の前にある、まのあたりにしているダイレクトの現実ライブをいうのです。
現在という言葉を知らない頃は子供の様に駆けずり回って楽しんでいたはずです。
世界にはもともと現在などという言葉すらなかった。
現実に息をしている、その一点があり続けてingいるだけです。

今という瞬間を、言葉で言わんとしても、それはどこまで行っても言葉。
よって「今」なんていう言葉があるだけで、それは考えの上のコトでしかなくダイレクトの生々しいリアル、LIVE=本当の意味での今ではない。

別に過去や未来の事を思い起こしてはいけないわけではありません。
①過去や未来を思い起こすのも、現在やっていることです。
過去に関することで気になっていることがあるのだと思います。
今後は、過去の嫌な事が思い返されたのなら、明るい未来に向けて二度と同じような失敗をしない様に慎重に行うべきであると。

②未来の事があれこれ思い起こされたのであれば、そのビジョンを明確にして夢を実現するべく、具体的に建設的に行えばよいと思います。

③今と言う、言葉に用がなくなるほど、本当に連続する現在を生き切っている姿そ仏教的リア充と呼ぶべきでしょう。(^o^)

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

もっと浪費をしなさい。

 hibikukagayakuさん。良いですね。このような悩みは青春を感じます。今結構人生楽しんでいませんか?悩みは悩んでいる内が一番楽しい。今振り返ってみると私はそう思います。
 敢えて言おう、過去にとらわれないでどうして自分をよくしようと出来ますか。未来に不安を抱かず、なぜ夢が見れるのか。結論から言うと気にするな。あって当然。浪費?大いに結構。どんどん後悔し、不安を抱き、浪費をしなさい。私が本山で修行していた時、「坐禅なんて、無駄なことに時間を使いやがって。」と心無い参拝者に言われたことがありました。自分が共感したこともあります。確かにこのことは正解かもしれません。しかし、視点が広がる切っ掛けを作ったのは坐禅のお蔭だと今でも思っています。視点が広がれば、心が広くなる。(西野カナの「さよなら」を聞きながら書くと泣きそうやね。修行時代の事思いだすわ。)そうなると、キレることも無くなってきます。憤りや怒りをせずに他人を認めようとします。ねえ、どうですか。無駄や浪費、後悔に花束を贈りたくなりませんか。
 人生はあなた一人のものではありません。一人で生きているわけではありません。親、友人、先輩、恋人、色々な人と関わって生きています。その人たちと良しも悪しも関わっているのですから、いたずらに無駄や後悔、精神的な浪費なんて言葉を使うな。過ちや間違いは償わなくてはなりませんが、人のために無駄な事や精神の浪費するのは中々出来ないことです。
 だから、もっと過去や未来に目を向けてもいいと思います。過去や現在、未来にとらわれないことが一番だと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

「不一不異」の時間論

hibikukagayaku様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まず、少し難しいことなのですが、果たして過去、あるいは未来は「有る」のでしょうか、ということについて考えてみましょう。

既に過ぎ去った「過去」は、もう過ぎ去ったものですから、既に「現在」にはありません。もちろん、「過去」を思い浮かべて、あたかも「有る」ように錯覚してしまいますが、思い浮かべているのは、あくまでも「現在」の自分です。また、まだ来たらぬ「未来」は、まだ来ていませんから、「現在」には当然に有り得ません。「未来」を思い浮かべて想像して、「有る」ように錯覚してしまいますが、想像している自分は、「現在」の自分であります。また、「現在」と言っても、言った瞬間に実は「現在」で無くなってしまっています。「現在」自体も、時間が止めれない限り、基本的には「有り得ない」こととなります。

では、何が言えるのかとなると、現在における瞬間、瞬間の連続体があると捉えることができます。もちろん、「過去」、「未来」は無いわけではありません。一応は、「現在」と相対して世間一般において「有る」とは言えますが、厳密に分析すれば、「実体」としては有り得ないものになる次第でございます。

さて、ここで言えるのは、実は私たちは「現在の一瞬(一瞬の連続体)だけ」でしか本来、生きていないということなのであります。

むろん、過去がなければ、今の自分はあり得ません。更に今の自分が無ければ、未来の自分も可能性としては有り得ないことになります。過去と現在の自分は明らかに繋がっている、また、現在の自分は未来の自分とも繋がっていくものと言えるので、異なってはいないのだけれども、もちろん同じとも言えません。このことを難しいことですが、「不一不異」と言います。

ここまでつらつらと述べて参りましたが、結論的には、つまり、「現在の一瞬(一瞬の連続体)でしか生きていない」自分のありようを理解すると、自ずと、この一瞬一瞬に集中して、大事に大切に過ごしていけるようになるのではないだろうかということでございます。

もちろん、拙生もまだまだでございますが、できるだけ、過ぎ去った過去、いまだ来たらぬ未来のことにあまりとらわれずに、大切に日々を過ごして参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

秀海さま、今回も的確なアドバイスをありがとうございます。
ざわめきから離れる時間を意識的につくりたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

川口英俊さま、今回も的確なアドバイスをありがとうございます。
過去も未来も存在するかのように私は錯覚しておりました。でも、「実体」としては有り得ないものですね。難しいですけども、「現在の一瞬(一瞬の連続体)でしか生きていない」自分のありようを理解し、一瞬一瞬を大切に生きていけるように精進してまいります。

大鐵 さま、的確なアドバイスをありがとうございます。
「過去や現在、未来にとらわれないことが一番」というアドバイスをいただいて、気が楽になりました。
「現在の一瞬だけを強く生きる」ということにとらわれすぎていたのかもしれません。
「浪費?大いに結構。どんどん後悔し、不安を抱き、浪費をして・・・」というふうな気楽な気持ちでいきていこうとおもいます。

丹下覚元さま、今回も的確なアドバイスをありがとうございます
仏教的リア充・・・おもしろいですね!
現在も言葉にすぎない なるほどな思いました。小学生ぐらいまで現在とか全く考えてなかったです。Liveを一生懸命生きていました。
これからは今と言う、言葉に用がなくなるほど、本当に連続する現在を生き切るようにしたいです。

「今を生きる・自分の生き方」問答一覧

順調な人生を全て投げ出したくなる

数年間同業種でコツコツと働き続け、経験を積んできました。そして現在、良い会社に恵まれ、人間関係も業務内容も給料も何不自由なく働かせてもらっています。 優しい友人がいてくれて、家族との仲も良好で、出会う人がみんないい人で、いい人生です。本当にありがたいです。 ただ時々、今の仕事をなにもかも辞めて、もう誰も自分のことなんか知らないところに急に消えたくなる衝動に駆られます。名前も顔も変えて、日本の端っこで風俗嬢などの女性的な面で金銭を稼ぐような職業になってその日暮らしの退廃的な日々を過ごしたいという妄想をしてしまいます。 落ち着くと「いやいや、今とっても恵まれてるんだから、毎日をありがたく享受しようよ!」と思い直すんですが、どうも良いことがあったり仕事で成果を出すたびにそういった気持ちが強く浮かび上がってきます。 今も書いていて不思議なんですが、この衝動はいったいなぜ起こるのでしょうか??そして、どうしたら心から今の人生を本当に肯定できるのでしょうか。 実力主義の仕事をしており、男性や女性があまり関係のない環境で結果を出し、順調にステップアップをしてきました。男女平等の実現が叫ばれ続けるこの日本で、ものすごく恵まれていることです。 それ故、もしかして女性として見られることへの憧れを感じているんでしょうか。単純に知らない世界への興味なのでしょうか。こういった心の動きになにか名前はあるのでしょうか。 支離滅裂になってしまって申し訳ないのですが、なぜこんな気持ちになってしまうのか、ご回答いただけたらと思います。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

相談出来る人がいない。

過去の歴史を振り返っても世界は常に様々な事がある。 争いや災害などなくなる事など決して無い世界で、その時代時代で、人は悩んで、苦しんで、喜んで、楽しんで、悲しんで、嘆いて、様々な感情を抱えながら、それでも人は今を生きている。生かされている。生きていけない。生きるのをやめる。生かしてくれない。様々な状況がある。 生きる事が怖いです。 死ぬのはもっと怖いです。 大切なものを無くす不安、恐怖、悲しみを味わいたくないです。 自分は死にたい訳でもありません。 大切な人に悲しみを与えたくないから。 だけど、いつも、、、。わからないです。 他人を羨んだり、自分を自慢したりもしません。 何かを望んでいる訳でもなく、いつも自分の心は真ん中にあってほしい。 なぜなら様々な出来事に自分の感情が揺れるのが怖いから日々を精一杯生きてるだけです。 それでも年齢を重ねて感動が薄れていく気がします。 けどいつか必ず来る悲しみを味わうのはもう嫌です。 今の世の中は物が溢れているところもあれば、その日その日を食い凌ぐので精一杯のところもあります。 あればあるほどいいとは思いません。 無ければ無いでこした事はないけれど、全く無いのは虚しいです。 モノや感情も同じ事で、自分にとってちょうどいいを見つけて、探して、見失ってその繰り返しです。 豊かとは何か?頭で考え、心で感じ、身体で実感する。 人生はそれの繰り返しで、過去の思い出をふと振り返り愛され、悩み葛藤し、肩を寄せ合って生きてたあの頃が懐かしく愛おしく思います。 今が不幸せという事ではありません。 十分に幸せだと思っています。 救いの言葉を下さい。 自分はどうやって生きていけばいいでしょうか? よろしくお願いします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

"今を生きる"が分からない。

初めまして、20代学生です。 私は最近、罪悪感や不安感から自己破壊的な行動を衝動的にとる事が多々あります。 例えば、救急車で運ばれるほどお酒を飲む、やめていたはずの煙草を何度も再開する、順調にいっていたバイトを突然やめる等です。 その結果、自分で自分を苦しめ、負のループにハマってしまいます。 そんな時はいつも、自分で「これではダメだ」と思い、健全な生活に戻る努力をし始め、半年間くらいはその健全な生活が安定します。 しかし、そんな時でもふと過去の罪悪感や、不安感が苛まれ、脳内がそれで一杯になると、自分が自分でなくなるくらいに感情をコントロールできなくなり、自己破壊的な行動をとる事で自分を安心させます。 こういった悪しき習慣は、遡れば浪人時代からです。その頃の、孤独感や、罪悪感、不安感の癖が今も抜け出せないんだと思います。 だらだらと書きましたが、私が質問したい、悩んでいるのは、「なぜ自分を苦しめ続けていて、それがやめられないのか。」ということです。 こういう質問をすると、「過去に囚われるな、今を生きろ」「今、目の前のことに一生懸命に」といった回答をよく見かけますが、"今を生きる"ができない私は、なにを心がけて生きれば良いのでしょうか。 答えのない、向上もしない負のループを走り回っているだけで、なにも生まないことに気づいてはいるものの、抜け出せません。 長くなりましたが、どうか御指導御鞭撻を宜しくお願いします。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

私の不器用な性格について

私は40代独身女性です。 私の性格について長年悩んでいます。 特に仕事面で悩んでいます。 ちなみに仕事内容は大好きです。 私の性格は短所として自信家で我が強く、融通が利かない、言葉がキツイ、素直でない、相手が上司であっても構わず反対意見を言う、相手に合わせない、感情が顔に出る、といった所があるので、結果孤立しやすいです。 転職を繰り返してますが、どの職場でも同僚と親しい仲に発展しません。 仕事は覚えるのが割と早く、積極的に知識を得ようと努力するので頼れる存在にはなっているようですが、人望があまり無いように感じています。 本当は頼られると嬉しくて張り切るタイプです。 懐いてくれたり、頼ってくれる人にはかなり面倒見が良いです。 上司に対し、可愛い態度を取る(ごますりや話をあわせる)事が一切出来ず、自分が間違ってないと思ったら意見を主張する為、可愛がられません。 自分の可愛くない性格は重々承知しているのですが、自分の信念を曲げるくらいなら死んだほうがマシくらいまで思っています。 こんな私ですが、気の合う同僚とお食事に行ったりお話したりしたいのですが、 私の性格ではそれは諦めた方が良いのでしょうか。 一応、唯一の友人として高校時代の友達がいます。 今更結婚も希望してないし孤独は嫌いではないですが、私ははたしてこのままの人生良いのかと、思っています。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

一生懸命

私は真面目にコツコツと仕事に取り組んできました。周りの人はバレないように手を抜いたりうまく誤魔化していますが私は性格上できません。このような私の性格から職場で孤立し、最終的には退職ということを繰り返しいます。 真面目にやっていたら誰か見てくれているとよく言われますが本当なのでしょうか。 誰かに見て欲しくて頑張っている訳ではないのですが、どこに行っても私はやって当たり前と思われます。最後に働いた職場もキツイ、仕事の負担が私だけ大きいので改善して欲しいと上司や本社の人に訴え、あなたは必要な人だから2週間待って考えるからと言われましたが、結局放置され、私は人間として扱ってもらえなかったと思い鬱が悪化して診断書を提出して辞めました。鬱が原因で両親とも不仲です。 性格を変えるのは難しいです。私はこのような性格で働けるところはあるのでしょうか? また退職した職場でされた対応がどうしても許せず、謝罪して欲しいと訴えようと労基に相談しています。この行為はお坊さんから見たら愚かな行為でしょうか? 長々と書いて申し訳ございません。 職場で受けた対応が、私は人間として認められてなかったと感じ、今とても生きることが苦しくご相談したかったです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

人としての正しい生き方

はじめまして いつもお坊さんのような考え方。心掛けるようにしています。 そこで生物は生まれ持って平等ではないこと。広い心を持つ(客観的に見る)ようなことを学びました。 しかし時には自分勝手なことをしている人をみかけます。 人のものを傷つけたり大切なことを貶したり 自分は感謝の心が足りない人たちなのかなとか思います。 よく話すのがあまり良くないかも知れないのですが家畜の事です。 家畜は人に育てられて食べられるために殺されますよね?自分は命をいただくのでいただきますを大事にします。 しかし自分勝手な人はいただきますを心から言っているのか?そんなことを考えます。 そこでお坊さんにききたいのは正しく生きるってのはどのようなことなのか?ってことです。 自分らしく。周りの事を大事に。感謝の心。 実は簡単そうで難しいようなことを大事に大事にすることを自分は心掛けています。 しかしそれが正しいことか。よくわかりません。 悪い。正しい。これは自分がどう捉えるかで変わると思います。 たとえばまた動物の話しになるのですが狩りをして他の動物を食べた。これは食べられた側からしたら悪になります。しかし食べる側。狩りをした動物にお腹がすいた子どもがいたら?食べる側からしたら正しいことになると思います。 なので自分で悪い正しい。決めることはわかっていますがお坊さんの正しい生き方。正しいと言いますが人に敬われるような生き方。そして自分は正しいのか。 そのようなことをお坊さんに聞きたいです。 長くなってしまいましたがどうか意見を聞かせてください。お願いします。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る