hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お寺には所属するもの?

回答数回答 3
有り難し有り難し 21

所属寺を持たないといけませんか?
私の亡き祖父母、日蓮正宗。父母はノンポリ。私だけ真宗シンパだが正式に門徒かと言われると?です(築地本願寺護持会員ですが)。野良門徒です。築地または家からは遠い法話に熱心なお寺で聴聞しています。が、どのお寺に所属すべきなのかいまいち悩んでいます。近所の寺は門徒をこれ以上増やしたくないとのことですし。

2018年11月26日 1:38

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

個人の自由ではありますが…

所属してもしなくてもよいと思います。

個人的にはもちろん所属してもらえたら有難いですが、お寺によっては諸事情から「門徒をこれ以上増やしたくない」というところもあるのでしょうね…。

今の時代、仏法を求める形式は様々にあり、昔ながらの寺檀制度によらなくとも教えに触れることは可能なのでしょう。そのあたりのことは「彼岸寺」さんの下記の記事にまとまっているでしょうか…(まとまっているというほど短い記事ではありませんが)

「Post-religionとこれからの日本仏教 」
https://higan.net/hijiri/2018/05/buddhism_path/

しかし、本来どうであるかという問題ではなく、現実としてどうなのかというと、仏教が身に染みてくるご縁として「死」-「葬儀」はけして小さな問題ではないでしょう。むしろやはりここから離れられないのでは?とも感じます。

そういう意味で所属寺-葬儀をどのお寺にお願いするか―ということはやはり大きいと思います。(これも時代の流れで変わるのかもしれませんが)

そして、お寺がお寺として存在し継続するためには、所属いただいている皆様の年会費や護持会費がはたす役割は非常に大きいです。だからこそお寺はそこを聞法の道場としなければ、ますますその意義が薄まっていくばかりなのですが…。

お寺に限らず何らかの組織に所属するというのは金銭面や労働(役割)負担の面で煩わしく嫌われる傾向にあるとは思いますが、その煩わしさを引き受けていただいている誰かの手でその場所が継続されていることには目を向けるべきでしょう。

それぞれができる範囲で負担し合えるバランスが求められますね。

2018年11月26日 11:43
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

「所属寺を持たないといけませんか? 」
←はて、何がどういけないのでしょうか?
「現世で覚りに至れない」という意味でしたら、やはり禅宗などのお坊さんに弟子入りして修行しないといけないと思います。浄土宗や浄土真宗では覚りに至るのはこの世での命が終わった後のことですからね。
「成仏できない」という意味でしたら、自ら信じる仏道に専念すればどの道であってもいつかは辿り着くと法華経に説かれていますから安心してください。
また、法然上人は言われました。阿弥陀仏のお力で、念仏するだけで誰でも浄土に往生し覚りに至ることができると。
「仏様に怒られる?」という意味でしたら、そのようなことはありませんから安心してください。
何事も縁ですから、所属しようと思うお寺があれば所属したら良いし、無ければ無理に所属しなくてもいいでしょう。
所属するかどうかで往生が決まるのでは無く、(浄土宗としては)念仏を唱えるかどうかで往生が決まる、というのが法然上人の教えですからね。
南無阿弥陀仏

2018年11月26日 13:37
{{count}}
有り難し
おきもち

私は浄土宗の坊さんをしています。 なかなか良い回答はできませんが、少しで...

檀家はお寺の株主みたいなもの

お寺はたいていが宗教法人なので、組織の重要な決定事項(役員の変更など)は、檀家総会で議決する必要があります。
また、お寺の不動産など財産処分のときは、檀家などに公告する必要もあります。
檀家になる場合は、そのような役割を担う面もあります。
多くの檀家は、お寺の墓地や納骨堂を使用するなど、物理的な関係者となっています。
檀家は、お寺の株主みたいなものです。(利益の配当はありませんが、ご利益はあります。)
そのような檀家になるのでなければ、特段「お寺に所属」を意識しなくても良いと思います。

2018年11月26日 12:56
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

先生方、ご回答有り難うございました。これはやはり縁、ですね。聴聞させて頂いていたお寺の門徒となることになりました。

「お寺全般」問答一覧

お寺を継ぐべきか

初めまして。 わたくしは福岡県内にある、臨済宗のお寺の息子でございます。 私は、京都の大学を中退後、2年間地元で働きました。 京都では、本山内にある禅塾で生活を送り大学に通っておりました。 そこから、2年間働き その後 修行道場へ掛塔しました。 ですが、修行はやはりとてもつらくこの世のものとは思えないくらいでした。 そこから3か月目のことです。 ある日足が動かなくなり、病院へ行きました。 両足を疲労骨折しておりました。 それが一度目の逃げ(失敗)でした。 そしてその後、道場へ戻ったのですが。 何か月か外に出ていたら 周りの雲水との関係に亀裂が入っており それに耐えきれず 逃げ出してしまいました。 それが二度目の逃げ(失敗)です。 そしてその翌年の春 違う修行道場へ掛塔しました。 庭詰めが終わり旦過詰の途中で いきなりとんでもない恐怖心に襲われ 気が付けば倒れておりました。 そしてそのまま、気が付けば実家のお寺にいました。  三度目の失敗です。 そして今、パソコンに向かってこの相談を記入している状態です。 私は、昔から父親(師匠)毎晩毎晩 「お前は早く修行に行ってこの寺をついでもらわんといかん」と 口うるさく言われて育ってきました。 私は当時お坊さんには絶対になりたくないと思ってました。 大学も京都の花園大学(仏教の大学)へ行けといわれっておりましたが、京都の仏教大学ではない普通の大学へ進学 そこで、一人暮らしできるかと思いきや 京都のあるお寺にある学生寮に強制的に入れられました。 そこで、朝5時に起き朝課を行い掃除をして大学へ行き 17時(門限)までに帰宅し、掃除を行いというような 小僧のような生活を送りました。 その生活を2年間送り、嫌気がさし大学自体、独断で中退し 無理やり実家へ帰えりそこで、2年間仕事をしながら お寺のことを手伝いをしながら生活を送っておりました。 その後、修行へ行ったのですが3回も失敗し このような状態です。 正直、私はお坊さんに今はなりたいと考えています。 ですが、今はなりたくありません。 ほんとに今どうしていいか全くわかりません。 お寺のこと、家族のこと、自分のこと 何がしたいかもどうすればいいのかも わかりません。 ほんとに文章能力が全くなく申し訳ございません。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

卒論でお寺の経営を調べています

私は経営学部の3年生で現在、お寺の経営に関する卒論に取り組んでいます。ですが研究に煮詰まってしまいました。 本来なら地元のお寺様に取材をすべきなのですが、残念ながら未だ出来ておりません。なので藁にもすがる思いでここに質問させて頂きます。 なぜ、お寺の経営について調べようと思ったのかと言うと第一に私がお寺が好きだから、第二に宗教というベールに包まれ実情があまり知られない経営に興味があったからです。 調べていくうちにお寺には観光寺、信者寺と檀家寺があることを知りました。 ・観光寺のお坊さまで経営に気を付けることはなんでしょうか?観光寺のメリット、デメリットなど。また以前までは檀家寺だったという場合の方は観光寺にしたことによる変化など教えてください。 ・檀家寺のお坊さまで経営に気を付けていることはなんでしょうか?檀家寺のメリット、デメリットなど。また依然観光寺だった、もしくは今後、観光寺に変えようと思っているなどありますか? ・今後、お寺の経営を調べる際に気を付けたほうがいいこと、おすすめの書籍、論文などがありましたら教えてください。 なお、研究と関係ない個人情報などについては明かさず十分な配慮をします。 お忙しい中、不躾な質問になりますが、どうかお答えいただければ幸いです。

有り難し有り難し 76
回答数回答 4

お寺で警察の関係者さんからお尋ねを受けてしまいました…

 いつもお世話になっております。  私の祈願寺は、毎月の御縁日に地元の警察署と、 その署に属している民間の関係団体が境内で交通安全の キャンペーンを実施しています。  その日、屋外のお堂の法楽が始まるのをそのお堂付近で 待機していました。すると、一番お年を召した団体職員さんが 私に近づいてきて、 「どうしたの、何か僕たちに直接ご用があるのかな」 と声をかけられてしまいました。  「いいえ、間も無くこちらで法楽が始まるので、それを 待っているだけです」とお答えしたら、 「あぁ!お経を待ってるのね」 と言って配布していた反射材を下さいました。  心当たりとしては、  お堂に手を合わせた後に 警察の方がいらっしゃる方にも軽く合掌礼拝したり、 すれ違うときに「ご苦労様です!」などとご挨拶している。    それにより交番襲撃事件、また過激派等への懸念から 「過度な接触でカモフラージュし、襲撃の機会を狙っている のでは」と警戒された。  私としては、日々頑張ってくださっているので感謝と御回向 のつもりだったんですが…  また、その時の私の服装と持ち物は、 スーツに輪袈裟、お数珠です。 「この若さでこの熱の入り様、危険な宗教団体の構成員か、 偽行者の客引きでは?」と疑われた。   実際このような格好でお参りをしていて、 他の参拝客の方からも珍しげに見られたり、異常なまでに 怯えられ、警戒されたこともあります。  その時は「怪しいですか」と聞ける雰囲気ではなかったので、 いま少しモヤモヤしています。  ご意見賜われたら幸甚です。

有り難し有り難し 13
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る