hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

供養の功徳は来世に現れてきますか?

回答数回答 3
有り難し有り難し 62

いつも お世話になります。 私は実は結構病弱体質なので たぶん そう長生きできないと思います。 そこで 気になったのですが 私は神社やお寺を巡って写経をしたり先祖供養をしたりするんですが その功徳って来世に持って行って使うことはできますか? 写経と供養を行えば功徳になると聞いたので少し気になって聞いてみました。
できれば来世はもうちょい勝ちたいです。

2019年3月24日 20:34

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

ポイントではないので…

功徳をポイントカードのポイントのようにとらえ、ポイントの用途を世俗的な価値観における善果ととらえてしまうとそのように思ってしまうかもしれませんね。

供養についてずっとご質問なさっていますが、一向にご自身の考えから離れておられないように感じます。

厳しいことを申し上げれば、自分の思いの中でいくら供養や仏道修行に励もうとしてもそれが自分の思いの範囲内のものであるならば迷いの輪廻を出られません。

きちんとした仏教書を読んだり、お寺に足を運んで教えを求めたり、hasunohaの回答を読み直すことをオススメします。

せっかく仏道に興味をもっていただき、実践にも取り組んでいただいているのですから、きちんと理解し、きちんと励んでみませんか?

2019年3月24日 21:30
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

供養の功徳は現世に現れます。

来世も人間として生まれることを
想定しているのでしょうが
人間死んだらお浄土で成仏するだけです。
功徳を積んでも積まなくても関係なく
阿弥陀如来が全てお救いくださいます。

現世での功徳は
それを積んでいる間の気持ち良さで
充分功徳になっていますよ。

2019年3月24日 21:55
{{count}}
有り難し
おきもち

和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

功徳は未来に影響します

功徳とは、善いことをすればするほど心に善い癖がつき、悟りやすくなるということだと思います。
功徳は無駄なはなりますん。
供養とは、他者に食べ物等をサービス・おもてなしする布施行です。
供養・布施の功徳は心に善い癖がつくので、現世でも来世でも、悩み苦しみにくい性格、悟りやすい性質になるはずです。
ただし、私達は悪い行いもやっており、罪業(心に悪い癖)も積んでいます。
ですから単純には計算できません。
たとえば、神社に鯛をお供えするとしたら、食べ物を供養する功徳と、鯛を殺す罪業の両方が生じるのです。
写経は、仏教の知識を学べて信仰を養えるし、集中力の訓練にもなるので功徳(悟りやしくなる)があります。
しかし、写経の見返りを期待して欲・怒り・怠け・プライドなどの煩悩を燃え上がらせたら、反対に罪業になる可能性もあります。
その効果がすぐ次の来世で現れるか、何回か先の世で現れるかも、単純には測れません。
でも、功徳は無駄にはならないと思います。
どんどん善い行いをしましょう。

2019年3月24日 22:59
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

吉武和尚 回答ありがとうございます

和田 和尚 回答ありがとうございます

願誉和尚 回答ありがとうございます

「供養全般」問答一覧

初盆の前にトラブル

父の逝去に際には、お坊様方に大変お世話になりました。 8月になり初盆を迎えることになりました。 ここで、ちょっとしたトラブルが起きましたのでまたご相談をさせていただきたく書き込ませていただきます。 実は父の逝去から通夜・告別式・49日の法要を通して妹夫婦との間に諍いが起きました。発端は父が逝去した日に断りを入れたとはいえ妹が父の元を離れ、家に帰宅した事に端を発します。通夜告別式でも自分は嫁いだ者であるからと弔問に来てくださった方々にろくな挨拶もしませんでした。私は喪主である母を支える役目に徹していたため気にはしませんでしたが、父の妹である叔母が49日の日に妹夫婦の対応に業を煮やし意見をしました。 その結果、自分たちと私たちの周りとでは価値観が絶対的に違うのだとの理由から、私たち親族とは一切かかわりあいたくないと言ってきました。母が病気になろうと死のうと一切連絡をしてくれるなとまで言うのです。 父の初盆を迎えるにあたり、お参りくださる方々に対する対応は私と母で行うと決めていたのですが、私が体調不良のため妹に対応を依頼するしかないと電話をしたところ、私たち家族はそれぞれに予定が詰まっている。それに縁を切ったのだから父の仏前にもお参りはしないと言われました。 価値観の違いと父の供養は違うだろうと言うと、私は父の仏前にお参りするという方法ではなく、自分の方法で父を供養する。あなた(私)が父を供養するよりも私の供養の方が何倍も父が喜ぶだろうと言うのです。 父の初盆会は自宅で行うのですが、私は私なりにひと月前からこつこつと準備をしお客様に失礼のないようにとの思いでいるのに、そのようなことを言われて本当に落ち込んでいます。 このままは初盆会事態を取りやめてしまおうか。 怒りのあまりにそんな思いがよぎったことも確かですが、お忙しい中を時間を割いていただく菩提寺の住職をはじめお参りした頂く皆様の気持ちを考えればそうもいきません。 ただ、心の中に芽生えた怒りや落胆、困惑をお盆を迎える前に収めるにはどうしたらよいのだろうかと思い、ここに書き込みをさせていただきました。やっぱり妹夫婦の意見が正しくて私の方がおかしいんですかね?

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る