hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

人間は何のために生きるのか

回答数回答 5
有り難し有り難し 425

人間は何のために生きるのでしょうか? 

私の大好きな漫画の『ジョジョの奇妙な冒険』の第3部で、DIO(ディオ)は、『人間は誰でも不安や恐怖を克服して安心を得るために生きる』と答えています。

なるほど確かに。人間の営みにおいて、この言葉はすべてに当てはまるのではないかと思いましたが、なんだかこの言葉に当てはめてしまうと生きる希望をもてないというか、元気に前向きに生きようという気持ちにはなりません。

この質問に対して、前向きに元気になるような、また人生の応援歌となるような、そんな回答や言葉が欲しいです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

何もしないでも おられる人 となれ

これは、禅の教えで、仕事も何もしなくていいという意味ではありません。

・心が、あれこれ、動いてもそのままでいられるようであれ。
・どんな事が起こっても、そこに思いを起こさずに処せる力量を持て。
・黄檗希運禅師「の『伝心法要』に、
(意訳)
「出来事に処して、一念も思いを起こさずに、そのままでおられる心のありようを達道(悟り)という」教えがあります。
この意味での「何もせんでもおられる」という事です。

「何の為に生きるのか?」
学生時代、この問いに満足のいく答えが導き出せず、ノイローゼ気味になって自死も試みようとした時期がありました。

最終的に救いになった教えは、
「理由づけで満足するな」「意味付けに酔いしれるな」「そのままで居れる人となれ」
という教えでありました。

人はとかく理由付け、意味付け、意義づけをしたがる生き物です。
立派な理由、大義名分であればある程、納得、合点は致します。
こういう行為は何か意義があるようで、獲得感に満ち溢れ、楽しい事なのです。
ひねくれ者の私はそれでは満足しきれず、禅の門をたたきました。
哲学や心理学好きで理由付けが大好きだった私。
禅の道場では理屈っぽさが抜けず苦労いたしました。
10年の修行の中、老師との問答を重ねる中で、
「お前さんは、いつも理由付けをしたがるな」
「それは理屈にすぎない。いくらウマイことを言ってもダメだ」
今までの見識がまるで役に立たなかったのです。
「えっ?生きる意味や意義を見出し、だれもが納得いくように的確に表現することが、仏道の修行ではなかったのか?」
禅の修行の最高峰は真逆でした。
その答えは物事に意味をつけたり、理由付けをする以前の本物のナマの世界を味わうことだったのです。自分が悟りの味を舐めれば、チャンとわかる実証の世界。
舐めないうちに悟ったフリして味を想像でこうだああだと語っても老師には嘘がバレてしまう。
ある一面から申せば、人生の終局目的は「欣求菩提、利益衆生(悟りを求め、その心を多くの人に広めること)」という面もあり、確かにその通りなのです。
ただ、そういう表現が「成り立つ」というだけ。
理由付けや、意味付けで、何か分かったような気になること無く、
「何もせんでもおれる様であれ」
この真意が分かれば、
それ以上の安心感、確信がもたらされることでありましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


「まこと」を求める

このご質問は「ついに来てしまったか」という印象です。力不足ですが、私の思うところを書かせて頂きます。

まず、さすがDIO(というか荒木飛呂彦さん)、なるほどと思わせるひと言です。これも充分、ひとつの答えですよね。

さて「人間は何のために生きるのか?」と問えば十人十色の答えが返ってくると思います。
私が聞いた中で一番しっくりきたのは、浄土真宗本願寺派の中西智海師(亡くなっておられます)の「人間は、まことを求めて生きるもの」というお言葉でした。
言い換えれば「人間は『何のために生きるのか』それを追い求めて生きる」ということだと思います(ちょっとズルい答えでしょうか)。

引用が続きますが、明治時代の仏教者、清沢満之師は「他の心の作用がたいていの場合、有限な事柄を対象とするのに対して、宗教心の方は、それと異なり、無限な事柄を対象にします。」と著書に書かれています。
やはり、追い求めるものをハッキリと表すことは出来ない、ということでしょう。

結局、ひと言で「何のため」とはなかなか言えないし、人それぞれでもあろうと思います。しかし中西師の「まこと」という言葉にご注目下さい。
人間は、目先の欲望などのために生きるのでは決してないのです。何か尊いものを求めて生きるのが、人間が人間たるゆえんではないでしょうか。

そしてそれを求める道は、経済でも政治でも科学でもなく、宗教なのだと思います。
私にとっては親鸞さまが説かれた仏道がそれです。
愛の太陽さんにとっての「まことを求める道」が見出されることを念じています。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

浦上師、川口師の「まことを求める道」、「悟りを目指すため」というお言葉で充分ですが、ありがたいご縁ですので私なりにお答えできればと思います。
私たちは必ず死というものが、やってまいります。これは、老若男女問わずおとずれ、いつ何時あるかわからない事です。その死というものを目の前にしたとき「満足な人生であった」と自分自身が思えるように"今"を生きているのではないかと思います。
そのために、人のためでも、自分のためでも、精神的なためでも何でも良いとは思いますが、何かのために、「~したい」という欲、煩悩とうまくつきあって生活させていただく、つまり、意味のある欲、「意欲」というものをもって、一日一日の生活をさせていただく事が自分自身の“何のため"がより深くなっていくのではないかと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


人は人のために

愛の太陽 様
はじめまして。私の回答をさせていただきます。

人間は生まれてきたことにそれぞれ意味が存在します。
あえて「何のために」という言葉を使用しますと
それは「他者を幸せにするため」にあります。
あらゆる仕事の目的は同じことが言えると思いませんか。
自分がしたことで他者の役にたち、他者が喜ぶ。
決してそのような他者の姿を見て、悪い気がする人とはいないはずです。

また、その気持ちのつながりが今の世をより良いものに変えていけると信じております。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

愛の太陽 様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

「人間は何のために生きるのでしょうか?」

仏教からの答えとしましては、「悟りを目指すため」となります。

『人間は誰でも不安や恐怖を克服して安心を得るために生きる』というのは浦上哲也師もおっしゃられておられますように、ある意味では仏教的な答えであります。世俗・世間の迷い苦しみを離れて、「大安心(あんじん)」の悟りの境地を得ることが、まさに仏教的な答えとなるからであります。

克服するのは、「無明(むみょう)」(根本的無知)・「煩悩」・「悪業」であり、「不安や恐怖」というものは煩悩に含まれるものとなります。

「有暇具足(うかぐそく)は得難く・・」とありますが、例えとして「一度にたくさんの豆を壁に向かって投げつけたとき、床に落ちずに壁にそのまま残る豆のように」とありますように、人間として生を受けるのは、実にまれなることであり、過去世からの善業や仏縁などの良い因縁により得ることができるものであります。

有暇具足とは、簡単には修行するのに適した境遇・条件が調っていることであります。天・人・修羅を三善趣、畜生・餓鬼・地獄を三悪趣として、この六つの境涯のうち、有暇具足を得れる人間だけが、悟りを目指して精進できうる存在であり、世間の八法(利得、損失、称賛、非難、誉れ、誹謗、楽、苦)にとらわれて無駄に過ごすことなく、すみやかに出離(この輪廻の苦の大海を厭い逃れたいと思う心)を起こし、次に菩提心(迷苦にある一切衆生を救わんとしての慈悲心より生じたる悟りを求めたいとする心)を起こして、確かなる仏縁の下で聞(教えを聞くこと)・思(聞いた教えを自らで分析・検証して理解を深めていくこと)・修(十分に理解した内容から瞑想や観想、善徳行を修めていくこと)と修行を一歩一歩進めることが望まれるのであります。

前向きに元気になるような、また人生の応援歌となるような、そんな回答や言葉ではないかもしれませんが、「いずれは悟りを得ることを目指して、今世でもできる限りに努力して、また、再び仏縁を授かれて、智慧の修習、善徳行の実践を積める境涯に生まれることができますように、共に頑張って参りましょう。」

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


「生きる意味」問答一覧

2年前に二度浮気をしてしまいました

はじめまして。こんばんは。 私は現在、恋人と婚約しており同棲しています。今年の冬に結婚する予定です。 恋人とは、3年半程付き合っております。 2年前に疑心暗鬼になり恋人の浮気を疑い、心の弱さに負けて自分が浮気をしてしまいました。 一度目に浮気をしてしまった時は、恋人と話し合いをした際に自分から裏切ってしまった事を告白しました。 『恋人はこれからも付き合い続けたいから許す。ただ変わってくれないと困る。』と言われました。 酷く反省し、それからもう二度としないと誓ったはずなのに、馬鹿な私は変われず。 それから3ヶ月後恋人との関係に不安を感じた際に、お酒に飲まれ記憶をなくし また同じように浮気をしてしまいました。 本当に本当に後悔しました。消す事ができるのなら存在すら消えてしまいたい程でした。 恋人を苦しめたのに、二度罪を犯さないと気付く事ができなかったのです。 恋人を失う事が怖くて、二度目の罪を告白できずにいます。 この2年間ずっと罪の意識に苛まれており、プロポーズをされた時でさえ考え込んでしまいました。 いつも誰かに監視されている気分で、誰かが恋人に伝えてしまうのではないかと思うと恐ろしくて夜も眠れなくなります。 (私が二度目の浮気をしてしまった事は複数の知り合いが知っております。) こんな酷い事をした私ですが、どうしても恋人を失いたくないのです。 私の全てが恋人なのです。 過去に色々あり、正しく人を愛する事など生涯できないだろうと諦めておりました。 恋人が私の道を正しく直してくれたのです。愛する事、人を信じる事を教えてくれました。変わる事ができました。 しかし、今どんなに誠実に恋人を想っていても、私が過去に犯した罪は変わりません。 私のようなやつが、本当に恋人とこのまま罪を黙ったまま結婚してもいいのかずっと考えています。 恋人の為には、罪を告白し、今後の関係性を決めてもらうべきなのでしょうか? 正直告白を考えると、血の気が引き具合が悪くなるほど怖いです。 もしこのまま自ら罪を明かさないのなら、墓場まで持っていき、一生罪悪感を背負い、恋人に尽くそうと決めております。 どうするのが、正しい道なのでしょうか…何千回と悩んでも決める事ができなくて 長文で申し訳ございません。 読みにくく矛盾している点も多いと思いますが、ご意見を伺えたら幸いです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 2

自分の存在している意味

わたしは大学卒業後、正社員として会社に勤務をしていました。最初は辞めるつもりなんてありませんでした。しかし、入社した会社では、パワハラや隣の席で喫煙をされる(今は制度的にありえませんが)など、毎日がつらく、泣いて帰る毎日でした。そのため1年で退社しました。退社までに転職先を決めようと転職活動をしましたが、どこにも決まりせんでした。その後、産休代替としてある場所で勤務。その後も働き先が確定していたのに、勤務先の事情?で勤務できなくなりました。でも、その仕事にやりがいを感じて続けたいと思っていたので、その仕事に就くための勉強をするため、昨年度学校に入学しましたが、試験には不合格。再チャレンジで今年度の試験も受けました。わたしなりに一生懸命、今までの人生こんなに勉強したことはないってくらい頑張りました。あんなに勉強したのに、全然できなくて、もうわたしは何もやってもだめだと思ってしまいました。自分はこんなにやったのに、軽い気持ちで受けてる周りの人の方がうまくいってる現実にほんとに辛くなりました。試験が終わってから1ヶ月ほんとに無気力で、この歳になっても親に何も返せてない自分にも苛立ちます。  今までのわたしの人生親にしてもらったことはたくさんありますし、感謝もしています。こんな自分の存在している意味が本当に分からない。  死にたい ではなく 消えたい とふとしたときに考えてしまいます。(消えたいという感情は小さい頃からたまに考える時がありました) 死ぬ勇気はないです。自分の存在が最初からなかったらよかったのになって。 長文失礼しました。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

生きること

初めて相談させていただきます。お忙しい中、申し訳ございません。 なぜ生まれてきてしまったのでしょうか? なぜ生きているのでしょうか? 自分は何かやりたい事もなければ、何かを出来るという事もありません。 何か好きな事や、趣味もありませんし 仕事も全然できません。これまで何度か転職も繰り返しています。 独立もしておらず、実家で暮らしています。 無能で、生産性のまるでない人間です。 生きること自体に意味はないとよくお聞きします。 ですが、これほどまでに生きる意味のない、または価値のない人間はいないと思います。 周りから多くの支援を受けて成り立っている命だとは重々承知しています。 生きたくても生きられない人がいることも分かっています。 だからこそ、なぜ自分が生きているのだろうかと思います。 生きている時点で周りに迷惑をかけている。 何も生み出さず、何も出来ない。ならば死んだ方がいいんじゃないか。 死ぬ時も死体の処理や、諸々の費用などの迷惑もかかりますが、むしろその方が あらゆる意味でのコスト削減になるんじゃないか、と思います。 自分に使われる資源。お金。親の負担も減ります。 微々たるものですが、一人分の地球環境もよくなると思います。 もし生まれてきたのが自分でなければよかったのに。 ここまで育ててもらった親には本当に申し訳なく思います。 できることなら跡形もなく、この世からも誰の記憶からも消えたいです。 せめて死ぬ時の迷惑は、最小限に抑えたいと思っているのですが どうしたらよいでしょうか。 長々と申し訳ございません。 また、このような質問で本当に申し訳ございません。 よろしければ、ご回答よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

幸福は不平等なのにその後も生きる意味は?

人生における幸福の量、ある一定の幸福を得るための努力の量、「幸福である」と感じられる幸福の度合いは不平等で、しかも、生まれつき決まっているようなものですよね? だったら、生きていく意味ってなんなのでしょうか? 発展途上国でその日暮らしをしている人たちからすれば、どんなに貧相な食事であっても、一日三食食べられれば途方もない幸せなのに、多くの日本人からすれば、一日三食貧相な食事、というのは不幸な部類だったりしますよね。 金持ちの家系に生まれてくれば、極端な話、親のお金で働かなくても食っていけますが、その一方で、どんなに働いても成り上がれずに貧乏人のまま一生を終える人はたくさんいます。 超進学校では地方の国公立大学に行く人は負け組扱いされて、その一方で地方の国公立大学に行きたくても行けない人が山ほどいます。 容姿端麗でスポーツ万能で成績優秀な人もいれば不細工で運動音痴でアホな人もいます。 後者がとんでもない努力を積んでも、前者と同じくらいの幸せや願望を得られる可能性は途方もなく低いです。生まれつきその人の疾患等はゲノム解析で概ねわかりますし、能力や容姿も同じですよね。知能も筋力も大きく遺伝します。 他人は簡単に努力すればいい、死ぬほどの努力をしない奴がごちゃごちゃぬかすな、などといいますが、自分が相当な努力をしなければ得られない幸福をほとんど何の苦労もなく手に入れていく人間がいるという事実は確かですよね。 努力すればいい、というのは努力が報われる勝者の論理に近いと思います。 世の中には努力が報われない人間は山ほどいる。 それとも、報われなかった努力は努力ではない、とでもいうのでしょうか? 「身の丈に合った幸せ」、などと言いますが、人が皆、生まれながらにして押し付けられた「身の丈に合った幸せ」のレベルに合わせて生きていかなければならないのであれば、そのレベルが低かった人間が、そのことに気づいた後も生きていく意味ってなんなのですか? ある意味人生自体が一種の敗戦処理みたいなものになるわけですよね? 生まれながらに押し付けられた、華やかな人生を送る人たちに比べれば遥かにちんけな「身の丈に合った幸せ」を必死にありがたがって生きていく人生なんて、惨めなものでしかないと思うのですが意見を聞かせてください。 因みに幸福は考え方次第とかいう詭弁が非論理的でとても嫌いです。

有り難し有り難し 119
回答数回答 3

不公平な世の中に生きる意味

もともと家庭環境に恵まれず、複雑な家庭だったせいか神経過敏になりました。 自分で家族を作ることもできず、無駄な仕事を奴隷のようにする毎日で、何のために生きているのかわかりません。 朝起きて、仕事して、また朝起きて… こんなくり返しの毎日に意味があるのか疑問だし、もう嫌です。 世の中には、あたたかい家庭に生まれ、幸せな結婚をした人がたくさんいます。不倫など悪いことをしてても、何不自由なく過ごしてる人もいます。私は欲張りでもなく正しく生きてますが、苦労ばかりです。神さまにいじめられるために、この世に生まれた気がします。 前向きにと思って心理士のカウンセリングを受けたりもしましたが、気の弱さと寂しさのせいかカウンセリング依存になってしまい、借金はありませんが貯金がなくなりました。身内を含め、人間関係にも疲弊しました。 正しく生きている自信はありますが、少しの幸せも得ることできず、孤独にも疲れ人生を終わらすことを考えはじめましたが、とあるカウンセラーに許された人しか死ぬことはできないと言われ、ちゃんと死ねなかった時のことをよく考えます。なぜ世の中はこのように理不尽で不平等で、そこに生きる意味はあるのでしょうか。神さまは乗り越えられない試練は与えないとよく言われますが、与えすぎもどうかと思います。神さまって何なのでしょうか。

有り難し有り難し 29
回答数回答 2

30歳目前の自分…生きる理由がほしい。

お坊様、どうかお話聞いてください。 今年29歳の独身女性です。 異性とお付き合いをしたことがありません。このまま30歳になることに絶望を感じています。 両親は20代半ばに結婚、そしてとんとん拍子で私たち兄弟が生まれました。 私は幼い時から母親から結婚のことや自分を産んだ時のことを色々聞いて、自分もそういう人生を送るものだと思い、憧れてきました。 しかし、気が付けばもう30間近…。 彼氏は愚か、異性とお付き合いすらしたことがない人生。 小中学生の頃は好きな男の子がいましたが、勇気を出して渡したバレンタインチョコやラブレターも晒しものにされました。 高校大学は女子校で男友達がいないのもあり大学時代は恋活イベントに参加したり、社会人になってからは婚活サイトを利用したり婚活パーティーにも足を運びましたが、お付き合いには至らず…。 長女ゆえか厳しく育てられ、今の時代だと虐待で訴えられるような事もされてきたのもあってか、自己肯定感がとにかく低いのは自覚していますが、こうも上手くいかない自分の人生に嫌気がさして涙が止まりません。 傷つきやすく落ち込んだら立ち直りも遅い方です。 今の世の中、結婚が全てではないし30代に結婚・初産も普通になっています。 でも友だちの大半はもう結婚して子どももいます。 私は結婚はおろか彼氏もいないのに…。 なぜ親もしている20代で結婚・出産が自分はできないのか。憧れなのに。 間違ったことだとは思いますが、自分の生きる理由として結婚・出産がしたいのかもしれません。支えるべき夫の存在、養うべき子どもの存在。 自己肯定感の低い私には、自分を唯一無二だと思ってくれる他者の存在が生きる理由になるのではないかと思ってしまいます。 30歳になった自分は20代というゴールドカードをなくした、今以上に価値がない生きる意味もない存在になるように思えて仕方ありません。 このまま30歳になるなら、ひとりぼっちで生きるのなら、両親も兄弟も元気なうちに早く死にたいです。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る