hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

清めの塩

回答数回答 3
有り難し有り難し 38

先日同居の彼がお通夜に参列して帰宅してきた時に塩持ってこいと言いました
最初訳も分からずポカンとしてたら、清めの塩やったこと無いのか?と呆れられてしまいました
(いくら私が寺の孫でも宗派違えばやるやらないがあるのに…)
大人になるまで清めの塩も見たことなく、その他の作法も知らないのは私がおかしいんでしょうか?(故人を蔑むみたいで、清め塩とかやるのは正直嫌なんですが…)

2019年7月11日 15:44

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

浄土真宗では清め塩は不要ですから、

見たことがないのも無理ありません。

それまで他の宗派のお葬式に縁が無ければ
清め塩の作法を知らないのも仕方ありません。
全くおかしくはありませんよ。

そういう事情も彼氏に説明してみては?

2019年7月11日 15:57
{{count}}
有り難し
おきもち

和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

ちなみに引き出物についてくるお塩は食べられません

こんにちは。それにしても高圧的な態度の彼氏ですね。びっくりしました。

 清めの塩という考えは、仏教にはありませんので、仏教であればどこの宗派においても不要かと思います。私もしたことがないので作法を知りません。
 ただ、神道の考えなどにより、仏教徒であっても帰宅時に玄関にて塩をかける習俗があると思います。
 お葬式の引き出物に塩が付いていますが、仏教の思想と関係がないということで、これを花の種などにしようというお宅もあるようです。ちなみに葬儀の引き出物についている塩は食用ではないので食べられません。ゆで卵を食べるのにちょうど良さそうな分量なのにもったいないです。

2019年7月11日 17:01
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

本当は浄不浄という考えは仏教ではない

別に死者はけがれていません。
日本人の何となく心理的浄化効果のお儀式としてライト感覚で塩を用いることが葬儀社でもありますが、つまり宗教性や真意がいかに浸透していないかっていうことですよね。
観念的なけがれというものはアタマの上で考えたけがれなので、本当は汚れてはいません。
ですが、それでもどうしても不安になる人がいるのでしょうから、そういう人に向けてのものということでしょう。
知らずにそういうものだと思っている人も多いですから、これが正しいんだよ、というとケンカになったりする場合もありますので、上手にスルーなさってください。笑

本当は塩とはちゃんとした本物の塩で生気を養うためのものです。
食卓塩や食べられない塩では本当のお清めにはならんでしょうね。

2019年7月12日 15:39
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

質問者からのお礼

有難いお言葉ありがとうございます
門徒物知らずって影で言われそうな育ち方だったからかや清め塩や六曜に拘る事など見慣れぬものばかりで不安だったので少し安心しました

「葬儀」問答一覧

菩提寺の住職に葬式を頼まない人

住職の予定を無視して、通夜葬儀の日程、場所を決めてきました。 このままだと、離檀になってしまいます。どう対処した方が良いかご相談です。 最初に決めて来た日程が住職の予定と合わずに出来ないので、その旨を伝えると、葬儀会社の紹介する5万円のお坊さんにやってもらうからいいとのこと。 だって、そちらは出来ないんでしょ?という感じでした。 葬儀会社さんは寺の檀家制度ご存知無いのでしょうか? 住職が戒名も付けず、通夜葬儀を他のお坊さんがなさる場合、離檀となる檀家規約が存在します。もちろん、葬儀の日程を調整する際に直にお渡ししていますし、説明しています。 お父様はずっと前に亡くなっています。今回お母様が亡くなられた方で、御歳90歳でした。 喪主の長男さんは入院中で、何番目かの弟さんが葬儀のために動いています。 その家は、代々地域の組、昔でいう講中、分かりやすい言い方だと、檀家さんで作る自治会みたいなところに所属している家です。 お寺には管理費や積立金などは存在せず、お檀家さんの付届け、お気持を年に5回、盆、暮正月、彼岸2回、お十夜、頂いてます。その任意の付届けも欠かさずいらっしゃっていて、施餓鬼などの塔婆もあげてらっしゃいました。 喪主の弟さんが言うには、「〇〇葬儀会社でやって、会場は〇〇斎場でやってほしい」と亡くなられたお母様がおっしゃっていた。遺言だからその通りにしたいと。 だったら、最初に提示して来た日ならば、〇〇時通夜、〇〇時から予定があるので、〇〇時の火葬だったら間に合います。葬儀屋さんと逆算して、相談して開式の時間決めてください。と伝えたのですが、葬儀会場が空いて無いようで、その日は「火葬場が空いていない」と言われました。火葬場には電話して、空きを確認済だったので、おどろきましたが、まあ、葬儀会社が押さえているところが空いてないのかな、と思いました。 ではその日がダメなら、〇〇日や〇〇日はどうですか?お金の面も心配されていたので、町内会館を使うと使用料が安くて、尚且つ、日にち空いているので、使えるという旨までお話ししました。 火葬場、会館の管理をしている方などにも電話をしたりして手を尽くしたのですが、聞き入れてもらえませんでした。 このままだと、離檀になってしまう危機感もお骨を持って次を探さなくてはいけない大変さも感じられません。

有り難し有り難し 43
回答数回答 3

心が狭いのでしょうか

義理の姉が仕事が休まず祖父の一周忌に行けないと連絡がありました。 わたしは普段のことにはお互い様だと許せることなのですが、こういった冠婚葬祭等についてはきっちりしたい人間です。 諸事情により急な日程となった為難しいことは十分承知しておりますが、出席するのは当たり前のことであり、こちらも仕事の都合をつけていきます。 大好きだった祖父を軽んじてみられている、とまで思ってしまいます。 夫の親戚付き合い等はなかなか荷が重いのもわかります。 わたし自身も逃げ癖があり、何でもこいというような人間ではありません。ただ、嫌でも不安でも向き合わなければならないと、空回りしたり後悔したり自己嫌悪をすることもありますが、事を過ごしてきました。 もしかすると姉にとっても荷が重いことなのかもしれませんし、そういったことではなく、ただただ仕事なのだから仕方ないと思っているのかもしれませんが、前者にしろ後者にしろ納得できません。 このような自分の思考をおしつけるのも間違っているとは思うのですが、世間一般ではこのような場合には姉の立場としてはどうあるのが普通なのでしょうか? わたしの考えはやはり間違っているのでしょうか?

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る