hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

告知

回答数回答 4
有り難し有り難し 22

86歳父親が肺がんになり食事するたびに胸がいたいらしいです
痩せてゆく父親に癌の告知するべきか悩んでます
ボケてはいませんが、母がこのまま告知しないで死なせてといいましたが、私は癌とゆうことを父親に告知して何かしたい時間を過ごさしたいと思ってます。いろいろな考えがありますが よろしくお願いします。入院まだしてません


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

その前に心得ておくべき事

お父様ががんを患いながらも、心安らかで、長生きされますことを祈っております。「人はがんが治っても死にます」これはちゃんと心得ておかねばなりません。
私も死にます。いつか死にます。できたら静かに安楽に死にたいものですが、それも自分の思うとおりにならないのが人生。思い通りにならないことを苦しみと言います。
ですから思い通りにさせようとのぞまなければ苦しみはありません。
人間がこちらに良かれと仏の川の水を引き寄せれば我田引水。
仏の川の流れに逆らわず順ずれば、法にかなった生き方。
お母様はお父様に安らかに、自然に気づいてほしいと願っておられるのかもしれません。自分の体のことは自分が一番分かるものですから自然にお気づきになられる方がショックは少ないと思います。告知よりも大切なことがあります。
どんどん会話をしてください。残り物のない会話をすることです。親子であれば多少のいさかいごともおありだってでしょう、深奥までお話することです。多くの方は亡くなった後に話したくても話せないことが残り、亡き後も苦しい思いを引きずられます。きちんとした親孝行、家族愛からの話し合いができた方は亡くなっても喪失感がないと言います。
お母様にもご一読願えたらと思います。命は有限です。
不完全な対話、不完全なコミュニケーションは生きている者同士だって辛いです。
どんなことでも話し合うことです。男同士ですと意地の張り合いもあるでしょうが、生前に懺悔、いさかいを赦し合うまで話すべきです。親をありがたいと思える敬い、敬愛、孝順の心が自分で確信が持てるまで自分を優先させないことです。
一切が有限であるという事がすべにお見えになられ得ておられるのですから、お父様の御背中に自然に手が合わさるはずです。生あるうちにあなたと、ご家族が為すべきことがきちんと見えてこられますよう、祈っています。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

インフォームド・コンセント

hiro様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度はお父様のこと、誠にご心配でございます。

お父様は、医療機関の受診時に何かインフォームド・コンセント上の明示をなされてはおられないのでしょうか。

最近の傾向としましては、特に初診の際に告知についての本人への意思確認を行う場合がございますので、それも少しお確かめを頂けましたらと存じております。もしも、お父様が告知を拒否なされておられれば、告知をすることは本人の意思に反することになってしまいかねず、そこは慎重に致す必要もあるかとは存じます。

ご本人のインフォームド・コンセント上の明示が特に無いとなれば、最近は、緩和ケアを導入する医療機関も多くなっており、告知することでご本人の意思を尊重しての緩和ケアを受けつつ、余命を有意義にお過ごし頂けることもあるかとは存じております。

もちろん、この告知の判断は、後々に遺恨を残さないためにできるだけ家族間の合意によってなされるのが良いのではないかと存じております。特に長年連れ添われてお父様のことを十分に熟知されておられるお母様の意思も当然に無視はできません。改めてお母様とも今一度十分に話し合い、必要となれば医師や他の家族・親族も交えて話し合われてお決めになられるのが良いのではないかと存じております。

愛する者と別れなければならない苦しみである「愛別離苦」・・これまでのご質問の中でも誠にこの苦しみにつきまして僭越にも多く扱わせて頂いて参りました。

いずれ来たる臨終のことにつきましては、問い「末期がんの父親にどう接したら良いかわからない」( http://hasunoha.jp/questions/227 )におきまして、また、尊厳死におけることは、これまでも、問い「死について」( http://hasunoha.jp/questions/324 )・問い「後悔の毎日」( http://hasunoha.jp/questions/172 )・問い「最期に苦しむということ」( http://hasunoha.jp/questions/95 )にてそれぞれ扱わせて頂いておりますので、宜しければどうか少しくご参照を賜れましたらと存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

寄り添い、聴く

hiroさま
お久しぶりです、なごみ庵の浦上と申します。
以前のご相談の件、その後いかがでしょうか。

今回は、hiroさんのお父さまのことですね。
私は基本的に、本人への告知はするべきだと思います。もちろん伝え方は熟慮しなければなりませんが、伝えなかったことによる後悔は、後々ぬぐえないものとなります。

それに、回りが何と言おうと、ご本人は勘づくのだと思います。ご高齢ではありますが、死に直面してやっておきたいことなどあるかもしれません。それを「肺炎だから、調子が良くなったら」などと伝えてしまえば、ご本人も死を直視するのは辛いでしょうから、「そうか、そうしよう」と無理にご自身を納得させることになるかもしれません。

いずれにしても、お父さまもお母さまもhiroさんも、ギクシャクしてしまうのではないでしょうか。それに、伝えなかったことによる後悔は、お母さまやhiroさんの、その後の悲嘆をより大きなものにしてしまいます。

…とは言っても、伝えて後悔する可能性も皆無ではございません。
私の母はこういう話題になると「怖いから告知しないで!」と言います。もし病気になったら、どうしようかと悩みますが、それでもきっと最大限の配慮をして告知をすると思います。

寄り添って支えるよ、という姿勢を示しながら伝える。
そして告知後は、お父さまの思いを聴き続ける。
それが最善の道だと、私自身は思っております。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

告知

難しい問題でありますが。私の大学時代の研究は生死論でした。現在も取り組んでおります。私の両親も告知いたしました。お釈迦様の教えは 生老病死。しかしながら本当は 死病老生 臨終を習えと言うこと。ご家族でよくよく話し合われ、最後の時間をどのように過ごすか。そして一番大事なのは尊厳死。本人のご希望です。もしご本人様が今までに告知や隠し事をしないでくれといっていたならば、告知するべきでは・最後の時間はあっという間に過ぎ去ります。後悔をされないことが一番ではないでしょうか?おそらく僧侶の間でも意見が割れるのでは。そのくらい大切な大事な問題です。開運寺 住職 秋山現信

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


3月11日の突然起こった東日本大震災。私の住む茨城県水戸市も大きな被害を受...

「癌・末期ガンと向き合う」問答一覧

夫の癌闘病

以前、超高齢の両親の面倒と、夫の癌のことでお世話になりました。 あれから、夫は闘病を頑張っておりましたが、続けていた抗がん剤が効かなくなって癌が大きくなり、今回は、3日間4種類の抗がん剤を点滴し続けるという強い治療を受けました。 わずかでも希望があるならと、本人も家族も力を合わせて頑張ってまいりましたが、今回の治療は心身に厳しく、昨晩夫と二人で話し合って、この治療をやめることを決心いたしました。 もう骨と皮に痩せているのですが、抗がん剤が追い打ちをかけ、抗がん剤のメリットをデメリットが上回っていると判断しました。 ほとんど食べられず、歩くことさえ困難になっています。ここまで心身を苦しめる意味を見出せません。 この治療を受ける前は、一緒に散歩したりもできました。単なる延命でなく、なるべく生活の質を落とさずにやっていくことを二人とも希望しておりました。 先生にお話しして、別の道を選択し、最後まで、在宅医療と在宅介護でやりたいことも相談いたします。 これは諦めではなく、新しい選択で新しい道を精一杯歩いていくつもりです。 しかし、しっかりと死を見つめ、覚悟しながらやっていくことは、とてつもなく辛いです。涙が止まりません。 どうか、この覚悟を少しでも支えていただけるようなお言葉をお願いできますでしょうか。 いつも本当にありがとうございます。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

母との時間の過ごしかた

初めまして。同じような境遇のかたも多く、類似の相談も少なからずお見受けします。しかしやはり、いてもたってもいられません。どうか、相談させてください。散々家族のために頑張ってくれた母が、難しい癌になり、辛い治療を頑張り、家族みんなで闘っているのにもかかわらず、医師から厳しい現実を宣告されました。受け止めきれません。母との関係で、後悔することばかりです。今どれほど何かをしても、自己満足や罪滅ぼしのような気がしてしてしまいます。今更、と。何より悔やむのは、私が遠からず死ぬであろう癌になった時、私の意に反してではあるけれどずっとそばにいてくれたのに、私はそれを恨み、事ある毎に蒸し返して母を責めました。理由は、自分の気持ちと向き合い、これから子供を産めなくなる身体になることを納得し受け止める時間が欲しかったからです。なのに邪魔をしたと。母は病気の話は一切せずにただ私といるだけで、当時の私からすれば一緒に病気と向き合ってくれているように見えませんでした。でも、逆に母が同じような、いや、もっと大変な状況になってしまった今、何もできないけど、とにかく一緒にいないと狂いそうになる気持ちがやっと分かるようになり、なんて残酷な言葉を繰り返し投げつけてしまったのだろうと、取り返しのつかない気持ちです。かた時も離れたくない気持ちです。母がどんなに私を愛してくれてるか、どんなに大切な存在か、こうなってからやっと分かりました。しかし私にも仕事がありますし、職業柄、夜昼ないし、休みの日も自分の時間を使って勉強したり論文を書いたりしなければなりません。でも、母との時間は何よりも大切です。何のために生きているのでしょうか。家族と過ごす以上に大切な時間なんて無いと思うのに、やっぱり仕事に行かなければ生きていかれません。これは私だけではなく、誰もが通る道とは思いますが、納得できません。今、休日の家事、勉強全て手につきません。母のためというより、自分が後悔しないためなのだと思います。このやり直しのきかない大切な時間をどうしたらよいのか、もうわかりません。支離滅裂になってしまいましたが、アドバイスをいただきたくよろしくお願いします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

仲のよかった母が末期癌で亡くなりました…

5月にとても仲がよかった母が末期癌で亡くなりました(涙) 母とは2人暮らしで、親戚からは「一卵性母子」とまで言われるほど仲がよく、旅行は勿論、買物に行くのも外食するのもいつも一緒でした。 自他共に認めるほど仲のよかった母でしたが、ここ1年で急に身体が衰えはじめ、病院嫌いの母は市販の薬で何とか凌いでいましたが、4月頃から急激に悪化してお腹が張って足がパンパンにムクみ始め、病院へ行ったところすぐに大きな病院へ回された結果、お腹にはガン性の腹水が溜まりCTやMRIで精密検査したところ、既に癌は全身の臓器へ転移して手遅れの状態にまで悪化していました…医者の話で治療はムリなので極力苦痛を和らげる緩和ケアという形で入院しました。 母には「もしもの時は色々話しときたいから隠し事は無しで…」という約束だったので涙ながらに本当の事を話し、一緒に号泣しましたが母と病床で本音で話す事が出来ました。「生んでくれてありがとう…育ててくれてありがとう…お母さんが親で幸せだったよ…」とお礼を何度も言えました。母も「生まれてきてくれてありがとう、楽しかったね。イッパイ親孝行してくれてありがとね…たとえ死んでもずっと見守ってるからね…」と言ってくれました。 ところが、母の病状が日々悪化するにつれて、母は薬の副作用と末期癌によるせん妄症状(意識が混濁して人格が変わったり、興奮して暴れたり、誰だか分からなくなったりする)で、仲のよかった僕にさへ暴言を吐いたり、叩いたり、「だれ?」と聞いてきたり、とてもショックでした。それから間もなく昏睡状態になって最期までまともに話出来ないまま亡くなってしまいました(涙)こんなぐらいなら死期が早まっても理性のある母の間にお別れしていた方が悔いが残らなかったと思います…質問なのですが、母は病気が悪化して僕の記憶がないまま旅立ってしまったのでしょうか?母と仲のよかった頃の思い出も消えてしまったのでしょうか?理性がある時に「ずっと見守ってるからね…」と言った約束も母の魂は忘れてしまったのでしょうか?それだとあまりに悲し過ぎます(涙)

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

本人に余命を知らせないこと

いつも親身に聴いて下さりありがとうございます。 私の忘れられない患者さんについて、相談させてください。長文になります、申し訳ありません。 私がまだ新人の看護師一年目の時の話です。 婦人科系のガンを患い、一通り治療をしましたが、状態が悪くもう抗がん剤は使えないといった終末期の方でした。 医師より、 これ以上の積極的な治療はかえって寿命を縮めるため勧められない。との説明がありましたが、 ・本人は状態が回復したらまた抗がん剤をやりたい。自身が終末期だとは思ってもいなかったような感じでした。 ・家族は『今後の余命については本人に知らせないでください』 とのことでした。 日々状態は悪化し、全身に回ったガンの痛みと闘う日々となっていきました。もう余命1ヶ月もつかどうかといったところでした。 最初は内服だった鎮痛剤も注射薬になり、それでも痛みが取れず医療麻薬の貼付剤から麻薬の注射に変わっていきました。 最期に使う麻薬の薬は鎮静剤もはいっているので打ち始めると眠たくなって、眠ったまま逝くような形になります。 ある日先生から本人に『痛みがだいぶ辛いところまで来ていると思うのですこし眠くして痛みを和らげる薬をしますね』と告げられる日がありました。先生の話の後部屋で足浴をしながら2人きりになった時、その方は苦しそうな表情で 『私は...もうすぐ死ぬの?』 と問いかけられました。私は答えに詰まってしまい、何も答えられませんでした。 その後鎮静が始まりそのまま起きることもなく1週間ほどでお亡くなりになりました。 『私はもうすぐ死ぬの?』 の問いにどうかえせば良かったのだろう。 本人もわかっていたと思うんです。日々重くなる体、正常に作動しない思考、象の足のように浮腫んだ足、パンパンにたまった腹水でうまく呼吸ができなくなる、おしっこが出なくなる、ごはんが食べられなくなる、本人が1番自身が死に向かっていることをわかっていた気がするのです。なら私はなんて言葉を返したら良かったんだろう。 余命も分からず、状態が良くなるのかもわからず、でも自分の体は朽ちていくのは怖かったんだろうなと色々思い馳せてはあれこれと考えてしまいます。 今でもあの方の 『私はもうすぐ死ぬの?』 の問いに答えが返せません。 僧侶の皆様はどのように返しますか?ご助言よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 32
回答数回答 3

末期癌母の受診について

二度目です。 前回「末期癌の母と母離れできない娘」でご相談したものです。 11月に脳梗塞で母が倒れて、末期の肺癌が見つかりました。リンパに転移しており、脳転移もあります。 小脳が完全に死滅していて、腫れの可能性もあった事から、後ろ頭の骨を外したままにしています。 今は脳梗塞の失行・失語の後遺症の為にリハビリ病院にいるのですが、病院から、肺癌の治療か緩和の為に思いきって他の病院の受診をしてみては?と進められています。 今の主治医は母が倒れた際に救急で行った病院で、そこで脳梗塞の手術(骨を外す)をしたところで、肺癌に関しては「治療は無駄だからしない」と言われたところで、信頼関係はまったく築けてなかったりします。 セカンド・オピニオンでも同じような事を言われたので、正直なところ不安でいっぱいです。 しかし、いつまでもリハビリ病院にいれるわけでもないし、肺癌になんのアプローチもしていない今に不安と焦りがあるのも事実なので、受診はしようと思っています。 母の状態から入院治療は確定していますが、市内にいくつか病院があるのでどこを受診したらよいのか決めかねています。 電話やネットで情報を集めてみても一人で考えて決めようとすると混乱するばかりです。身内は私一人なのでどうしたらよいのか煮詰まってしまっています。 どんなに基準で病院を選んだらよいのでしょう? また、大切な母の事を優柔不断で精神的に弱い私が一人で決めることに恐怖すら感じています。 何を選択しても後悔しそうで、時間だけが無駄に過ぎている気がして焦りと不安で眠れなくなってしまいました。 脳梗塞でせんもうのある母に苛立つ自分や、母さんより先に死ねたら…とすら考えてしまう自分に嫌悪感しかありません。 早くしないと母さんが延命できるチャンスがなくなるかもしれないのに…。 自分が躁鬱状態で、自分を一番信用できません。 落ち着いて病院や方法を探したいです。 具体的な方法等、アドバイスお願いします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

夫のがん

以前、超高齢の両親の世話の悩みでお世話になったものです。その節はありがとうございました。 夫は、8年くらい前にすい臓がんを患い、その後前立腺癌(これは低リスクなのでそのままにしてあります)、胆石摘出の際見つかった胆のうがん、そして今回、すい臓がんの再発か胆のうがんのリンパ腫の可能性があります。 夫は「よく食べ、よく眠り、良く運動する」人で、タバコもとうにやめたし、お酒は体質上飲めません。ほとんど疲れたとかどこか痛いとかもない人で、性格もおおらかで優しく、どうしてこういう人がこんなに癌になるのかと悲しいです。 今回、ある病院での検査結果が悪いのがわかったのが、私との旅行の前日でした。がんセンターでの検査の日が先でしたので、夫は旅行に行こうと言ってくれて行ってまいりました。私が以前から行きたがってた(夢の一つだった)カンボジアのアンコールワットです。 しかし、帰国後体調を崩し、予約日を待たずにがんセンターへ入院いたしました。 私は、旅行へ行って疲れたのが悪かったのだと思い、自分を責めて辛いです。 どうして癌になったのかと考えるのも意味がないと思いますし、一生懸命誠実に生きてきたつもりですが、この先どうやって生きていこうかとなかなか気力が湧きません。 今までは前向きにやってきましたが、私も年のせいか、うつ病を患ったあとのせいか、なかなか気力が湧かないのです。 しかし、娘が一生懸命助けてくれるので、なんとか頑張っていこうと思っています。友人たちも妹も励ましてくれています。とても人に恵まれていてありがたいです。 超高齢の両親の世話は、妹が時々来てくれて助かっています。 お坊様、どうか前を向いて頑張って歩いていけるように、どんなお言葉でも構いません、くださいますようお願い申し上げます。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る