hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

死を身近に感じて生きていくのが不安です

回答数回答 1
有り難し有り難し 7

先日、ついこの間まで一緒に仕事をしていた方がお亡くなりになりました。

少し前まで死についてよく考えることがあったり、死にたいと思うこともしばしばありました。
そのようなこともあり、今回の身近な人の死を受けて、いつ何があるかわからない中で生きていくことに物凄い恐怖感と不安感を感じました。

このような世の中で今生きていられるということはとても幸せであり、毎日家族も大切な人も自分も笑顔でいられるということは奇跡なことだと思えるようになりました。
しかし、だからこそこの幸せが突然奪われるのではないかと物凄い恐怖感が湧いてきます。

誰もが思う不安だとは思いますが、もし明日大切な人が家族がいなくなってしまったらどうしようと、身近な人の死を受けて不安に感じてしまい、その不安をずっと抱えて生きていくことが苦しく感じてしまいました。

どうしたらこの苦しさを感じずに生きていけるのでしょうか?
死ということに敏感になってしまい苦しいです。
拙い文章で申し訳ございません。
ご回答いただけると幸いです。
宜しくお願い致します。

2020年5月12日 15:28

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

大切なご縁からいただく大切な感覚

ご相談拝読しました。身近な方の死は私たちに強烈なメッセージを投げかけてきますね。

そこから私たちは不安や恐れなど様々な感情を呼び起こされますが、それらはなくすべきもの、感じなくなるべきものなのでしょうか。

たしかにその不安をずっと抱えて生きていくことは苦しいかもしれません。でもその苦しみと共にあることを受け入れられてこそ、私たちはけして避けることのできない死を忌み嫌うのでなく、生も死も私のご縁として全うしていけるのではないでしょうか。

真っ白いキャンバスについた黒いインク染みがどんなに小さなものであろうともう真っ白ではありません。その染みは消そうとすればするほど大きく滲んでくるかもしれません。死の不安というのはそういうものではないでしょうか。

人間はよくも悪くも慣れる動物です。身近な方の死というある種の非日常に揺さぶられた波もいつしか揺れは小さくなっていくでしょう。
でも実は死というのは非日常的なものでなく、日常的に私の事実として常に共にあるのです。ならば死の縁のたびごとに絶望や恐怖や不安のみに飲まれるのでなく、死の縁のたびごとに「私の事実を教えていただきました」といただきたいものです。

>もし明日大切な人が家族がいなくなってしまったらどうしよう

もしもその日を知ってしまったなら私たちはどうするでしょうか。どうにもできないのではないでしょうか。それとも特別なことをするのでしょうか。あなたならどうして欲しいでしょうか。いつもどおりでいてくれることが安心だったりもうするかもしれません。

とにかく、このたびのご縁は大切なものであったと思います。どうかその苦しみを見ないように感じないようにと避けるのでなく、自分の事実として引き受けていきましょう。

もちろんそれは一人では難しいですから、教えや仲間の存在が大切です。仏教はいつでもあなたを待っていますよ。

2020年5月12日 16:56
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

「死ぬのが怖い」問答一覧

#死ぬ事が怖い

小学生の頃より、ふとした瞬間に"死んだらどうなるのだろう"と考え始めた。 でも、当時は漠然とした考えで 中学生の頃も同じようにふとした瞬間に漠然と考える事はあったが、そこまでの恐怖はなかった。 高校〜大学の時に恐怖へのクオリティ?が上がり、特に両親が去ってしまうと考えた時に押し潰されるような不安に襲われ泣く事もありました。 しかし、泣いて翌日にはケロッと後に引く事はなかったが20代後半になり 1人の時や夜中にふと目が覚めて ・両親がいなくなったら孤独だ ・兄妹はいるけど順番で考えたら  私が最後か… ・結婚もせず独身、死ぬ時も孤独なのか ・どんどんと老化してきて何もできなくなって死ぬのかな、怖い。 ・日々の一瞬一瞬全てが無に戻る&無意味に思える、それが怖い。 色々な不安が頭にぶわぁーっと入り 今までと比べ物にならないぐらいの 死への恐怖の波がきます。 私自身がネガティブな状態で、それが原因なのかと思い携帯で検索してみると 同じような人がおり、安心するが 内容を読むと結婚していて子供がいてetc... いやいや、結婚もしている 子供もいる、"家族"がいる。 生きた証を未来に繋げれる地盤が あるのに…と、卑屈になってしまい 更に不安がこみ上げて泣いたり 不安で寝れなくなったりします。 両親や兄妹が去れば 私も終わりでいいかなって思うし 始まりがあれば終わりもある と理解しているけど グルグルと同じ事を考えてしまいます。 死への恐怖はどうしたら治りますか? とは伺いません…。 ただ、言葉では言い尽くせない この恐怖をどう乗り越えていくべきでしょうか? よろしくお願いします。

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る