hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

実母の7回忌に欠席してしまい、心が苦しい

回答数回答 2
有り難し有り難し 48

毒親育ちで、ここ三年ほど家族と疎遠です。妹に、親からの虐待を打ち明け、その後連絡をたっていました。妹からは、落ち着くまでこちらからは連絡しないね、と言われていました。

私もなるべく実家のことは考えないようにしていましたが、飾ってある母の写真に毎日欠かさずお線香をあげています。墓参りも行ってないため、なんとなく後ろめたく、バチが当たる気がするから。

だけど、毒親が私にしたことは消えないし、今も人生生き辛さがあり、苦しんでいるので、親を許せない気持ちがあり、そんな状態で墓参りもおかしい気がするからです。

そうこうしているうちに、母の7回忌が過ぎてしまったことに気がつきました。妹からの連絡がなかったため、このコロナ禍で、執り行ったのかはわかりませんが、毒親とはいえ、実母の7回忌を欠席してしまったことに心がざわざわします。どうしたらよいかアドバイスお願いいたします。

2021年3月5日 13:41

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

これからがこれまでを決める

ご相談拝読しました。難しい家庭環境で過ごしてこられたのですね。

お辛かったでしょうし、今もなお苦しんでおられますが、本当にこれまでよく頑張ってきたのですね。

だからこそこれからその苦しみから解放されるべく、このご質問をご縁として共に考えさせていただきます。

今、あなたを縛るものは何でしょうか。それは毒親とおっしゃるとおり他でもない親御さんなわけですが、より正確に言えば親を思う自分の心に自分が縛られているのだとお察しします。三年ほど実家と疎遠でも、あるいは七回忌を経ても今も縛られているのがその証です。

お母様のお写真に線香をあげているとのことですが

>なんとなく後ろめたく、バチが当たる気がするから。

するというのではまるで祟り神のごとく、まさにあなたを縛るものとしてお母様を見い出してしまっています。バチは当たりませんからいっそのこと供養をしたくないのならやめてしまってはいかがでしょう。

もしも何か悪いことが起きたとしてもそれはバチではなく、そのことが起きる原因が別にあってのことです。そのことをきちんと受け止められることが親御さんから解放されたあなた自身の人生です。たとえ悪いことがあろうとも自分の自由と責任で歩む道こそがあなたを活き活きとさせるのではないでしょうか。

供養はまたそのようにして心の整理ができてからでも構いません。もしくは心の整理の縁とすべく供養をなさるのも一案ではあります。親のバチを恐れてではなく、親との精神的決別・あなたの主体的な人生のためにお墓参りをなさるのも宜しいかもしれません。

親御さんがあなたにしたことが消えないのはその通りですが、あなたがそれに縛られて生きるかどうかはあなたの主体的な態度選択で変わり得るものであると思います。
これからのあなたの歩みが過去の経験を昇華していくのです。親を許すのではなく、まずはこれまで頑張って来たあなた自身を許す、あなたの憎しみを許してあげる。そして冷静な眼で一人の不完全な人間であった親を見つめ、親がそうならざるを得なかった環境を悲しんでいく。そこに親は許せずとも親の行為を許すというか、そうなってしまった悲しい縁を受け止めていく道が開かれていくように思います。

またいつでもご相談下さい。ゆっくり考えていきましょうね。

2021年3月5日 14:33
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

お釈迦様のお言葉;❝怨み忘れることによってのみ止む❞

毒親・・・正直、よく分かりません。
とは申せ、実際「毒親」というのはあるようで、いつまでも「トラウマ」を抱えて悩んでおられる方を存じ上げています(その方の母上は今でもご健在のようですが・・・)。
さて、貴女も「トラウマ」があり、お母様が亡くなられても、まだ癒されていないようですね・・・。まだまだ「時間がかかる」かもしれませんね。もしかしたら、一生消えないかも・・・😢。精神的に受けたダメージは、他人には窺い知れない事だと思います・・・。
でも、貴女は幸い妹さんとは「連絡」できているようですね。有難いことです。
〈墓参りも行ってないため、なんとなく後ろめたく、バチが当たる気がするから〉・・・そんなこと絶対ありませんよ。本当にバチを当てるなら、世間には「バチが当たる人」は山ほどいます・・・😅。(他人を怨んだままor他人に怨まれたまま死んでいった人、数えきれないほどいます・・・💦)
それよりも〈飾ってある母の写真に毎日欠かさずお線香をあげています〉・・・素晴らしい、それで充分です・・・💚。
〈心がざわざわします〉・・・いつでもイイですから、妹さんに「連絡して」お仏壇orお墓にお参りしてください。お花を持って・・・。もしも、妹さんに「連絡」しにくいのであれば、そっと「お墓参り」だけでも・・・。
ちなみに、今度の「月命日(亡くなられた日)」に《お母様の写真》にお花を上げ、お線香を手向け合掌礼拝してください。お母様も喜んで下さるでしょうし、「お前に辛い思いをさせたね。許してね」って、言ってくれることでしょう。小生、そう信じます。
最後に、お釈迦様のお言葉です。❝怨みに報いるに怨みをもってすれば、怨み止むことなし。怨み忘れることによってのみ止む❞・・・。難しいでしょうが、よく味わってください。合掌 南旡阿弥陀仏

2021年3月5日 15:06
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


質問者からのお礼

早々の温かいお言葉の数々。身近な大人である親を頼れなかった私にとって、とても心強く、嬉しいものでした。ありがとうございます。

私はこれまで、私なりに人の道を一生懸命歩いてきたつもりですが、親からの理不尽な扱いを理解、消化できず、こんなに頑張っても、こんなに辛い目に合うのだから、正しく生きなかったら、どんな不幸に見舞われるかわからないという強迫観念に縛られていたのです。

ですから、お坊様方に、バチは当たりませんよ、とおっしゃって頂き、心のつかえが取れたような気持ちになりました。「親を思う自分の心に、自分が縛られている。」この言葉にはっとしました。

頑張ってきた自分を許す、憎しみを許してあげる。仏教では、許すとは、ありのままをそのまま受け止めることだと何かで読みました。私の人生の目標は、許せる人になることです。少しでも目標に近づけるように日々過ごしていこうと思います。

「法事・法要・49日」問答一覧

先延ばしになる母の海洋葬、一周忌

去年の春に大好きな母がガンで亡くなりました。数少ない母の遺言は死んだら海洋葬にして欲しいということです(母は海の近くの生まれでした)。 実家の近くに海はなく、コロナもあるためネットで海洋葬をしてくれる所を探しました。しかし父に提案しても「まだいいよ」「コロナが落ち着くまで待とう」の一点張り。一周忌にしても、今年から私が関西に転勤になり、コロナもあって帰れないが父と姉で一周忌をして欲しいと言っても父は「家族3人そろってやろう」「コロナがもう少し落ち着かないと、歳をとっている住職に頼むのは申し訳ない」と言って何も出来ませんでした。そして今度のゴールデンウィークは私が帰省できるので今度こそ一周忌をやろうと言ったのに、「お姉ちゃんの仕事が忙しくて唯一の休みの日も半日は仕事。休ませてやろう」「また次に3人揃った時にやろう」と。今度私が帰省できるのは早くても8月のお盆です。 葬送も一周忌も、所詮は私の自己満足だということは分かっているんです。何も出来なくても心から祈ればいいとは思います。でも母の遺言である海洋葬も出来ず、一周忌さえ先延ばし。このことに対して、というよりそれでよしとする父にどうしようもない憤りを感じてしまうんです。海洋葬に関しては、お骨を海に撒いてしまうという、母の形を成していたものをお墓として一つの場所に納めるのとは違うことに、躊躇いやどうしようもない寂しさを私も感じてはいるので、父もまだ踏ん切りがつかないのかなと思うところはあります。 しかしせめて一周忌はちゃんとやりたいと思うのです。私と父の2人でお寺に行ってお経をあげてもらうのはだめなのかと聞いても、やはり「3人揃ってやろう」と言うのです。 こんなことにこだわって父に怒りを覚えるのは、母が生きている時も亡くなった後も、私自身が母に対して母のためになるようなことをろくにしてこなかったから、今更後ろめたく思って躍起になっているのかなとも思います。 頭ではそう思っても、父に対する憤りがどうしようもなくわいてきてしまいます。この感情を静めたいです。どうしたらいいのでしょうか。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

一回忌について(一周忌)

父が亡くなってもうすぐ一周忌ですが多分呼ばれません。葬式にも呼ばれていないんです。死んでから一か月ぐらい経ってからの連絡でした。死に目にも会えていない。離婚した子はなかったことにしたいのですか。再婚家庭の考えが私にはわかりません。人間に見えません。日本の家意識とは何ですか。家を守るためならば実の我が子でさえも非情に切り捨てるようなそんなに冷たい人間たちが素晴らしい家を守ろうと言っているのでしょうか。人をないがしろにして守り上げていくその家に価値はありますか。海外の人の離婚再婚と日本人の離婚再婚は違うような気が致します。子供をないがしろにしてきた家は滅亡すると私は思います。 私が前妻の子だからですか。家族は離婚したら家族ではなくなりますか。 私も父の娘なのに仏壇も家にないし分骨もしてくれないし私は一体何なのかとさえ思います。父は四歳の私を捨てて女性と再婚をしています。離婚と再婚は確実に子供の心を殺します。大人たちはそれに気づきません。わかっています。何度も質問しましたし終わったことなのはもう、わかっています。でも四歳の私は泣いています。自分が悔しいです。再婚相手も憎いです。 日本には共同親権がないのです。私は共同親権をすることの本当の意味は男女に離婚しても子供の親であることをもう一度ちゃんと自覚させるための教えだと思っています。日本の男性の思考は離婚すれば独身に戻り新しい女とやり直せると言う思考が多いと思います。女性に比べればそれは明らかに顕著でした。何故ですか。何故なんですか。離婚しても幸せになれる権利はあります。私はこの言葉が嫌いです。一体どの口がそれを言うのかとさえ思います。子供のことをなかったことにしたい人と子供のことを見ない人がそれを言うのです。 離婚しても幸せになりたいから再婚をします。それは誰のために。自分のために。子供を見なかったことにして自分のために。激しく怒りを覚えました。私は一度家庭を壊した人間がもう一度家庭を作り直すことに疑問を持ちます。 再婚すれば子供の心が死にます。実際私の心は今も死んでいます。枯れています。花はもう、咲きません。枯れています。私は何のために生きているのか、私は何のために生まれてきたのか、わかりません。父と母の子で三人で仲良く暮らしたかった。ただただ、それだけなんです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る