hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

死ぬこともできないです。

回答数回答 3
有り難し有り難し 37

希死念慮に苛まれています。

私は恵まれていると思います。
両親、兄弟は健在で仲も良く
友人にも恵まれており
楽しいと思える日も過ごせています。

ですが、数年前から双極性障害と言われました。

元々、根暗だったのを「こんな考え方良くない」とポジティブに振る舞ってきましたが最近では、ネガティブに襲われます。

親友に裏切られたこと
職場でいじめられたこと
そこから人間不信になったこと

お金もなくやりたいこともできず
生きてる意味ってあるのだろうか
と考えても無駄なことを延々と悩んでしまいます。

そう過ごしているうちに
「死にたい」
と思う日が増えてきました。

ですが
「こんなに恵まれてるのに死ぬの?」
「死んで解決するの?」
「周りの人に迷惑かけるし、何より悲しむよ?」
「自分より辛い人はたくさんいるんだよ」
「自意識過剰、悲劇のヒロイン気取り」
と自責する思いと

「ツラい、消えてしまいたい」
「このまま引きこもって誰とも関わらずに朽ち果てたい」
「何も考えたくない、死んでしまいたい」
と自殺願望が
頭で渦巻いて、おかしくなってしまいそうです。

両親・兄弟には言えていませんが
友人は私の精神のことをある程度理解してくれています。
本当に恵まれてると思います。
みんな「大丈夫だよ」と笑ってくれます。

ここでお坊様の皆さまに相談しても、きっと「生きなさい」と言ってくださるのでしょう。
(仮に「死になさい」と言われたとて、動機がなければ死ぬ勇気はありません。)

その言葉はとても嬉しい、温かいのですが
生きるのは苦しい、死ぬのは怖い。
その事実はいつも変わらず脳内を蝕むのです。どんな言葉を頂いても、このとても苦しくて怖い、生きながら死んでいるような感覚が消えないのです。

私はどうすればいいか分からない。

死ぬ決定打がないので死ぬことはできないままに、日々希死念慮に苛まれます。
生きることは楽しいこともありますが
基本、私にとって生きるとは苦しいことなのです。

私はどうすれば救われますか。
生きるか、死ぬか
どちらを選べば幸せなのですか。
死ぬことに理由があれば死んでしまうことも許されるのですか。

2021年6月8日 16:57

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

ちょっとした幸せを感じたくて、明日を越えていく。

毎日が、葛藤だよね。頭の中も心も、グルグルとあなたを迷わせているのではないですかね。
生きるか、死ぬか。
答えを出そうとしてしまう。
曖昧でいるのが、しんどくなっているのですよね。
双極性の苦しいところですよね。

本当は、それらから解放されて、理解ある仲間と一緒に、前を向きたいのにねぇ〜自分に対しても嫌になっちゃうよね。

思うようにいかないから、生きることって苦しくなるけれど。そのストレスを、何かで誤魔化したり、どこかで発散させたり、誰かに伝えて聞いてもらったり受け止めてもらったり、大丈夫だと支えてもらったり背中を押してもらったり。みんな、そうしながら、生きているのだと思うわ。

生きなさいと、偉そうなことを私は言わないし、逃げ出したいことがあって当たり前だよねって思う。生きながら死んでいるような感覚って、本当に怖いわね。抜け出したくなるよね、もう解放されたいよね。

だから、周りをもっと頼りませんか。大事な人だから、心配もしたいのよ。頼ってくれたらいいよって、きっと思っているわ。一人は怖い。だから繋がっていてねって、手を伸ばしておきましょうよ。

楽しいことばかりじゃないけれど、ちょっとした幸せを感じたくて、明日を越えていく。
そんな日暮らしでもいいのではないかしら。

ハスノハでも、毎回、あなたの気持ちを聞かせてくださればいいわ。どんなネガティブも、一緒に頷いてあげたい。しんどい時に、辛い時に、一緒にそばにいてくれる人は、頼ってもいい人なんだよ。みんな、誰かを支え.支えられしながら、毎日を過ごしているのだもの。

2021年6月9日 11:11
{{count}}
有り難し
おきもち


はじめまして(*^^*) 中田みえです。 住職として、高校生の息子の母親...

仏道を学び、実際に歩んで下さい…

 【希死念慮】の言葉には希(のぞ)む、念(おも)う、慮(おもんぱか)る と自分の思い、また考えを意味する文字が並びます。
 だからこそ このとても恐ろしく、実際に自らの命を絶ってしまうほどの「希死念慮」を無くすためには、「自らの思い、考え」から離れることが大切です。
 その実践として自ら修行をして心を整え、鍛えて、その思いから離れようとするのが「自力聖道」の教えです。
 また、その【我の内から溢れ出す思いを自らではどうにも出来ない者に対して〈その思いを私に預けなさい、手放しなさい、私に任せなさい〉とおっしゃる阿弥陀という仏に委ねていく】教えが「浄土教」(浄土真宗)の教えです。
 あなたにはそれを選ぶ権利があります。どうぞ自らの思いから解放される道を歩まれますことを…真実なる人生を歩まれますことを、心より御念じ申し上げます。
 『生きるか、死ぬか どちらを選べば幸せなのですか』…幸せという自らの感情を人に尋ねますか。人に委ねますか。他人のその答えに納得出来ますか。納得した方を選びますか。ならば私が申し上げます…「生きる方が幸せです」と。この回答に納得なされましたか…。
 『死ぬことに理由があれば死んでしまうことも許されるのですか』の問いも同じです。その答えは自分で出すべきです。
 もちろん、この上なく重い問いですから、答えを軽はずみに出してはなりません。その答えを仏法にこそ求めて下さい。真剣に問い、また学んで下さい。
 多分、その答えを出すのに一生掛かるでしょう…いえ、一生を掛けても得られないかも知れません。
 だから、その答えを仏様に問い尋ねましょう。尋ね続けてまいりましょう。
 あなたには今お時間があるようです…といっても、人生の時間は有限。無為に過ごしてはなりません。
 だからこそ仏教を学んで下さい。その学びは「決して」無駄にはなりません。いえ人生を歩む上で、人生を充実させ、実りあるものにする為に必須の学びです。
 安心して仏道を歩んで下さい。
 私達(仏法を喜び、学ぶ者)の仲間になって下さい…。

2021年6月9日 10:51
{{count}}
有り難し
おきもち


千葉県市原市にある浄土真宗本願寺派 弘教寺の住職です。 当方 都市開教...

恵まれて幸せなのに自殺願望への処方箋

堪忍袋さま

つい先程に回答した内容と被ってしまうのですが・・すみません。

最近、まっいいかな、これぐらいでよいかな、このへんで終わらせとこかな・・と、一見、恵まれているにも関わらず(逆に恵まれていて幸せだと思っているうちに終わらせたい)、そんな感じの自殺願望がここのところ多いように思います。

もちろん、生きることがしんどくてつらい、苦しいのは誰も同じなのですが、これ以上、しんどくなりたくない、つらくなりたくない、苦しくなりたくないということもどこか絡んでいるようにも思えます。

しかし、気休めに、これからきっといいことがあるよ、もっと幸せになれるよ、などとかも、そう安易には言えないですし、まず信じてももらえないでしょう。また、誰も保証できないことでもありますから。

では、仏教的にはどう答えるのかとなりますが、

やはり、業(カルマ)と輪廻について理解していただかなければならないところとなります。

今の生を安易に終えたとしても、(過去世から、もちろん今世の)業(カルマ)によって、次の行き先、生まれ先が決まることになるため、当然にその業(カルマ)の状態次第では、また人として同じように苦しみ続けることになってしまう、もしくは、人よりも悪い境涯に生まれてしまいより苦しんでしまうことも。もちろん、人より善い境涯、天や浄土に生まれられる場合もありますが、そのためには、それなりの業(カルマ)の善い状態が必要なものとなります。

ですから、仏教では、できるだけ善い境涯へと向かえるようにとして、この生もできる限り有効に活かして、できれば、確かなる仏道を歩み、業(カルマ)を清らかに調える、智慧と福徳の資糧を積むということが求められるところとなるのであります。

是非、仏教についてこの機会から学ばれて頂けましたらと存じます。

川口英俊 合掌

2021年6月9日 11:24
{{count}}
有り難し
おきもち


「希死念慮」問答一覧

死にたいと漠然と考えてしまう

死にたい、漠然と思うことがあります。 大切な人たちのために生きなければと思いますが、死にたいと思うことがあります。 介護職へ復帰して、やり甲斐を感じながら仕事をしてきました。 コロナの影響で面会制限があったり、慰問も受け入れができず、入所者にもストレスは溜まります。不穏な方々に対応しながら、地域のためにと奔走する毎日。 加えて著しい人員不足。 コロナ禍で、海外からの技能実習生やEPAの派遣が止まってしまい、募集をかけても人材は確保できず…ギリギリの人数で業務をこなす日々。徘徊や帰宅願望にも対応しながら笑顔で必死に対応しつつ、今の場所で必死に、生きています。 最近めまいや吐き気がくることがあります。数年前に経験した地獄が、頭をよぎります。あの時の自分には戻りたくありません。 どんな厳しい現場でも乗り越える強いメンタルでいたいのに、どうして私はこんなに弱いんだろう、と嫌になります。 プライベートでは… 以前トラブルになったご近所さんからは、空き地の管理や放棄地周辺の整備について、チクチク言われます。休みもままならない状況で、何とか整備を頑張っていますが、心が壊れそうになります。 今この難局を乗り越えたら、楽になれるのかな。 心が辛いと、色々見えなくなる。 もっと強く優しく生きたいのに、思うようにいかない日々。 死にたい、そうつぶやく日が増えました。実行に移す前に、自分をたて直さなければ、と思います。 みんな大変な状況の中頑張ってるのに、弱い自分が大嫌いです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

死にたい気持ちを消したいです

どうしたらいいかわかりません。 私は毎日死にたいと思っています。 寝る前には必ずその日あった嫌な事、今まであった嫌な事、これから起こるかもしれない嫌な事、 などを考えて悲しくなって泣きながら寝てしまいます。(泣き疲れ?) 日常生活に支障がある訳では無いんです。 仕事にも就いていて、遅刻したりはありません。 寝れない訳でもない、食欲は増えても減ってもいない、でも死にたい気持ちが毎日あるんです。 プロフィールに書いてあるとおり、過去に色々繰り返してから私は 死のうと思えばいつでも死ねる、 と思っていて私からすればそれは希望なんです。 生きたくても生きられない人が沢山いるとわかってはいるんです。 そう言い聞かせても死にたい気持ちが無くならなくて。 申し訳ないと思いながらそれでも私は死にたいと思っています。 私の家は片親(詳しくはプロフィールに…)で、ありがたい事に長年お付き合いしている方もいます。 ですがどちらにも、ここまで死にたがってるとは言っていません。 悲しませたくなくて、もう死にたいなんて思ってないよ思わないよ、と嘘をついています。 その2人がいなかったら未練なんかないのに。 親が2人いれば安心だから今すぐにでも死ねるのに。と思う毎日です。 病院に行って認知してほしいとか、誰かに心配してほしい、とかは微塵も思っていません。 ただ、この死にたい感情を無くしたいんです。 欲が無いわけではないので、生きたくない、とは思わないんです。 物欲だってあるし、趣味はありませんが好きなアーティストさんなどは人並みにいます。 私が死んだ後の残された身内の事を考える時は、この気持ちにとても罪悪感を感じます。当たり前ですよね。 元々は死にたいと思うだけの毎日でした。 ただ、死にたいと思い始めてから期間が長いので、私の中で死にたい気持ちは約9年ほど、当たり前の様にあります。 ですがここ数週間?数ヶ月?の間、涙が止まりません。 (元々涙脆い方ですが…) 死にたいと思いながら寝る前に泣く毎日に疲れました。 どうしたら死にたい気持ちとさよならできるでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

素晴らしい人生のはずが希死念慮が消えない

お世話になっております。どうか私の現状に助言を頂きたく、乱文ながら投稿させていただきます。 私は、世の中が理想とするような現状に身を置いています。私にはもったいないような大きな会社へ所属し、一人で暮らすには十分な金銭を得て、仕事も基本的には定時で上がれるような素晴らしい環境に身を置いています。 また、私はこの社会的立場こそが幸せと定義されるものであり、そのために不器用ながら努力を続けてきたつもりでした。その結果、一番に望んだプロセスでないにせよ、幸せをつかみ取ったと確信しておりました。 そして、私が渇望していた、”自分も他人も、私を認めてくれること”を叶えてくれるものだと信じて疑いませんでした。 しかし、最近では、手に入れたはずの幸せは、私にとって何の価値もないのではないかと思い始めました。 そのきっかけは、芸術分野で生きる知人の成功体験や、働かずとも両親の許で自由に暮らす友人が、自分の好きに生きて、それでいて何不自由なく幸福に生きていることを目の当たりにしたためです。 私は、私が定義した幸せを得るために自身の願望の大半を退けながら生きてきました。優秀な学校に行き、大手企業に入社する。それが私の全てでした。だからこそ、趣味という趣味も持たず、肉体が拒否反応を示そうとも机に向かう日々を過ごしていました。 しかし、結局のところ、社会的立場を得たとしても私の世界は何も変わりませんでした。大きな組織に属しているからといって、私が有能になれるわけではありませんし、友人に尊敬されると信じていたはずが、ただ一言「ふーん。すごいね。じゃあ今夜の飯、奢ってよ」と言われるだけでした。 その事実は、まるで私が信じていた世界が崩れ落ちるような感覚を植え付けました。心に秘めた虚しさを埋めるために、過去に私が関心を持ちつつも退けた事象にお金をかけてもみましたが、過去のような関心も戻らず、ひどく打ちのめされた気分になりました。 最近では、全てのことが無価値に思えてきました。仕事も、頑張っても誰からも認められない気がして熱心にやる必要性を感じられなくなりました。唯一の趣味の執筆も、昔から執筆を続ける人々との才能の差を感じてほとんど手を付けなくなりました。 そして唯一、私の頭に浮かぶのは、酷い虚無感と自殺願望だけです。 どうか、ご助言を頂けたならば幸いです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

生きたいと思うには

前回と似た質問で申し訳ないです。限界を感じているため吐き出させていただきます。 昔は真面目だったのに、大学生になり一度メンタルに不調をきたして以降、回復後も投げやりな生活を続けてしまいます。 5日に4日くらいの割合で死にたいと考えます。2週間毎日死にたいが持続するわけではなくご飯が食べれないわけでもないので、うつ病ではないと思います。調子がいいときは授業に出て課題をこなすという当たり前のことはできますが、布団から動けずなにもできない日が頻繁にあります。どうせ次の授業の時にはわけもなくサボってしまうだろう、と考えてしまうと元気な時すら真面目に取り組むことが、返ってその努力を無に帰すことを想像して億劫になります。 死にたい気持ちの理由を考えても、悲惨な理由はありません。家庭円満、友達も優しいです。ただ漠然と将来に絶望しています。多分メンタルを壊して以降、ゼミ室で同年代の人たちといるだけで息苦しく、将来働いてもすぐやめるに違いないと思ってるからです。ほぼ毎日「明日死のう」と思っているので、明日死ぬのに身なりに気を遣う余裕も未来のために頑張る気力もないです。小さい頃は私が死んだら親が悲しむことを想像して生き抜いてきましたが、今はもう自分が死んだあとに誰がどう思おうが関心が持てないです。このように性格が歪んだことにも自己嫌悪を覚えます。 でもいざ自殺しようと色々調べてみても、実行する勇気もでません。せいぜい緩やかに寿命を縮めたくて酒量を増やしている程度です。 ならば最期にここで生きる希望をもらえないかと再び望みをもってみました。 私は特に長所もなければ、むしろ社会不適合で病気でもないのに人の笑い声を過剰に恐れたり上記のように授業をサボったり、とにかくまともな生活すら送れていないです。成したいこともなければ、趣味も死にたい気持ちを抑えて熱中できるものではないです。友達のことを信用することすらできません。劣等感と焦りだけ抱えながらこれ以上生きるのは苦痛だと感じています。成したいことのためになりふり構わず頑張る元気もないです。それまでは優秀だったのに不調で休学したことで、何を頑張っても無駄という諦めが捨てられません。自分の選択全てに自信がないです。 希望がない無気力な人間は、どうやったら生きたいと思えるでしょうか。お力を貸していただけると嬉しいです。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

HSPが希死念慮と付き合う。物事の習慣化

生きてればいいことがあるというが、それを楽しみにもがき苦しむのが限界で消えたいです。 一方で、今まで良くしてくれた両親に申し訳なく死ねません。 希死念慮に近いものが毎日わたしを襲ってきて、何をしても楽しくなく、暇な時間は損害賠償で両親を苦しめることもない死に方を考えることに費やしています。 精神科にも通っていますが自殺未遂がないので、投薬と規則正しい生活をと主治医から言われるのみです。 規則正しい生活と言いますが、生きる希望もないので食事、水を飲むことすら億劫です。 薬を飲んでも希死念慮は消えることなく、強制的に眠ることによって解決を先延ばしにしているだけかもしれないと最近は思います。 希死念慮は本当に死にたい訳じゃなくてこの永遠に続く苦行から逃げ出したいというのが本質だとは思っているので、色々転職しました。 ただ周りの目を気にしすぎる、希死念慮が渦巻くこのマインドのせいか職場ではミスの連続かオドオドで試用期間でクビはザラ、プライベートも何をしていても楽しくない。 マインドが原因なら!とマインドセットのため未来を憂うことなく今だけを感じその中で精一杯頑張れる方法、考え過ぎないようにする方法を探し、散歩、瞑想や日記をつけたことがありますが続きません。 継続できないことに関し自分で自分を客観的に見て、言い訳するなんておこがましいと思い、さらに自己嫌悪に陥ってしまうことに気づき、できなかったという事実のみを見るようにし、できた日はひたすらに褒めることを繰り返していますが、疲れました。 自分が動かないとと何も変わらないと思って必死に自分を鼓舞してきましたが、鼓舞して苦しんでの繰り返しに疲れてしまいました。 死ぬのはとても怖い、両親の悲しむ顔は見たくないけど、その1歩がわたしとってはすごく眩しいです。 唯一の希望の光に見えます。 ①繊細な人、所謂HSPや希死念慮は消えることはなく付き合っていかなければならないものだと個人的には考えておりますが、消えることはあるのでしょうか。お考えや付き合い方についてご意見をお聞かせ頂けませんか。 ②調べ、憂れ、考えることだけしかせず、実行、継続しない、穀潰しで怠け者の私の尻を叩いて頂けませんか。 何故すぐ諦めてしまうのか自分でも分かりません。 ③パーソナルな質問で恐縮ですがお坊さんの生きる活力を教えて下さい。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

自殺願望が消えません。

幼少よりずっと自殺願望があり、その気持ちが消えません。 住んでいるマンションの外に面した階段から飛び降りようとして、母に止められたことが5〜6回ありました。 どこかで母が追いかけて来てくれるのを待っていたようなところがあり、こんなことではいつまで経っても死ねないと思い今日自室のクローゼットで首を吊ろうとしました。 ベルトに首を通して、しゃがめば死ねることがわかっていたのにしゃがめませんでした。自室なので母は止めに来ないのに、死ぬことを躊躇ってしまいました。 首を吊れなかったことを母に話したら、いつもは私の自殺願望をあまり真に受けてくれなかったのに今日はあなたが死ぬことを想像もしたくないと泣かれて、流石に罪悪感が湧きました。 しかし、私には母の気持ちが本当なのか未だに疑ってしまいます。疑ってしまうのには今までの育ちなど色々と事情があるのですが、いくら死んで欲しくないと言われても私の心にそれが伝わってこないのです。 私がおかしいのはわかります。 母を苦しめたくない気持ちもありながら、母の気持ちを疑ってしまったり、死にたいのに首を吊るのを躊躇ったり、自分でも何がしたいのかわかりません。 死にたいと思わない人たちが羨ましいです。 長くなりましたが、結論としてはどうすれば死にたいと思わなくなるのかをお伺いしたいです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る