hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

法然と弁長の矛盾

回答数回答 2
有り難し有り難し 8

以前にも臨終の相と来迎に関しての弁長上人の言葉が納得できなくて質問させていただきました。
それ以外にも例えば弁長上人は聖浄兼学しなきゃ念仏のありがたみはわからないと言っていますが、これは法然上人が否定した「学問をして念のこころを悟りて申す念仏」ではないでしょうか。

どうも僕の目には弁長上人は法然上人の教えを歪めまくっているような気がするのですが、浄土宗のお坊さんはこの矛盾を心の中でどう消化しているのでしょうか?

2021年7月11日 20:00

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

どうでしょうね

一枚起請文には「たとひ一代の法をよくよく学すとも一文不智の愚鈍の身となして」とあります。
法然上人は学問すること自体を否定はしていないと思います。
また、法然上人は愛弟子の証空上人をわざわざ天台止観の先生に預けて学ばせたとも聞いたことがあります。
一人前の僧侶として弟子を育てるにあたっては、聖道門の知識も役立つと判断されたのかもしれません。
浄土宗の教義を深く理解するためには経論釈を読み解く必要があり、実は浄土宗は学問仏教なのです。
念仏往生のためには学問は不要でも、教えを伝える能化(僧侶)には学問が必要です。
特に、浄土宗開宗後間もないあの時代には、浄土宗教義の骨格部分でさえ正しく理解できている僧侶は少なかったと想像できます。
そんな中、骨格部分を正しく理解している弁長上人が法然門下の中で重要な存在だったのは間違いないないでしょうね。
追記
往生する人は臨終の刹那に阿弥陀仏の来迎によって正念を得るわけですから、弁長さんの説も間違いではありません。ただ、本当の臨終の瞬間は外見では判断できないです。
で、後世の私達が理解している部分も、当時の教義としてはまだ確立されていない部分(骨格ではなかった)かもしれません。
今のように情報共有ツールがなかった時代ですから。
追記
弁長さんの認識は常識的な考えです。
当時は、法然さんの教義を細部まで研究できる時代ではなかったのでしょう。(印刷機もないし)
追記
往生を確信していれば臨終にあたふたしないだろうと考えるのは、常識的な理屈だと思います。
しかし実際にはぎりぎりまであたふたしますが。
で、弁長さんら先人が専修念仏という骨格を伝承してくださったおかげで、現代の私達が改めて詳しく宗義を研究できるわけで、弁長さんと法然さんの矛盾は「あの時代にはまぁ仕方ない」と思っています。
追記
矛盾があってもなくても念仏すれば往生できますから、細かいことは気にしなくてよいのでは。

2021年7月11日 20:51
{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

私自信弁長上人の言葉についてよく学んでいないのでベストな回答ができなくて申し訳ありません。
なのでご質問の内容だけから思ったことのみ回答させていただきます。
「聖浄兼学しなきゃ念仏のありがたみはわからない」
これはその通りだろうと思います。
修行僧が聖道門で悟りを目指して長年日々努力しておられても悟りに至るのはわずかなお方だけと聞きます。ということは挫折された方も諦めた方もいたことでしょう。
そのような挫折された方が浄土門に入り念仏をお称えするだけで誰でも極楽浄土に往生し悟りに至ることができると心から信じた時、そのありがたみの感覚は他の人よりも大きな感動があるような気がします。
ただ、もちろんそのような人一倍大きなありがたみなど感じなくとも私たちは私たちなりに十分にありがたく感じていますから、特にその上人の言葉を気に留めなくてもいいと思いますよ。
南無阿弥陀仏

2021年7月12日 15:15
{{count}}
有り難し
おきもち


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

質問者からのお礼

>願誉浄史様
回答ありがとうございます。
ですが、その「骨格部分を正しく理解」が弁長上人にできているのかという点から僕は不審なのです。
例えば以前にここに書いた質問ですが、弁長上人は「世の中の人の往生したるぞ、悪道に堕たるぞと申す事は、此の臨終にて知るなり。臨終の吉き人は往生したると知る、臨終の悪しきをば悪道に落ちたりと知るなり」と書いていますが、こんなことは法然上人は言っていないし、むしろ逆に「死に際が悪くとも平生の念仏で必ず往生できる」と言っておられます。
弁長上人の念仏は臨終行儀を重視する天台色の強い、恵信僧都源信流の念仏であって法然上人が教えた善導流の念仏ではないんじゃないか?と思うわけです。

>願誉浄史様
重ねてありがとうございます。
傍からはわからないぐらいのほんの一瞬の正念というなら弁長さんの説も理解できなくはないんですが、そうだとすると「世の中の人の往生したるぞ、悪道に堕たるぞと申す事は、此の臨終にて知るなり。臨終の吉き人は往生したると知る、臨終の悪しきをば悪道に落ちたりと知るなり」の「知るなり」の主語は死ぬ本人ではなくそばで見ている人になると思うんですが、そうするとほんの一瞬ではなく傍から見てわかるぐらいのまとまった時間の正念になると弁長さんは言っていると解釈するのが自然ではないでしょうか?

申し訳ありません、議論をふっかけている訳ではなく純粋に疑問なだけですので、お気を悪くしないでくださいね。

>願誉浄史様
それは当時の、源信流の臨終行儀を重んじる念仏の考え方から見れば常識的、という意味ですか?
印刷機もあって細部まで法然上人の教えを研究できる今、現代の宗教法人浄土宗・及びその所属僧侶の方々はこの弁長上人の解釈をどう受け止め消化していますか?

>三宅聖章様
回答ありがとうございます。
聖道門で挫折しないと念仏の本当のありがたみが身に沁みないというのは一般論としては一理ある気もしますが、何と言いますか、よりによって難しい修行や知識を必要としないはずの専修念仏の宗旨の法語としてそれ言っちゃうかぁ!?って気持ちなんですよ(このニュアンスわかっていただけるでしょうか?)
聖道門に挫折という経験を経由しなくたって、日々の生活に追われて仏道修行などと縁がなく来世は地獄行きとあきらめていた名もなき下層階級の人々には念仏のありがたさはこの上なく身に沁みたでしょうし、むしろそういう人たちこそ法然上人の正客ではなかったか……と思うのです。その意味で三宅様がくださった最後の一段落はホッとします。

>願誉浄史様
では、法然上人と弁長上人との間に矛盾があることはしかたないとして、一念仏者としての僕はどうしたらいいでしょう? 弁長上人の気に入らない部分は無視しても良いですか? それでも浄土宗ですと名乗っていいですか?

>願誉浄史様
やっぱり結局はそういうところに落ち着きますね。いろいろ質問攻めにしてすみません。お付き合いありがとうございました。

「念仏について」問答一覧

禅と念仏

こんにちは。僕はこれまで様々な道(生き方)を求めて、真宗の教えを求道中だったのですが、はっきり言ってこれまでやってきたことは偽りに過ぎなかったと思い始めました。僕は真宗(本願寺派)において信心をいただきましたが、結局疑いは消えないようです。疑いあるままの救いのようですが、どうも僕にはそれが耐えられないようです。とにかく苦しくて仕方ない。 一方、真宗大谷派の方はもとより疑うべき考え方がないので、とても気が楽になり、最終的には「事実のみが救い」だと最近学びました。 真宗大谷派が最善だと思っていたのですが、僕は精神統一をしなければとても精神が不安定になることもあり、どうせなら座禅の方が良いのではないかと考えています。 これは僕の勉強不足かもしれませんが、座禅と念仏の教えは確実に繋がっているところがあるように思うのです。座禅の教えは自力だと言われていますが、僕はそうは思わず、考え方の問題だと思います。念仏だって自分の意思で間違いなく念仏申しますが、考え方としては「阿弥陀仏の力によって念仏させられる」と考え、禅宗でも「座禅が座禅をするのだ」と言っている人もいます。それに、「座禅は悟りを開くことが目的ではなく、座禅そのものが目的」だと聞きました。 他にも禅で言う大悟も、念仏の信心と似てるというか、もう一緒ですよね。「妙好人」の著書で知られる、鈴木大拙先生も念仏の教えと座禅の教えを比べながら大悟を解説していますし、大悟したと言われる一休禅師も煩悩が消えているわけではない。実際にはどういう境地なのかは分かりませんが、おそらく「仏の眼」によって煩悩あるがままでも力強く生きることができたのではないかと理解しています。 これらの事から、僕は禅の道を歩もうと考えています。 念仏の教えと座禅の教えは、ほぼ同じようなものだと考えている僕ですが、実際はどうなのかが知りたいです。よく吟味しながら求道しようと思っていますので、遠慮なく厳しいお言葉でも構いませんので、念仏と座禅の関係性、大悟や信心の類時点や相違点を教えていただけると有難いです。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

気持ちが変わってきた

こんにちわ いつもお世話になっています。 最近仏様にお祈りして頼っております。念仏を唱えると気持ちが落ち着き支えられています。 苦しい時の神頼み的で申し訳ない気もしますが… でも、何故か?唱えているとお線香の香りがして来て近くにいてくれていると感じます。 そのせいか、気持ちが変わってきて焦りではなく早く仕事に行きたいと思わせて頂くようになりました。 前はそう思っても怖い不安が先にたちなかなか面接行っても不採用にならないかなと思っていた自分がいました。 先日面接に行ってきてまだ、採用にはなっていませんが、手応えがありました。 今は仕事に行けたら嬉しいなと思えます。 体力的に自信はありませんが、当たって砕けろ的な考えです。 自分がどこまでできるか? ダメなら辞めてもいいって考えて気楽にチャレンジしてみようかなんて! 明日の事は誰にもわからないし わからないから希望ももてるし! 明日失敗するってわかっていてもそれをこなさなければならないならば、人間って生きていけない生き物ですよね? 何が起こるかわからないから期待や希望が持てる物だと感じました。例え失敗に終わってもそれはそれでチャレンジした自分がいるわけだから満足できるのかなと。 明日採用の合否がわかります。 祈っていて下さい。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

比喩表現なのか...謎

お世話になっています。僕はこれまで、「お念仏は1日10回程度でいいだろう」と思っていました。何なら、1回でもいいと思っていました。ところが、あるお坊さんから聞いたのですが、「お念仏というのは、瞑想みたいなものだ」と言っていました。ただ手段が違うだけだと。瞑想では、呼吸や身体の感覚に集中することで、「今」に心を置きます。お念仏も瞑想と同じで、お念仏を唱えている時だけ「今」を生きることができると言っていました。自力の計らいというのも、瞑想でいうところの雑念なのでしょう。また、阿弥陀様や如来というのは、この世の大いなる働き(空、因果律)のことだと言っていました。浄土真宗はとにかく比喩表現が多いんだと。これらのことは本当なのでしょうか?もし、本当だとしたら煩悩を自覚する意味が分かりません。また、煩悩即菩提の概念もよく分からなくなってしまいます。僕は今まで本当に浄土(死後の世界)があり、阿弥陀様も実在する「人」だと思っていました。 しかし、内心では疑いを持っていました。南無阿弥陀仏と唱えれば浄土に往生でき、それが出来なければ地獄行きというのは疑問に思っていましたし、大宇宙の法則がなぜ「この人は浄土、この人は地獄」と判断するのかもおかしいと思っていました。もし、このお坊さんのいう通りなら、色々と納得できる部分がありますが、実際のところはどうなのか気になります。回答お願いします。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

【浄土宗】本当の念仏行って…何?

 いつもお世話になっております。  まず、質問に先立ちまして御礼とお詫びを申し上げます。  この件に大変尽力してくださった、先生方。ありがとうございます。 そして、大変申し訳ございませんでした。  お念仏は続けていますが、あれから菩提寺を含め、浄土系の寺院には お参りが途絶えている状況です。  私自身、自分の信じていた宗の精舎がすさんでいくのを見るのが とてもつらかったのです。私では、止めようがありません。  詳細を説明すると、 ・お坊さん(布教師)の言うことがちょっとおかしい  →他宗の行をけなしたり、念仏以外の行を積むと地獄へ行くなどと平然と  言い放つ、他の仏様をけなす。   「なむあみだぶつ以外は邪教!!」「本山が喧嘩しあってる」 「平等とは何だ」など、不安を煽るようなことを平気で言う。   結果、信徒の9割がその影響を受けて変な方に考えが行ってしまった。  とにかく、私はつらかったです。悲しかった。顔で笑っていても、 腹の底で悲しむ私の姿を、お母さんー阿弥陀様に見せたくない、 そう思って、門から出ました。  本当の念仏とは何?この数年間私は考えました。恋しい「親様」のために。  「苦行に費やす時間を、目の前の苦しむ人たちのために。 来たるべきその後の時は、仏様が確実に手を引いて導いてくれる」  他の神仏の悪口なんか言っちゃいないし、好き勝手どころか、むしろ、 「良心」を前提で動く私たちの背中を優しく見守ってくれる。 「ドジ踏んだって怒らないから安心しな」と。  本当の念仏行って、なんなんでしょうか?

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る