hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

「人の為」ってエゴにあたりますか。

回答数回答 2
有り難し有り難し 19

お世話になっております。
定かな答えなどない質問かとは思いますが、皆様のご意見を伺いたく投稿させて頂きます。

元々抱え込みやすい性格で、こちらでもたびたびご相談させて頂いておりますが、色々と考えているうちに、私にとって「人に認めてもらう」事が自分を認めるための手段、まさに承認欲求の塊だと感じる事が増えました。誰しも少なからず承認欲求はあり生きるうえで必要かと思いますが、私はその割合がかなり大きい気がします。そのため、周囲を気にせず主体的に生きている人は尊敬するし憧れる存在です。でも、そのように自分を信じて主体的に動く感覚が未だに掴めません。「自分の思いのままに動く」事が非常に不安で、それ以前にそもそも自分が本当にやりたい事って何だろうとふと考えます。

現在介護職をしていますが、元々これも「誰かの役に立てる仕事がしたい」との動機からでした。実際やりがいや達成感は大きく、それがまたモチベーションにも繋がっています。仕事中どんなに辛くても、ご利用者から「ありがとう」の言葉が得られると素直に嬉しいです。
一方で、自分は「純粋に人の為に何かをしたい」というより「そうする事で人から認めてもらいたい」というエゴなだけなのかなと思う事があります。人に尽くしたいというよりも、根本ではそうする事で認められたい、必要とされたいのかと思い、果たしてこれって良いのかと不安になる事が増えました。

仕事のみならず休日もです。本来なら自分のための時間のはずなのに不安で落ち着きません。趣味がないわけではないのですが、その最中でさえ、ろくに仕事もせず自分一人のために時間を費やしていて良いんだろうかと過ります。そのため、休日も家事や自宅でできる作業等に極力時間を充てています。ただ、合間に手が空いた時等、この時間に何かできないのか、一人で呑気にしているなんて無駄ではないかとすぐに焦ります。自分が所属するコミュニティを増やせば少しは変われるでしょうか。

とにかく時間に追われて働いていないと落ち着かず、且つ他者の反応を通してしか自分を認められません。でも、最早それでは真に「人の為」にすらなっていない気がします。それを口実に自分を満たそうとしているのかなと惨めで、むしろ自信を失くす一方です。

自分に自信を付け、自分で自分を認める方法、そのために必要な心がけが知りたいです。

2021年10月23日 12:27

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

ハート♡のアクションは誰にとってもうれしい恵みと捉える

🐱ただいま、当山に棲みついているネコが私にとりついておりますのでネコ目線でお話ししますにゃ。🐈
人が受け取ってうれしいもの、うれしいこと。
それは人間の本心のレベルで決まっています。
ネコにもしてもらってうれしいことがあります。ゴロゴロゴロゴロ…。(のど撫で・デコ撫で)
あっていきなり乱暴なことをされれば「(*´Д`)は?何事?」となりましょう。
ネコふんじゃったとか、かつ節やるからよっといで、とか上から目線なの、誰でもいやでしょうに。
もし初対面で好感度高めでやさしい言葉、きれいな容姿、よき香り、配慮の行き届いた対応などがあれば、誰でもすくなくとも悪い気はしないでしょう。別にホストクラブでも高級クラブでもなく、人の接待の事でもなく、人がされて心地よいこと、心地悪いことは生物は「本心レベルできまっている」ということなのです。
仏教にも「だから」戒律があるのです。傷つけるな、害するな、盗むな、尊厳を汚すな、ウソつくな、依存するな、責めるな、自画自賛するな・けなすな・ケチるな・怒るな・そしるな…。これらもみな人間の本来のネコちゃん安心ゾーンを損ねちゃいけにゃいと言うことですにゃ。それはあらゆる生物に共通しているのです。
人間も犬も猫も鶏もされていやなことはある。
反対にされてうれしいことがある。
それをするのに人の為とか、ボランティアとか、偽善だの、自分の為だとかは絶対にありませんし、あってはニャりません。そういうものは人が人の善意をダメにする貶めワードというものです。そんな言葉や心理トラップには引っかかってはいけません。
私もある尊敬する人が一生懸命みんなの為に料理を作ってくれていたのですが、口の悪い人が「あれは自己満足だ」と酷いことを言っていたのです。そんなことを言って誰が聴いていてうれしいでしょうか。けなす。バカにする。貶める。価値を下げる。DISる。ののしる。下げる。誰もうれしくありません。爪を立てちゃいけないところに爪は立てちゃいけないのです。
あなたはあなた自身がせっかく良いことをしているのですから、今後も堂々とみんなが喜ぶ「ねこなで・のど撫で・デコ撫で」に通ずることをやってください。
あなたがやってもらってうれしいことをしなさい。🐈
そうすると相手もうれしい。そうすると承認欲求も高まりコンプも吹っ飛びますにゃ。
自信とは自分がこれだ!という確信です。

2021年10月23日 18:05
{{count}}
有り難し
おきもち

承認欲求とのつきあい

ご投稿を拝読させて頂きました。
私の意見を書かさせて頂きます。

tamaさんが自信をつけていくのに、私がオススメしたいことは「読書」や「他業種の人との会話」の習慣です。私がそう考えた理由を記載します。

 さて、「自分に自信がある」とはどういう状態でしょうか。私は「自分の行動は正しい、確実だ」と確信している状態だと思います。私たちの生活は行動の連続ですので、人は自信があるときもあれば、ないときもあるのです。
 私も家にいると、自信がなくなることがあります。「他にもっとするべきことがあるのでは?」と不安になるのです。思い返せば、小学生のころは学校から帰ると友達と遊んだり、ゲームしたり没頭できたのに、中学生になると没頭できなくなりました。「勉強」という優先事項が私にできたので「遊ぶ」ことに迷いが生まれるようになったのです。そういう意味で、中学生の私は遊ぶことに自信を無くしてしまったと言えます。私もtamaさんの休日の不安が少しばかりわかるように思います。
 tamaさんの仕事での不安は、僕の場合より少々複雑ですね。語ることは避けておきますが、「承認欲求」と「純粋な自己の動機」とは、共存していけるものだと思います。一方が存在するかぎり、もう一方が許されないものではないと思うのです。とは言うものの、この不安への答えはtamaさんが(慌てずに)探していくことが、いいように思います。
 話を戻しましょう。私が上記の習慣を進める理由は、様々な価値観、世界観を蓄えることが自信に繋がると思うからです。一つのジャンルではなく、様々なジャンル、時代の本を読むことをお勧めします。同様の理由で、普段話さないような人と話してみるのもいいでしょう。多様な生き方、世界観、価値観を知ることで「こういった考えもあるだ」「こんな世界で生きている人もいるんだ」となんらかの発見があるはずです。これらを例とした様々な情報が、tamaさんにとってプラスの変化を起こしてくれるように思うのです。
_______________________
追記:仏教的なこと

「心の五つの覆いを切り捨て、
 すべての煩悩を除去し、
 なにものにも頼らず、
 愛欲の過失を断ち切って、 
 サイの角の如く、ただ一人歩め」
                  『スッタニパータ』1-66
字数制限でここまで..応援してます!
   

2021年10月23日 21:10
{{count}}
有り難し
おきもち

真宗大谷派僧侶。男性、神奈川県、20代、機械技師。 初期仏教、真宗を主に...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
「自分に対する確信がある状態」が自信である事、なかなか意識できていなかった事に気づかせていただけました。

物事に対して、「自分のため」や「人のため」という捉え方のみならず、「自分とはこうだ」という視点に立って行動を起こす必要性が少し分かったように思います。

少しずつ自分に自信を持てるような行動を心がけていきたいです。

改めまして、丁寧なご回答ありがとうございました。

「認められたい・承認欲求」問答一覧

他者を羨ましく思う自分が嫌で苦しい

いつもお世話になっております。 こちらのサイトのお陰で少しずつ前を向けるようになってきました。 心よりお礼申し上げます。 高い頻度で質問をしてしまっているので 恐縮ではございますが 他の方々の問答の後、お手隙の際にお答えを頂けたら幸いです。 お尋ねしたいのはタイトルの通りです。 プロフィールや今迄の相談で書いてきましたが 私はいじめにあったことがございます。 その為、いじめ被害を訴える方々や いじめについて非難、注意するニュース等を見聞きする度に それらについて被害を訴える方々を応援したい 被害者が声を上げて助けられて良かった いじめへの注意等が広まっていくことが喜ばしい、と良く思う反面 この人達は周りに味方して貰えて羨ましいな 自分は誰にも助けて貰えなかったのにな どうして自分の周りにはいじめを注意非難する人が居なかったのだろうと 羨ましさ妬ましさ それから悲しみがこみ上げてきてしまいます。 また、我ながら最低だと思いますが もし私も死んでいれば 若しくは今から死んだなら 一矢報いることができるのだろうか あの人達やそのまわりの人達に暗い気持ちを抱かせる事が出来るだろうか なんて考えてしまいます。 こんな気持ちは抱きたくない こんな考えは無くしたいと 自分なりに色々やっていますが上手くいきません。 どうしたら良いのか 何かお言葉など頂けたら幸いです。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

辛くても悲しくても笑っています

わたしは辛くても悲しくても笑ってしまいます。 人から何か言われたり、コンビニの店員さんに答えるだけでも笑ってしまいます。 本心からならいいんです。 でも、心の中は黒い感情でいっぱいです。 たとえば『気安く話しかけてんじゃねーぞ』とか 仕事中なら『お前サボってねーで手伝えよ』とか。 こうなってしまったのは子供の頃、父がわたしに理不尽な事をした時に 怒ってにらみつけたり、泣いたりするとものすごい怒声と暴力があったからです。 それから人前で本心をさらけ出すのが怖くなり、どんな状況でも笑ってしまい、身を守る癖がついてしまいました。 たとえばどうしても嫌な事でも頼まれ続けると受け入れてしまい、その後、その後始末で何年も悩むとか、その後の人生がその時の尻ぬぐいのような感じで終わってしまいます。 頭ではわかっているのですが、条件反射的にそうなってしまいます。 自分の人生を、自分らしく、自分の感情や気持ちを偽らずに生きていくにはどうしたらいいでしょうか? 頭や心では万人に好かれなくていい、自分が好きな人だけに好かれたらいいと思っていてもどうしてもその癖が抜けません。 笑わなかった後の相手の反応がわからず困っています。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

諦める(明らめる)には

こんにちは。 私は、家族に対する期待があり、それを得られないことで苦しんでおります。それを諦めることはできるでしょうか。 私が家族に期待することは、たとえば私が泣いていたら「大丈夫?」「そばにいるよ」などの心配や寄り添いをしてもらうことです。 私の家庭環境は、仕事命で子供には無関心だった父、幼少期に喧嘩して大人になるまで無視され続けた兄、過干渉で頭ごなしに怒る母でした。家庭の中で安心して甘えられる相手がおらず、友人も少なかったです。 大人になって現在、私は結婚して夫と二人暮らしです。夫は付き合っている時は愛情表現が割とあったのですが結婚してからはすっかりなくなりました。さらに、どうやら夫は発達障害の特性があるようだと分かり、他人に共感することがとても苦手な人なんだということが分かりました。 こういうわけで私の家族は、私が求める形で寄り添える人はいません。愛情はそれだけでは無いと頭では理解しています。 父は、お金は何不自由なく出して育ててくれましたし、兄との喧嘩はお互い様です。母の過干渉も心配や愛情からくるものだと理解しています。夫が共感が苦手なのは別に悪いことではありません。 それでも、私は自分が誰かの目の前で泣いている時に誰も声をかけてくれないことが心から辛いです。自分には心配される、愛される価値がないんだとまで思ってしまいます。 「まずは自分から愛すること」や「自分で自分を愛すること」を心掛けてはいるのですが、なかなかうまくできていません。心のどこかで愛されてない自分を諦められない、もしくは納得いってないのかもしれません。 仏教では、諦める=明らめる、ということだと知りました。現実を直視しそれを受け入れて楽になることは私1人でもできるでしょうか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

心の声を声に出してしまったかもしれず後悔

いつも前向きになれるお言葉をありがとうございます。 職場の女性に仕事を指示された際、言い方がきつかったので思わず「こわ」と言ってしまいました。 正確には話す時ほどの声の大きさは出していません。 囁くような声で実際に言ったのか、心の声に合わせて口を動かしてしまったので言ったと錯覚しているのか定かではありません。 仕事中はマスクをしているので、口パクだけだったらバレていないと思います。 コロナ禍でマスクをするようになってから、聞こえるか聞こえないかの大きさで独り言を言うのが癖になってしまっていました。 実際に私の独り言を聞いた人もいると思います。 やはりブツブツ独り言を言うのは印象が良くないだろうと思い、最近はあまり言わないように気を付けていました。 今回は相手の方も普通に仕事を続けていましたし、私に対する態度も変わらなかったので、聞こえていない(言っていない)のだと思います。 ですが、もし実際に聞こえていたら周囲の人に言いふらされ、皆から嫌われて仕事がしづらくなるのではないかと不安です。 仕事中は自分の嫌な部分を上手に隠して、当たり障りなく過ごしたいのですが、毎日後悔することばかりで自己嫌悪です。 言動で後悔しない日は来るのでしょうか?

有り難し有り難し 4
回答数回答 2

今までなかった劣等感

この春から異動になり、出先の支店勤務となりました。 異動が決まった時は、初めての出先の支店勤務で不安と納得できない部分も正直ありましたが、今では職場の方々がとても良い方々ばかりで安心して働く事ができてあります。 本店にいた時から違う部署になっても、仲の良いグループがあり、定期的に会ってご飯によって行ってました。 お互いの近況を報告し、それぞれに励まし合って頑張る形になってました。 先日も私が支店に異動になってから初めてご飯に行ったのですが、他の人は本店の独特の忙しさを語り、毎日忙しくて疲れていると話してました。一方で私は、出先の支店であり、のんびりとした雰囲気もあるので、急に住む世界違うなと、初めて今まで感じた事ない疎外感がありました。 また、相手のちょっとした発言に引っかかる事が多くなり、見下されているのかなと感じてしまう事が多くなりました。 同じ職場でもないので、そのグループの方々と距離を置けばいい話なのに、今までと変わりなく連絡を取り合い、「いやいや、忙しいのは良い事じゃないですか!こちらはそんな」と、まるで嫌味にも取れるような発言を無意識にし、その連絡をした後、何でわざわざあんな事言ったんだろと落ち込んでしまいました。 自分の他人を羨む気持ちの心の醜さに、嫌になりました。 自分の気持ちが落ち着くまで、そのグループから距離を置こうと思うのですが、ずっとモヤモヤする気持ちは、いつしか消える時がくるのでしょうか。ここまで自分が競争心があった事に戸惑っており、そういう自分も受け入れた方がいいのでしょうか。出来れば、前の自分のように、他の人が大変な時に、自分が話を聞いてあげられるような、気持ちの余裕があるように戻りたいです。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 2

成功したい・褒められたいという慢心と焦り

ご相談があります。私は、昔から褒められて育ち、自分は優れた素質があると思っていました。人より褒めて欲しい、認められたい、褒められたいというような欲求が強いと自覚しています。 大人になっていく過程で自分はそれほど大した人間ではないことを自覚していきました。しかし一方では理想が高く、自分はもっと優れた人間であるはずなのにとかあるべきだとか、そんな思考が頭の中を不安な状態で埋め尽くしています。 最近は成功した若い人をよく見かけるので、自分の年齢と比較したり何歳までにはこれを成し遂げなくちゃいけないとかそれがこんな悩みに繋がっているんだと思います。 自分もそんな才能が欲しい、もっと言えばあるはずなのにとか思ってしまう自分の慢心に嫌になり、自分が何も結果を出せなかったら嫌だと思ってしまいます。 最近、心に余裕が無くて殺伐としています。 成功するためのこと以外のことに興味が持てなかったり、人のことを何か成し遂げてるかそうでないかで見たりします。 考え方が短絡的になっていて長いスパンで物事を考える余裕も無く、 こんな自分を魅力がなく強欲で人として一番良くない例だと思います。こんなループにハマっているからなのか自分以外の出来事に興味関心を抱くことが難しく、好きなことや趣味もなく、日々をひたすら自己啓発や不安の和らげ方に費やすようになりました。 こんな状態では生きていけないと思います。 平穏な心の状態で焦らず過ごすためには、何を心がけると良いのでしょうか。 先日カッターで手を切るような自傷行為をしてしまいました。軽くでしたが、自分がやるとは思わなかったのでショックでした。お坊様の成功への価値観や、心の折り合いの付け方もあれば、教えて下さらないでしょうか。長々と申し訳ありません。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ