hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

開眼供養について

回答数回答 3
有り難し有り難し 20

はじめまして。
よろしくお願い致します。

私は決まった宗派に属している訳ではないのですが、以前からお寺と仏像が好きで、あるお寺に月に1度程度なのですが参拝しています。
そのお寺のご本尊はお不動様なのですが、何度も通い拝んでいる内に、何とも言えない心の満足感や安らぎを感じるようになりました。
そこで、自宅でもお不動様を拝みたく、木彫りの不動明王像を購入しました。(ひと目見てとても気に入り、彫刻家の方に直接連絡をとってオーダーメイドで造って頂きました。まだ手元にはありません。)
生活状況から毎日しっかりお勤めができる自信が無い為、開眼供養はしないつもりだったのですが、調べている内にしないで拝むと魔が入るという事を目や耳にし、大変不安になっております。。。

お勤めがしっかりできなくとも開眼供養はするべきでしょうか?
そもそもそんな心構えでは仏像を手元に置くこと自体間違っていますか?
魔が入るといるのはどういった事なのでしょうか?
勉強不足で申し訳ないのですが、ご助言頂けると嬉しいです。

2022年2月4日 23:13

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

是非開眼して頂いてください

お不動さまが本尊さまのお寺に通ううちに、お不動さまをさらに拝みたくなられたんですね。
素晴らしいご縁を頂きましたね。

お不動さまのお像を注文されたのでしたら、是非通っておられるお不動様がご本尊さまのお寺のご住職さまに開眼して頂きましょう。
ご住職さまにご相談されたらきっと快諾してくださるとと思います。
その時に開眼料もお聞きになって、開眼して頂く時にご住職様にお渡しください。

開眼をしなければ良くないものが像の中に入る場合もあります。理屈ではありません。
お不動様や多くの仏様、曼荼羅を日本へもたらした弘法大師空海さまがお開きになった真言宗では、開眼作法はとても大事なこととして伝わっております。

たとえ毎日拝めなくとも、尊像を祀るのであれば、是非開眼をして頂いてください。

追記。
密教以外の宗派の方には全く理解できないかも知れないと思います。
理屈ではありませんよ。
形だけなんてことでは決して無いんです。
お不動さまを日本へ連れてこられたのは空海さまです。
その空海さまの教えで、しっかりと開眼作法が伝わっており、とても重要なことです。
密教の仏さまであるお不動さまをお参りされて、もっと拝みたいと感じられたのであれば、是非、密教の仏様の修行を終えている方(あなた様の場合は通っているお寺のご住職さま)に開眼をお願いすることをお勧めします。

密教は心のエキスパートだと私は思っています。本来あなたの心の中からしか仏さまとはお会い出来ませんが(心の中と言っても、気のせいとか実在しないとかの意味ではありません。あなた様やあなた様の周りの世界自体があなた様の心の現れの一つですが、理屈に走るとさらに解らなくなるかもですから割愛します)しかし、それを気づくには理屈や屁理屈では無理です。
あなた様の心の中にダイレクトに響き導いてくださるのが仏さまのお力です。今は理解出来ないかも知れませんが開眼はそのためにあります。
仏さまを開眼することは、ともすると形だけと見る輩がいるかも知れませんが、それは何も密教がわからない方の戯言だと私は思いますよ。

2022年2月5日 11:25
{{count}}
有り難し
おきもち


仏道に入門して37年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...
このお坊さんを応援する

できれば魂入れなさってみてはいかがでしょう

拝読させて頂きました。
魔が入るということは私はあまり聞いたことはありませんが、あなたにとってその仏像は手を合わせる信仰の対象となるのでしょうから、できればその仏像に魂を入れることは望ましいと思います。

よく言われる言葉で「仏作って魂入れず」という言葉がありますが、やはり形つまり体裁ばかりにとらわれたり追い求めることよりも心をやどすことや心を込めていくことが大事だということを伝えているのかと思います。

あなたがその仏様をいつも拝むのであるならば宜しければお参りなさるお寺様にお話なさってみて「その仏像に魂入れ(開眼供養)して頂けませんか?」とご相談なさってみてはいかがでしょうか?
そして魂入れ(開眼供養)なさって頂いたらあなたのそのお気持ち感謝を込めて「お布施」をなさってみて下さいね。
その仏様への最初の信仰の気持ちとして仏様へお供えなさえる心としてお布施なさってみて功徳を積んではいかがでしょう。そうすることで一層その仏様へのあなたの思いがつのるでしょうし、あなたの信心が育っていくでしょうからね。

そしてできる範囲で毎日手を合わせてお勤めなさって下さいね。仏様はいつもあなたを優しく見守っているでしょうからね。
あなたがこれからも素直に仏様に手を合わせて信仰を持たれ、仏様に守られながら毎日を健やかに穏やかに生きていかれます様心より祈っています。

2022年2月5日 9:10
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

本当は何をすること、どうなることが「開眼なのか」と問う

こんにちは。難解な仏法を誰にでもわかりやすく。読者サマに法眼、仏眼、正法眼を開眼せしむるために仏の世界からの派遣された日雇い無賃金メガ・ギガ・寺バイト僧侶、あなたの心のセコンドの囁き女将。一本足りない丹下覚眼ともうします。👁👀
開眼というのは、その意義・内容・真意をこそ実際にあなたが見開かれることこそが大切なのです。法の眼が開く。仏のビジョンの法眼が開くこと。お坊さんにカタチの上で開眼をしてもらって「それでOK」というのであれば、…それでいいです。(-_-;)シュン…
ですが、もうちょっと意識高めに。
その方が人生に智慧や慈悲、種智が開かれる。
仏眼、法眼、正法眼とはなにか。
私たちにどういう眼が開かれることを言うのか。
わたしたちの人生にどういう眼が開けば開眼をされたと真にいえるのか。
観音様にも真眼、清浄眼、広大智慧眼、慈眼、悲眼という五つの眼、五つの観察眼、省察眼がある。眼=観。『法華経 観音経』それを法眼、仏眼という。この世をどう観るか。その仏の眼、法の眼を開く。
そもそも人間の眼玉というものは本来はその通りにものを映す。ですが脳内越しになればそここら人と仏との分かれ道が生ずる。俗世の凡情、私情、感情という人間の私的な「私見」ごしにものを見るようになったら、それはいくらご本尊を開眼をしても凡見、凡情、私情、私的感情、俗の見解眼。本尊とはモノの方ではなく、この自己の身心の深層心理、脳内のメインOSに鎮座する最上最高の理性作用であり、日常全てをつかさどる自己の本来性。だからその象徴仏の本尊の開眼するということは、この宗教、この宗派、この教え、この坊主の言うことなら納得じゃ、と正しく理解し(信)、それなら科学的にも根拠があるし信じられる(信)、そして科学よりも人の血が通っているわい(信)、そして、生活の一部となり、これを会得すれば自分や家族や友人も世界の人々が幸せになれること間違いあるまぃと信心決定し、釈尊や祖師たちと同じ志で良きことを広めんとの清浄願を(菩提心を発願)発して「その仏像を建立する」というぐらいの気持ちがあっても良いのです。仏像、位牌、供養塔、寺院を建立するとはそこに誓願があってこそ。重たく考えなくてもいいですが、本来がそういうものだからそれに準ずるぐらいの大誓願をおこすことで世俗心での建立(魔が入る)にならず半眼は開いたと言っていいでしょう。

2022年2月5日 12:05
{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話  自己を明らかにするために絶対に必要なこと 「非思量」 ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ご助言ありがとうございます。
開眼供養をしたくともお勤めがちゃんとできるか不安だったのですが、できる範囲で、と言って頂けて心が楽になりました。
自身の信仰心を大切にし、開眼供養を行う方向で考えていきたいと思います。
ありがとうございました。

※悟東あすか様※
ありがとうございます。
最初はとても辛いことがあり参拝した事がきっかけでしたが、その時は自分にとってお不動様がこんなにも有り難い存在になるとは思いもしませんでした。
本当に素晴らしいご縁を頂いたと思っています。
開眼供養をしても日々のお勤めがあまりできない→仏様に失礼にあたる
開眼供養をしないで拝む→良くないものが宿る
と思いとても悩んでいましたが、やはり開眼供養をし、できる範囲で手を合わせお勤めしていこうと思います。
ご助言、ありがとうございました。

※丹下覚元様※
有り難いお言葉の数々、ありがとうございます。
上手く言葉にできないのですが、全ては自分次第、ということでしょうか。
私の知識が浅いばかりに、丹下様のお言葉の真髄まで理解出来ないのが悔やまれます。申し訳ないです。
仏教についてこれからもっと勉強していきたいと思います。
ご助言ありがとうございました。

「供養全般」問答一覧

改葬による閉眼供養 しなくてもよい?

現在の菩提寺から祖母の改葬をしている最中です。 菩提寺の住職が改葬に応じなかったため、やむを得なく弁護士に依頼し、手続きを進めています。 2ヶ月かかり、ようやく遺骨引き取りの約束まで出来ました。 あとは弁護士に引き取りに行ってもらうだけです。 弁護士に依頼する前も、脅すようなことを言われたり、仏壇の前で亡くなった人の悪口を言ったり、お金の話ばかりしたりと散々で、今後、こんな人に法要をしてもらいたくなく、私の父の菩提寺に改葬しようと家族で決めました。 このような経緯があり、元のお寺の住職にはもう二度と関わりたくありません。 弁護士にも嘘をついてこちらが悪いから誤りに来いとも言っていたようです。 遺骨引き取りの日が決まるや否や、今度は「閉眼供養はどうするんだ、しないのは冒涜にあたる」と弁護士を通じて脅してきました。こちらは弁護士に一任しているので会うつもりはありません。 しかし、閉眼供養をせず、改葬をしてもよいのかと迷っています。 父のお寺のお坊さんは、必ずしなければということはないと言っています。 改葬後のお寺では、きちんと供養をしていただく予定です。 このような事情がある場合、閉眼供養はしなくてもよいでしょうか? アドバイスなどありましたら、よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

故人の写真と飾るお花について

こんにちは、お世話になっております。 数ヶ月前に身内が亡くなり、最近やっと少しずつ環境や心の状態が落ち着いてきました。 その方のお仏壇はその方の家(現在は配偶者の方が住んでます)にありますが、それとは別に自分の部屋に写真とお花を飾っています。 お線香は頻繁にあげているのでお仏壇の代わりではなくその方との思い出を飾っているような感じです。 質問は、お花についてです。 前まで生花を飾っていたのですが、仕事の関係でお世話が出来ない日があったり、週末は家を空けてしまうので枯らしてしまうことが多く…枯れていくのを見届けるのも悲しくて、個人的に好きなドライフラワーをお花屋さんに作っていただき飾ろうかな と考えているのですが、お仏壇ではなくても故人に向けてドライフラワーをお供えするのはあまり良くないことでしょうか? 時間が経っても劣化はあれど変色したり枯れることはないので、生花のお世話が出来ない時にドライフラワーを置いてみようかなと思っています。 元は生花ですが加工されていますし、ドライというのも少し縁起が悪いかな?と不安もあります。 やめるべきかどうか、お坊さんのご意見をお聞きしたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

供養と四十九日の考え方について 

先日、母が急死しました。私は近くで暮らす娘です。近々仕事を辞め、その後は年老いた両親に寄り添っていこうと思っていた矢先のことでした。 母の葬儀の後、私はコロナに感染。退職の日が迫り後任への引継ぎもあり、母が亡くなってからの1か月は自宅療養と引継ぎにすべての時間を割き、ろくな供養もできぬまま過ごしました。やっと退職となった翌日、今度は父の体調が急変。手術をして今も入院中です。 私が療養と仕事に専念し父では準備が進まなかったこと、コロナ禍で墓石の準備が整わない事情、急な別れだったからこそ父不在ではかわいそうとの思いなどから四十九日の法要は延期。墓の完成と父の退院を待って法要や納骨を行おうと考えています。いたしかたなかったとはいえ実の娘から充分な供養を受けなかった母、四十九日の法要を勝手に延期された母は成仏できないでしょうか。今になって毎朝水やお茶や炊き立てのご飯を備えたところで四十九日までにできていなかった罪滅ぼしにはならないでしょうか。「申し訳なかったね、今からでも供養させて」と手を合わせるのは身勝手でしょうか。 また妊娠中の娘から「安産祈願へ一緒に行こう。そのあとあちらのご両親とお食事でも」とお誘いを受けています。四十九日…日数は過ぎていますが、実際に法要や納骨はまだなので、事情を話し、ご遠慮した方がいいのでしょうか。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

親族ではないけど、供養してあげたい

血は繋がっていないのですが、産まれた時からお世話になっていた方が亡くなり、7日ごとにお祈りしたいのですが、血縁者ではないため初七日等に参加出来ないです。 でも本当に大好きなので、お祈りしてあげたいのですが、7日ごとにお参りに行くのもスケジュールの関係で難しく、その場で故人のことを想いながら手を合わせるだけでも想いは伝わるのか不安で、今回相談させていただきました。 また、これから四十九日や命日が訪れることになるのですが、血縁者ではない身として、 どうやって故人に想いを伝えるのが1番良いと思いますか? 血縁者ではないとは言え、家族ぐるみで仲良くさせていただいていたので、言えば参加させてくれるような気はするのですが、迷惑だろうなと気になってしまいます。 それに学生になってからは、 あまり会えていませんでした。 去年、私の祖母に「そろそろだと思うから会いに行ってあげて。あなたに会いたいって言ってたから」と言われ、久しぶりにお家に行きました。それから何回かお邪魔してたのですが、今月亡くなりまして、ショックがおさまらないです。 久しぶりに会ったので、正直ご遺族の方との距離感にも悩んでおります。 お忙しい中申し訳ありませんが、ご回答お願いしたいです。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 19
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺