hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

観音様の供養による功徳

回答数回答 2
有り難し有り難し 22

何年か前に仏教の本(題名は忘れてしまいました)で読んだのですが、観音様に少しでも供養したら多くの仏様に供養したのと同じぐらいの功徳があり何回生まれ変わっても尽きることの無いと書いてあったのですが、本当なのでしょうか?

2022年4月19日 16:06

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

その文章は誰に宛てられたものか

『お経』と申しましても、様々ございます。
お釈迦様はいろいろな人にいろいろな教えを説かれました。

その教えは“その人”に宛てられたものですから、
“自信のない人”には『自信を持てるように』
“自信過剰な人”には『謙虚になれるように』
お釈迦様は“その人”に必要な教えを説かれるのです。

その様々な教えを記したものがお経なので、一方では『自信を持ちなさい』と書かれている一方で『自信を持ってはいけない』と書いている、というようなことが起きます。
ですから、あなた自身が“その人”に近いかどうかを考える必要があるのです。

観音様に祈ることで多くの功徳が得られる人もいるかもしれません。
しかし、あなたがそうとは限りません。
観音様はもちろん素晴らしい菩薩様ですが、誰でも彼でも菩薩様だけにお給仕すればいいというわけではないのです。

仏教に限らず、知識、教養というモノは多くの方面から得て、自らがその正しさを確信するものであり、それもまた修行なのです。

2022年4月19日 17:05
{{count}}
有り難し
おきもち


けいじょう
日蓮宗の僧侶、啓誠(けいじょう)と申します。 修行に失敗し、一度は腐...
このお坊さんを応援する

本当です

私のような🦛カバでマヌケでアホな人間でも大した力はありませんが、どこかの誰かさんの心を助ける功徳となるものです。私は元々パーで今もパーですがグーで人を殴るよりパーでナデナデぐらいはできます。誰もが誰かの力になります。全ての仕事が誰かのお役に立っています。慈悲、慈愛あるやさしい心、言葉、行為は誰かを救います。それが観音様が実際に具現化されたお姿なのです。
だから観音様を信じる。
信じるとは何か。
信じるとはそのものになることです。
立派なお坊さん、祖師たちの説かれる「観音」ということの❝真意❞を会得することが本当の「供養」です。
供養とは信心を仏の功徳に献身的に力をつくしてそれが縁になって自他共に善導させる作用になるので大事なことですが、もっと良い供養・功徳は自らが観音様そのものとなって誰かの救いになる働きになることです。
観音とは目の働き、耳の働き。
実物を実物のままに写す働き。
それそのものは人間の見解が入らない姿を全うしている。
それをアヴァロキティシュバラという。観音=観自在。
観自在とは観自在力。見ることが自由自在。捉えることが自由自在。モノの本性を知り、片方から眺めるようなことをしなくなること。
この世のあらゆるものはそれぞれがそれぞれで最高の功徳を持っている。
たとえば雪や氷。⛄
良いものでしょうか悪いものでしょうか。
犬は喜び庭駆け回るが猫はこたつで丸くなる。
かき氷にすれば子供も喜ぶ。夏には売れる。
冷凍庫であれば保存が可能。
ですが、一晩過ごせば命も危うい。
どんなもの良い面もあり悪い面もある。
良い面悪い面ばかりではなく、活用法は自由自在。
あらゆるもの、あらゆる状況、あらゆる気質が、何かにとって功徳となり、良からぬものとなる。だからこそ、そこに菩提心という最高最上の宗教精神を添えて、その活用法、導き先を考察する。そして、救われるように救いの手をさしのべるのが観音様、および菩薩の優れた善導の行為です。あらゆる宗教というものが善導精神、善玉菌的作用があるのであれば、物事の本質をよく見極め、人の心をよく知り、多くの人々がそれによって喜ばしいようになるように働きかけるのです。
あなたもあなた自身の子心の性格というものがあり、それに迷うようなことがあるのであれば、観音さまの功徳を念じて自分の性格や気質に合った仕事をしたり、上手に活用すればよいのです。

2022年4月21日 10:05
{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
お悩み相談は「08020659278」まで。どなたでも無料。 救われた方...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

けいじょう様、お返事ありがとうございます。
色々考えてみます。

丹下覚元様、お返事ありがとうございます。
誰かの助けになれるよう頑張ります

「供養全般」問答一覧

経木塔婆の名前が間違っていました

先日、知人がお勧めしていたお寺のお坊さんに経木塔婆を複数頼みました。 一か月の供養の後、送られてきた塔婆ですが、名前を間違えない様にと申し込みの際、説明書きと口頭でも伝えたのに、複数お願いしたもののすべてで名前や戒名など、どこかしらが間違っていました。 連絡したところ、お経をあげて送りなおしてくれるとは言ってくれましたが、憮然としたものいいと、古いほうは当方で処分してもらって構わないという発言等で不信感を抱いてしまいました。 また、お寺さんの方から折り返し連絡しますと言っていましたが連絡も来ず…。 そのご住職はいろいろなSNSや動画サイトで二桁に近いアカウントをもち、仏教とおおよそ関係ない内容のものを毎日幾度も違う媒体ごとで更新しており、それをたまたま目にすることでどんどん気持ちが切なくなってしまいます。 先方のご住職にケチをつけたいわけではありませんが、ここまでSNSの更新頻度が高いのに戒名すら確認してくれないんだな、と思ってしまいました。 かなりの理由があって檀家寺以外に申し込んだものだったので、心が狭いのは重々承知の上で、新しいものも古いものも手元に置いておきたくないというのが正直な気持ちです。 重ねて、自分は霊感のようなものがあり、名前を間違えて行った供養は供養にならないと考えています。 お坊さん側からのご意見を伺いたいのですが、名前を全てで書き間違える、こういったことはよくあることなのでしょうか。 また、もう新しいものは不必要ですので作り直さず、今ある塔婆などは手元において来たくないので引き取ってくださいというのはできますでしょうか。 返金してもらいたいとは思っていませんが、誰のためかもわからない供養にお金を払ったことが気持ち悪く感じてしまうため、その分募金でもしてほしいのが正直な気持ちですが伝えたらクレームにしかならないですよね…?

有り難し有り難し 32
回答数回答 3

改葬による閉眼供養 しなくてもよい?

現在の菩提寺から祖母の改葬をしている最中です。 菩提寺の住職が改葬に応じなかったため、やむを得なく弁護士に依頼し、手続きを進めています。 2ヶ月かかり、ようやく遺骨引き取りの約束まで出来ました。 あとは弁護士に引き取りに行ってもらうだけです。 弁護士に依頼する前も、脅すようなことを言われたり、仏壇の前で亡くなった人の悪口を言ったり、お金の話ばかりしたりと散々で、今後、こんな人に法要をしてもらいたくなく、私の父の菩提寺に改葬しようと家族で決めました。 このような経緯があり、元のお寺の住職にはもう二度と関わりたくありません。 弁護士にも嘘をついてこちらが悪いから誤りに来いとも言っていたようです。 遺骨引き取りの日が決まるや否や、今度は「閉眼供養はどうするんだ、しないのは冒涜にあたる」と弁護士を通じて脅してきました。こちらは弁護士に一任しているので会うつもりはありません。 しかし、閉眼供養をせず、改葬をしてもよいのかと迷っています。 父のお寺のお坊さんは、必ずしなければということはないと言っています。 改葬後のお寺では、きちんと供養をしていただく予定です。 このような事情がある場合、閉眼供養はしなくてもよいでしょうか? アドバイスなどありましたら、よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ