hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

心願成就について

回答数回答 1
有り難し有り難し 9

いつもご丁寧な回答ありがとうございます。

心願成就についてお尋ねいたします。
どうしても叶えたいことがあり、9月にいつもお世話になっている厄除大師で心願成就をしてもらいました。
その場では「いつまで」ということは明言しませんでした。
家に帰り、毎日お願い事をすることを初めて知ったのですが、毎日お願いをする際の言い方に「いつまで」も言うということを知り、「9月まで」で毎日お願いしていました。
しかし、残念ながら叶う様子はありません。
ですが、どうしても叶えたく、明日からは「今年中」に変えて毎日お願いしたいと考えています。

このようにお願い事は途中で変えても良いのでしょうか?
叶わなかった際は、キッパリ諦めるしかないのでしょうか?
また、心願成就をした厄除大師以外の神社・お寺にお参りするのはご法度でしょうか?

ご教示よろしくお願い申し上げます。

2022年9月30日 10:10

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

幾度と願い事は変わってもいいのです。

拝読させていただきました。

世間一般のご認知されている願掛けは一つと捉えることが通常でしょう。
しかし、現代社会では便利になり過ぎた科学進化の時代でもあり、あらゆる便利なツールがあり、飽きることも多々あれば、また新しい事に趣きが変化していきます。

説明しました意味はどのようなことを表したのかと申しますと、「夢をもつ人が少なくなった時代」なのです。
夢を見つけることは難しいものであり、生きる上で多くのご縁に依り、自分自身のやりたいこと(仕事・目的・夢など)が芽生え、目標に向かい"自分の心は働いていきます"
自身の中で「夢と思っていたこと」が、夢に向かっているときに、本当にしたかった夢が、夢に向かっているとき新たに見つかることも多々あります。また自分が向いていることなど、多くを気付かせてくれることもあります。
だからこそ、夢や目的など願掛けとなる願いは「変更してもOK」なのです。

今、Matsu_kuwaさんが叶えたいことが変わったことも、はじめの願いの中から動き出されたことで、新たな発見となる叶えたいことが芽生えたものです。それは、ひとつの夢を見失わず追いかけていたことで気付かせてくれた神仏からの啓示ともとらえてもらっても大丈夫です。

願いを叶えてくれる。という神社仏閣という観念も、自分の心への「誓願」となる戒めと捉えてもらったほうが何よりです。

すべてが良い方向へ赴きますことを心より願っています。

合掌

2022年9月30日 10:47
{{count}}
有り難し
おきもち


祈るこころに佛心が宿る。 変化多き時代を生きる私たちにできること、それは...
このお坊さんを応援する

「仏教全般」問答一覧

離檀について

私の実家の菩提寺との関係にについてご相談です。 昨年末に実父が亡くなり葬儀を行いましたが、お布施の金額や住職の振る舞いが納得できるものではなく、離檀を考えております。 お布施の金額についてお伺いをたてたところ、60万円。お車代2万円×2人分を請求されました。お布施とは、そもそもお気持ちであり、金額を提示されるものなのでしょうか、また葬儀は30人ほどの小規模のものでしたが、脇導師もいらっしゃいました。菩提寺ではない近隣の寺からいらしたようです。2人必要なのでしょか? 戒名は一番下のランクで葬儀社の方も驚いていました。実家周辺の同じ宗派の寺の中でもかなり高額とのことです。 今までにも、年期法要など毎回、かなり多くのお布施を要求されています。お布施をお渡ししたときに私たちの目の前で、お布施の中身を数え確かめたこともありました。 住職として信頼できないこと、菩提寺には墓がないこと(自宅近くの公共の墓地に墓はあります)今後、これからもかかるであろう高額な費用を捻出することも難しいので離檀を考えています。 離檀の際にお気持ちはお支払いしますが、離檀料として30万円もの金額を支払う必要はありますか? (先日、49日の相談をした際に〝今後のお付き合〟と書かれた用紙を渡され)盆暮れの付け届け○〇円、年季法要お布施〇〇円 等と書かれている用紙に離檀料25~30万円との記載がありました。 嫁ぎ先もたまたま同じ宗派ですが、もっとこちらの話に耳を傾けてくださいます。地域が違えば色々と違ってくるとは思うのですが、どうなのでしょうか

有り難し有り難し 32
回答数回答 3

病弱でもボランティアがしたい

私は病弱で、精神も患っていますし体も患っています。臓器もボロボロで、28歳でそこそこ若いのに身体能力はもう老人のそれです。いや、下手をすれば健康な老人の方がもっと体力があるかもしれません。けれど、そんな自分でも人助けがしたかった。そして私はある結論に辿り着きました。 それは、今の現代を支配している「ゲーム」という文化を使ったものです。自動演算(わかる人に言えば連射コントローラー)をしてくれる機械(ちゃんとアマゾンでも発売されている正当な品でゲーマーなら愛用者も多く、違法性のものではありません)を使い、寝ている間にオートで作業を行ってもらい、長い作業時間に対して確率1%を下回るレアアイテムを入手したら、それをSNSを使って無償で誰かに配布する行為です。 これならば「自分の得」を削って誰かに譲ることそのものをボランティアにしているため、体力を使わなくて済みます。つまり、私は人に譲るためだけにこの作業を黙々と続けているのです。人を喜ばせることに、何か自分の魂の行き先に必要性を感じ、それを行うことに自分も喜びを感じているからです。 これは仏教的に言ってなんらかの「行」にちゃんとあてはまっているでしょうか。また、己の中の仏をちゃんと育てることができているでしょうか。なまじ、ゲームというエンターテイメントを使ったものなのでこの質問をすること自体に対して不安はありますが、よろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

奉仕活動で解脱を目指すこと

私はバガヴァッド・ギーターというインドの聖典が大好きで、その中に「奉仕活動によって解脱ができる。それは行よりも有効な手段」という記述があります。私の夢は解脱とみんなが幸せな世界であり、そのためにボランティア、人助け、世界のためになる選択肢を選ぶことが大好きです。 しかし、達磨大師はこう言われました。功徳(つまり私でいう、解脱を目的としていること)のために寺を建築したり写経したりしても新たな煩悩を生むだけであり無功徳であると。これは、解脱という利己的な目的を持って人を助けたり救ったところで自分は何も得られるものがない、ということなのでしょうか。 奉仕活動によって解脱を目指すというのはシク教やヒンドゥー教的な考え方のはずで、確かに私は若い頃にいっぱい罪を犯したためその分、誰かを助けたり誰かの役に立ったりよりよい世界を作るために努力することは損得を抜きとして心から大好きです。しかし、その先で自分も解脱したいという利己的な抱きがあるのもまた事実です。 私のしていることは、解脱を目指す上で無駄なのでしょうか? 私の行いで誰かが喜びを味わったり救われたりしているので、それは決して無駄なことではないのは確かなはずです。しかし、やはり達磨大師のおっしゃられたことにも一理あるので、そこがずっと引っかかっているのです。例え自分に得が無くとも、奉仕活動自体は好きなのでそのスタンスは崩さないつもりです。 私はちゃんと正しい方向へ進めているでしょうか? よろしくお願いいたします

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ