hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

阿弥陀如来と釈迦如来、大日如来の関係

回答数回答 1
有り難し有り難し 10

最近、他宗にも興味を持ってあれこれ勉強しているのですが、阿弥陀如来は真言宗では大日如来の分身、天台宗では久遠実成の釈迦如来の分身と捉えているようです。
そこで、はて我が浄土宗ではどうだったかな?となりました。
僕の理解では阿弥陀如来の方が上位で釈迦如来は阿弥陀如来の誓願を衆生に伝えるために娑婆世界に現れたものだと捉えていましたがどうでしょうか? それとも浄土宗も天台宗から派生したのだから僕が聞いた事ないだけで久遠実成の釈迦如来の分身ということになっているのでしょうか?
またそれ以外の他宗(例えば禅宗)などではどう捉えているのかもお聞きしてみたいです。

2023年1月16日 7:32

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

一切智者同士、融通無碍の関係

花果山さま

悟りを開かれた仏陀・如来は、境地は同一であり、優劣は特にありません。(法身)

ただ、救済力にはそれぞれの修行過程における菩提心や誓願、功徳行等による違いがあり、色身の能力が異なるところとなります。(報身・応身)

また、仏陀・如来は、一切智者同士で、融通無碍に互いのことを知り得るところとなります。衆生の救済にあたっては協力関係を互いに図ることも可能となります。

一つの三千大千世界は広大なため、如来の力が及ぶ範囲(報身・応身)は限定的となります。いわゆる一仏国土であります。

そのため、法身のみの仏国土や法身も不在となった仏国土では、衆生の教化が進められないこともあります。現在の娑婆世界では、釈尊の最勝応身が入滅されて以降、次に弥勒仏が下生なさられるまでは、仏陀・如来の報身・最勝応身が不在であるため、我々凡夫が直接に仏陀・如来から教えを頂けることができなくなってしまっています。(但し、衆生の側の機根が菩薩の八地以上の境地となれば、見仏も可能にはなります。)

そのため、釈尊は、他の仏国土、他の仏陀・如来も色々とご紹介なさられて、他の仏陀・如来との見仏と授記(仏陀・如来から直接に個別具体的な修行のアドバイスを受ける)を頂けるようにも促されたのでもあります。阿弥陀経などがその一つとなります。

とにかく私たち凡夫が相見えて、質疑応答等もできるなどして、直接に教えを頂けるのは仏陀・如来の最勝応身のみとなります。

もちろん、仏陀・如来の在世である他の仏国土へと赴いて(往生・引導)、仏陀・如来の報身や他の応身からも教えを頂けることがあり得ることにはなりますが、それには衆生の側において、ある程度の最低限の境地、境涯がやはり必要となります。無条件で見仏・授記を頂けるわけではないことは十分に注意が必要となります。

特に葬儀の役割というものは、亡者を仏弟子としてある程度の条件を調えさせた上で、仏国土へと往生・引導させしめて、見仏・授記を頂けるように促すためとなります。また、密教においては、灌頂という方法にて、ある程度の条件を調えさせて凡夫であっても見仏・授記を頂けることができます。

ただ、その「ある程度の条件」が、実際に仏陀・如来(の報身・最勝応身以外の応身)との見仏・授記に適うものであるのかどうかは別に慎重に吟味する必要性があるものと考えております。

合掌

2023年1月16日 8:13
{{count}}
有り難し
おきもち

Eishun Kawaguchi
最新の仏教論考はこちらでご覧頂くことができますが、公開、非公開は随時に判断...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

>三休さま

回答ありがとうございました。
正直言うとおっしゃっている事が難しく、結局質問の原意への答えがどうなのかわからずじまいです。

「仏教全般」問答一覧

浄土で人はなにをしているのか

我が家は浄土宗ですが、私は必ずしも浄土宗の教えがしっくりきません。 後世安穏、往生安楽国という表現があります。死んだら極楽浄土に行く、というのですが、じゃあ浄土では安楽にのんびりと暮らすんでしょうか?何も苦がない世界では何をしているんでしょうか?それはとても退屈で飽きる生活が延々と続く事ではないかと悩みます。 解釈が間違っているかも知れませんが、私は最澄さんは「生きていることそのものが菩薩行だ」と言われたように思っています。だから日々、観音経を唱えるのは「自らもかくあれ」ということだと思って唱えています。 でも生きている間には私たちは菩薩の域には到達できません。となれば、死んでからも菩薩になるための修行をするんだと思っているのですが、すると浄土では何をするんでしょうか。地獄についてはたくさんの絵も説明もあります。しかし、極楽世界といわれるところで、私たちはどのような生活を、どのような思想的な深みを目指す営みをするのでしょうか。今が苦しい、その救いとして安楽な浄土があるという理解ではどうしても納得がいかないのです。 浄土で、私たちは何をする覚悟をもって旅立てば良いものでしょう。

有り難し有り難し 8
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ