hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

祖父の葬儀での出来事

回答数回答 2
有り難し有り難し 8

先日祖父が亡くなり、生前からの祖父の意向もあり、家族のみ参列し、所謂直葬を執り行いました。
無宗教ということと、以前身内の葬儀の際にお坊さんの振る舞いについてとても嫌な思いをしたことがあったようで、それ以来自分が死んだら戒名もお経もいらないから家族だけで見送って欲しいとのことでした。

祖父の希望通りに直葬を執り行ったのですが、せめて火葬場ではお経を1回くらい読んで貰った方がいいのではないか、と親族の一人から声が上がり、じゃあそうしようということで、その際お世話になっていた葬儀屋さんに相談し、お坊さんを手配して下さるとのことで火葬の前に読経していただけることになりました。

お経が始まり、喪主である祖母がまず焼香し、それに続いて参列者が順番に焼香を行っていたのですが、一人ずつではなく三人ずつ焼香を行って欲しかったようで、お坊さんが読経中ですが参列者のいる後ろを振り返り、すごい目付きで睨んできました。
確かに焼香台は三つありましたが、特に何も言われなかったため、喪主に続き一人ずつ焼香を行っていました。

お坊さんの様子に気付いた火葬場の職員の方が、三人ずつどうぞと声をかけてくださったのですが、その間も時折こちらを睨みつけるように見ており、更には肩を竦めため息を吐いていました。

あまりの出来事に唖然としたと同時に頭にカッと血が登り、動悸が激しくなりました。
そのくらいの衝撃を受けました。
そのお坊さんにとっては数ある内の一つかもしれませんが、私たち遺族にとってはそうではありません。
大切な祖父を侮辱されたようでとても腹が立つと同時に悲しくて仕方ありません。
祖母も気付いており悲しがっていました。

こんなことなら祖父の言葉通り、読経してもらうべきでは無かったと後悔しております。
そのお坊さんへのお布施は一万円お渡ししましたが、お金さえ貰えれば後はどうでもいいのでしょうか?

腹の中で何を思ってようが自由ですが、それを表に出さないようたった数分も我慢できないのでしょうか、それが不思議でなりません。

上記したように、以前にもお坊さんのことで嫌な思いをしたことがあり、それに今回のこともあり、もちろんそんな事はないと分かってはいるのですが、こんな人ばかりなのですか?
また、この悔しい気持ちの落ち着け方が分かりません。
アドバイスいただきたいです。
よろしくお願いいたします。

2024年2月8日 18:13

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

山田 様 相談ありがとうございます。

まずはご祖父様のこと、ご愁傷さまでございます。ご冥福をお祈り申し上げます。合掌礼拝。

そんな僧侶ばかりではありません。
丁寧に読経をする僧侶は沢山おります。
おそらく山田様の住まわれているところでもいらっしゃるはずです。
ただ出会いがないので、見つからないし、檀家でもないので頼みにくいというのもあるかもしれません。
ですので、最近では、終活のひとつとして、幾つかのお寺を訪問して、事前にお願いしておくということも多くあります。
また、直葬やお通夜をしない一日葬ということが最近出てきておりますが、たとえ個人の遺言があったとしても、そのような流行に流されずに、枕経・お通夜・お葬式・その後の初7日忌など、しっかりと丁寧に読経供養して、故人の成仏を祈りたいと考えておられる僧侶も沢山おられます。
そのような僧侶の方々は、「弔い直し」(葬儀式などを四十九日のときにあらためておこなう)ということを薦めしたりもしております。

あまりにも儀式を簡略化しすぎて、故人を蔑ろにしているのではないか、これでは成仏は願えないし信心もつながらないと危機感のようなものを感じているのです。
どうか信心・信仰のこともご理解ただいて、今後の事をお考えいただいたたらありがたく思います。
合掌礼。

2024年2月8日 21:08
{{count}}
有り難し
おきもち

お寺の法務(法事などのご先祖の供養)と 唱題行・写経・法話・カウンセリン...
このお坊さんを応援する

葬儀の意味

ご相談くださいまして、ありがとうございます。

さて、葬儀とは何でしょうか?
考えたことありますか?

ただの形式だけのものではありません。
私が思うには、結婚式よりずっと大事なことなんです。
亡くなって魂が無いから全て終わり!であれば、おそらく葬儀は無用でしょう。
しかし、決してそうではありません。

肉体が亡くなってなお、あるのが魂、霊魂です。

仏教では無記と言って死後の世界を語りませんが、仏教では輪廻と言って魂がその行いにより何度も6つの世界に生まれ変わると説きます。

亡くなった方は、まず亡くなったことを認識出来ずに彷徨ってしまったり、生きた人には自分は見えず、言葉も通じず、行き先が分からずこの世で迷ってしまったり、、、。

そのような事が無いように、しっかりとガードして苦しみの無い世界へと導くのが葬儀であり、その後の7日ごとの祈りや法事であり7回目の7日つまり49日には亡くなった方が落ち着いて次の方向へと向かいます。

しかし、葬儀をしないで火葬だけだと亡くなったご本人さまが、かなり大変になります。
…書くと長くなってしまうので少しだけ、、、
私の話しは私個人の経験からお話ししますから、どう受け取られてもご自由です。戯言と受け流しても結構です。その上でお話ししましょう。

例えば亡くなった方は火葬場で死を認識せず身体にしがみ付き火葬炉の中に入ってパニックを起こしてしまいます。
白木の位牌にしっかりと霊魂を結び、身体には決してしがみ付かないようにして、自分の身体が終わりであることを認識してもらいます。、、、などなど
形式的なだけとお思いのことが、実は亡くなった方にはとても大事なことなんです。

葬儀もせず、何か不安だからと火葬の時だけお経をあげてくれと言われるのは、
僧侶にとっては、今にも沈みそうな浮き輪を掴んで、太平洋を渡らなきゃならない人に対して、頑張れよとお別れの声をかけてやってくださいと言われているようなものです。
僧侶としては、何でちゃんとした船に乗せてやらないの?沈んじゃうかも知れないよ?とかなり、遺族が亡くなった人に対して酷いと感じてしまうのです。

船(葬儀)に何故乗せないの?と、その僧侶は睨んだと思います。

一般の方が俺は葬儀はしないでいいという言葉は、ヒマラヤは素足で楽勝だから、登山具もガイドもいらないよ!と言うのに似てます。

2024年2月9日 11:59
{{count}}
有り難し
おきもち

仏道に入門して39年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...
このお坊さんを応援する

「葬儀」問答一覧

母の葬儀を神式でやりたい父を理解出来ない

2月5日に、母がガンで他界しました。まだ60代の若さでした。今、悲しみと喪失感に暮れて居ます。 そんな中でも、葬儀の準備を進めなければなりません。我が家は、代々仏教式での葬儀を行なって来ました。 しかし、何故か父が神道式にしたいと言い出したのです。 ちなみに、父は特別神道を崇拝している訳でも無く知識もほとんどありません。 神式では、代々のお墓に遺骨を入れられません。魂も輪廻転生の輪に入れず、神棚に奉られる状態になると聴きました。 私は、生前散々苦労して来た母を、極楽浄土に送りたかったのです。 生まれ変わって、来世こそは、苦労無く、幸せな人生を送って欲しい。 しかし、神式では嫌な思い出ばかりが残る我が家に、魂を縛りつける事になるのでは無いかと心配しています。 父が私に相談も無しに依頼した葬儀屋さんも、神式葬儀の事例はほとんど無く、儀式なども曖昧に形だけやっている状態です。 母の亡骸は、まだ自宅に安置されています。枕直しの儀に必要な小刀などを担当の方が置いてくれました。 しかし、刀の置く向きが違います。葬儀屋さんのスタッフさん側に、神式の知識が無いのです。 用意出来る祭壇も小さく質素で、どうにも必要な用具が足りていません。これでは、あまりにも可哀想です。 まさか、お葬式の件で父とケンカをするとは思いませんでした。 どうしても神式で葬儀を行いたいのであれば、そこは仕方がありません。 ですが、せめて今の葬儀屋さんをキャンセルして、神式の儀式に詳しい、専門の葬儀屋さんに変えて貰いたいのです。 枕直しの儀を取り行ってしまった後のキャンセルは、失礼に当たるので出来ないのでしょうか…。 逆に、儀式をしたにも関わらず、別の葬儀屋さんで2度目の儀式を取り行う事は、 母の魂が迷ってしまったりなどの影響があるのでしょうか…。 葬儀業者をキャンセルして切り替えた経験のある方。 そして、数多くの魂を送って来られた、お坊様。 もう時間がありません。何卒、救いの手を差し伸べて戴けます様、お願い申し上げます。 大切な母親が人生の最後に、主役になれる日が葬儀だと考えています。 とびきり美しく、良いお式だったと言って戴ける様なものにしたい。私が出来る、最後の親孝行です。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

檀家総代について

先日父方の祖父が亡くなり、週末にかけて葬儀等を済ませたのですが 実は父が檀家総代をしているお寺の住職の母親の四十九日が祖父のお通夜と告別式が終わった次の日にあり 父は間もなくその手伝いに向かいました。 亡くなる1ヶ月前から祖父は施設のベッドから落ちて大腿骨を骨折したのちに入院と手術をしていたのですが その際はちょうど住職の母親が亡くなったあたりのタイミングだったため 本来であれば医師からの説明のためずっと病院に居なければならないはずが 檀家総代であるという理由から葬儀をまとめなければならず あまりそばに居ることができないような状況でした 「なんとかして祖父のそばに居てやれないものか」と言っても 父は「俺が葬儀のまとめをやらなければいけない」と返され聞き入れてもらえませんでした その時でも色々と疑問に思うことはありましたが まだ祖父は生きている状態だったので とりあえずはあまり口を出さずにいました でもなんだか今回は話が違うような気がするのです 昔からお世話になっているお寺なので 色々と感謝することがあるのは間違いなく 手伝う義務のようなものがあるのは十分理解しているつもりなのですが 身内の、しかも自分の親を見送るという時に葬儀から荼毘まで最低限のことだけして それが過ぎたあとは先にひかえている他人の葬儀を優先的にまとめるというのは なんだか祖父をないがしろにしているような感じに見えてしまってわたしは納得できません。 せめて四十九日までは自分の親のために集中できないものなのかと ただでさえ葬儀の前も後も大変だというのに… 檀家総代というのは、大切な家族の時間を犠牲にしてまでこなさなければならないものなのでしょうか? 本人に言っても、まわりに相談しても 「仕方がないことだから」と言われて終わってしまいます。 自分の行いは大なり小なり必ず自分にかえってくるものです もし自分があの世に行くときでも同じようにないがしろにされても良いということなんでしょうか。 あまりに薄情な気がしてなりません。。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ