hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

人の悩みって

回答数回答 5
有り難し有り難し 147

悩みごとって常にありますよね。今も悩んでいたり、うまくいかないことに苛立ちを感じたり、ストレスで胃が痛くなったりすることもあります。
でもよく考えてみると、5年前に自分が悩んでいたことって今思うと大したことないというか、たとえば当時すごい合わない上司がいて、そんな上司を評価する会社が毎日嫌で仕方なかったけど、今思うとそんなの見返してやるか、会社辞めれば済むだけの話で胃が痛くなるほど何か悩むことだっけ?と思ったりします。
結局人の悩みってなんなのでしょうね?
それがわかれば今悩んでることも、大したことないように思える気がしますが、わからないから悩んでるのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「自分にとって」というアプリを心から削除

悩みをなくす、ストレスをなくすにはまず、人間の思いの性質を知ることです。
念とは、〈今の心〉と記しますように、どんな思いも108の煩悩も、その時その場、その状況下だけ。
たった、今、そこでしか“鳴らない”ものなのです。
さっきまで考えておられた思いは、鐘の音のように、そこで鳴って、そこで尽きているはずです。今は頭の中で別の音を鳴らしておいででしょう。
もちろん、鐘を鳴らし直すように、さっきの嫌なことを思い返すことはできます。

思いは無限に、沸き起こるものです。様々な種類がありますが、あなた自身を苦しめる思いだけが、あなたにとって問題になっておられるのです。

その証拠に朝から晩まで何百、何千の思いの鐘が打ち鳴らされても全く問題になっておられなかった思いもおありだったはずでしょう。
良かったことは、順風な事ならば、さほど問題にならないものです。

貴師にとっての悩み、ストレスとは、とどのつまり、
悪かったこと、嫌なこと、思い通りにならなかったことなどで苦しまれたことをさしておられるのではないでしょうか。
人間は、出来事に対して、あるヒトこと、一つコトを忘れてしまうものです。
それは「自分にとって」「自分にとって都合が」ということです。

「良かった、うまく行った、あの人はいい人だ」というケースも自分にとって都合が良かった、という程度のものもあります。

悪かった、あいつは悪いやつだ、というのも自分にとって都合が、ということが忘れ去られていることなどよくあるものです。

この「自分にとって」という、アプリを愛用しているうちは、苦しみは当然オプションとして付随してくるものなのです。

この「自分にとって」という前提条件を外してものをみる、
この「自分にとって」というアプリを削除して人に接するスタンスを身につけてみてください。
悩みは半減はおろか、9割以上無くなりましょう。
そもそも、悩みというものは自分を中心にしたものの考え、自分を身びいきした、ものの見方より生まれるものだからなのです。

「自分にとって」というものの見方、
「自分にとって」というアプリは、定期的に削除しなければなりません。
何をするにしても、オールウェイズ Without 「自分にとって 」ヴィジョン、ですヨ。
ご精進くださいませ!
丹下覚元 九拝

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

悩みはなくすものでなく、整えるものです。

hiroさんこんにちは、日蓮宗の赤澤と申します。

確かに、悩みってなんなのでしょうね。昨日の私と今日の私が違うように、同じ悩みでも一日経つと中身が少しかわるような気がします。悩みもわたしたちの身体の中のことですから、呼吸をし、生きているのでしょう。

仏教では私達の心身を悩ます好ましくない心の現象を「煩悩」といいます。

人間は生きている限り、煩悩がなくなることはありません。無くせないものを無くそうとするのも、これもまた煩悩だからです。

煩悩は無くなるものではありませんが、教えを聞いて整理や整頓はできるものです。無限の煩悩がいっせいに起きるものではありません。煩悩が起きたら、そつ都度1つずつ煩悩を教えに従って調教していくところが大切です。煩悩を整える、悩みを整えるというふうにお考えになったらいかがでしょうか。

私は娘に「庭の草は取っても取っても生えてくる。庭をきれいにするには、目のついた草はすぐに除くこと。すると庭にはいつも草がない」と教えます。
心の草は抜いて捨てるのではなく、そのまま心田の肥料にしましょう。

草取りはくさとりであり、苦悟りです。苦を抜けば悟りが残るように、心の草を1本除くことが仏さまの教えです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


サラリーマン家庭で育った私が作った小さなお寺。目指すは「アットホームテンプ...

「煩悩」も「空」であり、「縁起」なるもの

hiro 様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

悩み煩い、つまり、「煩悩」につきましては、下記の問いにおきまして少し扱わせて頂きました。

問い「世の中で一番醜い事は」
http://hasunoha.jp/questions/66

更にここにて補足をさせて頂きますと、「煩悩」はいつまでも「ある」と言えるものではなく、色々と変化していくもの、つまり、「煩悩」にも実体は無く、「空」であり、様々な条件や原因・因縁、つまり、「縁起」にて一応あると言えるものとなります。当然に無くすこともできるものとなります。

その原因としては、無明(根本的な無知)や悪業、悪業の習気(じっけ)などが考えられます。

もう少しその原因を詳しく述べさせて頂きますと、「真実執着・真実把握、迷乱知・顛倒知、染汚の無明、不染汚の無明、倶生の諦執」などと言ったものとなりますが、まとめて簡単には、モノ・コトの実体視による執着、我執(自我への執着)や法執(自我以外における全ての存在に対しての実体視執着)が原因として、様々な「煩悩」が生じて、その煩悩に縁っての行為(身・口・意による)が、心(相続上)に悪業として集積・熟成、相続されてゆき、後に悪い結果を生じさせてしまうこととなるわけであります。悪因苦果、因果応報というものであります。

「煩悩」は、実体としてあるものではなく、様々な「縁」によって、例えば、善徳の実践として、戒律を守って、道徳的・倫理的に品格を保って過ごすこと、その代表としては十善行(不殺生・不偸盗・不邪淫・不妄語・不綺語・不悪口・不両舌・不慳貪・不瞋恚・不邪見)があります。あるいは、慈悲・利他行などの実践、また、瞑想や坐禅などの禅定の実践、更に、智慧の開発(かいほつ)などによって、煩悩を抑え込んで、また出てこなくすることやその原因を完全に断つことで煩悩を無くすことも可能になる次第でございます。

上記のことは、煩悩を対治して悟りを目指していくためには、つまり、仏教における戒・定・慧の三学を進めていく必要があるということと言えますでしょう。

赤澤貞槙様の「草取りは、苦悟り、苦を抜けば悟りが残る」のお言葉は、誠にわかりやすい表現でありますね。日々油断せずに根こそぎに苦の原因を抜き取って参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

“悩み”とは「個性」です

hiroさん、こんにちは。

たしかに悩みごとって常にありますよね。常時そのへんに、ころがっています。。

さて、“悩み”とは「個性」です、とタイトルにしましたが・・。
正確にいうと、悩みによって生じる気持ち・行動とか、悩みの生じる前後の状況。それら全てが、その人の「個性」と言っていいんじゃないかな、と思っています。

たとえば・・・
あんな上司を評価する会社。自分の方がもっと優秀だし!まー会社なんて辞めてしまえば済んでしまう問題だよね!でも辞めたら食っていけない、仕方ない、コンチキショー見返してやるぜ!なんで頑張ってる俺を誰もほめてくんないの?はーアホらしいこの世の中。
・・・などなど。

自分と関係ないところで起きている状況を「あなたの個性」と言われても、ピンとこないかもしれません。
でも、いまのあなたがいるのって、自分と関係ないところで起きている状況が影響していると思いませんか?
どんなことを考えているか、考えてしまうか、思ってしまうか、行動や思考ににじみでるもの・・だけが個性なら、自分でどうにでもなるかもしれません。
でも、自分だけではどうにもならないこと。それが、いわゆる“悩み”であり、「あなたの個性」だと考えてみたら・・・?

そう簡単には悩みを解決できないということ、お分かりいただけるのではないでしょうか。

ただ・・・、いやーな“個性”は避けておきたいところですよね。そんなときは、赤澤貞槙様の「草取りは、苦悟り、苦を抜けば悟りが残る」のお言葉の出番です。
でも、苦もあなたの“個性”だと思います。

(あ、ちなみに苦労と苦は違います。買ってでも苦労はするべきだとは、ぼくは思いません。)

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

悩むことは大切

hiro様へ

人の悩みとは本来そういうものであると思います。
しかしその悩むという行為がものすごく大切なことなのです。
そして、その悩むという行為の中で
ようやく自分で出した答えをぜひとも大切にしていただきたいと思います。
それが次へのステップへつながっていきます。

おそらくその後、また違う悩みが出てきます。
そして、考え、自分で答えを出し、進んでいく。
人はその繰り返しで自然と成長していくのではないでしょうか。
                                合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

質問者からのお礼

みなさま、いろいろなご回答アドバイスありがとうございます。悩みは個性、簡単に消えないもの。自分にとっての都合を中心にみるといやな部分ばかりが目に映る。すべて思い当るところはあります。
アプリを削除して草取りして精進していきたいと思います。

「人間とは何」問答一覧

協調性があっても悪い人

前にテレビで見た覚えがあるのですが、天才少年画家という人がいて、その人が学校ではいじめられ排除されていたそうです。そういう天才型の人って、思ったことをはっきり言うから周囲から疎まれる傾向があるように思えますが、反対に協調性があり(ように見える人も)周りに迎合している人でも悪い人というのはいるように感じ、日本人てそういう人に弱いように思えます。周りに合わしている方が楽だからとか、そうすることによって利益を得ようとする人もいると思うし、協調性があることが必ずしも良いとは言えないと思うのですが。その典型例が、伝記で読んだのですがフランス革命期のJ・フーシェという人物で、完全な日和見主義者でありロベスピエールやナポレオンを始め多数の人を裏切った人で、かなり悪名高い人です。ただ私も他人が不正を働いているのを見ても知らん顔すると思うし、保身家であり人は正義のみでは生きられないと思っているので、悪事を見ても直接止めに入らず裏から根回しして、みたいにすると思います。ただ今の教育って、天才を育てずむしろそういう事なかれ主義者や日和見主義者を多数育てているように思いますが、これでは日本も没落していくのも当然であり、もっと飛び抜けた人を育てないといけないと思うのですがどう思われるでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

社会での人間の価値はそんなに軽いですか

こんにちは。 少し、お話を聞いてもらえればありがたいです。 会社に対する不信感が募ります。 私は世間でいうところの大企業に勤めてます。朝〜次の日の朝まで働く交代勤務の仕事を4年間していました。 希望する部署があり、「頑張れば異動が叶う」、それを信じて4年間身を捧げて来ました。しかし、昨年、自分の希望とは異なる仕事へ配置されましたが、次の異動へ希望を捨てずに目一杯やってきました。体力的にも精神的にも辛く、昨年末、本格的に体調を崩してしまい、アトピー性皮膚炎と不眠症を患ってしまいました。 ・「あと半年頑張れば、希望の部署でなくても、負担の少ない部署へ異動できる」 ・「自分が休むことで、同じく辛い思いを抱える仲間に負担をかけたくない」 ・「元気で周囲を笑わせるキャラを守りたい」 の他、色々な思いで年末から約半年間、元気な自分を演じてましたが、眠れない、身体が痛い、苦しい気持ちで一杯で、限界に至り、6月に休職することを選び、8月末まで休職しました。 7月に人事異動があり、交代勤務ではありませんが更に負担と責任の大きい部署へ異動するよう内示を受けました。 私としては、 ・異動期直前であったにしろ、私の状況等 を考慮して、負担の少ない部署へ異動させる配慮がなぜないのか ・共に辛い状況を戦った仲間も含め、なぜ希望が通らず、それに対してなんの説明もないのか これらが自分の心の中で引っかかってます。 ひとりひとり同じ生きる人間で、感情があり、ロボットじゃありません。たとえ、何千、何万といる社員のひとりだとしても、ひとりの人間として誠意ある対応をするべきだと私は思います。組織として成り立てば、人は使い捨てなのか、その人の意思は尊重しないのか。会社を1人の人間と考えたときに、あまりにも人間として誠意に欠ける対応ではないのかと愛想が尽きました。 組織のあるべき姿という空虚なものに、生きる人間がないがしろにされていいわけがない、組織のための人ではなく、人のための組織だと信じてます。 子供じみたことを言ってるのは重々承知ですが、納得がいかず、仕事に復帰してからも、まったく身が入らず、憂鬱でただ苦しいです。 私は間違っているんでしょうか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

現代…人類の煩悩が増長し果てた姿としか…

私は12歳時、日記に『人間はそろそろ他の生き物たちに恩返しする時代にならなければ…』と書いていました それから半世紀、増々自分がヒトである事に折り合いがつかぬ思いです 以下の《54文字・16篇》、心・頭に充満している一端です 立場の強い者は 何事も許される人間界 地球界では我が物顔の人類がズタズタに… つくづく思う、同じことだと 『いいないいな人間っていいな』との歌詞にはただ愕然、だって 真っ逆さまではないかしら、昔話が伝える心とは 人間には、終生効果の続く麻酔薬が生まれながらに深く注入されているらしい 他の生きものの痛みを思いやる感覚に 夜景… 異常細胞が光っているとしか見えまい 何百万種もの中の一種属の生物だけが傍若無命に蔓延っている、この星 ゴルフ場… 他星人に毟り取られたとしか思えまい 命に満ち溢れ、その痛みにも満ち満ちた表土を、よもや 自らとは… こんな街なかに○○なんて珍しいねって… そこに至る迄には塗炭の苦悩 文字通りの決死行動、人の心の至らぬ草陰に 水飲み場さえ奪っておいて、どう生きていけと… 縁の下も無くなった、冷たく 熱い、人工物だらけの街なかの荒野で 無意識の中に、汎ゆる生き物を生きとし生ける仲間と見てきた私たち 今や[この天体は人間の星] とや、無意識の中   目に見える仲間たちの激痛を無視し続けてきた者たちの末路… 目には見えぬモノによる前代未聞の悲劇、遅すぎた懺悔 他に先んじる事を是とする社会は 破滅への道もまっしぐら 他の生き物を道連れにしない術を、先ず探求して下さい 「人間だけは超別格の存在」と、美しい理論を構築せねば 流石に後ろめたくなってきたのか…?僅か数十世代前 疾うに成長期は終わったどころか、もはや取り返しのつかぬ処… 自分より虫たちの方が偉い、と心底思えている者の直感 お月様には響いている、無数の命の断腸の叫び それが聞こえぬ者達に平和など… 人類がそも、バブルでしょ?お月様 人間社会の諸問題の元凶は須らく超強大な権力 地球の大問題の源は、食物連鎖の域外に居るが如き人類の強欲傲慢に 心の中で深く頭を垂れ、自ずと手を合わせる これが一番強い立場にある者の真の姿では? 人間界でも地球界でも 12歳なりの言葉だった「恩返し」 現状は大きく逆に傾くばかり 津波のような人類 せめてせめて 心の中で…

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

他我がこわい

高校二年生です。 質問のカテゴリが少しズレているかもしれません、すみません。 相談というよりも、誰かに分かってほしいという思いの投稿です。 突然ですが、私たちは各々『自我』をもって、それぞれ自分の見る世界があって、色々なことを考えたり感じながら生活しています。よね。 自分以外の人がもつ自我を『他我』と呼びますが、私はこれがすごくこわいです。 うまく説明ができません。 友達に理解してもらうこともできませんでした。 ネットで調べてもそれらしい答えは見つかりませんでした。 例えの1つなのですが、 ごくたまに、一緒に生活している親のことを、『他人』と認識してしまうことがあります。 「あ、この人も私と同じ時間で別の人生を生きている1人の人間で、」 「私から見た『親』は親には分からない、そして同じように 今このとき、親から見た『私』がたしかに存在しているんだ」 そう思って、親のことを何か得体の知れない生き物のように、生々しいものに感じて怖くなってしまいます。 何を言っているかわからない自覚はあります。 私は、私のまわりのひと全部、なにかRPGのキャラクターのように認識しているのかもしれません。 それぞれにそれぞれの意識や感情や人生があることが、こわいんです。 自分でも、どうしてこんなに心の中で他人のことを怖がってしまうのか分かりません。 死んだ後の世界や自分の行く末がわからないことが怖いように、人の意識や心なんて絶対にわからないことだから、それが怖いのでしょうか。 どちらにせよ私は私のことを寂しい人間だと思っています。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

人は悪なのに何故みんな仲良くするの?

人は殆ど悪の存在で、とても利己的です。 攻撃的なチンパンジーと変わらないDNAです。 知らない人を家にあげたら何か盗まれるだろうし、お金を貸したら殆ど戻ってきません。 人類の大半はずーっと何千年も争いをしています。 ネットは常に罵詈雑言の嵐だし、毎日悩み相談サイトでは人間関係で悩んでるし。 男女対立や女性の浅ましい感情などが毎日のように展開されています。 こちらハスノハでも、結構わたしに対して"病気"を理由に間接的に攻撃されますし、どんなに徳を積んだ偉人や芸能人でも攻撃的な人ばかりです。 癌医学の功労者は差別主義者だし、DNAの発見者も差別主義者です。 毎日のように芸能人が脱税とか問題発言とか。 人間って悪だなと思います。 それでもみんな周りの話を聞いてると他人を信頼しているそうです。 私は人に期待しない事を心がけていましたが、もはやそれですら心を防御できません。 世の中悪しかいません。 善の心なんてないですよ、善があるのなら私に金持ちの人が無償でお金やらなんやらを与えるはずですし、大半の人は悩んでないし、毎日楽しいはずです。 感謝して悟るなんてないですよ、感謝して他人を優しくしても仇でしか返されませんし、いい事なんてありません。他人は悪です。 結局悟る道なんてなくて、他人は悪であり、どんなに学ぼうが人は悪であり、自分が悪であると悟ってもそこから善になる事はないし、人は攻撃的なので感謝は無意味だし、親切は仇で返されるし。。。 このまま人間関係を維持しないといけないのが辛いです。 人間関係を維持しないと生きていけないので尚更辛いです。 どうすればいいのでしょうか?それでも感謝して親切していくしかないのですか? 「ゆっくり毎日善行を積めばいいのです。」と言われそうですが私は小さい頃からそれをやってて仇で返されたりするのでそれが信じられません。 仏教では、この場合はどうすればいいのですか?それでも他人に感謝ですか?

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

「欲」と「向上心」の違いは何ですか?

こんにちは。いつもお世話になっております。 人の人生において悩みの種となるのは、大抵が「欲」であると聞きました。 私も今まで、その「欲」によって何度も悩んで、落ち込んできたように思います。 しかしその「欲」と「向上心」の違いが最近分からなくなってきています。 例えば、私は絵を描くことが趣味なのですが、 自分の絵が評価を受けると、もっとここを工夫してたくさん評価を貰えるようにしよう、練習を頑張ろう、とたくさん努力するのですが、 いい評価が貰えなくなると落ち込んだりイライラしたり、自分を責めたりしてしまいます。 それを繰り返していると、何のために絵を描いているんだろう…という気持ちになってしまい、最後には絵を描くのが嫌になってしまいます。 絵に限らず、人間関係等もそうです。 もっと人間関係を広げたい、広げるために色々な場所に行ってみよう、もっともっと… それが大きくなり、疲れてしまうのです。 これは「向上心」が途中から「欲」に変わってしまったということですか? それとも私が向上心と思っていたことは向上心では無かったのでしょうか。 新しい場所に飛び込んで、どんどん前に進んでいくことはいいことだと思うのですが、 最終的にいつも悩みのタネになってしまうことがとても辛いです。 何かこのことについてアドバイスを頂けないでしょうか。

有り難し有り難し 28
回答数回答 2

人はなぜ全ての事に意味を付けたがるのでしょう?

最近、心理学に基づいた心の扱いについて学ぶ機会を得ました。 そこであったのが、人間は全ての事象に対し、何かしらの意味を付けたがる生き物なんだ、という事です。 確かにその通りだな、と思ったのです。 例えば 「あなたは笑うと可愛いですね」と言われた時に、 「笑わないと自分は可愛くないのか?」 「おっさんに可愛いなんて馬鹿にしているのか?」 「自分は笑っていないといけないんだ」 「あ、自分は可愛いんだ。ありがとう」 という様々な意味を付けると同時に反応が沸き上がる、という話です。 同じ言葉なのに、それを言う相手、それをいわれた状況、言われた自分自身、などから様々な意味が行われます、 事実は、「あなたは笑うと可愛いですね」と言われた。ただそれだけ、なのに。 質問は、なぜ人間はこんな存在になってしまったのでしょうか、という事です。 もっと単純に受け取ればいいのに。人はウソをつくからなのか? と思ってしまうのです。 人が意味付けする事に、「なぜ?」を持ち込んでもしょうがないのかもしれませんが。 その理由がもしあるのであれば、人がもっと楽に生きる事のヒントが生まれないかな、と思ったのです。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

他人とは何でしょうか

子どもの頃から親、クラス、教師など他人と関わるのに疎外感を感じてきました。 その時の自分を表現したかっただけなのに、杭として飛び出れば、やっかみやいじめや、利用してやれ、無視してやれみたいな報復が待っており、世の中の大多数の他者とは分かり合えない、という思いが形成されました。 そういった「分かり合えない、わかってほしい」という思いと他者との関係は大人になってもたいして変わらず、そういった渇望に付け込まれて、やりがいの名の下にいいように働かされ、精神を病んで休職してしまいました。 自分が、他人と仲良くなるかどうかは別として森羅万象の相互関係性のなかで生かされていることは理解できます。他人の存在がなければお米を食べることすら不可能です。 それでもやっぱり、休職から社会に戻って人と関わるのが怖い。というか、自分の中に他人を位置づける場所がないのです。 他人と折り合えない、悲しい、深く傷つき、自分さえもそれを癒せない。ましてや外の世界に救いなんて無い。 また、わざわざ傷つきに戻るのだろうかと... そこで、そもそも自分そして他人とは何かということを考えています。 仏教では、自分さえも固定的な本質を持たない、相互関係性でその瞬間ごとに成立しているただの現象であると説いていますよね。 では、同じような原理で発生している「他人」、例えばジャンケンしようとして相手が何を出すのかすら観測不能なまでに隔絶された「他人」というものについて、仏教はどう説明しているのでしょうか? 教えてください。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る