hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

お坊様について

回答数回答 3
有り難し有り難し 59

以前よりお世話になっています。
ニックネームを変更しました。
家族が他界してから毎日お務め、花、茶水、お供えと自分なりに供養してきました。
これまで5人のお坊様とお世話になりました。(実際にお会いした)

それぞれ個人的な考えや思い、派の違いにより仕方がないことかも知れません、違うところが言動にあります。1人のお坊様は色々な勉強を幅広くされたのか、お話はとても立派なのですが、そのお言葉を自ら覆す行動をします。
細かい内容は言えませんが、色々と矛盾を感じ、お寺に伺いにくい状態になり、別のお坊様にも法事に来ていただけない状況です。
今年の法事は菩提寺の住職が他県から来ていただき、なんとか両親、先祖の供養ができました。

仏教とは、御坊さんとは、供養とは…何が本当なのか分からなくなり、段々と仏壇のお務め、供養もいい加減になりつつあります。
最近は若い方も気軽にお寺の門をくぐれルように、お寺カフェや座禅、説法、写経や癒しを求めてお寺巡り、朱印本など流行りつつあり、高野山1300年のPRもよく見かけます。お寺や神社巡りが趣味と言う若い方々もいます。
一方、無信仰だから、山や海に散骨する方、墓仕舞いして樹木葬等、普通に家代々のお墓に入る人も減っているとか。と言うことは檀家さんも減ると言うことですね。

大変失礼ですが、葬式坊主なる葬式業者数社と契約?して、葬式ばかりして儲けるお寺もあると聞きました。
5人のお坊様のうち4人にとって私は檀家でなく、業者の紹介やあるお寺の催しで出会っただけで、特に大きな収入源にもならず、どうでも良いのかも知れませんし、中には若いお坊様もいますが、頭でっかちの知識先行型なのかもしれません。

これも私の受け取り方一つなのかもしれません、お坊様に対するイメージが固まっていて、そのイメージと違うから違和感なのかもしれません。
当然、お坊様も人間、修行の身であり完全完璧でないことはわかります。ただ法事で頂いたお経は本当に、亡き家族のためになっているのか、六道の話を伺いましたが、畜生界、地獄に落ちていないか、毎日、お務めすることで両親、先祖のためになっているのか疑問が沸きます。
それまでは完全に仏教を信じ、お務め、供養が仏となった家族のためと信じきっていました。
今は半信半疑、これから供養を続けていく自信が無くなりました。

2014年12月28日 1:46

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

だからこそ本当のお坊さんを探すべきではないでしょうか。
あなたは本当に救いを求めているのでしょう。
あやふやな事では満足いかないのでしょうから。
あなた自身が本当に任せられる坊さんにお願いすればよいのです。
人生の師を探すことはおろそかにすべきことではありません。
「電話で一本!24時間!すぐ行きます!お経読んでお金もろて、ほなサイナラです!」みたいな僧侶では私も満足いたしません。お経が終わった途端に今読んだお経はどういうもんで、何によって成仏したか証明してみろ!と首根っこを掴んで問答するくらいの勢いがあってもいいんじゃないでしょうか。
今や新聞の通信教育で僧侶になれてしまう宗派もあるそうです。
いかがわしい僧侶や、いかがわしいお経は沢山ある。
私自身はそういう懐疑心をずっといだいてきました。だからこそ、本当に素晴らしい師僧、参学師に出会う事が出来ました。ぜひその疑問を持ち続けて、きちんとした仏教を広めておられる方を探してみてください。

2014年12月28日 15:58
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

僧侶の資質は、大きな問題です。

嫌な思いをされたのですね。
同じ僧侶として申し訳ありませんでした。
ごめんなさい。
まともな僧侶がいる一方、著しく堕落した僧侶がいることも事実です。

日本では、僧侶は大きく二つに分かれます。
出家しているか、していないかです。

浄土真宗系以外はみな出家をした行者です。
出家をされた僧侶というのは、即身成仏(生きているうちに仏になる)を目指す行者であり、行をしているのか、どこまでできているのか等、その僧侶自身がかなり重要となってきます。
その反対に浄土真宗系の僧侶は出家をしませんので、修行もしません。
そもそも即身成仏を目指していません。
他力(阿弥陀如来)のおはたらきによる、浄土での往生成仏を目的としています。
ですので、真宗系僧侶の仕事は修行ではなく、勉学であり、布教活動であります。
端的に言えば、僧侶の資質や人間性は檀家や信者の成仏になんら関係のない話になります。
阿弥陀如来の本願力によって、仏と成らせて頂くので、真宗僧侶はそのことをただただご法話するだけです。

往生成仏の因として僧侶の資質は関係ないので、安心して阿弥陀様に感謝できる宗派とも言えるのかもしれません。
その一方で、僧侶があぐらをかいているとも言えるのかもしれません。

僧侶の質が悪く、仏教に関心が持てないというのが多いのが事実だと思います。
私たち僧侶がそのことを自覚し、覆していかなくてはいけません。
ご指摘を紳士に受け止め、精進してまいります。

追記:真言宗が阿弥陀如来の浄土である極楽浄土への往生を説いているのかは疑問ですが、成仏した御先祖に対し手を合わせることを、仏徳讚嘆と言います。
仏様のお徳を讃え、感謝申し上げています。
これを追善供養ではなく讚嘆供養と言います。
追善とは、善を追加して成仏への応援をすることです。
『ちゃんと供養しないと云々』というのは、追善供養の事ですね。

2014年12月28日 16:37
{{count}}
有り難し
おきもち

始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

第一にまごころの〈確認〉、第二に真剣な〈選択〉をお勧めします

 まず、心よりお詫び申しあげます。
1 亡き方を供養し、慰霊しないではいられないまごころに気づく
 人は太古の昔から、死と死人と御霊とを畏怖してきました。そもそも「畏」は霊的な力の前でかしこまる気持であり、「怖」は、怖い、と、おののく様子です。死も、逝く人も、そして、去ってしまった人も放置できないのは、私たちに霊性があるからです。一個の動物として見聞きできる範囲を超えた世界を感じとる能力を持っているからです。昨日生きたように今日を生き、明日もこれが続くと無意識に信じ、漫然と生きている自分をふり返り、もしも一瞬後に、あるいは明日、あるいは来月、自分が死ぬことをリアルに想像してみましょう。また、故人となった人々を想い、自分との関係をゆっくりと思い出してみましょう。きっと、目先のことごとに追われている時とは異なる心が動くはずです。いつの間にか合掌しているかも知れません。畏怖を伴う霊性のはたらき、一種の〈まごころ〉の活動は他人との関係によって揺るがず、お寺がどうこうとは別問題です。
2 葬送や慰霊や供養が人生において大切なものであると考えるならば、それを依頼し、学ぶ相手を自分で探す
 私たちは病気になると、真剣に薬を求め、医者や病院を探します。病気は自分が処置できる能力の範囲を超えたできごとなので、信頼できるプロの力にすがらずにはいられません。ならば、〈死〉や〈死後〉について考え、何かを行おうとする時、信頼できる宗教者や寺院などを探すのが当然ではないでしょうか。自分で宗教のプロを探し、納得や安心を得るというプロセスなしに業者任せにするならば、宗教行為が商行為、あるいは商行為の延長として行わてもよいと認める〈消費者〉になることを意味します。葬祭業者様は商行為として正当な業務を行い、僧侶は宗教行為として異次元の法務を行い、両者が車の両輪としてそれぞれの持分を充分に発揮すればこそ、葬送がまっとうに行われます。そうした葬送を可能にさせるかどうかは、商業ベースに乗らず、別々なものを別々な視点から〈自分で選ぶ〉方々の姿勢にかかわるところ、大なるものがあります。賢い消費者になることが正直な店を存続させ、消費社会のペースに呑み込まれない生活を確立させるのと同じです。信念や方針が明確に掲げられている寺院を訪ね、住職と会い、重大事を〈託せる〉かどうか、ご自身の霊性で判断されるようお勧めします

2014年12月28日 7:47
{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

遠藤龍地さま
ご回答ありがとうございます。
お詫びまで…申し訳ありません。

1. 仰るとおりに、正直、毎日仏壇に手を合わせ亡き家族の事を思い出し、涙することもあります。どうか極楽浄土で幸せに過ごして下さいと冥福を祈り、誰があげてもお経はお経とこちらのお坊様に教えて頂き、毎日少しでも力になれるならと思いヘタクソながらも毎日お経もあげてきました。仏教のしきたりや常識もあまり知らないまま、お坊様に接する機会を頂いたので、非常識な事もしたかもしれません。しかし、お坊様は仏教を広め、仏教の教えを説き、檀家や信者の信仰の上にいる存在だと思います。決してお寺と別物とは思えないのです。毎年のお盆、あと数年で7回忌と法事は続き、お坊様に来ていただくこたとになりますし。
2.自分で信じられるお寺さまを探すと言うのも難しい話だと思います。自分でも書いた通り、随分と敷居を低くして出入りしやすくなってきたとは言え、何か催し事をされていたりするお寺でないと、一般の人にはまだまだ敷居は高く、町のお医者さんのように、この病院はでは治らないから違う病院へみたいに次々と渡り歩くことが可能かどうか。
葬儀についても、この頃は終活やエンディングノートの存在がピックアップされていますが、それも最近の事。どの葬儀屋さんが良いのか悪いのか、母が亡くなったときは、ある程度の猶予が会ったので、目星は付けていましたが、病院で夜に亡くなり朝までには出ていけと言われ、選択の余地もなくその業者に迎えにきてもらいました。
今更ケチを付けたくないですが、家族葬20数万円~となっていましたが、本当に20万円台でお葬式をしたら、どれだけ貧相なものになっていたか。10倍は掛かりました。本当なら騙されたと思うところですが、それでも悔いなく送ってやれたと思っています。
ただ、家族の死の悲しみの中にいる人間が果して、信頼できるお坊様を探すことができるのでしょうか?
自分があの世に行くまでには、お坊様、業者もきちんと選びエンディングノートを作って起きたいと思います。
ありがとうございました。

丹下覚元さま、ご回答ありがとうございます。
やはり探す努力が必要なのでしょうか?
私のお坊様のイメージは、現代風に開けた親しみやすさもこの時代には必要なのかも知れませんが、やはりきちんとお経を呼んで、仏教とはなんぞや供養とはなんぞやとお経とはと、亡くなったものへの思い、遺族の思いを受けとめ、これから供養をしながら生きていく人間にどういう気持ちで生きれば良いのか…
家に届くのは御摩供養の申込み、本山ツアーの申込み、増築に伴う寄付の御願い等々。お盆のお布施の金額を下げるとパタッとなくなりました。
今まで施餓鬼供養や御摩供養等々、申込みその都度、お札やお守り等々が届きました。
あるお寺に何度か伺った際に、なにかあるならお話聞きますよと言ってくださり、色々と問題を抱えていたので、お話をしたんですが、私も調子にのり不用意な発言をしたようで、その場で諌められました。が、次からは露骨にな態度でに。
諫められるのは私が考えもせず発言したことが悪いのですが、次からの扱いが。そんなに露骨な言動をされるほどの大変な罪を犯したとも思えず、私は何をしにお寺へいっているのか分からなくなりました。
お坊様も人間ですから、腹も立てば、虫の居どころも悪いときもあるでしょう。まあ、もう来てもらわなくていいということですね。
僧侶に対するイメージが高すぎるのでしょうか、どうしても聖職者のイメージがあり、あまり自分の感情を出すと言うイメージが強いのです。まあ、そういう時代ではないのかもしれませんね。法事に来てもらいお経を頂き、お布施を渡せば、サヨウナラ。それで良いのかも知れません。お坊様に何を必要以上なことを要求しているのかもしれませんね。

釈心誓さま、ご回答ありがとうございます。
そんな、お詫びまで…申し訳ありません。

失礼しました、何宗とも書かず。私の家は代々、真言宗です。真言宗の中でも何々派と別れていて、同じ真言宗なら違う派のお坊様にお経を頂いてもいいということでした。しかし、それぞれお経のあげ方も違い、シンバル的なものを鳴らすお坊様もいました。
あるお坊様はお経の意味を知って唱えることこそ意味がある、他のお坊様はたぶん一般の人には分からない、そのためにお坊様がいる。私たちは意味は分からなくても声に出して読むことで効果があると…ご先祖の仏さまに御願いをしてはいけない仏さまの修行をしているから。自分の家族、先祖だからこそ困ったことは、どうか助けてくださいと御願いしなさいという。
本当にバラバラでもうわかりません。
私も母が亡くなるまで、たまに手を合わせる程度のことしかしていませんでした。それまでは母が仏壇を守っていました。今度は私が仏壇を守る番になり、色々と勉強していくほど、何が本当で何が仏さまや遺族のためになるのか、真言宗では49日で仏さまの仲間入りをすると言われています。成仏して極楽浄土で幸せに過ごしているなら、位牌やお墓に手を合わせることなどいらないことではと思ったりします。

「お寺とのトラブル・嫌なできごと」問答一覧

法要時、肝心な箇所を間違われたら?

初めて相談をさせて頂きます。宜しくお願いいたします。 先日親戚の四十九日法要と納骨がありましたが、その際に僧侶の方が「参列者の名前を間違えて唱える」という場面がありました。 ※卒塔婆を立てる参列者の名前を読み上げていったのですが、私の家族全員が「名字」を誤って読まれました。 ※私の名字は、故人が生前 結婚する前まで名乗っていた旧姓でもあります。また故人は生前私達の家に対して大きな愛情を持って接して下さいました。 ※墓所と法要を行ったのは葬儀会社が運営する霊園です(今回の僧侶の方は霊園職員の方が手配。霊園と提携するお寺のようです) 亡くなる直前まで私達の家族を愛して下さった親戚。私の家族もまた故人を愛していましたし深く感謝しています。だからこそ今回「名前を間違われた」事は悔しく感じました。 法要後、思わず僧侶の方に『恐れ入りますが名前を間違われて読み上げられました。▲▲(間違った名字)ではなく、●●(正しい名字)です』と申し出てしまいました。 しかし僧侶の方は「じゃあ墓前納骨時に言い直しますから」という『軽くあしらわれた』と感じる言動を取られました。これには参列者一同唖然となりました。 今日の為に必死に準備をしてきた施主や関係者全員、そして私の家を心から愛してくれた故人の事を思うと…あの言動は非常にショッキングでした。 納骨時には正しい名字で言い直してお経を上げて下さいましたが、参列者全員わだかまりが残ってしまい非常に残念です。 実は前回、祖母の回忌法要においても同様の事件がありました(回忌数を間違われて読み上げられた) 連続して類似問題が起こり、悲しさと憤りを抱いてしまいました。 霊園職員の方には「2度連続で誤って進行された」と抗議したので次回以降はこのような事がないよう願うばかりです。 さて、このような事態を経験してしまったのでお伺いしたいのですが、法事の席で僧侶の方が名前や回忌数など「参列者にとっての重要点」を誤って進行する事はあり得る事なのでしょうか? またこのような誤りがあった場合、参列者はどのような対応を行うのがベストですか? そして…故人に対する供養はどうすれば良いでしょうか?今回はモヤモヤが残るような法要となってしまい…故人に申し訳ない思いがあります。 稚拙な文章で恐れ入りますが、お知恵を拝借願えますと幸いです。宜しくお願いいたします。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

菩提寺に不信感。寄付って何?

私には先祖代々の菩提寺があり、いつかそれを継いで行くんだなと漠然とした想いがありました。 でも最近の菩提寺のやり方?経営に疑問を持つようになりました。 事の発端は住職さんが代わってからお盆の供養で自宅に住職さんが来て私達に話したことから始まります。 その時は祖父から孫の代までみんな集まり住職さんにご先祖様達を供養して頂きました。 供養が終わり、ありがたいお話を頂けるのかと思ったらなぜが、ずっと本堂以外にある小さな観音堂の建て替えをするための寄付金が足りないと言う話をされ続けました。 私は目が点になりました。 供養の場でそんな寄付金の話ばかりされるとも思わなかったですし、ここ数年で、永代供養用のとても大きく豪華な大仏や建物が建てられたり、お寺の中やお墓が整備されていたからです。 その時は寄付金を集めたりはしていませんでした。 それなのになぜそれだけ多くの事にお金を使っておきながら、わざわざ寄付金を集めて観音堂を建て直さなければならないのか。 それならあと数年まって、年会費を貯めて建て直したり、あんな豪華な永代供養大仏を建てるならそこの費用を削って観音堂にまわすなど出来たと思うのです。 あまりの経営の雑さ、そして寄付金が一口〇万円以上でないといけない、観音堂を建て直すにあたり観音堂(本堂以外とは言っても人が10人は入れる大きさです。)をあけてみたらお飾りもボロボロになっていたので全て新しくしようと思うなど、普通、寄付なら1円からでも寄付であってその人の心なのに、仏に使える人が〇万円以上でないと寄付金でないと言ったり、普通時々でも観音堂の仏様にお経をあげていたり、掃除していたりしたら前々から少しずつ修理したり出来たと思うし、本堂がものすごい豪華なので、そこの費用を抑えて観音堂にまわせたりもすると思うのです。 こうゆうやり方や、はお寺としては普通なのでしょうか? なんだか檀家を都合の良いATMのように見てるとしか思えなくなってしまいます、、

有り難し有り難し 29
回答数回答 2

お寺にて。私ばかり叱られるのはなぜ?

いつもお世話になっております。 きょう、(ドクターストップを 破って)祈願寺へ行きました。 やけにペコペコ挨拶してくる お婆ちゃんがいたのですが、 礼儀として、挨拶を返しました。 法要が終わった後、 「あなたはいつもいい声を 聞かせてくれる!ありがとう」 などと言われた後、私の持って いるヘルプマークを指差して、 「あなたも何か持ってるわね」 と言ってきたので、 「持病がございまして」 とお答えして、その場では 別れました。 帰り道、外の参道に出た所で 「まってー!」と呼び止められ ました。無視することもできた のですが、こういう方は、 しっかり断らないと後が面倒 なので、「なんでしょうか!」 と低い声で対峙しました。 「参道を出た所のカフェーで お茶をしよう」と言われ、 「皆さんお断りしております、 申し訳ございません」 と最敬礼して別れました。 運良く、その場は引き下がって くれました。 この人はお寺の御詠歌グループ のメンバーなので、私はお寺に 引き返して、お坊さんに逐一 状況をお伝えしました。 自分自身も興奮していたと 思います。ドクターストップ が出るくらいなので。 「そういう人はどこにでも います。気にしなくていい。 うちは警察じゃありませんから」 と突き放されました。私は 言い返せませんでした。 受付の女性が、悲しげに目を 伏せていたのが印象的です。 「宗教法人の、信徒の教化育成 義務」に当てはまるので正当な 行為だとは思います。 ですが、お花の件もそう。 なぜ、私だけこんなにもきつく 指導されるんでしょうか? 年齢差でしょうか?先の 先達さんも仰るような、親心? まあ、ドクターストップに従わ なかった私も悪いのですが。 次に参拝した折に、お坊さん に謝って、事情を伝えようか とも思っています。 「会う人みんな、悪い人や 怖い人に見えるんです」と。

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

お寺さんとの関係の築き方

はじめまして。 今回はお寺さんとの関係の築き方についてご相談です。 以前、臨済宗のお寺さんに観光目的でお邪魔した時に、住職さんが「お庭だけ見て帰られる方が多くて残念です。お寺に来たからには、仏様に手を合わせ、そこの住職たちとお茶でも飲みながらお話でもするのがお寺本来の在り方ではないかと思います」と話しておられました。当方と宗派は違いますが、そのお話に非常に共感しました。私自身、高齢の父母がいるので、そろそろ葬儀などについても普段からご相談できる方がいればいいなとも思っております。 しかし実際問題として檀家制度が薄くなりつつある現在、お寺さんと在家の若い人たちとの間にはハードルができてしまっている気がします。縁もゆかりもないのにいきなり飛び込んでいってご迷惑をかけないか、また法事などの特別な用事もないのにお電話をしてアポを取ってお邪魔してもよいものか…そこにいらっしゃるご住職やお坊さんたちもとてもお忙しいでしょうし…とまあこんな具合に悩んでいます。 ちなみに昔は父方の家系が村にあるお寺さんにお世話になっていました(もしかしたら元々は檀家だったのかもしれません)。 しかし村を出た父の代から疎遠になり、祖父が亡くなった現在、私はご挨拶へ伺えていません。また、自分の意志でそちらのお寺さんへ伺おうにも、新幹線の駅から車で一時間以上はかかるところで、なかなかご挨拶へ伺いにくいです。父へ真剣に仲介をお願いしてもはぐらかされてばかりで。私ひとりで伺ったところで相手してもらえるかと思うと気後れしてしまいます。 問題をまとめると ①新しく今住んでいるところの身近なお寺さんとのご縁を築く ②それとも祖父の代からのご縁を何とか復活させる どちらにするか悩んでいます。そして、どちらにせよその方法論もわからないので更に悩んでいます。 長々とすみません。上記の三点について、どうかご助言お願いできないでしょうか。

有り難し有り難し 31
回答数回答 3

お寺のシステム?私は金づる?彼が怖い

僧侶の方と交際し始めて半年ほどになります。 住職ではありません。寺院に所属しているわけではなく、本山から依頼があると指定された場所にお勤めに向かいフリーで活動しています。 交際し始めて2週間も経たない頃、本山への移動費がなくてお金を貸しました。それ依頼、この半年で総額50万近くになりました。返済は一部ですがありました。お寺の都合でお布施が入らないと言っていますが、そんなことあるのでしょうか。私の生活にも関係してくることなので困っています。実際私の返済が滞っています。 〇日に〇万円返せるからと言われ、会う約束をすると、〇万円しかもらえなかったと、結局返してもらえるのは雀の涙。 そして、とても短気でせっかち、キレやすい性格で、私は怖くて何も言えません。お金のことも、こちらはあくまでも言葉や言い方に気をつけて伝えましたがキレられました。 月の半分以上は彼に会っていて夜も共にしますが、泊まるのは節約のため(そのお金も元は私が貸したもの)カプセルホテルで、エッチは月に1回あるかないか。デート代もほぼきっちり割り勘です。 割り勘が嫌な訳ではありません。 そこまできっちり!?と思ってしまいます。 奢ってもらったことはありません。 私が彼に貸したお金というのは、私は体調が不安定で仕事をできない時期が続くため、その時の生活費にあてようと取っておいたものと、娘の結婚祝いにと貯めていたものです。それが全て、彼へ貸したお金と私の生活費で消えました。 彼は、私から借りたお金で、私同伴でスナックにも行きます。 私が惚れてるのをいい事に、金づると思ってるのでしょうか。 そして、私の母は性格に難アリで、そのことを話すと聞いてるこっちが気が狂いそうになると話を聞いてくれません。お坊さんだからというより、彼だからこそ、私の悩みを少しでも聞いて欲しいだけなのに。 常に自分のペースでことを進める彼。 私に質問して返答が遅れると直ぐにイラつく彼。 彼のことで悩みすぎて、私はODとリスカを繰り返すように。 彼は、それは当て付けでやってるの?薬を飲みたいのはこっちの方だよ。病院に行きたいのはこっちの方だよと言いました。 彼は、私のことを想ってくれてるとは思います。 大切に想ってくれてるとも思います。 育った環境や性格の違いもあるのでしょうか、とにかく態度や言葉に怖さを感じてしまうのです。

有り難し有り難し 66
回答数回答 4

父の17回忌が近づいています。

お世話になります。 今回は、実家の父の17回忌法事のことで相談させてください。 父は次男で、郷里から離れて家庭を持ちました。 そのためお付き合いのある寺はなく、父が亡くなった際、葬儀会社の紹介で急遽、お寺を紹介してもらいました。 初対面のお坊さんに父の戒名をお願いしたのですが、父に所縁のある漢字も使用されず、生前の人柄なども尋ねられることもなく、ただ事務的に考えて下さった印象を持ちました。 〇〇院、と父方親戚にはつけられているためそれだけを頼むと、割増料金?のような請求があったと記憶します。 その後、法事の度に実家へ来て頂きましたが、愛想のかけらもなく、ただお経をあげられて支払いを済ませると、矢のように帰られます。 会話も殆どなく冷たい対応しかないため、すっかり私たちも信頼する気持ちが薄れてしまい、今度の法事では呼ばない、と母が言い出しました。 そして、お坊さんなしで自分たちで読経して17回忌を済ませよう、と言うのです。 私が、他にお寺を探してお願いしよう。と提案しても聞いてもらえなく、兄姉も母に賛成のようです。 父に申し訳ないようで、とても気になります。 家族だけで法事するなら、せめて私だけでも何かできないかと思いますが、アドバイスいただけますか? 宗派は、浄土真宗の"お東さん"らしいです。

有り難し有り難し 38
回答数回答 3

実家の菩提寺の御住職様の言葉に大変ショック

いつも、有難うございます。 大好きな実母の、十七回忌の御塔婆をお願いするために、 本日、実家の菩提寺(真言宗)に行きました。 でも、かなり、きつくショックなことを言われました。 (私は嫁いで別の市に住んでいるので) この寺院とは別の寺院(同じく真言宗)の境内に 樹木葬墓地を購入し 「生前戒名」まで頂いたことを伝えました。 すると、実家の菩提寺の御住職様が 「私は、樹木葬なんて墓として認めない!!」と 仰いました。 そして、 「当寺院は樹木葬墓地を作る気は全く無いし、あんなの 墓じゃ無いよ」 と仰いました。 御住職様によって、いろいろな考え方があるのだと 思いますが、 私が、今、ここで、樹木葬墓地を購入したことを 告げたばかりなのに、否定されて、凄く悲しく ショックでした。 私達夫婦には後継者がいないのだから、しょうがないのにと。 そして、 内心、「生前戒名」まで頂いていることを誉めてくださると、 少しだけ期待していたのに真逆でした。 同じ真言宗智山派の御住職様なのに こんなに考え方が異なるものかと思いました。 そして、生前位牌(戒名は朱色)を作ろうと思っていることを 伝えたら、 「位牌は死んでから作るものだ」だと仰いました。 本当に「生前位牌」はイケナイのでしょうか? 今日は、ショックで落ち込みながら家に帰って来ました。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る