お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

夫を突然失いました

約1か月前、ひき逃げに遭い、夫は突然帰らぬ人となりました。「いってきます」「いってらっしゃい」「バイバーイ」これが、主人と私、そして1歳の娘との最後の会話となりました。

夜11時過ぎ、警察の方から「ご主人が道に倒れていて怪我をしており、意識もないので救急車で運ばれました。今から病院に行っていただけますか?」と言われ、私は、飲みすぎて転んじゃったのかな?という程度にしか思っておらず、「ご迷惑をおかけしてすみません。すぐ行きます。」
と答えて、娘を連れて病院に行きました。

すると、何やら慌ただしい雰囲気…聞くと、「事故に遭ったようだ」と。
それからバタバタと手術室に運ばれ、私と娘は待合室で待っていました。
事態の深刻さに気付いたのは、手術室から戻った主人にICUで面会した時。たくさんのチューブで繋がれ、血だらけでした。
そして、主人の意識は二度と戻ることなく、次の日の朝息を引き取りました。まだ30歳でした。

それから、通夜や葬儀など気持ちの整理もつかないまま過ぎて行きました。なぜこんなことになっているのか全く理解できず、心と体がバラバラになっている感覚で、頭がぼーっとしてただただ涙が溢れ、最後まで主人にすがりついて泣きました。
まだよくわかっていない娘は、「おとうさん、ねんね〜」と言いながら無邪気に笑っていました。それを見てまた、涙が止まらなくなりました。

その後、主人をひき逃げした犯人は逮捕されましたが、それで主人が帰ってくるわけではない…心にはポッカリ穴が空いたまま、何もする気になれません。

たくさんの方からお悔やみの言葉をいただき、「娘さんのためにもしっかりね、頑張ってね。」
と言っていただきました。ありがたいです。
でも、「娘がいるからこそ、父親である夫にはいてほしいんです。娘の笑顔が支えにもなるけれど、それを見てさらに苦しくなるんです…」
という気持ちになってしまいます。

これから先、どうやって生きていけばいいのか…娘は心の支えであり、主人が残してくれた宝ですが、それでもやっぱり辛いのです。苦しいのです。消えてなくなりたくなります。自殺しようとは思いませんが、主人のところに行きたいと思ってしまいます。

この苦しみとどう向き合っていけばいいのでしょうか?

身近な人の死
有り難し 139
回答 4

質問投稿日: 2016年6月20日 1:20

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

辛い時悲しい時。我が子を見れば我が子から教わるものがある

先ずはご主人様のお悔やみ申し上げますと共に無念さにお見舞い申し上げます。
30歳とは余りにも若すぎます。私の次男と同じ年でお子さんも丁度同じ位です。
お悩みを読ませて頂き他人ごとでは無い様に感じ力になれるかわかりませんが何かを伝えられればと思います。

この世に生きる時何度か「まさか」を経験します。
私は今回熊本地震を受け想像もしていなかった熊本県民が殆どで「まさか」を実感し今でも立ち直れないこれからも立ち直れない方がいる事だろうと思います。
幸いに私は被害も最小限でしたが震源地を見ると悲しい位に酷いものです。

今現在自分が自分で無く、身体と心がバラバラな感じで子供の事を考えなければいけな事は分かっているけど「何で」が心を襲う。どう自分をコントロールしたらいいかこれから元に戻れるか不安で不安で心の置き場所が見当たらない状態と思います。

良いんです!無理に元に戻さなくても、何とかしようとしなくても、考え込んで寂しく成って不安で泣いても良いんです!これが今の貴女なのです。
今は心が止まり歩かなくてもそれが当たり前なのです。

慰めの言葉に「時が薬」とありますがこれは今の貴女には入らないと思います。これを実感する時は本来の自分に戻った時です。

今は朝目を覚ましたても辛い一日が始まります。この辛い一日をどうか懸命に何とか娘さんを見ながら終える事です。そして又明日も辛いでしょうその時又娘さんを見て下さい。いつしか時が過ぎ気付きます我が子が成長している姿に。
どんなに悲しくてもどんなに辛くても、お腹が空くと我が身を恨み嘆く心と生きるこの身は止められません!ましてや我が子は日々目で見える様に育って行くのです。
きっと貴女もこの苦しみが薄れる時貴方の心も貴女の大事な子供さんも成長していますよ!
あの世から仏と成られはご主人様が貴方たちの成長を見守ってくれてます。

また辛く悲しくなったら何時でも言って下さい!ここに居るお坊さん達も貴女を皆見守っています。

2年10ヶ月前
回答僧

大慈

お悔やみ申し上げます

私にもまだ死を理解できない年頃の息子と、寝返りもできない娘がいます。仕事柄、自分の死について思いを馳せることが少なくありませんが、いつも思います。今、私が死んだら、妻や子供たちはどうやって生きていけるのだろうか…と。そしていつも思います。今、死ぬわけにはいかないな…
たゆこ様におかれましても、どんなにか心細いことかとお察し申し上げます。ご質問を拝見して、こちらの胃が痛くなってくるような思いがしています。

私からお伝えしたいことは、1人で頑張らないで欲しいということです。ご両親さまはご健在でしょうか?ご兄弟は?頼りになるご親戚、支え合えるご友人はいらっしゃいますか?ご主人のご両親との関係はいかがですか?出来るだけ多くの人のお世話になることを厭わないでいただきたいのです。自分1人で頑張らないで欲しい。私が今、妻に言い遺して死ねるとしたら、そう伝えたいです。たゆこ様にもそうであっていただきたい。

それは子供のためでもありますが、それ以上にあなた自身のためです。だって無茶ですよ、1人きりで全て抱え込むのは。子育てなんて夫婦2人で協力してやっていてすら、子供の顔を見ない時間が必要だというのに、1人になってしまえばなおさらです。辛くなって当たり前です。それをひたすら我慢して頑張る妻の姿など、想像するだけで痛々しくて見ていられません。

誰かにお子さんを見てもらって、目が腫れるまでワンワン泣いて欲しい。泣いて良いんです。そういう時間を作りましょう。お坊さんの経験から言います。お葬式から1カ月前後が、大切な人を亡くした喪失感が大きくなってきて、いっっっちばん辛い時期です。今は特に1人で頑張らないで下さい。

感情的な文章になってしまったかもしれませんが、率直な思いをつづりました。私はあなたのこれからが心配です。またいつかお話を聞かせていただければ幸いです。

2年10ヶ月前

言葉が見つかりません。

たゆこ様

釋慧心と申します。
この度は、慎んで拝見させて頂きました。

正直に言いまして、言葉も見つかりません。
出来ることなら出向いていって、ご一緒にお偲びさせて頂きたいと思いますが、
日々の法務に明け暮れており、僧侶としてお恥ずかしいことですが、叶えそうにありません。

こちらに登録させて頂きまして、まだ日も浅いので御座いますが、たゆこ様のお悩み、どうしても素通りが出来ません。

愛別離苦の苦しみは言うに及ばず、
また、その中にあって、たゆこ様におかれては、
母であらなければなりませんし、
様々な行政の手続きなどにも走り回っておられることでしょう。
お仕事や家事も、否応なしに巡って参ります。

今は、ゆっくりとしみじみと、悲しむお時間も持てないかと思います。

御主人様の願いは、お嬢様のことも、もちろん大切に思われていることには違いありませんが、
まずは、たゆこ様です。
たゆこ様のお身体とお心が心配で心配でならないのです。
これを第一にお考え頂いて、とにかく無理をなさらずにご自愛ください。
お辛いときは、辛いといつでも言うてください。
私が見ましたら、必ずお返事させて頂きます。

阿弥陀二十五菩薩来迎図という絵がございます。
臨終の時には、我々の先祖方や、先に往かれた方々は、菩薩や仏様のお姿と成りて、阿弥陀様と共にお迎えに来られ、
圧倒的なお働きで、風呂に溺れ泣き苦しむ赤子の手を掴んで引き上げるが如くに、
否応なしにお浄土へ誘われ、往生成仏させて頂きます。

ゆえに、速やかに菩提心を興され、我々を願い果ててくださる仏さまとなりては、必ずお側においででくださります。

私の信仰する宗派の宗祖の言葉です。

この身今は歳極まりて候えば、定めて先立ちて候わんずれば、必ず、必ず浄土にて待ち参らせ候べしと。

2年10ヶ月前

辛くとも子供のために生きてください。

たゆこさん、こんにちは。

夫をなくされたのです。お悔やみ申し上げます。
まだまだ心をいえないのは当然です。これから四十九日忌、お盆、お彼岸、一周忌、三回忌と時間をかけて期間を少しずつ延ばして、徐々に心を癒していくのです。これが昔の人々の知恵です。

その中で、少しずつ生活を戻して、これからの人生を考えてください。

いろいろアドバイスもしたいけど、今はこれぐらいしかいえません。辛かったらいつでも話し相手になります。いつでもメールをしてください。人生は辛いことだらけです。でもその分幸せも必ずあります。それまで、お子さんと共に毎日毎日人生を歩んでください。

合掌

2年10ヶ月前

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ