hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

悪口や愚痴を言わない人って

回答数回答 2
有り難し有り難し 145

何となくなんですけど、悪口や愚痴が多い人はろくな目にあわず、悪口や愚痴を言わない人って好かれるし、何事も上手く行っているなと感じています。

悪口や嫌み、愚痴をコミュニケーションだと勘違いしている人もいますし、悪口仲間なんて言葉もあります。

悪口や愚痴はその人自身をマイナスにする、マイナスを呼び寄せる、だから上手くいかないのかなと。

仏教ではそのような考え方ってありますでしょうか? 

2013年5月12日 17:01

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

せざる、言わざる、思わざる

ゴロがいいので覚えてください(^_^)

A「悪口、陰口、愚痴、文句、不平不満はガンのもと♫」

B「悪しきこと、せザル 言わザル 思わザル🎶」

Aの解説
①悪口は、人のことを悪く言ってケチをつけること。
②陰口も、本人のいないところで悪く言ってケチをつけること。
③愚痴も、嘆きつつ、ケチをつけること。
④文句も、悪しざまにいうこと、ケチをつけること。
⑤不平も、不満も、気に入らないとか、物足りないと、ケチをつけること。

共通していることは、“ケチをつける”こと。
つまり、良く言わない、悪くいうことです。

ではケチをつけることの本質は何かといえば、これは怒りのエネルギーです。
仏教では自他・心身を害する三毒(貪り・怒り・愚かさ)の一つとされています。
これらは自分にとっても相手にとってもためにならない毒を生み出し、
脳内でノルアドレナリンが大量に分泌され、病気やがんを引き起こしやすくなるなど科学的な根拠もあるのだそうです。
簡単にいえば、口からオナラ、言葉の毒ガスを発生させているわけですから(笑)当然誰も近寄ろうとはしません。

Bの解説
ただしこれらの悪いことを、口にしなければ良いということではありません。
仏教では身口意(しん・く・い)の三業と言って、人間の行いを三つに分けています。

①口でケチをつけることは、口の悪業。
②態度や表情、乱暴な行動は、体の悪業。
③悪いことやマイナス、ネガティブなことを想うのは心の悪業です。

口で言わないまでも、態度や表情でそれをしていたら同じことです。心にて思えば、当然身に毒が及ぶ訳ですから同じことです。

拙寺では月末の日曜日にプラス思考講座を開いておりますが、会の中で最も奨励している幸せになるための一番の近道が、この
「悪いことをしない、言わない、思わない事」です。

「悪口、陰口、愚痴、文句、不平不満はガンのもと♫」
「悪いことは、セザル、言わザル、思わザル」
上手にこの三匹のサルを飼いならせば、あなたを幸せに導いてくれるはずです。

お経だと思って、絶対にやらなくなるまでお唱えしてみてください。
あなたの人生が開かれた明るいものに変わることでありましょう。

2013年5月12日 21:29
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

因果応報論・業論

天使は誰だ 様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

「悪口や愚痴はその人自身をマイナスにする、マイナスを呼び寄せる、だから上手くいかない」、まさに仏教ではその通りであると説明申し上げます。

仏教では、「十善戒」があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/十善戒

悪行を成さないための戒めと考えることができます。

悪口は「不悪口」が妥当しますが、他にも言葉に関しては、「不妄語・不綺語・不両舌」とございます。

「愚痴」は、本来の仏教的な意味合いとしては、世間で使うのとはやや異なるものとして、煩悩の三毒、「貪・瞋・癡」の癡、「愚癡」・「愚痴」が妥当致します。

愚癡・愚痴は、根本的な無知としての「無明」として、真理に暗い、真理を知り得るにほど遠い有り様を言います。もちろん、真理に暗いために、色々な煩悩によって「愚痴」を言ってしまうことにも繋がるわけであります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/癡

http://ja.wikipedia.org/wiki/三毒

「悪口」や「愚痴による行い」を積めば積むほどに、当然にそれらは煩悩によっての悪行となってしまうため、その悪業(カルマ)によって、悪い結果としての報いを受けてしまうことになってしまいます。

因果応報としての「悪因苦果・悪因悪果」ということとなります。

ウィキペディア「仏教における業」参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/業

できる限り悪行を成さず、悪業を積まずに、善行(十善行)を行い、更には積極的な善行としての慈悲・利他行を行うことも望まれることとなります。

「諸悪莫作 衆善奉行 自浄其意 是諸仏教」

もろもろの悪い行いを成さず、善い行いに努めて、心を浄めること、これが仏教の基本となるのであります。この簡単なことが私たち凡夫において実は非常に難しいことでもあるのですが・・

因果応報論・業論に関しましては、下記問いにても扱わせて頂いておりますので、ご参照賜れましたら幸いでございます。

問い「悪いやつらが幸せに生き残る時代」
http://hasunoha.jp/questions/32

問い「因果応報」
http://hasunoha.jp/questions/45

川口英俊 合掌

2013年5月12日 18:58
{{count}}
有り難し
おきもち

「悪口・陰口」問答一覧

人格すべてを否定された気持ちです

初めてご相談させていただきます。男性、52歳、既婚です。 勤めていた会社がM&Aによる売却で余剰人員となり現在の会社に転職しました。業務内容は以前勤めていた会社とほぼ同じだったので、即戦力とし採用されました。 今月で7ケ月目となりますが、社長をはじめ入社当時から、私の容姿に対する中傷が絶えません。いい年をした大人が中傷されている事に悩んでいると聞くと情けないと思われる方もいると思います。 相手は軽い気持ちで、傷つくはずがないと思っているのかもしれませんが、学生時代にやはり容姿に対するいじめを受けたことがあり、地獄の学生生活から社会人になり、やっとそんなことを受け流し、笑い飛ばせるようになったつもりでいました。 いつもニコニコして笑顔の素敵な人、楽しい話しをする人、人の悪口は言わない人、夢を実現しようと努力する人、そんな人達と人生のなかで何人か出会う事ができ、私の悩みは取るに足らない問題のように思え笑顔だけは絶やさないよう心掛けていました。 ところが今の会社では、「いつも笑っていて悩みがなさそうでいいね」など全ての言動が心にストレートに刺さってしまいます。 人格すべてを否定されたような気持ちで辛く、消えてしまいたい気持ちも沸いてきます。 助言をいただければ幸いです

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

同僚から無視無表情を向けられる

同僚40才パート勤続15年 自分42才パート勤続6年 共に既婚者子供あり。 三年前、部署替えで共に異動し新しい仕事をスタート。 相手は先輩ですから、新しい仕事とはいえ私が下働きして遠慮もし、立ててきました。 同僚から頼られることも多く頑張ってましたが、依存されてるような気にもなってました。 一つ最初から気になっていたことは。 いつも悪口のターゲットなる人が必ずいることでした。 前部署、新しい部署でターゲットは仕事を辞めました。 それぞれたった6人しかいない職場です。 同僚の会話は悪口愚痴がほとんど。 先輩ですから、大人しくうんうん、と聞いてきました。 一年前ぐらいから同僚は仕事内容を代えて欲しいと訴えいました。 理由は理不尽だとのこと。 その頃私は契約上勤務時間が長くなり責任者になっていました。 同僚の望み通りになるように上司に掛け合い、同僚は仕事が少なくなりました。 すると毎日遅刻してくるように。 先輩だから、毎日の遅刻を見ないふりして言えませんでした。 ベテランパートも同僚に注意しませんでした。 しかしある事件をきっかけに少し早く出勤してほしいとお願いしました。 申し訳ないがもう少し早く出勤して頂けますか?と。 そこから無視無表情。 挨拶も無返答。 目も合わさず、隠れたり、私が見えると場所移動。 わざとのように他の皆と楽しそうにしてみたり。 その中に、今までの悪口話の対象者のベテランパートも交えてます。 同僚は元々頑張って仕事をしてきた人なのに、私がいると仕事を放置して帰ることも。 しかし、私が休みの日は仕事をやるそう。 仕事に集中して変わらず挨拶も業務連絡もしています。 無視されてますけど。 敬語だし、した手にしてるしそれも変わりません。 ただ、立場は私が責任者。 遅刻は言わなければならなかった。 もうすぐ10か月。 しんどくても楽しくやっていた仕事が、嫌になりました。 仕事に行くのが辛い。 生まれて初めての体験。 悪口聞いても同調はなるべくせず、でも同僚を否定せずに対象者について少々庇ってきたつもり。 悪口の口外もしませんでした。 同僚は当然今まで通り誰かに愚痴を話す。 前部署や別の部署パートさんに私の悪口大会を開催している模様。 シャットアウトされています。 理由も分からず。 ベテランはニヤニヤしながら普通にしておけとだけ言います。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

お客様同士の悪口を聞くのが辛いです

自分は介護施設で働く職員です。職場のご利用者様同士の悪口が嫌でも耳に入り、本当にメンタルが削られます。 どのような心構えでいれば、他人同士の悪口を軽く受け流すことが出来るのでしょうか? 私が働いている介護施設は、軽度の認知症を持つ方が中心にご利用されています。高齢者施設は女性が多く、更に閉鎖的な空間でストレスが溜まるせいかご利用者様同士の悪口や人間関係が歪んでしまう事が多いです。 私が担当しているユニットは特にで、数人のご利用者様が相手へ聴こえるような声量で悪口を言っているのをよく耳にします。 食事中噎せただけで「あんな咳、聞いているこっちが気分悪くなるわ〜」や、普段から穏やかで優しいご利用者様に対し、「口が臭い」等の悪口で盛り上がる始末です。 悪口を言うのは個人の自由だと分かっています。施設という閉鎖的で不自由な空間の中で、生活を共にする人同士での悪口は共通の話題であり娯楽になりうることも理解しているつもりです。 あまりにも目に余る場合には空気の読めない振りをして仲介に入ることもありますが、やはりあまりいい顔はされません。職員という立場上、片方の肩を持つというのは難しいです。 自分は歳を取るにつれ、人の悪口を自分が口にするだけでも己にダメージが来るようになりました。けれど学生時代は人様の悪口で盛り上がっていた人間なので、ご利用者様方の気持ちは分かりますし否定する権利はありません。しかし、その方々がいらっしゃる場所を担当する事が多い分、嫌でも耳に入ってくるのは嫌味や悪口の羅列でそろそろ限界です。日に日に内容が酷くなるんです。でも悪口をやめてくださいなんて言えません。 だからどうか、少しでも軽く受け流すことができる心構えかあえて耳に入ってこないようにする気の持ち方があれば、是非教えていただきたいです。 切実に悩んでおります。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る