hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

ボランティアの価値とはなんでしょう

回答数回答 3
有り難し有り難し 38

私は地方の大学に通っています。元々もっと自宅に近い大学に通い、東京の方へ出るつもりでした。しかし受験で失敗し、結果現在の大学に通っています。

地元から離れたこともあり、高校時代の友達関係も薄いです。仲いい人は仲いいですが、それ以外の人とはほぼ会いません。そこはまぁ気にしてませんが。

ただこないだ久しぶりに会った、都内の大学に通う友人Aに夏休みをどう過ごしているかについて聞かれました。

私は今大学での有志学生によるボランティア団体に所属しています。さらに授業の一環でもボランティアに参加したり、個人的に伺ったりもしています。
夏休みはその活動と塾の講師のバイトでほぼいっぱいいっぱいでした。

そのことを伝えると、友人Aはよくボランティアなんかできるね、と言いました。利益も出ないものによく時間を費やせるね、との言い方でした。

悔しかったです。彼女の家庭は家よりも裕福なので自然とそういった考えになるのか、と思いましたが、何よりもそれに反論出来ない自分にも苛立ちました。

彼女は家庭が裕福で、夏休み中はバイトもせず、1か月間留学し、金持ち彼氏と都内で遊びほうけています。学生としては華やかだと思います。

ボランティアを行っていて得るものは大きいです。ボランティアの必要性も大変感じてますが、それをあの子に伝えるほどのことが出来ていません。

あの発言で自分のやっていることが否定されているような気がしました。
私の価値観はおかしいのでしょうか。
結局ああいう子が成功して、私は誰かのため、と言ってそのまま時が過ぎて行ってしまうのでしょうか。

きっと不安と嫉妬があります。
自分の行いに自信を持てるような助言をいただけたら幸いです。
お願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

まず、友人と比較するのをやめましょう。

あなたが不安や嫉妬を感じるようになったのは、友人Aという「比較対象」が生まれた(友人Aと自分の人生の違いが「比較対象になった」)からでしょう。それまでは比較対象がなかったため、大学でボランティア活動に出会って、その活動に取り組むことにあまり疑問はなかったんじゃないでしょうか。

他者との比較を始めると、名聞(みょうもん)・勝他(しょうた)といった煩悩が目を覚まします。名聞とは「人から良く思われたい」と思う煩悩で、勝他とは「人に勝ちたい」と思う煩悩のこと。自分の活動を否定されたような、悔しい思いをしたりするのはそのためでしょう。

乱暴な言い方になりますが、ボランティアの意味・価値なんてものは、やる人が自分で見つけて自分で解ってればいいんです。
(※もちろんボランティアの輪を広げていくために、しっかりと伝えていくことも大切ですが、「理解できない」って人にムリに伝えることでもありません。無理矢理解らせたところでそれはボランティアではありませんからね)

そもそも、楽しく遊んで暮らす大学生活も送れていたでしょうに、なぜ今の大学でボランティア活動に携わろうと思ったのでしょうか。改めてその原点に立ち返ってみてください。そして、これまでのボランティア活動を通して何を得て、これからどうしていきたいと考えているか、ボランティア仲間達と意見を交わしたり、自問してみたり、時に悩んだりして下さい。(他人と比較してる間は、本当の意味での「自信」にはつながらないでしょう)

…もしかすると、友人Aもあなたに対して「ボランティア活動に取り組むだなんて、大学で人間的に成長してる!それに比べて私は…」みたいな嫉妬や不安を感じてたのからあんな否定する言葉になったのかもしれませんよ?

充実した大学生活・ボランティア活動を送られますよう、応援しております。

{{count}}
有り難し
おきもち

2016年5月より登録させていただきました、新米回答僧です。 浄土真宗の...
このお坊さんを応援する

心の財

ボランティア…
私も学生の頃に雪かきボランティア行ったなぁ。
そしたら、たまたま撮影中の女優さんがそこに来られて写真を一緒に撮りましたっけ。

話がそれましたが、ボランティアは善行です。
ですが何のためにするかの想いで価値は変わります。
渡辺上人の仰る通り、価値観の違う人と比較しても仕方ありません。

祖師の言葉を一つご紹介。
【蔵の財より身の財、身の財より心の財が大事】
蔵の財(お金)より身の財(健康)より、心の財が一番大切という言葉です。

では心の財とは?
色々考えられますが、ボランティアによって育まれる優しい気持ち、喜んでもらえたこと、培われた人間関係、そして損得に縛られず活動できるあなたの人格。
すべて心の財として、蓄えられていることです。

お金主義のその友達は、おそらく一生ボランティアという経験をすることはないでしょう。
彼女が一生かけても知り得ない体験と心の財を得ているんですから、自信をもってこれからも取り組んで下さい(^_^)

{{count}}
有り難し
おきもち

困っている人や悩んでいる人にとって、仏さまの教えが少しでも良薬となれること...
このお坊さんを応援する

「ミスターボランティア」の反省

smileniko様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

拙生も二十代中頃から三十代中頃まで、福祉・NPO・NGO・まちづくり・市民活動と、いくつもの活動を無償ボランティアで掛け持ちして、「ミスターボランティア」と呼ばれるぐらいでした。

でも、やがて、時間・労力・お金と、正直、続かなくなりました・・気が付けば、プライベートと仕事と貯金に全く余裕がなくなってしまっていましたね・・

そして、一度全てを辞めました。

辞めて、しばらく振り返って、「ボランティア」について考えた時に、キーワードとなったのが、「志」と「ご縁」でした。

良い志、良いご縁・・これだけは、正直、お金で買えるようなものではありません。

もちろん、ボランティアの世界だけではなくて、世間一般の社会においても良い志、良いご縁もあるでしょうが、損得勘定、お金・利得・名誉・称賛やらと、打算の入ってしまっている場合、偽善の場合も多くあり、そういったものを抜きにして、純粋な気持ちで取り組む姿勢や志高く取り組む姿勢を学んだり、醸成できたりするのは、やはり、ボランティアの世界の良いところではないだろうかとは思います。

今では、このhasunohaもそうですが、仏教に関連しての利他活動を中心としていますが、とにかく、ボランティアをするにしても、バランスが大切になります。

「自利利他」の円満な成就を目指すのが仏教でもあり、自利だけでもダメ、利他だけでもダメ、双方をバランスよく進めていくことが必要になります。

利他(ボランティア)は、この支え合い、助け合い、分かち合い、補い合いの世界で生きていくためには、当然に大切なことです。でも、あまりに自分のことを犠牲にしてまで、偏り過ぎてはいけません。無理せず、あまり頑張り過ぎず、自利とのバランスを取って、取り組んで参りたいところとなります。

とにかく、ボランティアをしてたこと、していることは、必ずいずれどこかで役に立ちます。「情けは人の為ならず」です。

でもあまり無理せずに。もう少し余裕も持って取り組んで参りましょう。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

Eishun Kawaguchi
最新の仏教論考はこちらでご覧頂くことができますが、公開、非公開は随時に判断...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

多くの回答誠にありがとうございます。

なぜボランティアをすることを選んだのか、恐らくこれといった理由があったわけではありません。
しかし、いろいろな経験をしていく中でボランティアにはまっていったのは確かです。
ボランティア先で私の存在を必要としてくれる人たちが多くいたことで、幅広いボランティアに手を広げていきました。

皆さまのアドバイスを読んで、それを思い出しました。
簡単な事ですが、それでも皆様のおかげです。

私はすぐ人と比べてしまいます。
自分に自信を持っている反面、自分より上だと感じてしまう人を強く意識してしまったり、自分の行いを否定されるとすぐ自信を無くします。

頂いたアドバイスを元に、自分の「心の財」を豊かにできるよう精進します。

初めてこのような場でご相談をしましたが、ご丁寧な対応、本当に感謝しています。
改めて、ありがとうございました!

「嫉妬・蔑み」問答一覧

過去の記憶と決別したい

先日も過去に関することで質問をさせて頂いた者です。こう言ったことを相談できるのはやはりこの場所だと思い、此方でさせて下さい。 自分は家庭内暴力を受けていました。ただの道具として執着され親と兄弟の2人からです。両方とも自分勝手であり気分屋で、機嫌が悪くなったりすると目で分かるくらいに数日間に渡って撒き散らしたり、何か言われた際少しでも反抗した態度を取ると暴力で、あまり覚えていませんが人格否定もされました。 親はかなり過干渉で自分の知り合いを把握したがり、言う事を聞かせようとしていました。 兄弟は親には従順でしたが自分をかなり見下していました。 でも気分屋だし、御機嫌はとらなければいけず、合わせていました。お前は自分達に歯向かうな、従えという印象です。 こんな日々をずっと送る中で自信を失い、いつしか自分はこの世にはいらない人間だと思うようになり、自己肯定感なんてものは存在しませんでした。 よって愛情不足に陥り、盗みをしてクラスメイト達にバレたり、コミュニケーションがとれず同級生と問題を起こしてしまう事もありました。故に自分は同級生とも馴染めず孤立していました。 見た目もかなり暗かったので周りからは気味悪がられてすぐそばで「顔が死んでる」「汚い顔」と容姿に関してかなり言われていたので見た目も大嫌いで自分自身の事も大嫌いでした。リスカもしていました、いわば自暴自棄で、周りにもバレていました。 1人知り合いもいましたがその人もDV気質でよく死ねとか暴言を吐かれました。そして束縛されていました。 同級生と問題は確かに起こしてしまい罪悪感は全く無いわけじゃないのですが、問題が起きた子や盗みをしてしまった子の中にはそうじゃない子もいますが、周りも不良ばっかりであまり自分が悪いと思えないし、自分がこうなってしまったのはあいつらのせいという部分もあり、自分が悪いと思うのもいけない気がしてしまいます。なのに親達は自分のせいという自覚がなく、自分が自殺未遂した時は親にはどうしてこうなってしまったんだと言われました。金食い虫とも言われた事もあります。 今は離れたのでだいぶ良くなり以前とは別人になれていますが時折過去の記憶が自分を苦しめてきて、克服しようと思いましたが、昔の記憶は全てストレスしかないので、決別したいです、どうすれば決別できますか? 読みにくかったらすいません

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

親族への不純な優越感

お世話になっております。  若い頃、散々伯母と共に馬鹿にしてきて屈辱を与えてきた従弟が 30代でハゲはじめ、現在数年間無職です。数年ぶりに訪ねたら怒鳴り合いになり、自分を散々いじめてきた伯母も、もはや彼は手に負えなくなっており、 自分に嫌味を言うのがやっとと言う感じで哀れでした。  さらには高校生の頃「お前はどうして、背が伸びないんだ。可哀想でよ~」と、執拗に言ってきた父の二度目の浮気が発覚し、大騒ぎとなりました。 自分は親族の中で一番背が低く、170cmにも届かず、他の兄弟や従兄弟、伯父や父に至ってもきちんと170cmを越えており、上記の従弟に至っては180cmあり、本当に悔しくて屈辱でした。 ちなみに父は自分が嫌がると知っててテレビに出て来るイケメンやモデルを 「おっ!背、高いね~~!!」とわざと声高々に言い、自分が怒るとさらにバカにしてきて、終いには「父親に対してなんだその態度は!! お前が規則正しく生活しないからチビなんだろ、バカ」と暴力を振るって、押さえつけて来るような男でした。実はこの時一度目の不倫中だった上、自分が逆らうからと食事を別の部屋にさせられることもあり、大変悔しい思いをしました。学校が辛かった事も拍車を掛けました。  そこで二度目の不倫の決定的証拠を抑えた自分は、父がそのような事を言うたびにわざと、父が不倫相手に当てたラインを「○○、愛してるよ、ってか?」と音読すると一発で黙るようになりました。どんなにやめてくれと母と共に頼んでも、やめようとはしなかったにも拘わらず、です。その後も何度かその応酬が繰り返された結果殴り合いになり、負けそうになった父は包丁を持ち出して来て、ほとほと情けなく思えました。  そして、その思いの丈を理解してもらうべく、周囲に思いきり語ると男が下がるからやめろ、などと否定されます。その通りだと思います。しかし、思春期に受けた屈辱、悔しさから何とか持ち直したところ相手が同じような目に遭えば、この嬉しさを言わず、笑わずにはいられないのです。  その内自分にバチが当たるような気がするのですが、このストーリーを他のどなたかに伝えずにはいられず、語らせて頂きました。この不純な高揚感を受け止めた上で、自分を戒める説法があればお聞かせ願いたいです。そして、このようなことを人に語らず生きていけるようになりたいです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

母親が嫌でたまらない。

父が亡くなってから母がこっちばかりに来て辛いです。クリスマス等の行事もご馳走食べに行くからと誘ってもないのに来ますし、旅行も行くと言ってないのに勝手に予約し始めて決めます。お金持ち割り勘。母の為の旅行で母が連れて行って欲しいだけで私は自分のお金を払ってまで行きたくないです。 お金がないと断ればそんなお金もないの?お金ないのに〇〇買うの?私と旅行行くお金ないのに?子供のために貯めなあかんやん!とか言ってきてウザいです。貯金もなくなりました。自分の思い通りにならないとキレてきて酷い時は家に来てドアバンバンして、反応がないとベランダに回って鍵が空いてないか確認して一度侵入してきた事もあります。 その時によく言うのは父にはやってたのに母にはしないです。父にやってた理由はやる代わりにこちらに負担がないようにしてくれました。旅行も母の目の前で出すと煩いので隠れて渡してそれを母の目の前で渡しました。父がそうやってくれたからこっちもできる限りしました。ただそれだけです。言っても、聞きません。 去年の11月妊娠して流産しました。初期の流産は誰も悪くないと言いますが5年頑張ってやっとできたのと環境がこんな感じで母のストレスのせいだと思ってしまいます。逆に妹は出産していて、母も妹もお構いなしに抱っこしてあげて可愛いねと、私に言ってきます。確かに可愛い。でも見たくない。 私の子はいなくなった。何で何もしてないお前が出来るんだよ!とずっと思ってます。 今度父の3回忌があります。 親戚もきます。赤ちゃんに初めてあいます。可愛いね。おめでとう。良かったね。その子に注目いくでしょう。でも私は辛いしその場にいたくないです。 でも父の3回忌もうお経だけ聞いてご飯食べず帰りたいと思いました。ですが、自分の娘を連れて行くと、親戚のお兄さんにかまってもらえ従姉妹とも遊べるので帰りたがろうとしないです。 なので、学童に預けて行こうとしましたが、父が見てる。父の事どうでもいいのか?と言い出してます。 正直父が何をしてくれるのか?お腹の子を今すぐ手配してくれるの?生き返って母の面倒みてくれるの? もう父が何してくれるわけでもない。見守ってくれてるとしても私が今父にしてほしいのは生き返って母の相手をしてほしいです。 そうでないなら、ほっといて欲しい。 法事ってそんなに大事ですか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

推し活で嫉妬します。

2023年に海外アーティストのライブに行きたかったのですが、チケットが取れず行けませんでした。 グループで活動するアーティストが、最初で最後のソロライブを開催し、日本にも来てくれたり、海外でライブを開催しましたが、ライブに行く希望は叶いませんでした。 そのグループは活動休止中で、来年活動再開予定ですが、チケットが人気すぎて、いつ会えるのか保証は全くありません。5年、10年は待つ覚悟はしないといけないくらいです。 チケットが取れず、もがき苦しんで自分の不運を憎み、行けなかった悔しさに心が荒み、当選した人を妬み、今でも思い出すだけで辛くて涙が出てきます。 人気のアーティストで、チケットが取れなかった人もいますが、自分の周りの9割は、アメリカや東南アジア、日本でのライブチケットに当選して現地に行き、ライブを楽しんだ話を今もしています。 私だって行きたかったのに、落選した人の悲しみや苦しみを分かってほしい。落選した人は当選した人より数倍も傷ついて、今でも苦しんでいるんだぞと、気持ちをぶつけたいです。 もちろん自分が当選したら、落選した人の辛さも分かりますが、当選した人が落選した人の分まで楽しむなんてことはあり得ないです。 ライブ中に、落選した人の分まで私は楽しんでいるんだわ!と思うことなんてないのが、その証拠です。 今でもこんな気持ちが蘇ります。もう2度と開催されないライブに行けなかった苦しみを、SNSに時々呟いていますが、今まで仲が良かった人(今回のライブに当選した人たち)は、これまでどおり接することもしなくなりました。 ライブに行けた人は勝ち組で、推しに声援やメッセージをうちわ等で直接送ることが出来て、熱気も味あえて、羨ましいです。 ライブの当落に勝ち負けはないと言っても、行けなかった人は結局、推しに会えない、メッセージも声援も送れない点から、落選したが負け組なのは事実です。 落選した人の声なんか、アーティストには一切届くことなんかありませんから。 グループ活動再開まで、当選した喜びに浸っている人と、会いたくても会えなくて落選した苦しみにもがき苦しむ私とでは、私の方が何倍も苦しんで傷ついています。 1年経って、少しは傷は癒えてきましたが、ちょっとした時にぶり返しています。 私はどうするべきでしょうか?

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ