hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

なぜ人は人を殺してはいけないのか。餓死による自殺について。

回答数回答 3
有り難し有り難し 29

 社会や宗教はよく、「人は人を殺してはならない」と説きます。しかし、僕はこの問いに対して自らの内に納得できる答えを出すことが未だできていません。
 決して僕自身は人を殺したいとは思いませんが、僕は別に人を殺したいなら殺してもいいと思うし、殺してしまったらならそれは仕方がないと思っております。
 よく、自分が殺されたくないなら人を殺すな、だから人を殺してはならない、という回答を散見します。しかし僕はこれに納得していません。その相手が憎くて「殺されてもいいから、殺してやる」と思う場合、人を殺してもいい、ということになってしまうからです。
 僕は度々報道される殺人事件のニュースを見ると悲しくなってしまうのです。「なぜ人は人を殺してはならないのか。」この問いに対する真実の答えがこの世のすべての人に知れ渡れば、殺人事件や戦争などという悲しい出来事がなくなると思うし、自殺もなくなると思うのです。
 僕は決して殺人を犯した人がいなくなればいいなどとは思いません。殺人を犯してしまった人も、この地球に生まれ落ちた我らが同胞であり、兄弟であり、愛すべき存在だと僕は信じているからです。
 そして、僕は生きる苦しみから逃れたい、自殺したいと思っていた時期がありました。自殺も、つまるところ「人(自分)が人(自分)を殺す」という事象に当たると思っています。自殺もいけないことだと真っ向から否定してほしいのです。
 僕は生きる悦びを手にし、その生きる悦びを愛しているので自殺することはないと思います。しかし、この地球上に生まれ落ちた愛すべき存在を、殺人や自殺などといった形で失うことを、僕はただただ悲しいと思うことしかできないのです。

 また、自殺の方法として餓死を選んだ場合、人は生きる苦しみから解放されるのでしょうか?一般的に自殺は生きる苦しみからの逃げ、だと僕は思っています。自殺の方法として餓死を選んだ場合、それは生きる苦しみと真っ向から向き合うことだと考えています。
 近い将来、自分が餓死による自殺をしてしまうのではないか、と不安になる時があります。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

追記10月3日。殺す必要も自殺の必要もない心境の方が幸せ

仏教は、悩み苦しみを消したり制御したりするための教えです。
自分の悩み苦しみや、他者の悩み苦しみをなくしたり減らしたりするためのテクニックです。
殺すことは、当然、殺される側の悩み苦しみの原因になります。
また、他人を殺そうとする人には、かなり強い怒りや欲望があります。
怒りや欲望は悩み苦しみの原因となる煩悩です。
悩み苦しみを減らしたいなら、煩悩を制御する訓練を積む方が良いのです。
殺さない訓練は、煩悩をなくしたり減らしたりするために有効なトレーニング方法なので、悩み苦しみを減らしたい人は、殺さない修行をした方が効果的なのです。
殺さないことは、手段なのです。
仏教では輪廻転生を前提に考えます。
自殺するほどの「嫌だ」という感情は、煩悩なのです。
煩悩のままに自殺しても、また生まれかわって悩み苦しむだけです。
煩悩をなくす訓練が必要です。
そのためには、自殺しないことも修行になります。
餓死による自殺でも、結局、なぜ自殺したいのか?その動機に欲・怒り・怠け・プライドなどの煩悩があると、来世での悩み苦しみにつながります。
もっと単純に言うと、誰かを殺したり自殺したりしなければならない人生は不幸でしょう。おもしろくないでしょう。
仏教が目指すのは、殺す必要も自殺する必要もない、お気楽極楽で平安な心なのです。

追記10月3日
殺人鬼が、悩み苦しみから解放されたいと願うようになることを、僧侶としては望みます。
しかし、人は必ず死にます。
殺人鬼に殺される場合もあれば、何かのウイルスに殺される場合もあれば、自然災害に殺される場合もあります。
「うつ」で自殺してしまう(心の病気に殺される)場合もあります。
殺され方によって幸・不幸はないのだ、と思えるように、仏教があるのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

人という漢字は二本の棒がお互いに支え合った形をしています。これは、人はお互いに支え合うからです。
昔テレビドラマで先生役の人が生徒に言ってました。
本当の字源は違いますが、とてもいい話だと思いました。
人はお互いに支え合って、助け合って生きなければならないのです。

人を殺すことは、自分も殺すことです。
また、殺された人が支えている他の人も殺すことになり、殺した人が支えている他の人も殺すことになり、さらにその他の人が支えている人を…と次々に連鎖していくのです。
最後には誰一人として生きていないでしょう。

人が存在する為には、支え合い助け合うことが必要なのです。

殺人鬼が人を殺すのは、助け合う環境に恵まれず、人に絶望したからだと思います。
また、あるいは、戦争やテロのように権力者に洗脳され、敵を殺すことは仲間を守ること、仲間との助け合いだ、と思い込んでいる場合もあるでしょう。

前者の場合は、殺人鬼を生まない環境、つまり助け合う環境を作ることが大切だと思います。
環境に恵まれないと、誰でも罪を犯すのです。

後者の場合も、その権力者の生まれた原因、発端を探っていけば、結局は前者と同じ原因から始まったのではないでしょうか。
何かがあって他人と助け合うことに絶望したのだと思います。
怒りや恨みは炎のように周囲に広がっていきます。その行き着く先がテロや戦争なのだと思います。
そして後に残るのは焼け野原だけです。

生きづらい世の中ではありますが、少しでも日常生活、仕事、社会、様々なところで、助け合う環境を作りたいですね。

即身成仏については否定はしませんが、私としては推奨できません。
餓死で死を選ぶことは、助け合うことができなくなります。
たとえ誰も自分を支えてくれなくても、誰かを支えてあげたい、そう思いましょう。
誰かを支えることは、支えられることでもあるのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

自殺のカルマについて

しんしょう様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

自殺につきましては、大きく三つの業(カルマ)の結果について考えることができるのではないかと存じます。

一つは、善き動機としての善き行為による善き結果として。

一つは、悪い動機としての悪い行為による悪い結果として。

もう一つは、善いでもなく悪いでもない中性なる動機としての善いでもなく悪いでもない中性なる行為による善いでもなく悪いでもない中性なる結果として。

その内実においてまず重要となるのは、「無明(根本的無知)・煩悩」によるものであるのかどうかというところとなります。

無明・煩悩によるものであれば、当然に迷い苦しみの原因となっていく「悪業」となってしまう可能性は高くなります。

その無明・煩悩によらないものであれば、中性に。

では、善業となる場合・・これは非常に判断が難しいのですが、例えば、大いなる慈悲の心や菩提心(悟りへ向けた心)を動機としての、無明や煩悩によらない、純粋な利他心により他を助けるような善行為となる場合などが考えられます。

中性の場合も、その内実の動機を実際に推し量るのも難しいところがありますが、例えば、どうにもやむを得ない事情による安楽死、尊厳死などが考えられますかね・・

とにかく、大きく分かれる一つの判断基準として、「無明(根本的無知)・煩悩」によるものか、そうでないのか、ここを少しご検討を頂けましたらと存じます。

仏教の基本として、この迷い苦しみ(輪廻)から解放されるためには、しっかりと悪い行いを慎み、善い行いに努め励みて、心を浄らかにしていくことが求められるものとなって参ります。

是非、その方法論がたくさん説かれております仏教の修習を、これからも進めていって頂けましたらと存じます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


質問者からのお礼

 回答ありがとうございます。本来ここには「お礼のコメント」を書くべきで、以下に記す文章は不適切でかつ、わざわざ回答をいただいた願誉浄史様に対して失礼であることを承知で記すことにします。なお、以下の記述は悪意を意図しているわけでは決してありません。

 願誉浄史様は、「人が人を殺してはいけない」理由を、簡単に言うと「殺す必要がないし、殺さない方が気楽でいいから」と仰り、そういう風に僕は汲み取りました。その回答は真実であると僕も賛同します。しかし、僕はそのような回答を望んではいませんでした。恐らくその回答で、殺人鬼が殺人を犯す前に殺人を止めることはできません。彼らは「絶対に奴を生かしてはならない、奴を殺さなければ俺は生きた心地がしない」という風に思うことでありましょう。僕は殺人鬼から、「この地球上に生まれ落ちた愛すべき存在」を守りたかったのです。
 このサイト内で自殺に関するお坊さんの回答で、僕が見つけた殺人鬼から人を守り得る回答を引用します。「なぜ人は人を殺してはいけないのか」それは、人の生命について、「私達の生命は様々なものごとや人々によって与えられ育まれてきたものですから、私の生命は自分のもののようで実は自分のものではない」からです。この回答を殺人鬼が殺人を犯す前に説くことによって、全ての人を救うことはできませんが、10人に1人くらいは救うことができるであろうと思います。

 そして飢餓による自殺に関して。これは即身仏様に非常に失礼だと承知で以下の記述を残します。僕は餓死による自殺を、「煩悩に起因する自殺」という意味ではなく、「即身成仏の為の自殺」という意味を意図して使いました。即身成仏が自殺かどうかは議論の余地が残りますが、即身仏様は苦行をなさる過程で目の前にマーラが降魔なさる(マーラが卑しい存在ではありますが、僕は、人にとっては尊く、ありがたいと思うべき存在であると考えているため尊敬語を使います。)ことはなかったのか、僕は甚だ疑問に思うわけであります。僕は煩悩を抱え、それに縛られているため、即身仏様がなさった苦行を想像するだけでも「ああやりたくない」と感じる自分がおります。反対に「即身成仏したい」という自らの内に秘める意識もあります。僕の即身仏様に対して理解が足りないため、即身成仏に関しては、また今度の機会にお坊様に伺うことにすることにします。

 最後に、願誉浄史様、非常に丁寧な回答をいただき有難うございました。願誉浄史様に対して卑しく、不躾なコメントを残すこと、お赦しください。僕は、仏教思想について、ネットサーフィンでつまみつまみ見るだけで、仏教思想を24時間365日本当の意味で学ぶことができないことをひどく残念に思います。また、僕が意図することを僕の貧困な国語力によってお坊様に伝えきれないことを、お赦しください。

追記10/3

>願誉浄史様
 わざわざ補足を書いていただき有難うございます。人の死の形は人それぞれではありますが、人の死の形に善し悪しは存在しません。だからこそ、この世の全ての死人は、なんらかの形で救われることができるのでありましょう。慈愛に満ち溢れる優しい回答を有難うございます。
 この現代の日本社会において、確認されているだけで毎年3万人もの人が、自殺によって亡くなられている現実があります。僕はこの悲しいことを完全になくすことができるとは到底思いません。しかし、少しでもこの悲しい出来事が減るように、この人生をかけて尽力し、その手助けができれば、と考えております。

>聖章様
 非常に分かりやすく、納得のいく回答を有難うございます。親友に、「なぜ人は人を殺してはいけないのか」という問いに対して答えるとき、聖章様の回答をそっくりそのまま示させていただきました。感服の至りでございます。
 僭越ながら、自称哲学者としての僕の意見を述べさせていただきます。助け合い、支え合わなければ生きていくことができない人と、孤独に生きることができる人とがいるのだと思います。僕は子供の頃、父親から真実の愛情に恵まれませんでした。それが僕を真実に孤独だと強烈に実感させる原因を作ったのではないか、と考えています。聖章様の「たとえ誰も自分を支えてくれなくても、誰かを支えてあげたい、そう思いましょう」という言葉、大変素晴らしい言葉だと身をもって感じております。真実に孤独な人は、誰かを支え、助けなくとも生きてゆくことができるのだと信じております。しかしながら、誰かを助ける、つまり、マーラに降伏した偽善ではない真実の「善」を為す、これを僕自身が生きる糧とし、生を強烈に実感していこうと思います。そして、「生」をこの身体に授かることができたことに感謝の念を持ち続け、精進して参りたいと思います。

 即身成仏に関しまして、ネットで調べたところ、即身仏様が成仏なさられた背景に、天災や飢饉、疫病についての祈祷がある、と拝見しました。科学が発達した現代社会に、この即身成仏は不釣り合いであると感じました。そして、即身仏様方には、感服の極み、この授かりし我が御心に至れりでございます。この現代社会を形作った科学の進歩に寄与した全ての科学者に対して、深い敬意と感謝の念を感じます。この御時世において、僕のこの授かりし人生を、即身是仏となり、真実の「善」を為すことに、尽力して参りたいと感じております。

>川口英俊様
 前述した聖章様へのお礼のコメントと被るかと思います。主に3段落目を参照していただければ幸いです。真実の「善」とは、マーラに降伏した独善や偽善というような行いではないのだと信じております。
 話はそれますが、「合掌」という言葉について、僕は小学校の頃、給食の時間に「合掌」をなんとなく使っていましたが、その本来の真意が分かった気がします。wikipediaの「合掌」のページを拝見しただけではありますが、大変素晴らしい心がけだと思います。以後使わせていただこうと存じます。

>このサイト上の全てのお坊様
 この度は我が授かりし御心に、考える機会を与えてくださったこと、深く敬意を表し、感謝いたします。僕の持つ語彙力が貧困で大変な長文となってしまったこと、お赦しください。もし、「お前は間違っている!」と仰るのであれば、お説教ください。重ねてにはなりますが、お坊様に対し、深い感謝を申し上げます。

合掌

「自殺・自死」問答一覧

自殺するくらいなら親を頼るべきでしょうか

いろいろと疲れてしまって、死にたいと思うことが増えました。痛いのは嫌なので実際に自殺しようとしたことはありませんが、生きることが楽しいとは思えません。これから生きるために働いていくのもしんどいです。 でも今の悩みは、このような匿名のところでしか吐き出せません。誰もわかってくれないと思うし、私が一番悪いと思っているので。というか友達も全然いないので、そもそも話せる人もいません。そういう孤独感も死にたいと思う原因の一つだと思います。 なんとなく自分でもわかっています。死ぬ死ぬ詐欺を続けているのは、結局かまってほしいからなんだと思います。誰かに助けてほしい。でも相談したってお前が悪いって叱咤されるだけだと思ってます。この葛藤です。あと、死ぬことで家族に迷惑もかけたくありません。 いっそ死にたいと思うくらいなら、プライドを捨てて親に泣きつくべきなのかとも思いました。でも本当に親には迷惑をかけたくありませんし、すでに昔、借金や自分の嘘などで親に迷惑をかけているので、もうこれ以上の迷惑と嘘を重ねるなんて親には申し訳なさしかありません。私が死にたいといえば親は悲しむでしょうし、今の状況を知って幻滅されるような気もして怖いです。親にも拒否されるかもしれません(まあそうなったら素直に死ねるのかもしれないですが…) 30代になって、死にたい、助けて、と親に泣きつくなんて恥ずかしいですよね。そういう気持ちがあってもう誰にも頼れません。このまま心を無にして死ねるタイミングがくるまで生きてるしかないんでしょうか

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

父が自殺してしまった

本日、父が亡くなったと連絡がありました。自死でした。 父は単身赴任でした。 私はこの数ヶ月、精神的かなりダメージを受けていたのですが、今日更に父親が亡くなり、自分を責めることしかできず、どうしたら良いかわからないので、ご連絡させて頂きました。 父がストレスからパニックになってしまい、母にきつく言ったり、一日中電話をかけてくるので、きつく言ったりしていました。 単身赴任先では異変を察知しながらも、周りは助けを求めても聞いてくれない、眠れないと私の妹に話をしていたそうです。 私の妹もなんとか励まそうとしていましたが、多分、私達家族に迷惑かけてしまい、もうどうすることもできないと思ったのかもしれません。 父は鬱状態だったようで、全てを背負ってしまいました。 家族みんなが疲弊してしまい、父の言葉をちゃんと受け止められず、最悪の結果になってしまいました。 何で戻ってきなさいと言えなかったのか、何で大丈夫だからと言えなかったのか、本当に自分が馬鹿で自己中な人間だとしか思えません。 コロナで単身赴任先に行けなかったので、会うことも出来なかったです。 父は凄く苦しかったのだなと思うと涙が止まりません。父にそんな選択をさせてしまったこと、ただただ申し訳ない、罪の意識でいっぱいです。 恩返しも出来ず、何も出来なかったので、自分を責めるしかありません。 せめて成仏してほしい、苦しみから解放され、来世は幸せになって欲しいと思います。 自殺した人は成仏できないとか地獄に行くといわれますが、自分を犠牲にして他人に尽くしてきた父にこれ以上苦しみを与えないで欲しい。遺された私達はどう供養し、成仏させて天へ逝ってくれるのでしょうか。 せめてもの償いとして、父をおくり、祈りたいです。

有り難し有り難し 28
回答数回答 2

自殺しようと思ってます。

初めまして。大学2年生です。 辛いことが多く、そろそろ限界なので自殺について調べていたらこのサイトに行き着いたので、投稿させていただきます。 まず、私は発達障害のADHDという病気を持っています。物忘れが激しく頻繁に他人に迷惑をかけてしまいます。 友達と約束をしてもそれを忘れてしまい、別の予定を入れてしまってどちらかを断らなければいけないと言う状況によくなります。そのためか、次第に友達が減っていき今ではあまり人と関わらなくなりました。 人間関係だけでなく、勉強面でも影響していて、課題の提出期限を忘れ、提出できないことが多々あり、大学1年でかなり単位を落としてしまいました。 家庭環境も悪く、「死ね」や、「お前なんか産まなきゃ良かった」などと言われるのは日常茶飯事で、直接的な被害(DVなど)はありませんが日々心にダメージを負っています。 それで、なんのために生きてるのか、そこまで辛い思いをして生きていく必要があるのか、などと考えているうちに、自殺しようと考えるようになりました。 本当に辛い日は、リストカットをしたり、夜中に家族や大切な人を失った人がメッセージを書き込んでいるサイトを泣きながら眺めて自分にもこう思ってくれる人がきっといると信じて耐えています。 書いているうちに何を質問したいのか分からなくなってしまったのですがとりあえず誰かに話を聞いてほしくて書きました。 効率の良い自殺の方法や、生きる理由など何でもいいのでお返事ください。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

自殺を考えています。

最近ずっと「死」について考える毎日で自殺を考えています。 先日、大学受験に失敗してしまい国公立のみの受験でしたし、親との約束もあって就職に方向転換した18歳の女です。 4月よりお惣菜を対面で販売するお仕事をさせていただいております。急な就職ということで、正社員登用を目指しアルバイトとして働いております。 現在、副店長の方とうまく仕事が出来ず苦しんでおります。 副店長はお客様よりも利益を中心に考えられる方で、お客様に少し冷たく、厳しいです。極端に仰ってる訳ではありませんが少し言い方がきつく、ぶっきらぼうな話し方をされます。決して間違ったことは仰っていませんし、為になるお話もあります。性格が悪いわけでもありません。 私は、例えどのようなお客様であっても平等に接し、喜んでいただきたいですが勿論、商売は慈善事業ではありません。そこは私も認識していますが、副店長と私の考え方の違いで苦しんでいます。 毎日怯えながら仕事をしており、注意を受けたり、お客様への対応を指摘されたりするとすぐ涙目になってしまい、必死で隠して帰ってから自室で涙を流す日々です。私は過剰に反応しすぎるのです。 また、ミスや聞き間違い、聞こえずに何度も聞き返すといったことが多く迷惑をかけてしまっていることが申し訳ないです。 店長や他の方とは上手くいっており、副店長と一緒の日でなければ普通に働けます。 今日と明日はお休みですが、明後日からまた仕事で副店長との仕事が続きます。どうしても嫌で嫌で、行かない方法として自殺しか考えられません。この2日で全て終わらせようと思います。 他の悩みも多々抱えております。 受験のことも未だ気にしていて、大学や専門学校に通う友人に嫉妬や憎悪の感情を抱いてしまっている自分に嫌気がさしています。 元々、悩みなどを人に言えない性格で友達や親にも話せません。嫌な事などはここまで全て引きずってきました。人前では明るく振る舞っています。唯一の相談相手であった高校の先生も卒業してからはお会いしておらず、連絡も取っていません。 この不況で働けない方もいる中で、家族や友人にも恵まれた幸せな私がする行為ではないのは重々承知ですが、もう疲れました。死を持って過去の過ちを償い、救済を求めます。 文字数の関係で読みづらい文章で申し訳ありません。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

自殺したいけど怖いです。

自分には父がいません。 昔から母は仕事で家にいることが少なく、その間に兄からいじめ(?)のようなものをされる生活が続き、それが嫌でおじいちゃんおばあちゃんの家に住むことにしました。その頃小2で親に言わず家出状態です。でも、家はほぼ隣のようなものです。 でも、最近おじいちゃんおばあちゃんが亡くなり自分の居場所は完全に無くなりました。親からは「兄は言うこと聞くのに、自分は聞かない。」と、兄からは「妹なんでなんで作ったの?」といつものように聞こえるように言われる日々が今も続いています。私は、知らない間にテレビ等に喋るくせがあり「それは、障害だから」といつも言われます。今日家具を運び入れる際にも言われて、ムカついて手伝いを辞めました。すると家に帰って母から蹴ったり殴ったり、「お前はなんで言うことが聞けないんや?家から出ていけ!」と言われました。その瞬間自分の生きている意味など全て分からなくなりました。 自分は親から愛されていないし、まだ未成年で何するにも1人で出来ないのに、自分の生きている意味が分かりません。 自殺したいけど、怖い。今やってるバイトの人に迷惑かかる。学校も1回も行けてない。とか考えると自殺するのは凄く躊躇してしまいます。 死んでおじいちゃんおばあちゃんと会えるなら死にたいと思ってしまいます。 自分だってこんな家出ていきたい。 理解者の以内今の家にいる必要は無い。 けど、泊まる場所もそのお金もない。 これから私はどうすればいいのでしょうか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る