hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

取り憑かれている人

回答数回答 4
有り難し有り難し 99

幼少の頃、テレビ番組で怖い話をやっていたときの1シーンでこのようなことを見て覚えています。

詳細は忘れたのですが、身の周りで幽霊をみたり奇妙な現象が起こって困っている人が歩いていると、お坊さんがその人を見て、あなた大丈夫ですか? と取り憑かれているものが見えるような感じで話かけ、お祓いか供養のようなものをして、その人は奇妙な現象や幽霊を見なくなったみたいな。

この話は投稿者からの話。

この話に限らず、お坊さんには見えないものが見えるてきに描写された奇妙な話というのは見たり聞いたりするものです。

実際こういうことはあるのでしょうか? 


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

本当に取り憑かれているものの正体をきちんと知っているのです

世の中には「私は親とうまくいっていない」とか「精神のバランスが崩れている」というよりも、「私は悪霊に取り憑かれている」という表現のほうが、その人にはしっくりくる、というタイプの方が実に多くおられるのです。
阿弥陀様も「無量寿無量光」といってもピンとこない方には阿弥陀様、と人格化するほうが身近に感じられるのではないでしょうか。

心に闇を抱えたご本人が抱えておられるお悩みが、言いづらいことであったりするので、あえて第三者的な存在に“代わって”憑いてもらったことにして、それを取り除くという行為を通じて、その人の悩みを祓う、心理的な負担を軽くする、というものです。

ですから、最初から祓うべきものは、心の憂い、苦しみ、言うに言われぬ悩みである、と決まっているのです。
それがきちんと最初から見抜けていて精神衛生面でも、迷いのない方向へ導ける僧侶は、力のある僧侶であると言えましょう。

供養やお祓いというのは、その人が心の中に抱えておられる迷い、苦しみ、恐れ、怒りなどを取り除く一面もあります。

占い師でなくとも、相手の様子をみれば悩んでいるかいないかくらいは分かるものです。
電車の中で人の表情を見ていますと、その表情でだいたいどういう心の状態であるかは心の専門家はである僧侶であれば見抜けるものです。

コールドリーディング、プロファイリング、骨相学等をご検索いただくとさらに理解がますと思われます。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話  自己を明らかにするために絶対に必要なこと 「非思量」 ...
このお坊さんを応援する

弾切れリボルバー様

僧分として…と括りをしてのお話と致します。

常日頃から霊的なものが観えると仰って居られる方も居りますし、将又修法に入って其れが感得出来るお方も居られる様です。但し、少数派ですが…

{{count}}
有り難し
おきもち


色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...
このお坊さんを応援する

「憑依」や「霊感」に関連すること

弾切れリボルバー様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

これまで、「憑依」や「霊感」に関連することは、下段参照の各問いの回答にても扱わせて頂いております。

丹下覚元様のご回答と同様に、本当の問題は結局のところ、それぞれが抱えてしまっている迷い・苦しみ(無明・煩悩・悪業)の心が生み出してしまっているものであると考えております。

とにかく、「霊感」や「憑依」やらと言ったことについては、人の不安、恐れ、弱みにつけ込んでの「破壊的カルト」の問題が常につきまとってくるものでもあり、実に気を付けなければならないと存じております。

基本的に、「霊感」や「憑依」について、拙生は「無記なる問題」として扱うべきであるとの立場ですが、たまに拙寺においてのご相談でも「偶然にしてはあまりにも・・」、「状況的にやはり疑わざるを得ない・・」と言った感じにて頑なに信じていらっしゃってどうにもならないといった場合がございます。

この場合、まずはその不安や悩み、恐れなどを取り除く上での、一つの方便として、もちろん古来より伝わる正式なお祓いや祈祷の修法などにて、その信じておられることを否定はせずに、一度受け入れた上にてご対応を致してから、聞き入れて頂けるような状態となったことを確認して、ようやくに本質的な解決方法についてのアドバイスを行うということをさせて頂いたこともあり、いきなり「霊感」や「憑依」を安易に否定して対応してはいけないと思ったことがあります。

ある意味での「プラセボ効果」を図ることで、それで心の安心・安定に繋がり、すぐに解決したり、本質的な解決へ向けた段階へとスムーズに到れたりとなる場合もあるかと存じております。

ただ、それが「破壊的カルト」にあたるようなことが無いように、また、「破壊的カルト」に騙されることがないように、常に慎重に見極めていくことが求められると存じております。

「霊感ってあるのでしょうか?」
http://hasunoha.jp/questions/68

「妻との信仰のすれ違い」
http://hasunoha.jp/questions/67

「信仰と不安」
http://hasunoha.jp/questions/84

「見えない力がはたらく」
http://hasunoha.jp/questions/100

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


見える人もいれば見えない人も

坊さんだから見えるとは限りません。見えない人の方が多いでしょう。普通の人でも見える人はいます。
人が死んでその魂が本来行くべき所に行けなくてさまよっている霊もあるでしょう。そういう霊が人に取り憑くこともあるでしょう。そういう霊が悪さをすることも有るかもしれませんが、必ずしもそうだとは限りません。しかしれ本来行くところに行かなければいけません。現世に未練を持ったままだとなかなか成仏できないかもしれません。私の供養でそういう霊を正しい道に導ければと思い、毎日の勤行をしております。

{{count}}
有り難し
おきもち


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

沙門様
なるほど、少数派でも霊的なものが見えると仰っているかたもいらっしゃる事実があるのですね。また、そうした修法もあるというのは初めて知りました。

丹下様
苦しみ、悩み、不安、また、心には思ってなくとも片隅にあるものが表情として出ていて、それが“取り憑かれている”という感じでしょうか。なるほどですね。そうおっしゃられるとピンときますね。“供養やお祓いというのは、その人が心の中に抱えておられる迷い、苦しみ、恐れ、怒りなどを取り除く一面もあります” こう言われるとよくわからないお祓いや占いよりも自分も実際にお坊さんに見てもらいたいなと思います。

川口様
ご回答ありがとうございます。悪霊や憑依を安易に否定してはいけないというところから、まずは否定からはいらず、受け入れてから対応するというそこまでお考えの上でご対応していることに大変すばらしいと感じました。
質問と回答とは別の話にはなりますが、聞く耳をもつ、受け入れた上で解決策に導くというお坊さんの姿勢はたいへんすばらしいとご回答から感じました。
破壊的カルトはその逆かもしれませんね。現状やその人を否定した上で解決策を押し付けるというか。
仏教って押しつけではなく、自然体で受け入れる姿勢をきちんともっているのでいいものだなと感じました。
ありがとうございます。

「霊・霊感」問答一覧

霊道?

長年(最初に症状が出たのが中学の時です)統合失調症を患っており、病院でお薬を処方してもらい、カウンセリングも受けていますが、それだけでは解決できないような気がして、近隣のお寺にお参りした際に相談してみました。 すると、そのお寺で「霊道が開いているのでは。そういうところ(霊が見えたり、原因がわかるようなところ)専門のところで相談してみたほうがいいのでは。」と言われました。 お薬をやめるつもりはないのですが、体重が大幅に増えたり脚がムズムズしたりと、色々な副作用があって辛く、ムズムズの副作用を止める薬にも、記憶障害という副作用があり、どのお薬を飲んでも、結局は何らかの副作用に悩まされることになります。 こうした経緯もあって、お寺に相談するに至りました。 私以外にも、身内で精神を病む人が結構な割合でおり、中には大人になってから神経発達症の方面で診断される人もいるため、因縁的な何かがあるのかなと考えることもあります。 遺伝やストレスだと言われればそれまでなのですが… 家に帰ってから、お寺や霊能者などについてネットであれこれ調べてみましたが、調べていくうちにだんだん分からなくなってきました。問い合わせをしてみたものの、料金がアルバイト代で出せる範囲ではなかったり、仏様の安置を勧められたり。 結局の所、何が正しいのでしょうか?

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

幽霊の散歩コースになってるのでしょうか、

ご意見お聞かせください 寝室の外に面している所と、リビングだけ年中家鳴りがします、夜11時半頃〜5時半頃が特に鳴ります たまに金縛りにあい、胸を上からぐぐぐっと押さえつけられて苦しくて、ビビりながら目をつぶってのの様助けてって心の中でお祈りし、そのまま収まって朝になることもあるけど、だいたい失神してます 自分には特に霊感とかはないですが、小さい頃から狐さんに好かれやすいから気をつけるよう、知らない方含め声を掛けられる機会が(周りの友人と比べると)だいぶ多いようです 全く覚えてないのですが、京都の曾祖母宅に遊びに行って、お祭りに連れて行ってもらった帰りに狐さんを連れて帰ってきたと高祖母が大騒ぎして数日親から引き離された事があったとは聞いています でも狐さんに意地悪されたり怖い目にあったとかいう実感はないです、もふもふは全般好きです 先日、テレビで南無妙法蓮華経が1番強いって美輪さんが仰っていたので、見られてる!って感じた時はのの様とダブルでお祈りするようにしています が、やっぱりなにかが通った感じがしたり、足音やパキギシ音、バチッ!と感電したみたいな音が毎日うるさいです 金縛りだけでも何とかしたいのですが、やはり引越しするしかないでしょうか、、

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

気ばかり焦ります。

前回の相談から間が短くてすみません。 この文章も泣きながら打っています。 色々あって会社の方は辞めました。退職を迫られたと言った方が近いかもしれないです。去年入社したときはマトモな会社だと喜んだのですが、次から次に黒いところが見つかり凹みました。会社には労基を通じてやることをやっています。療養中にやることじゃないよ…とセルフ突っ込みしながら動いています。 すみません話が逸れました。 会社を辞めたものの、次の仕事先も見つかっていないので正直不安です。辞めたときは大抵亡くなった母に愚痴を言っていたので何とも言えません。 このまま療養をするにしても、裕福な方ではないですし、いつ父親にばれるか恐怖です(もうばれている可能性もありますが) そのため、早く次の仕事を見つけないといけないのです。神社やお寺が好きなのでそういった関係の仕事もありかな?と考えています。 1月に厄除けをした神社で、私は言霊の力が強いと言われました。強い分、マイナスな部分を引き込みやすいとも言われました。 もしかしたらと思ったんですが、波乱万丈?な人生は上記の言霊が強い件も関係しているのかなと思いました。 私は普通、当たり前と思っていたんですがどうやらだいぶ波乱万丈なようです。 確かに、去年からかけて振り返ると、やばいなの一言につきます。前厄、本厄、八方塞がりの力ってこんなに強いんでしょうか?気にしないのが一番ですが、どうにも気にしてしまいます。 見えない力ではありますが、このような負の連鎖を断ち切る考え方や言葉はありますか?見方を変えれば少しでも負の連鎖から脱却できないかな?と考えたからです。 私としてはなんとしても、5月までに元気になりたいです。4月には新しい仕事を決めたいです。 焦らないように、見えない力に引き込まれず心をどーんと強く構える言葉などご教授いただけたら有り難いです。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺