お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

なんで産まれたかわからなくてつらい

高校1年ですよね母が離婚しシングルマザーで、家が貧しいため我慢することや挑戦したいことが出来ません。勉強する環境も良いとは言えません。僕は進学したいのですが、高校に行くにも奨学金を利用しないと行けないぐらいの環境です。友達との格差を感じる時があります。

不満を親に伝えると「だったら出ていけ」「うちでは無理だね」などと答えられてしまい、親の考えが理解できません。原因は母が貧しいためなのになぜ母はこんなにも無責任なのでしょう?

またそんな時決まって僕は生まれた意味がわからなくなります。こんなに辛い環境にいるくらいなら死んだ方が・・・と思うことも最近増えました。僕はなぜ生まれたのでしょう?教えてください。

有り難し 47
回答 4

質問投稿日: 2015年5月23日 2:39

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

円通寺

邦元

足元に幸せはありますよ

高校に行き学びたいと思う気持ち。素晴らしいことです。
しかし、お金の面で難しいのであれば、アルバイトなどをしながら、通信や夜間で学ぶことなども考えられるのではないですか。

あなたは、周りのお友達と比べて、同じ境遇でないことに苦しみ悩んでいらっしゃるのでしょう。
お母様も同じように悩み苦しんでいるからこそ、その苦しみが強い口調になり、あなたに向けられているのです。

イライラしたり怒鳴ったり、強い口調で話しているときは、苦しんでいるときです。救って欲しいと願っているのです。きっとあなたを周りの子と同じようにさせてあげたいけれどできないことに苦しんでいられるのだと思います。

あなたは、学びたいと思っている。そして、親に愛されている。それが生きる意味ではないですか。
お金が無いと生きにくい世の中ですが、そういった環境だからこそ気付ける幸せがあなたの足元に沢山あると思いますよ。マイナスを見つけるのではなくプラスを探してみてください。決して周りと比べてはいけません。

3年4ヶ月前

母ちゃんは母ちゃんの人生。あなたはあなたの人生

世の中、なにも、すべてお母ちゃんだけじゃありません。
ですが、お母さんとの時間が密であったからこそ、お母さんの一言一言の影響力が強いのではないでしょうか。お母さんお一人であなたを育ててこられた分、あなたにとってもお母さんの影響力は強く、絶対的な存在でもあるのかもしれません。
「あなたにとって」はお母さんがとても大きな存在。ですが、それはあなたにとって、だけなのです。
「あなたにとって」だけ、お母さんの一言一言が、自分に大きく影響するものです。
でもそれは、あなたにとってだけ。
他の人は、別にあなたのお母さんの言葉に左右されることもありません。
よって、徐々に…で出結構です。
自分と母親とは、存在的にも別々であるのですから、反発をしない程度に、またお母さんからの反感を買わない程度に自分の意見を伝える事をやってみましょう。
ある人は35歳を過ぎた頃「あなたはアナタの人生なのだから好きにやっていいんだよ」と言われた時、初めて親の呪縛が解けた、と言っておられました。
それまで、ずっと親の言いなり居するべきことが自分のつとめであると思い込んでいたそうです。
別にお母さんは何もあなたの人生そのものを縛っている訳ではありません。
あなたがこうしたいと思う事でお母さんが経済的にこれは「無ー理ー。」と言っている所の中間ぐらい、間をとって、いいアイデア、イノベーション、活路を見出しましょう。
壁にぶつかりそうなら、よける。ぶつかっても先に進む。壁が壊れたら修理する。石につまづいたら立ち上げる。傷が出来たら治療する。これ以上は進むなと言われても、進めば進む。進んだ先に何があるか。なにをしたいのか。それをみたければ、さぁて、どうするか。別に、それをするな、とは言っていませんでしょう?
不満をただ単に伝えるのではなく、母親との上手なコミュニケーションをとることも大切です。世の中はコミュニケーション能力が全てです、と言っても過言ではないくらいコミュニケーション力は大切です。デキる人は、まず家族と争いません。争わないコミュニケーション能力を身に着けています。あなたが何をやるにしても、まず、家族と争わないコミュニケーション能力を身につけましょう。今アナタの課題はまず、そこにあると感じています。 

3年4ヶ月前
回答僧

願誉浄史

奨学金返済坊主より

私の家はお寺ですが、貧乏寺で、他の仕事と兼業しないと生活できません。
私も高校生のときは進路で悩みました。
奨学金をもらって仏教系大学に行き、お坊さんの資格をとりましたが、本当は他に行きたい大学がありました。しかし、学費が高かったために断念したのです。
家が裕福じゃなかったので、行きたい大学に行けないなら就職すると親に言いましたが、お寺なので仏教大学に行けと言われ、なんとなく流されて入学しました。
しかし、奨学金はいつか返済しないといけないし、バイトしないと学生生活を維持できないしで、親や貧乏を恨みました。
現在は、就職し、お坊さん以外の仕事で生計を立て、毎月奨学金を返済しています。
就職してしまえば、奨学金は返せない額ではありませんが、「したくてした借金じゃないのに」と思うことはあります。
ただ、高校生のとき就職していたら仏教を学ぶ機会がなかったかもしれないので、結果的にはよかったと思います。
しかし、高校生のとき行きたかった医療系の資格をとって活躍している同年代の人を見て、「あのときお金があったら自分もこうなってたのにな」と思ったりもします。
結局、お金も含めた自分の与えられた選択肢の中で頑張るしかないのだと思います。
そこで頑張れれば、後から、まぁこの道も悪くはなかったな、と思えてきます。
自暴自棄になって、第一希望じゃないからもう人生終わったとヤケになったら駄目です。
未来には、予想外に良いこともたくさん起きます。起こせます。

3年4ヶ月前

「自灯明、法灯明」

数数様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

なぜ生まれて、そしてここにいるのか、また、どうして生きるのはこんなに苦しくつらいのか・・

本当に疑問に思いますよね・・拙生もそうでございました。

正直、すぐに答えは出ないですし、そう簡単にも答えは出ないと思っておくのがまだ良いのではないかとも存じます。

また、答えは出たとしても、それが果たして真に正解かどうかというのも問題となります。

更には、そもそも正解があるのかどうかさえも疑わしいものでもありますし、その正解も何も一つではなく、それぞれにおいてあるとも言えるものでございます。

とにかく、「生まれたから生まれた」、「生きているから生きている」、もちろん、それには必ず因縁(原因と条件)があるというのは確かなことでございます。

突然、何も因縁なしにして、生じたり、滅したりするようなものは、この世にはあり得ません。この世における全てのモノ・コトというものは、複雑ながらにも無数の因縁果の流れによって成り立っています。

そして、その因縁の一つの流れを明らかにされましたのが、釈尊でございます。

その最も有名であるのが「無明・行・識・名色・六処・触・受・愛・取・有・生・老死」の「十二縁起」となります。

迷い苦しみの流れ、連環を代表的に十二の項目にまとめられたものとなりますが、ただ、その項目はあくまでも大きな分類であり、本当はもっと複雑なもので、本来は、一人一人に応じて、その複雑な流れについてパズルを解くように解明して、そしてそれぞれに対して、迷い苦しみの解決へと向けた処方箋が必要となります。

そして、その問題を解決するのは、結局のところ最終的には自分次第となります。あくまでも他は他であって、他のことを考えたり、比べたりしても所詮は仕方がありませんし、あまり意味がありません。それに、まあ、他も他で、無明(根本的な無知)・煩悩により、大小少なからず同じように変わらず迷い苦しんでいるものであるとお考え下さいませ。

ただ、その問題の解決へと向けたヒントとなる教えが仏教にはいっぱいございます。それが前述のことと併せて、いわゆる釈尊の遺言としての「自灯明、法灯明」というものとなりますが、是非、これからも仏教に興味を持って、学びと修習を進めて頂けましたら有り難いことでございます。

川口英俊 合掌

3年4ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ