hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

今生きている理由

回答数回答 8
有り難し有り難し 173

なぜ今生きているのか。
誰もが希望に満ちあふれ、夢や目標をもって生きているわけではないと思います。
しっかりと答えられる人は多くはないのかなと。私は、
「親より先に死ぬわけにはいかない」とか「私を大切に思ってくれている人を悲しませたくはない」などの理由かなと思います。
もちろんちいさな夢や目標はありますが、生きているから生きているみたいな漠然としたものだったりするかもしれません。
仏教的な観点で、人が今生きている理由はなんでしょうか。お坊さん自身の今生きている理由でもよいのでお教えください。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 8件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

理由を絶して本物になれ

世間様はこう言う「何にでもに理由がある。」
私はこう言います。「いや、違う。理由はアトから何とでもつけられるだけだ。」
世間様はこう言う。「何の為に生きるべきか。」「だから最高に納得できる理由付をしよう。」
私はこう言います。「いや、違う。無理して理由付けしなくていい。むしろ理由付けや理屈を飛び越えろ」と。
それは何故か。
「何の為に、何の為に、何かの為に…」
その嘘くさい“なにかの為”っていうカラクリや、理屈っぽいものを本当に絶し尽くす。トコトン頭の中から消してしまうコトですよ。そんな堂々巡りをして答えが得られましたか?役に立たんのでしょう。その証拠に自分が救われない、スッキリハッキリしないのですから。
悟りを求めた人達はみんなそのカラクリを飛び越えた。考え事や理由付けの世界を離れたのです。
そうでないとアナタ、人生の本物は手に入りませんよ。いや、私は手に入りませんでした。
猫なで調子のそれっぽい理由付け、大義名分、おおよそ人が納得するであろうぬるい理由付け。
もし、アナタがそれで納得するタイプの人間であれば、自分が奮い立つほどに納得できる理由を探し求めることです。
しかし、そこに懐疑、むなしさ感じるのであれば、自分を誤魔化さず真実を求めることです。
私はそこを求め求めて「理由がいらなくなる」所まで参禅しました。
痛快明快です。理由付をする必要がなくなるまで、人生の真実を見極めて下さい。祖師方も、その究極を次のように示されています。
只管(理由をつけるな・ただ・ただ)
如是(ただ、かくのごとし、それがただそれ)
何かの為に、何かのために、その美しい理由付けも要らなくなってこそ、人間はいよいよ本物、になる、と思っています。理由付けの世界なんてなんとでも言えるからですよ。
本物?本物とは小賢しい理由付け、為付けのない人間になることです。
ダイレクトにこの世界を天地と一続きで全体を体感できる生き生きとした生き方が身につくことですよ。それが本当に生きる、ということです。参禅をお勧めいたします。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
お悩み相談は「08020659278」まで。どなたでも無料。 救われた方...
このお坊さんを応援する

精一杯生きる

レジメンタルのデカダンスさんはじめまして藤尾邦泰と申します。

レジメンタルのデカダンスさんの考える「親より先に死ぬわけにはいかない」や「私を大切に思ってくれている人を悲しませたくはない」といったものも十分に生きる意味だと思います。

あなたは生きる理由を真剣に考えていらっしゃいます、答えを見つけるのは難しいことです。同じくらい難しい問題があります。いのちの生じる理由も不思議です。その不思議ないのちを生きている私たちは理由は分からないが、それぞれに今できることを精一杯するべきです。それが生きている理由ではないでしょうか。
仕事、家族、休暇などをがむしゃらにこなすと言う意味ではなく、大切に生きる。風邪をひいたら風邪をひいた状態なりに精一杯生きる。「日々是好日」という言葉があります。一日一日が貴い日だから大切に生きなさいという意味です。

ある心理カウンセラーの先生が「生きているだけで大変なことなんだよ、素晴らしいことなんだよ」と引きこもりで悩む家族や相談者に言ったそうです。
今、いのちのあることに感謝し、精一杯生きる。これが生きている理由と私は考えます。

{{count}}
有り難し
おきもち


何故あなたは生まれてきたのか。

何故あなたは生まれてきたのでしょうか?
輪廻から考えると前世で行ってきたこと、学んできたこと
それをもっとよりよい物にするために生まれ変わってきたのです。
そして来世につなげるため今世をよりよいものとする。
そうして高い人間になっていくことにより
いろんな苦しみからも抜け出せるようになる。
そして最終段階を経たお釈迦様は「解脱」して輪廻から抜け出す。
しかしそれまでの道のりは大変だったと思います。
今生きている人生だけではなく前世、前々世、それを何回も
経験してやっと解脱できた。
そう思うと、今ちっぽけな悩みにくよくよしては
いけないなぁ~と思って私は今世を過ごしています。
いま坊さんをしているのも何か前世で縁があって
今があると考えています。
レジメンタルのデカダンスさんも前世で経験し、
今世ではこういうことを学ぼうと
生まれてきたのです。何を学ぶかはあなた次第です。
今世を終えて臨終の間際に、「良い人生だった」と
思えるような生き方をして欲しいです。

{{count}}
有り難し
おきもち


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...
このお坊さんを応援する

レジメンタルのデカダンスさん、こんにちは。

私自身の今生きている理由は「バトンタッチ」です。
ゆりかごから墓場まで、人間は誰のお世話にならないことは・・・出来ません。
世の中には、よいバトンと、わるいバトンがあります。わるいバトンをまわすと、だれかが不幸になるようです。よいバトンだけを渡していきたいですよね。そうすればきっと世の中がハッピーになれると思います。
重い感じで言うと、「四弘誓願文」ということです。世の中のハッピーを誓い、願うわけですね。

さて、仏教的な観点ですか。
「草木国土悉皆成仏」ということばが震災のときに言われたりしました。
自然に帰ろう、ということを言いたいのではありません。
草木国土に身体があったのならば、命があったのならば。そこに主体・視点を置いてみることです。

たとえば、どこかにカミサマがいるとします。そのカミサマが地球上の生物に聞いたとしましょう。
「おまえたちのなかで、地球にとって一番わるい生き物だと思うものはだれか」と。

人間たちは「原発」だとか、「人食いザメ」だとか、適当なことを言うかもしれません。
どうでしょうか。ほかの生物は何と言うでしょうか。
そろって「地球にとって一番わるい生き物は人間である」と言うのではないかと僕は思います。

ここまで考えたなら「申し訳ないことをした」と懺悔し、「じゃあどうするか、こうしよう」と仏様のこころをおこして実行する。「草木国土悉皆成仏」から、仏様の視点を持ってみてはと思います。

ただし、理屈を理屈で追い回したり、本当の人生の意味を求めなくても、人は生きていけるようですね。

{{count}}
有り難し
おきもち


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...
このお坊さんを応援する

今生きている理由…とは?

レジメンタルのデカダンス様。

私は此の様にお応え致しますよ。

「其れを知る為に今を生きているのだ…」と。

{{count}}
有り難し
おきもち


色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...
このお坊さんを応援する

「縁」

レジメンタルのデカダンス様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

以前におきましては、下記のような同様のご質問を賜りまして、拙生もお答えさせて頂いております。また、皆様のご回答もご参照頂けるのではないかとも存じます。

問い「生きていく意味」
http://hasunoha.jp/questions/93

拙回答にて述べさせて頂いておりますように、『意味や意義、目的というものは、実体として「有る」、あるいは全く「無い」というものではなくて、様々な「縁」に依って成り立っているもの』でございます。

ここにおきましては、少し難しいことを述べさせて頂いておりますが、この「縁」というものについて、それぞれがどのように捉えていくのかが、誠に大切なことではないかと存じております。

レジメンタルのデカダンス様もこれまでにおける様々なご縁に依って成り立ってきているご自身の人生をお振り返り賜ることで、そのご縁の数々に思いを寄せ、生かされて今ある自分に気づき、それらのご縁に対して感謝と報恩を持つことからでも、「今生きている理由」を少しくでも見いだしていくことができるのではないだろうかと存じております。

是非、この機会に「縁」に依りて成立しているこの世界のありようについて、改めましてお考え頂くきっかけとなりましたら幸いに存じます。

また、関連として、下記問いにおきましても回答をさせて頂いております。

問い「人間は何のために生きるのか」
http://hasunoha.jp/questions/36

拙回答中にて述べさせて頂いておりますが、「いずれは悟りを得ることを目指して、今世でもできる限りに努力して、また、再び仏縁を授かれて、智慧の修習、善徳行の実践を積める境涯に生まれることができますように」として、一愚僧として生きている理由・意味を、僭越ながらにもそのように拙生は捉えさせて頂いております。

悟り・涅槃へと向けて、確かなる仏縁に何とかこれからも出逢って参れますようにと、日々猛省を致しながら一歩一歩と存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


三休さん
二休みも三休みもしてしまう怠け者。三休です。 最新の仏教論考はこちら...
このお坊さんを応援する

流されてみる

レジメンタルのデカダンス様へ

人は迷いながら夢や目標を探して生きています。
文章にありました「親より先に死ぬわけにいかない」や「私を大切に思ってくれている人を悲しませたくない」という気持ちだけで十分ではありませんか。

夢や目標に大きいも小さいもありません。
その人それぞれのものです。
時にはただ漠然と生きてみるのも
流されてみるのも生きている上では必要なことではないでしょうか。

人は誰かに役に立つことで一番の快感を得ると言われているそうです。
それこそ生きている理由なのかもしれません。

                 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...
このお坊さんを応援する

多くの僧侶の回答が生きる意味ですわ。

 今、あなたはプレッシャーという列車に乗ってしまいました。これは示寂という終着駅まで止まりません。
あなたの質問にこれだけ多くの僧侶が答えてくれました。あなたは生きる意味を考える暇などなく、終着駅の『示寂』まで行(生)かなくてはなりません。途中で降りようなんて、自分で示寂を決めようなんて出来るもんですか。あなたの意志だけでは決められないのです。もう後戻りはできません。覚悟を決めてください。

{{count}}
有り難し
おきもち


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。
このお坊さんを応援する

「生きる意味」問答一覧

楽観的な生き方が出来ません。

人生を深くとらえすぎてしまい、最近なかなか心から楽しめません。あまりに考えすぎてしまい悩んでいます 私はよく、戦争の記事を読みます。 自分と同じ世代の子どもたちが、人間魚雷に乗り、しぬと分かっていて突撃しに行くことが、自分だったらどうかと感情移入しすぎてしまい、家族を思い嗚咽するほど泣いてしまうことが多々あります 特攻隊の方の手紙・遺書をよみ、なぜ何の罪もない人間が、罪深き別の人間に殺されなければならないのか。大切な家族がいて、まだ若いのに家族や恋人を残し、自ら突撃した時の痛み・苦しみを考えるだけで、苦しく、涙が止まりません 自分は普通に生きているけれど、何かに立ち向かう勇気もないし、辛いとすぐ逃げる。そんな自分が心底嫌いです。自分のかわりに生きて欲しかったと思ってしまいます 数年前、学校で被爆者の方の体験談を聴きました。どれだけ月日が過ぎようと傷は消えず、皮膚が少しでも張ると激痛が走るそうで、毎日体重計に乗り管理しているそうです。 地獄のような苦しみの先に命を落とした人も、地獄を経て生きている人も、どれほどの苦しみ・不安・憎しみ・痛みを感じていたのかと思うと、辛くてたまりません。 自分だったらと思うと恐怖で震えてしまい、なかなか寝つけなくなることもあります。 最近、North Koreaの映画を見ました。 人間としての扱いを受けれない人間が今も山のように、この同じ空の下にいると知りました 脱走がバレれば拷問。処刑。脱走しなくても強姦。妊娠。公開処刑。強制労働。餓死。劣悪な衛生環境。病死。それも、大切な家族や友人がされている、苦しんでいる、死んでいく様子を見る。 これ以上に辛いことがあるかと。 自分は、人生結局なんとかなるから大丈夫。や、どんなときも希望をもて。などの名言がとても好きだったのですが、もうどうでもよくなってしまいました。ただの綺麗事だと。 「俺たち、食ってトイレして働いて寝て。なんのために生きてんだ?」と、強制労働者の子の言葉がささりました。 100年前後の人生。私たちは何をしているのか。生きる意味は?頑張る意味は? 19歳で、こんなことを考えすぎて、空虚な、抜け殻のような自分になってしまいそうです。 自分だったら、家族だったらと恐怖に脅え、何も楽しめません。 当事者でもないのに苦しいです。 どうすればよいですか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

どうすれば心を軽くできますか?

こんばんは。 いつもありがとうございます。 こちらに書くことで落ち着きますので書かせていただきます。 少子高齢化、経済の低迷等で慢性的に将来への不安があり、元々希死念慮があることもあり、より、生きる意味が見出せません。 とはいえ自殺など迷惑がかかるようなことはしませんのでご安心ください。 ただ、毎日目が覚め、喉が渇き、お腹が減り、心臓が動く、健康に動く自分の体が忌まわしくてたまらないです。 こんなにも先への希望がなく、生きる意味などないのに、体は健康で、家族にも友達にも恵まれている、無駄に恵まれた自分が本当に嫌です。 自分が一番自分を嫌いです。 そんな自分を奮い立たせるために、生き方を変えてみたり、好きなことをしてみたり、好きなものを買ってみたり、答えを探して哲学書を読み漁ったり、いろいろ試してみましたが、そうして気を張ることにももう疲れました。 親には言えませんが、私を産まないでほしかった。 みんながみんな生きることを楽しめると思わないでほしかった。 もちろん生きてて楽しいこともたくさんあったけれど、辛いことがある度、生まれなければこんな思いしなくてよかったのに、と、思い、また、育ててくれた親に対してそう思う自分に嫌気がさします。 この親の子どもである資格がないと思います。 人生で苦難に遭われたり、体調が芳しくなかったり、本当に辛い方からしたら何を言ってるんだと思われるかもしれませんが、死にたいのに周りに恵まれている中途半端な状態が私にとっては辛いのです。 繋がりを絶ってほしい。 期待しないでほしい。 死なせてほしい。 そんなことを書きつつあと何十年も生きるのでしょう。 ただ、あと何十年、暗く、出口のない、どんどん狭くなる穴に入っていく気持ちが続くと思うとうんざりします。 せめて「○歳の時に死ぬよ。」と教えてくれればそれまでの我慢と思って頑張れるかもしれないのに。 長くなりました。 どうすれば少しでも心を軽くすることができますか?

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ