hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

過去の過ちを後悔しています

回答数回答 3
有り難し有り難し 691

過去を振り返ると過ちや失敗ばかり思い返されます。
あの時ああすれば良かった、あの時こう言えば良かった、あの時の判断は間違えていた‥等、最近とても苦しみます。
いかに自分が未熟で無知でバカな判断しかできなかった事を悔いてしまいます。
昔の自分は流動的で人やその場の状況に感情的に流されてしまう所が多く、振り返ると勢いで様々な失敗を自ら選択してしまったと自覚してます。
過去のことはお釈迦様も悔やんだりし過ぎてはダメだと説法されたと本などで拝見し、私も頭ではそのように理解してるつもりですが、気づくと自分を責めすぎてしまいます。
そんな時は頭の中で自問自答を繰り返してばかりで、気づくと後悔の念にとらわれて、食欲も減ったりしてしまいます。
大きな過ちから小さな失敗まで数えたらキリがありません。
友人等と比べても私の過去の過ちは愚かな事が多いです。
私は家庭環境が複雑だったのでどこかでいつも孤独感を抱えていた事や人に裏切られた事などで、自暴自棄になりやすかったと思います。
しかし今になればどのような環境であれ、自分を守ったり大切にできなかった事や間違った選択ばかりだった事が悔やまれます。
何度、反省し懺悔してもまだ過去の過ちや失敗にとらわれてしまいます。
どのようにしたらこの苦しみから楽になれるでしょうか?
僧侶の方のアドレスを頂きたいです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

現実には、あなたは今を生きています

あなたのお気持ちの上では、過去を後悔→後悔してしまった自分を責める→こんな自分はダメだ
となってしまっているようですね。しかし、現実として、あなたは過去を生きる人ではありません。誰がなんと言おうと「今」を生きていらっしゃいます。

気持ちの上の考えの世界は過去を彷徨う姿です。心は、現実と大きくかけ離れているものです。それは記憶ともいうのかもしれませんが、そうしたことにとらわれず、「今」「現実」に目を向けたのがお釈迦様ではないでしょうか。現実の「今」という瞬間には、決して後悔や自責は存在しません。

今あなたが見ている風景には、後悔も自責も、悲観も何にもくっついていません。そのものがただ存在しているだけです。その現実のただの存在にあなたは思いをたくさん付け加え、現実をないがしろにしているのです。過去の記憶や思考の世界より現実世界を選択し、「今」をしっかり生きることが、そうした後悔から救われる道です。

お釈迦様はそうした道を見つけ悟りを開かれたのですよ。あなたの目の前に真実は存在しています。

{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...
このお坊さんを応援する

小野田寛郎さんの言葉

若い女性のあなたは小野田寛郎さんというご存じないかもしれません。フィリピンのジャングルのなかで日本兵として二十数年を生きていた方です。ご存じなければ、インターネット上でもかなりの情報が得られるので、調べてみてください。youtubeでお話を聞くこともできますよ。

この方は、日本の降伏を知らなかったので戦争が続いているものと信じ込んで、部下の方と三人で「敵」をかく乱するために戦われ、最後は一人になってしまわれました。

結果として、得たものは部下の方の「戦死」であり、罪もない地元の方たちを多数殺害した事実、そして本人が三十年弱の時間をジャングルで苦しい生活をつづけた、という事実です。

それについて、「後悔しているか」と問われると、「後悔はしていません。今を生きる力が減りますから」とおっしゃいます。常人なら、少なくとも私なら、フィリピンの人たちと米兵を三十人以上殺害しているのですから後悔しそうなものですが、「戦争が続いていると思っていたから仕方がない。自分がやらなければやられてしまう」と言い切られます。そちらの方は後悔してもよさそうなものですが、たしかに知らなかったのだから仕方がないことになり、罪にも問われていません。

さすがにそこまで真似る必要はないのですが、たしかに後悔することで今を生きる力が減ることは間違いありません。あなたもそう思いませんか。小野田さんはまた、「私は過去のことを振り返って、あのときああだったからと参考にすることはあります」とおっしゃいます。過去のことは今を生き、明日につなげる参考に以外のものではないということですね。

実は私もよく後悔します。しょっちゅう「あのときああしなければよかった」と思い、悔いない日はありません。だから私もこれを機会に生き方を変えますので、あなたも今を生きる力が減るような後悔はおやめになり、過去のことを明日につなげる参考資料として用いていきましょうよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...
このお坊さんを応援する

それは失敗ではない。

あなたはそれをまだ「失敗」であると損ねた評価をしているから苦しいのです。
「失敗」と評価、ジャッジを下すことが一番いけないことなのです。
それは、あなたにとって自分を戒めた貴重な経験であったと考えてみてください。
それは学びなのです。
勉強だったのです。
自分を向上させてくれるものだったのです。
薬だったのです。
大きな試練だったのです。
授かりだったのです。
人生のスパイスだったのです。
総じて、そう「すべき」ものなのです。
そうすればそこに失敗意識は生じません。
損失感も生まれません。
自責や後追いネガティブ意識は生まれません。
これを10回読み返してください。
多くの人は、この話の価値に気づかないと思いますし、失敗で悩んでいる方でないと効果はありませんが、この話の功徳は、あなたに今後人生で失敗があっても、失敗にならないという話なのです。
わたしは昨日も大切な茶器を落としましたが、それは、だただそれになっていました。
今やアロンアルファで接着して普通に使っています。
大きな学びでした。
追伸:凡下じゃねえんだけどな(笑)
それも失敗にせず学ぶべし、学ぶべし。
打ちなおして変換して、打つべし打つべし。
そうそう、あしたのジョーの、セコンドの、そうそう。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

本当に苦しんでいたので僧侶の方々の文章を読んだとき涙が出ました。

邦元さん
私の苦しみが全て見透かしているかのように、その苦しみを解放するアドバイスをいただき大変有り難く思います。
邦元さんの文章を読み、いかに自分が過去や思考にとらわれ、現実の世界を見る事ができなかった事に気付きました。
重く苦しかった心が邦元さんの御言葉により心が軽くなりました。
大変大切な事を教えていただきました。
これからも何度となく読み返す機会を作り、一時的ではなく本当の意味で過去から卒業できるように頑張ります。
私の苦しみを救っていただき誠にありがとうございました。感謝しています。

凡下さん
凡下さんの文章を読み、自分がいかに失敗というものにとらわれ、自分を責め立てていた事に気付きました。
失敗したことを決してネガティブに全て捉えるのではなく学びや経験として捉えていく事の大切さを教えていただきました。
今だけではなく今後の人生においても役に立つ智恵をいただき、凡下さんの文章から沢山の励ましをいただきました。
大変大切な事を教えていただき、私の心の苦しみが軽くなりました。
誠にありがとうございます。感謝しています。

藤岡さん
小野田さんについてネットでいろいろと調べ、貴重なことを沢山知る機会をいただきました。
藤岡さんが小野田さんを通して私に大切な事を教えてくれました。小野田さんを例に出してわかりやすくアドバイスいただき、いろいろな面で学びがありました。
また藤岡さんのような説法をされる僧侶の方でも「悔いない日はありません」と言われ、あなたも今を生きる力が減るような後悔はおやめになり‥と励ましていただきました。
その文章を読んだ時、心が軽くなりました。そして自分がいかに今を生きる力を減らすような事ばかりしていた事に気付きました。
大変大切な事を教えていただきました。誠にありがとうございます。感謝しています。

3人の僧侶の方々のアドバイスで私は苦しみから救われました。
改めて仏教の素晴らしさと僧侶の方々の智恵の深さを知りました。
今回いただいたアドバイスを励みに今現在を大切に頑張って生きていきます。
本当にありがとうございました。

丹下さん 追伸読みました。
お名前間違って書いてしまってたようで申し訳なかったです。
失礼しました。

「過去の罪・過ち・懺悔」問答一覧

過去の発言について

マザーテレサの名言にこんなものがあります「思いに気お付けなさい、いつかそれは言葉になるから、言葉に気お付けなさい、それはいつか行動になるから。行動に気お付けなさいそれはいつか習慣になるから。習慣に気お付けなさい、それはいつか性格になるから。性格に気お付けなさいそれはいつか人生になるから。」私は過去いじめられてばかりいました。そしてやり返してきました。女の子と殴りあいの喧嘩を小学生の時しました。相手が蹴って来たからです。でも私のほうが力強くて、目をはらしてしまいました。私はその事を20年ぐらいたってから謝りました。「そんなこと気にしてたの?」と彼女は許してくれました。交換日記を道端に捨てたことがありました。その子にも手紙で謝りました。警察にも自首しましたが、「だれも何も言ってきてないから。」と言われただけで、私は泣きながら懺悔しました。言葉の暴力もあります。 家庭教師が嫌で「ム○ソリーニは正しい」と何回も発言し、トイレに籠ったりしてその家庭教師を辞めさせました。ピアノが嫌でピアノの先生をたたきました。大人になり原発反対のデモに誘われた時に「原発は新しいエネルギー」と心ないことを言いました。「新しい戦争の仕方があるサイバー戦争だ。」と言いました。性格が歪んでいると色んな人に言われました。歪んだ性格は私自身をむしばんで統合失調症になりました。暴力はしなくなりました。でも言葉の暴力はあります。今は戦争はいけないことだとわかっています。イタリアの人がファ○ズムによってどれだけ苦しんだかわかります。警察は私を裁いてくれません。神様は私に罰を与えるのでしょうか。また、こんな性格を治すにはどうすれば良いでしょうか?

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

過去のことで自分を責め続けてしまう

前の質問でオンライン相談なども進めていただき、考えてみましたが対面して人と話すことに昔から苦手意識があるため質問で失礼致します。 他のことを考えるよう心掛けていましたが、どうしてもモヤモヤと考えてしまうため、申し訳なく思いますがまた質問させてください。 自業自得なので考えないようにしていましたが、周りの人に知られてるかもしれないという思いがありこわいのかもしれません。 とある事情でバレているかもしれないため不安があります。 元々人と関わることが苦手でしたが、最近は人と話すこと、会うこと、外出さえも以前より恐ろしく思うようになってしまいました。 また、何度も質問し回答いただいているのに、何度も何度も仕事に過去のことや人間性は関係ないのかと考えてしまいます。 仕事等で関わる人や知り合いなど誰にも言わない、何らかの事情でバレても誤魔化す、知らないふりをするべきか 自分から言う、もしくは言わないけれどバレたら正直に認める、話す方がいいのか。言いたいことではありませんが言わないことが本当に正しいのか分かりません。 言わないこと、知らないふりをして誤魔化すことは罪にはなりませんか?罪を重ねることにはならないのでしょうか。 他の人が不祥事で責められているとき、犯罪のニュースを見たときも自分が責められているように感じて、申し訳無さとどうしてあんなことをしたのだろうという気持ちでいっぱいになります。 自分は犯罪者のようなものだ。クズだ。と責める気持ちは捨ててしまっていいものなのでしょうか? 自分を責め続けなくてもいいのでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

過去に犯した罪と罪悪感

33歳の会社員、男です。 私は13年ほど前、ある犯罪を犯しました。3年経って、罪悪感に耐えられなくなった私は警察署に相談し、警察官の方からは被害届などなく、この内容では捜査はできない、今から頑張って生きれば良いとのお言葉を頂きました。このことは両親や今の妻など誰にも話していません。 その後しばらく精神的に苦しい時期が続きましたが、大学を卒業して就職し、日々忙しく過ごす中で、次第にこのことを封印し前向きに生きられるようになりました。 過重労働に疲れたこともありましたが、頂いた人生と開き直って乗り越えることができ、今では仕事の能力を周囲に褒めていただけることもあります。 そして妻と出会い、心から笑える日々もあり、結婚して今妻は第一子を妊娠中です。 妻は妊娠初期入院を繰り返していたので私にできる支えをし、妻からはあなたのおかげで乗り越えられた、と言ってもらえました。この時ほど生きていて良かったと思えたことはありません。 しかし今、3ヶ月ほど前にドラマであるシーンを見たことをきっかけに、当時の罪悪感が再び心を覆うようになりました。毎日起きている間はそのことを考え苦しく、仕事中も上の空で呼吸も荒くなり、妻にも不調を疑われています。 そもそも仕事に取り組んだり、妻を支えたり、良い人、良い夫と映っているかもしれない私は、本当の私ではありません。本当は罪を背負った汚い、社会から生きていることを望まれていない存在です。死ぬのが怖いから、それを隠して生きているに過ぎません。 そんな私が結婚し、ましてや人の親になろうとしているなんて許されるのでしょうか。人として最低限のルールを守れなかった私が、子どもに何を教えられるというのでしょうか。 今、好きなことをしても、どう過ごしても心から楽しいと思えるときはありません。叶うことなら一度きりの人生、罪と無縁に、自分を誇りに思って生きたかったですが、取り返しはつきません。寿命を迎えるその日まで罪悪感に苛まれる惨めな最期を迎えるのであれば、早めに終わらせてしまう方がまだましでしょうか。 以前に義母の3回忌でお会いしたあるご住職の包み込むようなお人柄を思い出し、お坊様であればどのようにお聞きくださるのだろうと思い、こちらで投稿させて頂きました。今書きながら、涙が止まりません。見つけてくだされば幸いです。

有り難し有り難し 38
回答数回答 2

過去に犯した過ちの罪悪感との向き合い方

以前はこちらのサイトでの質問に答えていただき、ありがとうございます。 今回質問させていただくのは、タイトルの通り過去に犯した過ちの罪悪感についてです。 以前の質問から時間がたち、現在大学1年生になりました。反省し、人を傷つけないようにと努力して生きてきたつもりです。 ですが、過去に犯した過ちは消えず、その罪悪感は消えません。 私が小学校高学年か中学生のころ、友人の妹(当時保育園~小学校低学年だと思われます。)の下半身(局部のあたり)を服越しに触ってしまったことがあります。 このことが本人のトラウマになっていないか、覚えていなかったとしても、なぜそのようなことをしてしまったのか、と罪悪感に苛まれます。 友人などと話しているときにも、自分はこの人たちをだましている、という気持ちが消えず、何か新しいことを始めるときにも、こんなことをしていていいのか、と思ってしまいます。 良心の呵責に耐え切れず友人や恋人、母親に話すこともありましたが、反応はどれも最低だね、という旨のものです。自分の罪を見つめなおすきっかけにもなったと思っていますが、それと同時に誰かに慰めを求めていたのだと思います。自己中心的な考え方だった、と思います。 抽象的な質問で申し訳ないのですが、今後私はどのようにこの罪悪感と向き合って生きていけばよいのでしょうか。一生この罪悪感と向き合って過ごしていくことが正しいことなのでしょうか。本人と会って話すことは考えていません。いまさら言われても傷つくだけだし、トラウマになっていなくてもそういった行為があったことを知ってしまう原因にもなると思います。(といっても、結局は本人が知らなければいい、という自己中心的な考えですが) 今更どうすることもできない問題ではありますが、何かこの罪悪感との向き合い方や、今後の生き方についてアドバイスいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

誰にも言えない秘密

こういった場で相談するのは初めてです。僕には誰にも言えない秘密があります。ここでも書けるようなものではありません。過去に女性に軽蔑されるべきことをしてしまいました。もう2度としないと誓い、それからしていません。 ・ 最近とても仲の良い女性ができました、その方をとても愛していて、相手も僕を愛してくれています。愛しているからこそ打ち明けなければ、そう思うのですが、墓場まで持っていく。そう決めています。ですが「この人にとても大切にされている」そう感じた時に、このことを隠している自分に、嫌悪感、また相手に対し罪悪感が湧きます。それに"僕は誰かと幸せになって良い人間ではない"そう思ってしまいます。 ・ 再犯防止の為にもこの罪を背負うこと、それは重々承知です。それをわかっていながらも、辛いです。一層のこと命を終わらせたい、人生やり直したい。そう思うのですが、愛する女性だったり、家族、母のことを思うとできません。 ・ 相手は、僕にどんな秘密があっても愛すと言ってくれています。ですが、僕みたいな秘密を抱えた人間が、相手を幸せにして良いのでしょうか?僕なんかが幸せになって良いのでしょうか?わからないです。 ・ 僕は一体どうしたらいいですか。 助けてください、涙が止まりません。 こんなことを言ってしまうのはいけないことなのはわかっているのですが、消えたいです。死んでしまいたいんです。 ・ わかりにくい文章で申し訳ありません。

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

過去に犯した罪をずっと引きずっています

中学生の頃、友達の一人に悪意のある行為をして、酷く傷つけてしまいました。 友達みんなに怒られ、本人からは絶交を言い渡されました。 <sp> 僕は結局、まともに謝れないまま卒業してしまいました。 学校に関係無い場所で起こした事だったので先生などの介入も無かった事、また丁度受験期で余裕が無かったというのは言い訳です。 下らないプライドのせいで自分が悪いと認められなかったんです。 <sp> 高校に入って新生活が落ち着いてきた頃、やっと罪悪感が芽生えてきて、それから先はまともに高校生活を送れなくなりました。一時期は不登校ですらありました。 <sp> 最近は再びの受験のために何とか学校に通っていましたが、そんな時また高校のクラスメートとトラブルを起こしてしまいました。 <sp> それ自体はあの時ほど酷くはない、自分も悪ければ相手も悪いと認められるような事件でしたが、これがきっかけで最初にお話したあの時の事を鮮明に思い出してしまい、罪悪感を抱えていたにも関わらず再びトラブルを起こしてしまった自分が恐ろしくなって、ひどく思い悩むようになってしまいました。 <sp> 志望先の学校はとても良いところで、でもだからこそ罪を犯した自分がそんな輝かしい生活を手にするのも嫌だし、何より新生活でもまた同じことを繰り返すんじゃないかっていうのが一番怖くて、受験する事はもう決まってしまったけど正直落ちたいとすら思ってます。 <sp> それに3年経っているとはいえあちらのトラウマが癒えているなんて考えられなくて、何かのきっかけでフラッシュバックが起きたらと考えると、それも怖くてたまらないんです。 これは自分の保身のためかもしれません。そういうところもまた罪悪感の元になってます。 <sp> 絶交を言い渡されたとはいえ元同級生ですし、有り難い事に当時の友人でまだ僕と繋がりを保ってくれている人もいます。 だから連絡を取ろうと思えば取れるけど、今更行っても許してもらえないのでは、迷惑になるだけではという気持ちが強くて行動に移せません。 <sp> 逃避であるとは分かっています。 自分のしたことが許されないことであると理解しています。 でも、それでも自分の人生に希望を持ちたいんです。藁にも縋る思いで投稿させて下さい。 長文失礼しました。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺