お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

死に対する思い

今、、死にたい
生きてる意味がわからないんです。頭の中が悲観的な妄想ばかりで辛いです。。
仕事も遅くまでしても眠くなくて、現在眠剤呑んでます。
元彼にも止められてたのに抑えきれなかったです。寂しいからかな。。
なんかわからないんです。
仕事して頑張らなきゃならないのに生きてるのつらく感じます。今だけのこんな気持ちなのかな。。わからないです。生きたくないです。どうしたらいいですか。。
抑えられないです。。

有り難し 12
回答 3

質問投稿日: 2015年8月15日 12:09

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

かき氷にシロップをかけない生き方もある

まず仕事を控えて自分の時間を持ってみましょう。
考えや思いの生活を酷使しすぎていると思います。
それが日常生活で現実をまるで相手にしていないと思います。
いつでも思いの中でのやり取りが盛ん過ぎているのです。
心が苦しい、ということは頭が思いの世界に旅立っています。
禅はシンプルな生活です。
起こったことは起こった事として、余分な追加物を加えないのです。
事実というかき氷に思いのシロップをかけないことです。
しらずの内に自分のシロップをかけていると思います。
その状態であると人とリアルタイムで接していても、自分の思いをそこに重ねますから、事実と思いとが混同します。
完全にかき氷とシロップとが混ざり合ったところは、完全にミクスチュアされたところですから、合わさった所ですから、区別がつきません。一緒のものとして認識されてしまっているのです。
でも本当は元々別物なのです。
もともと別であるという事を、感じ取ってみてください。
自分で分断、分別をつけるのです。
思いは思いの世界。
実際の事実は、実際の事実の世界。
そこに思いのシロップをかけてはいけません。
思いのシロップをかける前の世界はいつでもすがすがしいのです。

3年前
回答僧

円通寺

邦元

妄想で暴走しないで。

考えで答えを出そうとしては、スッキリと見えません。

あなたは考え、妄想とご自分でおもっているように、その思いはリアルではありません。ですからその妄想の答えを考えで出そうとしてはいけないのです。原因を探ろうとすればするほど、妄想は暴走します。

仏教ではリアルを大切にしています。リアルな世界には悩みはありません。思いは大切にせず、今のあなたの有り様を大切にしてください。目に見えるもの聞こえるもの感じるもの、味わうもの、香るもの、それがリアルです。そこから出てきた今の瞬間から離れた考えは妄想ですので、取り扱いません。頭の中で会話をしないのですよ。

リアルな世界がそのままあるだけです。それだけで満たされているはず。過去や未来は考えず、今に徹する習慣を身につけてください。体はあなたの思いとは裏腹に生きようとします。それが仏法です。

仏法に従い、悩みなく安心して暮らせる道が仏道です。詳しくは信頼できるお坊さんと、実際に話してください。救われる道があるのです。諦めないでください。

3年前

がんばらない

マユミさん、こんにちは。
徳島県の法話と天井絵の寺、觀音寺 中村太釈です。

マユミさん、がんばりすぎです。
仕事のことを考えることをやめましょう。

真言宗では阿字観(あじかん)という瞑想があります。
まず、ゆったりと座ってください。(イスに座ってもいいです)
ゆっくりと呼吸をして、吐く息と吸う息を意識してください。
つぎに、お月さまをイメージしてください。空にぽっかりと浮かんだ満月です。
イメージできたら、お月さんの中にマユミさんが入っていくイメージをしてください。
お月さんと、マユミさんが一体になった感覚を楽しんでください。

できましたか?
今度は、お月さんとマユミさんがどんどん距離を開けて離れていってください。
マユミさんは、お月さんを見上げています。
次に、吐く息と吸う息の呼吸を意識してください。
ゆっくりと、リラックスした状態を感じてください。

現実世界に戻ってきましたか?
マユミさんは、月まで旅行しました。がんばりましたか?

がんばらなくてもいいのです。
がんばらない。がんばらない。

3年前

関連する問答
このページの先頭へ