hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

お寺の正しい参り方

回答数回答 3
有り難し有り難し 14

先日、母が交通事故に遭い、京都の薬師如来様をお祀りしているお寺で祈祷していただきました。以前から疑問に思っていたのですが、神社は二礼二柏手一礼と知っていますが、お寺は同じではないのでは?と思いました。そもそも神道と仏教という事点で違いますよね?お寺の正しい参り方をお教えいただけませんでしょうか、また母の見舞いに行ったとき、すがる思いで薬師如来様の真言唱えているのですが、厳しい修行を積んだお坊さんでもないのに口にしていいものでしょうか。いろいろと無知で申し訳ありません。

2017年6月24日 18:49

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

ご心配なく( ´・ᴗ・` )

お寺でお参り→合掌低頭
お宮でお詣り→柏手参詣

正確には上記となりますね。ですが、ここにあまり拘りを持たないでください。間違ってるのか合ってるのか、そんなことより神仏の前に貴方が足を運びお越しになった事そのものが一番大事。一心に手を合わす姿、神々しくすらあります。だから私は、寧ろやり方なんてオマケ程度に覚えてくれたら充分だと思っています。

真言?どんどん唱えてください。悪いものじゃなし減るもんじゃなし。お坊さんだけの独占アイテムにて限定配布されたお経とか、そんなものはありませんよ。むしろこの世の皆様の為に有るもの。使っていただいて何よりです。

神様と仏様、実はかなり密接不可分な存在として大昔から存在し扱われてきた歴史があります。インドでも、中国でも、もちろんここ日本でも。この事についての説明は難しいし長くなるのでここでは敢えて避けます。ご興味ございましたらどうぞネットやら書籍やらにて。ちょっと調べればすぐ分かってきますよ!

2017年6月24日 22:47
{{count}}
有り難し
おきもち

TAIKEN(FDN)
アラフォー若僧の超個人的なボヤキだと思ってくだされば幸いです。 いろ...

こんにちは。

 お母様がお怪我をなさったのこと、大変ですね。

 お寺のお参りの方法ですが、
 まず、まず三門(山門・正門)から入ります。お寺に住んでいる人や出入りの業者さんが使う通用口があり、そこを使うと近道になりますが、お参りの時はきちんと正門から境内に入りましょう。
 本堂までの通路に仏像があったら、仏像に向き軽く合掌して通りましょう。
 本堂の前に来たら、お賽銭をする場合はまずお賽銭をします。大きな鈴(ガランガランっていうの)が付いていたら鳴らします。そして柏手は打たずに手を合わせます。合掌は人差し指の先が鼻の高さになるようにします。鼻と手の間はこぶし一個分くらい離します。

 ご真言はお唱えして良いですよ。私の寺では、年に2回薬師如来のおまつりがありますが、檀信徒のみなさんと薬師真言をお唱えします。一方でお見舞いの時、本人に向かって真言を唱えるという作法は、私は聞いたことがありませんね。唱えて悪いということではありませんが、本来は仏さまに向かってお唱えするものと思います。

 なお、お母様の前では、(意識のある/なしにかかわらず)是非楽しいお話をしてあげてください。
 村上春樹さんの小説「1Q84」の中でこんな話があります。
 意識のない父親を看病している主人公天吾に対し、看護婦はこう言います。
 「看護婦になる教育を受けているときにひとつ教わったことがあります。明るい言葉は人の鼓膜を明るく震わせるということです。明るい言葉には明るい振動があります。その内容が相手に理解されてもされなくても、鼓膜が物理的に明るく震えることにかわりはありません。だから私たちは患者さんに聞こえても聞こえなくても、とにかく大きな声で明るいことを話しかけなさいと教えられます。理屈はどうであれ、それはきっと役に立つことだからです。経験的にもそう思います」

 ご相談からはお母様の意識の有無がわかりませんが、是非いろいろな話をはなしかけてみると良いと思います。きっと聞こえています。鼓膜をやさしく震わせています。

 お母様のご回復をお祈り申し上げます。

2017年6月25日 14:22
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

心配すると心が折れますよ

御質問有難うございます。自分は浄土真宗本願寺派の住職ですが、おっしゃるように神社は二礼二柏手一礼を行いますし、私たちの浄土真宗本願寺派は 合掌 礼拝でお参りさせて頂きます。お母さまが事故に遭われて本当にお気の毒でございますが、浄土真宗の教えではこの事を宿縁と申します。お母さまが事故に遭う事は決して予想もしない中で偶然事故に遭われましたが、たまたまその場所に行かれて事故という御縁に逢われましたが、もしその時少しでも早かったり、遅かったりしたら事故に遭わなかったのではないかと思います。この事故に遭われた事で少しでも楽になりたいという思いこそが、煩悩でございますし迷いの世界であり、生きている上で苦しみを避ける事が出来ないのが実状です。少し教えが違っているかもしれませんが、京都の薬師如来様をお祀りしているお寺でお参りされたのであればそれも正しい事だと思いますし、真言を唱える事は良いかと思いますが、少しでも浄土真宗の教えを知って頂きたく思います。合掌

2017年6月25日 8:49
{{count}}
有り難し
おきもち

山寺の住職です。他の仕事と兼務してます。

質問者からのお礼

何より心から手を合わせることが大事なのですね。自分の母の事だけではぬく、同じように苦しんでいる方の為にも毎日手合わせることを続けようと思います、ありがとうございました。

「お参りの仕方」問答一覧

手を合わせるとき

昨年末に母を亡くしました。恥ずかしながらそれまで仏教とは無縁の家庭でしたが、親父の実家が浄土真宗大谷派だったということで浄土真宗のお坊さんにお経をあげていただき、葬儀、49日の法要とすませました。49日に合わせて小さいお内仏も設け、今は朝晩、手を合わせるのが日課です。 毎日手を合わせるなかで、今は「おはよう。今日もみんなを見守っててね。なんまいだぶ、なんまいだぶ・・・」とか「安らかに眠ってください。なんまいだぶ、なんまいだぶ・・・」みたいな感じで心の中で呟いているのですが、浄土真宗の考えでは亡くなったら仏様になって極楽浄土に行くとお聞きしましたので、わざわざ安らかになんて言わなくともすでに安らいで極楽浄土にいるのだから、言葉としておかしいのかなと素朴に思って質問させていただきました。本来は手を合わせてお参りするとき、どのような心構えでお参りしたらよいのでしょうか?それと母なので生前のように親しくタメ語で話しかけていますが、仏様になったのだから、タメ語では失礼なのでしょうか? また関連してもうひとつお聞きしたいのですが、自分の身内に限らず他人のお葬式などでお坊さんの読経に合わせて手を合わせることがありますが、お経の意味やその宗派やしいては仏教のことを知らない私のような一般人というのは、どのような心持ちで手を合わせるのがよいのでしょうか?何も考えずお経に耳を傾けているべきですか?「安らかにお眠りください」のように故人の冥福を祈るのですか?個人との思い出にひたるのがよいのでしょうか? 純粋に疑問がわきました。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

お参りの仕方について

こんばんは、毎日の生活のヒントにいつもハスノハのお話を参考にさせていただいています。 仏教には縁があまりなかったのですが、311の震災で被災し、お坊さんに親切にしていただき心が救われた事があり身近に感じるようになりました。 近所にお不動尊のお寺がありまして、そこは普段は誰もいないお寺ですが、縁日だけは開いていて、滝があってとても美しく大好きなお寺です。 そのお寺に毎日とはいかないまでも2日に1度はお参りしています。最近娘が精神的に不調をきたしてしまい、快復を願ってお参りしています。願いを込めてお酒を絶ったりしてみたりしています。 ですが、そんな事してみても関係ないような気もするし、娘は元気にならないし、お参りをしたところで、時折果てしなく虚しい事をしているような気がして、お参りをしたってなにも変化しないのかなと、単なる困った時の神頼み的な気がして、どうしようもなく涙が出てきます。 なににどう祈ればいいのかわかりません。 身近にはお坊さんも仏教徒もいません。 どのような気持ちで礼拝すればいいのかご教授いただけませんか。 仏壇には朝夕手を合わせていますがお線香を先祖にあげてるだけのような感じです

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る