hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

焼香の仕方

回答数回答 7
有り難し有り難し 70

お盆が近づいて今度法事にいくのですが、焼香の仕方はルールがありますか?
ほかの人のを見ていると、指でつまんで顔に近づけて元に戻すというのを2,3回繰り返しているのでそのまねをしているだけですが。

意味とか由来とかなるほどね~みたいなわかりやすいお話もあれば一緒に教えてください


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 7件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

香は仏様へのお供え。香りを通して、浄土に思いを馳せる。

お焼香(お線香もそうですが)。。。香は、仏様への香りのお供えです。香りを通して、浄土に思いを馳せる意味があります。ですから、落ち着いた気持ちでお供えさせていただけるよう、出来るだけ よい香りのものにしましょう◎

作法は、宗旨により 様々です。
せっかくの 仏縁ですから、正しい作法で行っていただきたいものですが、一般的な冠婚葬祭の本などに載っているものは、正しいとは言えません。お寺様に聞かれるのが一番ですね。

私は、浄土真宗本願寺派ですので、お焼香は、つまんで 額に おしいただかず、1回焼香です。お線香は、立てずに 静かに寝かせるのが、作法です。法要の際には、必ず 参拝者に説明をしています。

この機会に、ご自分のお寺様に、正しい意味や作法を尋ねられて、尊いご縁にしていただければなと思います(*^^*)

{{count}}
有り難し
おきもち


はじめまして(*^^*) 中田みえです。 住職として、高校生の息子の母親...

各宗派それぞれ

wowさん

お焼香の作法ですが、各宗派で回数など異なりますので、wowさんご自身、またはご実家の宗派をお知らせ頂ければ、hasunohaには各宗派の僧侶がいますので指導を頂けると思います。

前の人の作法をマネしても、それが正しいとは限りません。法事の時などに見ていると、前の人が加えた自己流の作法が、後の人にだんだん伝染していってます。

行った寺の宗派の作法に合わせる、という方法もありますが、私はそれぞれの方、またはその方のご実家の宗派で行うべきだと思います。

ちなみに浄土真宗各派では、つまんだ抹香を上に向けたり額の近くに上げず、そのまま火種の上に落とします。
真宗には10の派がありますが、本願寺派では1回、大谷派では2回、私の属する高田派では3回。他の7派では…すみません、存じ上げません。

さて、豆知識。
焼香は「撮(さつ)」という数え方をします。
私は初めて知った時、「撮影」などで使われる文字ですので意外に思ったのですが、辞書で調べると「ごく少量をつまみとる」という意味でした。
「撮影」も、「光景を一瞬つまみとる」ということなんでしょうね。

http://753an.blog.so-net.ne.jp/2010-06-19

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

回数の意味よりも、香に込められた意味や願いを。。。

WOWさま。

焼香といいますと、どうしても回数に注目がいきがちですが、
香にまつわるものとしては焼香の他に、体に塗る塗香(ずこう)もあります。
また今はお金にかわることの多い香典も、もとは香を供える意味からきています。
(たしか本願寺派のお坊さんの作法として他寺への弔問時、線香を香典として供える習慣があったと思います)

香を供える回数だけではなく、香を焼くことで立ち上る煙に意味や願いを込めている宗派もあります。(六波羅蜜 焼香で検索されるといろいろ出てくると思います)

私は真宗の僧侶ですが、回数に執着しようがしまいが、如来の光や慈悲は変わらないという立場を取りたいです。大谷派、本願寺派、高田派、他派でも回数が統一されていないのが現状です。

誰かがするから真似するというのではなく、「ご自身が信じる宗旨の作法だからこのやり方を行う。」あるいは「故人の信じていたことを大事にしたいので弔問時は故人の作法に準じる。そのことで自分の信仰が揺らぐことはない」というどちらかの立場で焼香を行っていただけると嬉しいです。

この質問を通して、WOW様がよりよき宗教との付き合い方ができますことお念じ申し上げます。

※ 以下補足です。
余談ですが、私の住む地域の仲間のお坊さんはマイ香入れ(香合)を用意して焼香します。会場備え付けの香で焼香するのが当たり前ではないことも留意くださいませ。

{{count}}
有り難し
おきもち


宗派は浄土真宗 なむあみだぶつです。 北陸の小さな田舎町で住職して...

あくまで宗教者側のルールです

宗派によって、さまざまな決まりがありますが、それはあくまでも宗教者側の話でして、参列される方は、様々な宗旨な訳ですからさほど気にしなくて良いと思います。
ちなみに私の属する真言宗では、参列する側の方へは回数の決まりを作っておりません。

ただ、日本人は昔から割り切れないという事で奇数を縁起が良い、おめでたい数としておりましたので(祝日などは元々全て奇数の日ですし、節句の日なども奇数ですね)、奇数回数(1回、あるいは3回)、お焼香すれば問題ないと思います。宗派によって偶数をすすめているところもありますが、前述のようにあくまで僧侶側の話です。

お焼香の後、手を合わせて、祈願したり、故人へお話をすることと思いますが、一般の方にとって一番大切なのはその部分ですので。

また、敢えてアドバイスするならば、お線香もお焼香も仏さまのお食事ですので、なるべく良い香りのものを求めてください、でしょうか…

{{count}}
有り難し
おきもち


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...

僕流の説明ですが、

インドは清潔では無いので、悪臭がします。
お香は、その悪臭を破るところから、清浄(しょうじょう:清くてけがれのないこと)を表します。
だから、身や心、その場の空間を清めてお参りをするという意味が込められたのでしょう。

それを僕は、堅い説明が嫌いなので、
「お焼香は、良い香りをすっと嗅いで、嫌なことを忘れて気持ちよくお参りするためのものです。」
と説明しています。

やり方は、各宗派それぞれですが、
やり方よりも、そのやり方に込められた意味が大切です。

{{count}}
有り難し
おきもち


45歳 独身 銭湯通い 浄土真宗の僧侶だけど、「中観派です」って言って...

曹洞宗は2回です。

曹洞宗では1回目は気持ちを込めて念じて、
2回目はその気持ちに蓋をするという感じで
そのまま焼香します。
そのやり方は宗派、地域性、色々ありますが、形より気持ちです。
その思いを供養する人に伝えるように、伝わるように
してあげるのが一番と思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...

焼香供養

wow様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/供養

供養とは、「仏、菩薩、諸天などに香・華・燈明・飲食などの供物を真心から捧げること」とありますように、良い香りを供養することもその一つとなります。焼香や線香の良い香りにて、五感の中での嗅覚を満たさせて頂いて安楽にお過ごし頂くということとなります。ご先祖様に焼香や線香をご供養するのもそのためとお考え頂けましたらと存じます。安楽にお過ごし頂くということを考えますと、私たちにおけるアロマテラピー効果と似ていると言えるのではないかと存じます。

焼香の回数につきましては、下記サイトの内容が参考になるのではないかと存じます。

お葬式のマナーや葬儀の準備に役立つ情報サイト
お葬式・葬儀の基礎知識home>お焼香の回数は?
http://manner.sougi-support.net/incense.html

天台宗 1回または3回(特にこだわらない)
真言宗 3回
臨済宗 1回
曹洞宗 2回(1回目は額におしいただき、2回目はいただかずに焼香する)
浄土宗 特にこだわらない
浄土真宗 本願寺派 1回(額におしいただかずに)
真宗 大谷派 2回(額におしいただかずに)
日蓮宗 1回または3回
日蓮正宗 3回

※「顔に近づけて」・・「額におしいただくこと」と同意とお考え下さいませ。

・・

「仏、菩薩、諸天などに香・華・燈明・飲食などの供物を真心から捧げること」の本来的趣旨からは、衆生をお導き賜る、仏・菩薩・諸天など尊格への一回だけでも十分に良いのではないかとは存じますが、あとは随意にて捧げ奉ることが大切と考えております。

拙生は、仏、菩薩、諸天など尊格へと一回、その教えである仏法を護る先師たち・僧侶集団・サンガへと一回、仏法を及ぼすべくである一切衆生へと一回の計三回と心掛けております。お線香もそのようにして三本を御供えすることが多くございます。

とは言え、あまり回数や本数には拘らずにご供養致す対象へと向けて「供物を真心から捧げること」が最も大切であるのではないかと存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


「法事・法要・49日」問答一覧

コロナのご時世のご供養

先日、母が他界しました。緊急事態宣言化ということもあって葬儀は小さく家族のみでおこないました。菩提寺のお坊様もやや遠方で駆けつけていただく訳にもいかず、法要を簡略化してしまいました。 コロナがある程度落ち着いたら、私と妹家族とで納骨、そして法要に伺いたいと考えていますが、なかなかも良くないということで、機会が見つけられておりません。 ご遺骨には私の家に来てもらいました。とはいえ一人暮らしの狭い家ですので仏壇などもなく、実家にもそういった物がありませんでしたので小さな棚を用意して祀っております。 悩み事というのは、このように母のことを扱うことやご法要を先延ばしにしてしまうことへの罪悪感です。多少は無理をしてでもお寺様に行ってご供養していただいたほうがいいのでは、納骨していただいたほうがいいのでは、という思いがあるのですが、さりとてそうしてコロナになったり、親族には小さい子供もおりますので、そういうところに感染させたりという可能性を考えると、なかなかに悩み深く思っております。 リスクを減らして私一人だけでもご供養していただくために移動するべきか、リスクのことよりもご供養していただくことを優先するべきか、こういったときお坊様の皆様はどのように考えたほうがいい、というような指針はございますでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

ご近所の隣人が無視をする

賃貸住宅(マンションタイプのアパート)に住んでいます。 同じアパートの住人の方とは、 気持ちよく挨拶だけをして、 あまり深いご近所付き合いはなく、 とても居心地よく過ごしていました。 ですが、隣の部屋の方が退去をされ、 新しい隣人が来たのですが、 その隣人が、引越しの挨拶にはきたのに、出会うと、なぜか無視するのです。 こちらから笑顔で挨拶していたのですが、無視され続けています。 小さなお子さんもいるご家庭です。 奥様はあまり出会いませんが、 その家のご主人はよく外に出ていて、 どうしても顔を合わせてしまいます。 挨拶を無視するので、 なるべく会いたくないのですが、 お隣なので、 どうしてもそのお宅の前は通りますし、 挨拶をしないわりには、 よく外にいて、 駐車場や廊下で何かやっています。 玄関前の廊下にも、 たくさん物を置いていて、 マンションを私物化しているようで、 見ていてとても気分が悪くなります。 挨拶を無視する心理がまったくわからないので、 あの人は宇宙人なんだと自分に言い聞かせていますが、 正直なところ、ものすごくモヤモヤしています。 我が家にも小学6年の末っ子がいますが、 その隣人の子どもさん達とは年が離れているため、 子どもの付き合いもなく接点はほぼありませんが、 マンションの敷地内や、廊下では 一応、住人の方に挨拶はしていたので、 なぜ、隣人は無視をしてくるのか、 本当に嫌な気持ちです。 気にしなければよいのはわかっているのですが、 モヤモヤと悲しくなってしまい、 憂鬱になります。 隣人が入居してくるまでは、 本当に平和だったのに、 すごく気になって、 相手の心理を知りたいと思ってしまいます。 自分の気持ちが少しでも晴れるようなアドバイスをいただけたらと思います。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

四十九日法要で失敗

1年入院していた義母がお盆前に亡くなりました。 もちろんお墓もお寺もありません。 お坊さんは、葬儀会社の方に手配して頂きました。 四十九日法要も葬儀会社に手配して頂き葬儀の時と同じお坊さんにお願いしました。 四十九日法要は、自宅で一緒に住んでいた家族と義母の子供(主人の妹家族)だけの法要でした。 先日、無事に四十九日法要を済ませる事ができました。 そこで、お坊さんに質問するのは少し気がひけてしまうのですが、失敗してしまいまして、 お坊さんには、お布施とお車代を法要前にお渡ししましたが、帰りの際にお返しを渡さなかったのです。 Googleなどで検索するとお坊さんにもお返しが必要と、どこを見ても書いてあります。 法要前に気づければ良かったのですが、身内に分かる人はいなくて葬儀会社の方にこれを用意してくださいと言われたものだけ用意したのです。 法要が終わって2日経ってしまいました。ずっとこの事だけが、もやもやしています。 お寺さんは、自宅から近いですがそこにはお墓は作らない予定です。金銭的に無理なので。 後からでもお返しを持っていった方がよいのか、こんな事をお坊さんに聞くのは失礼かと思いますが。 お知恵を宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

無知な私の仏事の謎

無知な私に曹洞宗の仏事の事でご相談させて頂きたいのです!(;_;) 去年祖母が亡くなり、葬祭会館まで和尚さんに来て頂きました。 お葬式の数分前に和尚さんから瓦代を請求され、状況が状況だったので腹が経ったのですが今から葬儀をして頂くにあたって揉めるのも…と思い記帳しお支払しました。 ※支払いたくないとかではなく、瓦代なら葬儀の後で良いのでは…と祖母を亡くし涙が止まらないまま和尚さんと話ていたのでその時思いました コロナ禍で親族が県外に多い為100か日法要まで繰上げで行ってもらい、一通り葬儀を終えてから一度もお会いしてなく、電話や文書でやりとりも全くないのですが 先日、護持運営費の他に和尚さん直筆で未納本堂瓦代の振込用紙が届きびっくりしています。 何もお話のないまま未納で振込み用紙が届く事は、本来普通の事なのか… 葬儀前にお支払いした瓦代とまた別で、お話もお便りもないまま未納というのはどういうことなのかと… 毎年お支払いしている護持運営費のお便りのみでしたので、総額の詳細等は全く分からない状態です、、 余談ですが、数十年前に和尚さんのお寺の墓地に土葬されていたお骨を掘り起こし、総合墓地へ移動しております。 以前ちょっとした事で和尚さんの気に障ったのか、分かりやすく態度に出されて本来聞くべき和尚さん本人に聞けない状態です… 10月に一周忌を控えているので、どうしたら良いものか…長々と申し訳ありません 新盆でお経を上げて頂くのが8月12日で和尚さんに直接お会いする前に解決出来たらと思いご相談させて頂きました 私が無知なのは承知です 厳しい意見も受け止める覚悟です 宜しくお願い致します

有り難し有り難し 8
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る