hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

焼香の仕方

回答数回答 7
有り難し有り難し 70

お盆が近づいて今度法事にいくのですが、焼香の仕方はルールがありますか?
ほかの人のを見ていると、指でつまんで顔に近づけて元に戻すというのを2,3回繰り返しているのでそのまねをしているだけですが。

意味とか由来とかなるほどね~みたいなわかりやすいお話もあれば一緒に教えてください


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 7件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

香は仏様へのお供え。香りを通して、浄土に思いを馳せる。

お焼香(お線香もそうですが)。。。香は、仏様への香りのお供えです。香りを通して、浄土に思いを馳せる意味があります。ですから、落ち着いた気持ちでお供えさせていただけるよう、出来るだけ よい香りのものにしましょう◎

作法は、宗旨により 様々です。
せっかくの 仏縁ですから、正しい作法で行っていただきたいものですが、一般的な冠婚葬祭の本などに載っているものは、正しいとは言えません。お寺様に聞かれるのが一番ですね。

私は、浄土真宗本願寺派ですので、お焼香は、つまんで 額に おしいただかず、1回焼香です。お線香は、立てずに 静かに寝かせるのが、作法です。法要の際には、必ず 参拝者に説明をしています。

この機会に、ご自分のお寺様に、正しい意味や作法を尋ねられて、尊いご縁にしていただければなと思います(*^^*)

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


はじめまして(*^^*) 中田みえです。 住職として、高校生の息子の母親...

各宗派それぞれ

wowさん

お焼香の作法ですが、各宗派で回数など異なりますので、wowさんご自身、またはご実家の宗派をお知らせ頂ければ、hasunohaには各宗派の僧侶がいますので指導を頂けると思います。

前の人の作法をマネしても、それが正しいとは限りません。法事の時などに見ていると、前の人が加えた自己流の作法が、後の人にだんだん伝染していってます。

行った寺の宗派の作法に合わせる、という方法もありますが、私はそれぞれの方、またはその方のご実家の宗派で行うべきだと思います。

ちなみに浄土真宗各派では、つまんだ抹香を上に向けたり額の近くに上げず、そのまま火種の上に落とします。
真宗には10の派がありますが、本願寺派では1回、大谷派では2回、私の属する高田派では3回。他の7派では…すみません、存じ上げません。

さて、豆知識。
焼香は「撮(さつ)」という数え方をします。
私は初めて知った時、「撮影」などで使われる文字ですので意外に思ったのですが、辞書で調べると「ごく少量をつまみとる」という意味でした。
「撮影」も、「光景を一瞬つまみとる」ということなんでしょうね。

http://753an.blog.so-net.ne.jp/2010-06-19

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

回数の意味よりも、香に込められた意味や願いを。。。

WOWさま。

焼香といいますと、どうしても回数に注目がいきがちですが、
香にまつわるものとしては焼香の他に、体に塗る塗香(ずこう)もあります。
また今はお金にかわることの多い香典も、もとは香を供える意味からきています。
(たしか本願寺派のお坊さんの作法として他寺への弔問時、線香を香典として供える習慣があったと思います)

香を供える回数だけではなく、香を焼くことで立ち上る煙に意味や願いを込めている宗派もあります。(六波羅蜜 焼香で検索されるといろいろ出てくると思います)

私は真宗の僧侶ですが、回数に執着しようがしまいが、如来の光や慈悲は変わらないという立場を取りたいです。大谷派、本願寺派、高田派、他派でも回数が統一されていないのが現状です。

誰かがするから真似するというのではなく、「ご自身が信じる宗旨の作法だからこのやり方を行う。」あるいは「故人の信じていたことを大事にしたいので弔問時は故人の作法に準じる。そのことで自分の信仰が揺らぐことはない」というどちらかの立場で焼香を行っていただけると嬉しいです。

この質問を通して、WOW様がよりよき宗教との付き合い方ができますことお念じ申し上げます。

※ 以下補足です。
余談ですが、私の住む地域の仲間のお坊さんはマイ香入れ(香合)を用意して焼香します。会場備え付けの香で焼香するのが当たり前ではないことも留意くださいませ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


あくまで宗教者側のルールです

宗派によって、さまざまな決まりがありますが、それはあくまでも宗教者側の話でして、参列される方は、様々な宗旨な訳ですからさほど気にしなくて良いと思います。
ちなみに私の属する真言宗では、参列する側の方へは回数の決まりを作っておりません。

ただ、日本人は昔から割り切れないという事で奇数を縁起が良い、おめでたい数としておりましたので(祝日などは元々全て奇数の日ですし、節句の日なども奇数ですね)、奇数回数(1回、あるいは3回)、お焼香すれば問題ないと思います。宗派によって偶数をすすめているところもありますが、前述のようにあくまで僧侶側の話です。

お焼香の後、手を合わせて、祈願したり、故人へお話をすることと思いますが、一般の方にとって一番大切なのはその部分ですので。

また、敢えてアドバイスするならば、お線香もお焼香も仏さまのお食事ですので、なるべく良い香りのものを求めてください、でしょうか…

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...

僕流の説明ですが、

インドは清潔では無いので、悪臭がします。
お香は、その悪臭を破るところから、清浄(しょうじょう:清くてけがれのないこと)を表します。
だから、身や心、その場の空間を清めてお参りをするという意味が込められたのでしょう。

それを僕は、堅い説明が嫌いなので、
「お焼香は、良い香りをすっと嗅いで、嫌なことを忘れて気持ちよくお参りするためのものです。」
と説明しています。

やり方は、各宗派それぞれですが、
やり方よりも、そのやり方に込められた意味が大切です。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


45歳 独身 銭湯通い 浄土真宗の僧侶だけど、「中観派です」って言って...

曹洞宗は2回です。

曹洞宗では1回目は気持ちを込めて念じて、
2回目はその気持ちに蓋をするという感じで
そのまま焼香します。
そのやり方は宗派、地域性、色々ありますが、形より気持ちです。
その思いを供養する人に伝えるように、伝わるように
してあげるのが一番と思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...

焼香供養

wow様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/供養

供養とは、「仏、菩薩、諸天などに香・華・燈明・飲食などの供物を真心から捧げること」とありますように、良い香りを供養することもその一つとなります。焼香や線香の良い香りにて、五感の中での嗅覚を満たさせて頂いて安楽にお過ごし頂くということとなります。ご先祖様に焼香や線香をご供養するのもそのためとお考え頂けましたらと存じます。安楽にお過ごし頂くということを考えますと、私たちにおけるアロマテラピー効果と似ていると言えるのではないかと存じます。

焼香の回数につきましては、下記サイトの内容が参考になるのではないかと存じます。

お葬式のマナーや葬儀の準備に役立つ情報サイト
お葬式・葬儀の基礎知識home>お焼香の回数は?
http://manner.sougi-support.net/incense.html

天台宗 1回または3回(特にこだわらない)
真言宗 3回
臨済宗 1回
曹洞宗 2回(1回目は額におしいただき、2回目はいただかずに焼香する)
浄土宗 特にこだわらない
浄土真宗 本願寺派 1回(額におしいただかずに)
真宗 大谷派 2回(額におしいただかずに)
日蓮宗 1回または3回
日蓮正宗 3回

※「顔に近づけて」・・「額におしいただくこと」と同意とお考え下さいませ。

・・

「仏、菩薩、諸天などに香・華・燈明・飲食などの供物を真心から捧げること」の本来的趣旨からは、衆生をお導き賜る、仏・菩薩・諸天など尊格への一回だけでも十分に良いのではないかとは存じますが、あとは随意にて捧げ奉ることが大切と考えております。

拙生は、仏、菩薩、諸天など尊格へと一回、その教えである仏法を護る先師たち・僧侶集団・サンガへと一回、仏法を及ぼすべくである一切衆生へと一回の計三回と心掛けております。お線香もそのようにして三本を御供えすることが多くございます。

とは言え、あまり回数や本数には拘らずにご供養致す対象へと向けて「供物を真心から捧げること」が最も大切であるのではないかと存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

「法事・法要・49日」問答一覧

行ってはいけない神社に忌中に参拝しました

今年は良くない事が続いていたので、神社やお寺への参拝を頻繁に行っていました。 その中で、秋に祖父が亡くなったのですが、四十九日の忌中の間にも、神社やお寺に複数回参拝しておりました。 そんな時に偶然「忌中の間に神社に参拝はしてはいけない(お寺はOK)」という風習がある事を知りました。 行ってしまった事は神様にとても失礼にあたるとのことで、心の中で「申し訳ありませんでした」と謝罪の気持ちを持っているのですが、 調べた神社(訪れていない他の神社)によっては「鳥居の外でお祓いをしてもらった方が良い」との記載もある場所もありました。 その中で、忌中に神田明神にも参拝に行っていました。 その後、忌中での参拝は控えなければならないという事を知る同じタイミングで、 「成田山新勝寺に信仰がある人は神田明神には行ってはいけない」事と「苗字に"藤"が付く人は行ってはいけない」という事も知りました。 私は両方当てはまり、更に忌中に行ってしまったので、最悪な事をしてしまったのではないかと気がかりです…。 こういう場合の正しい対処法などはあるのでしょうか…。 それと、2021年は決意の気持ちも込めて、感染予防に従いながら初詣(お寺)に行きたいなと考えているのですが、喪中の時に行っても良いのでしょうか。 ご教示頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 39
回答数回答 2

49日法要 コロナ

 先日母が突然亡くなりました(心筋梗塞)。私は実家から離れ現在神奈川県に住んでいます。これまでは父・母で暮らしていましたが、今回のことがあり、以前同居してその後出ていた兄の家族が実家に戻りました(現在、父79歳・兄・兄嫁・娘・息子(子どもたちは血縁はありませんがとてもいい子たちです20代)。  今回49日が金曜日にあたるため、翌日土曜日に49日の法要をすることになっています。コロナ禍のため、父・兄の家族・親戚3人・私で行う予定でしたが、父からコロナが流行ってきているので、前日(本当の49日)に日帰りで帰ってくるよう提案がありました。コロナということもあり、食事をしないよう、昼過ぎから夕方に帰ることを伝えましたが、父は朝一で帰ってきて、夕方までいるようにしたほうがいいと言ってきました。  兄の家族はとても仲が良いので、言い方は変ですが、私(独身)と父は、母がいなくなってものすごく辛い気持ちが共感できています。そのため、今回の法要は、今まで何もしてあげられなかった母に、極楽浄土に言って欲しいのでお祈りしたい気持ちと、父がとても寂しがっているので会いに行きたい気持ちと2つあります。しかし、最近ニュースでコロナ感染で入院している高齢者がうなされている姿を見て、万が一のことがあったらと思うと帰って良いものなのか悩んでしまします。  今回母を亡くす前、コロナが流行っているからもう少し収まってから帰ると言って、会わずじまいになってしまったことも、今回決めかねる原因になっています。  母を亡くす前であれば、絶対に帰らない選択をしましたが、それで良いのか不安です。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

コロナ禍での一周忌法要について

近い時期に亡くなった父母の一周忌法要を併せて執り行います。 コロナ禍の為、親兄弟と子供達だけ参列し、1時法要の会食なしです。それを踏まえ、2点教えてください。 1、持ち帰り弁当は必要でしょうか? 喪主の姉とは、電車でドアトゥードアで2時間かかる方もいるので、荷物になる仕出し弁当は不要ではと話しています。が、近隣で車で数分の叔母には、用意するものだと言われました。御斎の気持ちは大事なのですが、法要終わりの悲しい気持ちの中、夕飯に冷めたお弁当を口にするようであれば、その分、香典返しを気持ち多めにした方がいいのかなと思ってしまいます。故人に対して、列席者に対して、悪いことなのでしょうか。 3夫婦が市内在住で、4夫婦が車や電車で2時間ほどかけてきます。 2、生前、父が仲良くしていた方々十数名に七七日法要の際、招待状を送りました。その後、緊急事態宣言があり、縮小のお知らせと共に一周忌法要でご臨席賜りたいと添えました。残念ながら、私どもの見通しが甘く一周忌法要も大勢は難しく近親者のみで行います。 この方達にその旨を伝える葉書を送ろうと思うのですが、送るのは法要前か法要後か教えてください。七七日では、欠席の返信と共に御香典をいただきました。また法要前に送り御香典を頂いても申し訳ないとも思っています。 以上2点、教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

四十九日前の法要に誰に来てもらうか…

先週、87歳で母を亡くしました。母は離婚はしませんでしたが、父と別居だったので、私と母の2人でほとんどの時間を過ごしました。 母は再婚で、私の父と結婚する前の夫との間に娘がいました。私が小さい頃から、置いてきた娘に会いたい、会いたいと聞かされ育ったので、私の希望で大人になってから一度だけ母、私、姉、姉子供2人の5人で会う事ができました。今から約20年前です。 私と姉は友達として3年に1回ぐらいで会っていたのですが、母と姉とは疎遠になり、姉の方から「会いたい」との言葉はなく、あの時1度会ったきりになってしまいました。姉に孫ができて母からして曾孫が生まれたので、そのうち呼んで会わせようと思っていたのですが、そのうちなんてなかったのですね…長く認知症を患っていた割に、先週あっさり亡くなってしまいました。確執のあった母と姉でしたが告別式と火葬には姉に出席して貰う事ができました。 四十九日の納骨法要で、姉が旦那さんと曾孫を会わせたいと言ってくれているのですが、2歳の赤ちゃんが法要にいたら大騒ぎかな?と思いますし、旦那さんはどうでも良いので、正直言って四十九日の納骨は私と姉だけで済ませるのが楽だと思っております。 質問はここからなのですが、姉家族(姉、旦那さん、孫2人、曾孫)には、四十九日より前に私の家に全員で来てもらって仮位牌に拝んで貰うのと、納骨の法要に姉と旦那さんと曾孫(姉の孫)で来て貰って賑やかに送るのと(人数制限があり孫2人は呼べませんの後日墓参りにくれば良いかと)、どちらが母は喜ぶでしょうか?私が子供を産まなかったので、孫や曾孫にはなるべく魂がこちらにいるうちに会わせてあげたいと思っています。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る