餓鬼とはどういう生き物なのですか?

わたしは、統合失調症という心の病気を抱えています。
毎日のように、いろいろな男の人と女の人の声や顔が聴こえて見えたりします。すごく不便です。
心療内科の先生は、「統合失調症は脳の病気です」っておっしゃいました。
わたしは、納得はしたのですが、医学以外のことも調べてみようと思って、「霊障」関係の本やサイトを調べました。
結果は、なんだかわからなかったので、仏教のお言葉に救いを求めたいと願うようになりました。
hasunohaを知る前に、ある仏教のサイトを見たのですが、そのサイトに、「霊障」は「餓鬼がしていること」っていうお言葉がありました。
わたしは、そのサイトに書かれていた餓鬼についての内容を読んだのは読んだのですが、みなさまのお話を聴きたいって思ったので、ご質問いたします。
よろしくお願いします。

有り難し 44
回答 4
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

円通寺

邦元

餓鬼とは、迷える人つまり

私たちのことでしょう。
事実から離れ思考を真とかんちがいし、悩み苦しむ私たちの姿そのものではないでしょうか。

2年4ヶ月前

餓鬼とは、餓鬼心。餓鬼の様な自分中心で身勝手な心。

通訳いたしますと、

餓鬼とは、人間が誰もが有する自己防衛エネルギー。
そのエネルギーが過剰に働くと、エゴになる。自己中心的なエネルギーになる。
その結果、自分中心なものの見方になる。
自分中心なものの見方になるので、相手が善意でやって下さったことでも、
「きっとコイツは何か企んでいるに違いない」という自分勝手なものの見方を生み出す。
物事を歪めて見る。枉げて観させる。
そういう心の作用を餓鬼という。
事実に対して自分中心の思いを重ねてみるようになる。
そうすると霊障というものがあたかもあるかのように思う。
餓鬼という言葉を聞いて、そういう動物がいるんじゃないかと思う。
そういう事実を曇らせる働きがが餓鬼、すなわち餓鬼心なのです。
その結果、事実をありのままにみさせなくなる。
常に自分の思いをそこに塗りたくって観るようになる。
その結果、考え事の世界に深く入り込み、常に物事を眺める時、自分の考え事のフィルター越しに観るようになる。
その結果、統合失調症になる。
つまり、事実という真実のフェイスに、餓鬼は思いのメイクを塗りたくる。
そのメイクを剥がせば、事実はすっぴんになる。
そうすると統合失調症は根柢から治るのです。

2年4ヶ月前

幽霊は餓鬼の一種です、というと

餓鬼についての一般的な説明は、ウィキペディアなどをご覧ください。よくまとめられていると思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%93%E9%AC%BC

さて、タイトルでも述べたように、幽霊は餓鬼(幽霊イコール餓鬼なのではなく)の一種です。これが非常によく餓鬼の特徴を示していると思います。

まず、斬っても斬れません。お岩さんを思い出してください。世之介が刀で斬ってもきれませんね。何故かというと幽霊の体は私たちと違い、イメージみたいなもので実体に乏しいからです。幽霊に足がないのも実体的な肉体がなくぼんやりとしたイメージみたいな存在だからです。

では、どんな存在なのかというと、「うらめしや~~」という言葉が餓鬼の一種である幽霊の特徴をよく示しています。貧しい心を主体とする身体はイメージ以上のものではない存在です。

さて、その心の貧しさはあまりに苦しい境界なので自分で改めることはできないので、誰かに助けを求めることになります。幽霊に恨みを買う覚えがないのに、取りつかれているように感じておられるのだとしましょう。それはたたられているのではなく、あなたに助けを求めているのです。あなたは心優しい人なので助けてくれると思って、幽霊が「たすけてくれ」というサインを送っているということです。

どうすれば助けられるかというと、「私にとりついている幽霊さんが、どうか幸せになりますように。苦しみから解放されますように」と願い、念じてあげればよいのです。そのとき、幽霊は、「自分のことを思ってくれている」と心に喜びが生じ、同じくイメージの世界である天上界にすぐさま生まれ変わることができます。

人間や畜生は実体的な身体を持っていますから、すぐに境界を変えることはできませんが、身体がイメージにすぎない幽霊から天上界でしたら、心のありようが変わればすぐ生まれ変わることができます。

以上は藤本晃博士の本の受け売りです。仏教の教えからすると理にかなっています。特定の幽霊だけに限らず、生きとし生けるものの苦しみが除かれ、幸せになるよう願い、念じることにより本当に多くのものたちが救われるのだということです。

2年4ヶ月前

「霊障」へと向かうよりかは・・

ルル様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「統合失調症は脳の病気です」・・

拙生は医者ではありませんので、専門的なことは正直分かりませんし、あまり無責任なことも述べれませんが、原因の探索が「霊障」へと向かうよりかは・・ということについて述べさせて頂きたいと存じます。

仏教では、あらゆるモノ・コトには、必ず、その結果へと至るための因縁(原因と条件)があると説明致します。

「因縁無くして、結果無し」(小泉元総理みたいな言い方ですが・・)でございます。

ですので、ルル様が統合失調症にて苦しまれていることにも、もちろんその因縁が必ずあるはずです。

問題は、その因縁について、超常現象的なこと、神秘主義的なこと、証明・エビデンスの無いことで考えてしまうのは、あまり宜しいことではないのではないかと存じております。

そのお医者さんは、確かに「脳の病気」とおっしゃいましたが、それはあくまでも直接的原因となっていることではないかとお察し申し上げます。

では、その脳の問題はどうして生じたのか、ということにも、当然にその因縁があるはずです。それを少し探られてみられることをお考え頂けましたらと存じております。それが、完全にもはやどうにもならない、例えば遺伝的な根本問題や脳器質的な問題であるならば、治療が難しいことになるでしょうが、そうでなければ改善の余地は十分にあり得ることとなります。

複雑な脳の働きについてのことは専門外ですが、脳神経回路の働きや免疫的な働き、ホルモン・分泌についての働き、また、メチレーション機能に関しての働きなど、何らかの脳神経物質についての阻害要因が、統合失調症という症状をもたらせてしまっている可能性がございます。

それが食べ物や外部要因等による影響や、あるいは遺伝子変異(スニッブ)によりメチル化経路(遺伝子発現の調節、タンパク質の機能調節、RNA代謝など)における異常が影響している可能性など、色々と考えることがまだまだございます。

どうにかその要因が分かれば、きっと改善、根治の可能性もかなり高くなるのではないかと存じております。

「霊障」についてよりも、もう少し医学的・生体的な働きに関することについてお調べを賜れましたらと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

2年4ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

餓鬼とはどういう生き物なのかがよくわかりました。
邦元様。ありがとうございます。

またまた餓鬼とはどういう生き物なのかがよくわかりました。
すべては自分の心からですね。
これからはメイクを剥がしてすっぴんの心で人生を生きていきます。
丹下覚元様。ありがとうございます。

ウィキぺディアで餓鬼の説明を見ました。
たくさんの種類の餓鬼がいるんですね。
驚きました。
わたしも自分の心を磨きながら、幽霊が天上界に生まれ変われるように願い念じていきます。
それと、生きとし生けるものの幸せを願い念じていきます。
藤岡俊彦様。ありがとうございました。

藤岡俊彦様。何度もすいません。
お礼のコメントの最後のごあいさつが、わたしの気持ちの中でのことなのですが、なんとも失礼に感じましたので、いまここで改めてお礼を申し上げたいのですがよろしいでしょうか?
すいません。
改めまして、お礼を申し上げさせていただかせていただきます。
藤岡俊彦様。ありがとうございます。

わたし、実際的なことが苦手で、いままで脳の専門の病院へは怖くて行かなかったんです。
川口英俊様のお話を聴いて、勇気をだして脳の専門の病院に行ってみようと思います。
それと、医学的・生体的な働きのことも調べてみます。
川口英俊様。ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ